最近30日間のアクセス数トップ3記事

2017年8月16日水曜日

worth one's salt

昨日に引き続き、塩(salt)に関する表現を取り上げます。

サラリーマンが毎月いただくお給料、つまりサラリー(salary)が塩に由来しているということを知っている人は多いのではないでしょうか?

そうです、昔々、お給料というものは塩で供されていたのです。


You might think of salt as nothing more than the inexpensive stuff that tastes good sprinkled on French fries and popcorn, but in fact it’s far more than just a seasoning and has a long history as a highly prized substance. Today, there are reportedly more than 14,000 known uses for salt. Not only does the human body need it to function properly, but salt also is utilized for everything from producing chemicals to deicing roads.

Before the days of artificial refrigeration, the main method for preserving food was to treat it with salt. In this way, salt came to represent power; without it, armies couldn’t travel great distances and explorers couldn’t sail to new lands because their provisions would spoil. Throughout the ages, a variety of cultures also used this mineral in ceremonies and religious rituals. For many centuries, until salt deposits were discovered throughout the world and extraction methods improved, salt was scarce, which made it more valuable.

In some ancient societies, roads and cities developed as a result of the salt trade.

The expression to be worth one’s salt, which means you’re competent and deserve what you’re earning, is most often said to have its roots in ancient Rome, where soldiers were sometimes paid in salt or given an allowance to purchase it. The word salary is derived from the Latin “salarium,” which originally referred to a soldier’s allowance to buy salt.
(Elizabeth Nix. Where did the expression “worth one’s salt” come from? Ask History. October 15, 2014.)


そして、"worth one"s salt"という表現もまた、「給料に見合うだけの〜」という意味合いであり、ここにも塩とお給料の関連を見てとることができます。


2017年8月15日火曜日

take something with a grain of salt

たばこと塩の博物館を訪問しました。小学生の豚児が学校で招待券をもらってきたのがきっかけなのですが、なかなかに興味深い展示でした。

夏休みシーズンとあって家族連れで賑わっておりました。お盆休みの週は天候不順で今日は所々で強い雨が降り、行くまでには難儀したのですが。

ということで、今日は塩(salt)に関する表現を取り上げてみたいと思います。


The eclipse is just one week away, and we are at the point where forecast models can start piecing together the general weather pattern for Aug. 21. However, not until about three to five days before the eclipse — or even later — will regional details start to come into focus. So we still must paint the cloudiness outlook with very broad strokes. Continue to take it with a grain of salt, and we would not recommend altering plans based on it.
(Total solar eclipse weather forecast as of Aug. 14. The Washington Post. August 14, 2017.)


アメリカでは来週21日に皆既日食(total solar eclipse)が観測できるらしいですね。というわけで、来週にかけての天気予報が天文ファンならずとも気になるのですが、ワシントンポスト紙の記事では雲がかかる地域の予想を発表しています。

"Take something with a grain of salt"という成句が使われているのですが、これは、


If you say that a piece of information should be taken with a pinch of salt, you mean that it should not be relied on, because it may not be accurate or true.
(Collins Cobuild Dictionary of Idioms)


と定義されており、日本語で言うと、眉に唾してかかる必要有り、というのに近いでしょうか?

マユツバは騙されないようにしなくては、という意味合いがどちらかというと強いと思われます。ここでは意味合いとしては、鵜呑みにしない、というのに近いと思われます。


2017年8月14日月曜日

iPhoneを使った不遜な・・・ ー flash

以前何かで読んだことがあるのですが、電車内などでiPhoneのAirDropの機能を悪用して見知らぬ他人にちょっかいを出す輩がいるそうです。


There’s a new iPhone craze on the subway, and it’s not the latest Candy Crush update.

New York women have discovered that creepy men are using the iPhone AirDrop app to send them photos of their privates while on the same train.

Since more straphangers using the MTA are carrying advanced iPhones and awareness of the AirDrop app has increased, local straphangers have started noticing a troubling trend first reported in London in 2015.

Britta Carlson, 28, was riding the uptown 6 train to a concert on July 27 when a mysterious message popped up on her smartphone.

“iPhone 1 would like to share a note with you,” read the note sent at 6:51 p.m. She hit “Accept” and was horrified by what she saw. “It was just a huge close-up picture of a disgusting penis,” said Carlson, of Bushwick, Brooklyn. The message was titled “Straw” and was sent by an anonymous stranger.

“It really felt like someone had actually just flashed me.”
(Melkorka Licea. AirDropping penis pics is the latest horrifying subway trend. New York Post. August 12, 2017.)


引用したのはNew York Post紙の記事からですが、スマホの機能の悪用はアメリカでも同じらしく、地下鉄に乗り合わせた女性の乗客にいきなりイチモツの画像を送りつけるいたずらが横行しているそうです。

さて、"flash"という単語なんですが、カメラのフラッシュのことではなく、


to expose one's breasts or genitals usually suddenly and briefly to
(Merriam-Webster Dictionary)


という意味で、つまり露出ということです。

日本で性器等の露出行為は公然わいせつの罪に問われますが、iPhoneのAir Dropを悪用した露出行為も同様の罪に問われるのでしょうか。迷惑防止条例違反でしょうか。


2017年8月11日金曜日

gecko

ハイネケンのビールを飲んだらおかしな味がしたのでよくよく調べてみると缶に死んだトカゲが入っていたという、何とも胸がムカつくような話です。


A California man filed a stomach-turning lawsuit against Heineken beer and Kroger supermarket — claiming he sipped suds loaded with dead, canned geckos.

George Toubbeh said he got violently ill and “suffered from extreme anxiety and post traumatic stress disorder” from the beer he purchased and drank on Aug. 7, 2015, according to his lawsuit filed in Orange County Superior Court.

“Plaintiff consumed the Heineken beer and noted that the beer had a foul taste,” his lawyer Zahra Aziz wrote. “Immediately thereafter, plaintiff experiences severe abdominal pain followed by vomiting,”
(David K. Li. eer full of dead geckos: suit. New York Post. August 9, 2017.)


トカゲと書きましたが、"gecko"というのはヤモリを指しており、まあトカゲの一種ではあります。

この"gecko"という単語はスペルが変わっていると思い辞書を引いてみると、マレー語から入ってきたようです。

また、マレー語のge'kokというのはヤモリの鳴き声から生まれた擬声語なのだそうです。ヤモリの鳴き声なんて聞いたこともありませんが・・・。

ちなみにニホンヤモリの学名はGekko japonicusと言います。


2017年8月10日木曜日

そのUSB、危険かも ― crosstalk leakage

USBデバイスを悪用したハッキング(データの盗み取り)が現実の脅威になっているという記事を読みました。一体どういうことでしょうか?


USB connections are prone to leaking data, according to a group of researchers from the University of Adelaide.

The researchers are presenting their finding at the USENIX Security Symposium in Canada.

“We have tested over 50 different computers and external hubs and found that over 90% of them suffer from a crosstalk leakage effect that allows malicious peripheral devices located off the communication path to capture and observe sensitive USB traffic,” states the abstract of their paper, USB Snooping Made Easy: Crosstalk Leakage Attacks on USB Hubs.

(中略)

The researchers used a USB-connected novelty lamp to read key strokes from a USB keyboard plugged into an adjacent port using the voltage fluctuations of the port’s data lines. Data was sent to another computer via Bluetooth.
(Rohan Pearce. Researchers reveal crosstalk USB security threat. Computer World. August 10, 2017.)


その仕組みというのは"crosstalk leakage"というものを悪用したものだそうですが、"crosstalk"という単語を知りませんでしたので辞書を引くことに。

"crosstalk"というのは、本題とは関係のない雑談、おしゃべりのことなのですが、無線通信においては混線、混信と訳されており、電話や無線の受信においてノイズが入ってくることを意味しています。

記事をお読みいただければ分かりますが、"crosstalk leakage"とは、USBキーボードなどを使った場合に漏れてくる微妙な電圧変化や電波のことで、USBキーボードとは別に取り付けられたUSBデバイスでこれらを捉えてキーストロークの情報を盗み取ったりすることができることが実験の結果確認されたそうです。

今時、USBポートから電源を供給するだけの怪しいUSBデバイスが沢山ありますが、そうしたデバイスは使わないことです。


2017年8月9日水曜日

plebiscite

オーストラリアで同姓婚を合法とするか否かの議論が沸騰しています。

オーストラリア政府は同姓婚に関する国民投票(plebiscite)を計画していましたが、上院での審議で否決されてしまったようです。


AUSTRALIA will now get a postal vote on gay marriage after the government’s second attempt to hold a traditional plebiscite was killed off in the Senate today.

Labor, the Greens and crossbench senators from the Nick Xenophon Team voted to block the plebiscite, which failed on a tie at 31 votes to 31.

Before the vote, Labor Senator Penny Wong gave a heartfelt personal speech about what a public debate on same-sex marriage will be like for LGBTI Australians.

The fired-up Labor senator blasted the Coalition over its bid to have a plebiscite, or even a postal plebsicte, in Parliament today saying it was nothing but an expensive stunt which would hurt the gay community.
(Claire Bickers. Gay marriage debate: Tony Abbott urges Australia to vote ‘No.’ News.com.au. August 9, 2017.)


国民投票のことを、"plebiscite"と言いますがこの単語はラテン語由来で、人々(people)を意味するplebsと判決や決定という意味のscitumというラテン語から来ています。つまり、人々(国民)による決定、ということです。

オーストラリアは現在ターンブル首相率いる自由党による保守政権ですが、前首相であるアボット氏も同姓婚には反対の意見を表明し、国民に対しても国民投票で反対の意を示すよう働きかけていたところでした。国民投票は労働党を始めとする野党勢力に否決された模様です。


2017年8月8日火曜日

getting physical

記事の引用からお読みください。


The father of a student who joined the Mile High Club with his physics teacher on an airplane says his 16-year-old son feels terrible the educator got fired, but would now like to just “move on,” according to a report.

(中略)

Eleanor Wilson, 28, was a physics teacher in the UK when she got physical with the boy in the plane’s bathroom during a July 2015 flight back from a two-week trip to Swaziland in Africa.

The hanky-panky had began earlier in the trip, when the two drank cheap whisky, the boy told his classmates.
(Yoron Steinbuch. Teen wants to move on after airplane bathroom sex with teacher. New York Post. August 2, 2017.)


教師と生徒がイケナイ関係になってしまったという、日本でも偶に報じられる類の事件です。

記事中に出てくる、


she (=teacher) got physical with the boy


というフレーズに着目します。

コンテクストから、"got physical"が「性的な関係になる"という意味は読み取れます。実際、"physical"という単語は"spiritual"(精神の)という単語の対義語として、身体の〜、肉体の〜という意味があり、さらには肉欲にふける、好色の、という意味でも用いられます。

ところで、"get physical"が常に性的な意味合いかというとそうでもなく、例えば以下の用例では暴力的なという意味合いがあると思われます。


She accused Pitt of getting physical with their eldest son, Maddox, and involved the authorities.
(Christie Z'Durilla. Angelina Jolie and Brad Pitt are on speaking terms again, and he has a new hobby. Los Angeles Times. March 2, 2017.)


また、"(a) physical"は形容詞ではなく名詞として"physical examination"の意味となりますので、"I got a physical..."は単に健康診断を受けた、の意味となります。


2017年8月7日月曜日

歩きスマホは撲滅できるか? ー jaywalk

歩きスマホが社会問題化しています。鉄道駅ではプラットホームを歩きながらスマホを操作する危険に対し注意喚起するポスターが貼られています。

先日はスマホ画面を見ながら歩いていた女性に体当たりして怪我を負わせたとして男が逮捕されました。

いっそのこと、歩きスマホには罰金刑を課したら、とは安易な発想!?でしょうか。


MANHATTAN BEACH, Calif. — Admit it: You often look at your phone when you cross the street. I do it all the time. I’m sure you do, too.

Should this be an illegal act, such as jaywalking or running a red light?

Reaction has been heating up online to a new law, just signed by the mayor of Honolulu, to ban looking at your cellphone when crossing the street.

Yet it’s still OK to talk on the phone while walking.
(Jefferson Graham. Would a fine stop you from looking at your phone? USA Today. August 6, 2017.)


歩きスマホの問題は日本に限りません。ハワイ・ホノルルでは道路を横断する際にスマホ使用を禁止する法律が可決されたそうです。

さて、今日取り上げたいのは、"jaywalk"という単語です。

興味深いことに、"jaywalker"という単語と別に"jaydriver"という単語が存在していたそうです。"jaydriver"はその後使われなくなってしまうのですが、通行方向を逆走する運転手のことを意味したそうです。(自動車が発明される以前、まだ馬車の時代の話です。)

この"jaydriver"の類似表現として生まれたのが"jaywalker"ですが、"jaydriver"の意味を引き継いで、進行方向を守らない歩行者という意味で使われ、その後、横断すべきでない道路を横断するような交通違反を犯す歩行者という意味になったそうです。

これら単語に見られる"jay-"という接頭辞はアルファベットのジェイ(J)ではなく、田舎者を指す"jay"に由来すると言われています。無骨な田舎者が交通ルールを守らない、ということらしいですが、歩きスマホは都会の人間の病気だと思いますね。

まあ、今時猫も杓子もスマホユーザーなのですから、田舎者、都会者、という区別もありません。

エチケットに欠けている、というのが、 "jay-"の意味するところ、というところでしょう。


2017年8月4日金曜日

判決 ー hand down

アメリカで恐らくはワイドショー的に世間の耳目を集めている事件だと思うのですが、交際相手の男性にメールで自殺をそそのかしたとして殺人の罪に問われている女性の裁判があります。

2年半を求刑する判決があったということでトップニュースになっています。


TAUNTON, Mass. – The young Massachusetts woman convicted of driving her boyfriend to commit suicide – by texting him to “get back in” his carbon monoxide-filled car – was sentenced Thursday to 2 1/2 years in prison.

There was an audible gasp in the courtroom, but Michelle Carter, 20, stared blankly ahead as Juvenile Court Judge Lawrence Moniz handed down the sentence after taking about 10 minutes to decide her fate, calling the case “a tragedy for two families.

Carter’s lawyers immediately asked for a stay of the sentence pending an appeal. The judge agreed, a move that allows Carter to remain free for now.
(Julia Marsh. Suicide-text girlfriend sentenced to two-and-half years in prison. New York Post. August 3, 2017.)


裁判での判決は、「言い渡す」というのが日本語での表現ですが、英語では


handed down the sentence


となっています。

この"hand down"というフレーズは、遺産などを代々に伝える、引き継ぐ、といった意味がありますが、もう一つの意味としては、


to make official formulation of and express (the opinion of a court)
(Merriam-Webster Dictionary)


という意味があり、これが判決や評決を「言い渡す」という意味に相当します。


2017年8月3日木曜日

phalloplasty

記事の引用からどうぞ。


This patient didn’t get the happy ending he was looking for.

A Swedish man was undergoing a phalloplasty, or penile elongation and girth enhancement procedure, when things went south, doctors revealed.

The 30-year-old, who had no prior medical history besides mild asthma, went into cardiac arrest towards the end of the surgery, the Journal of Forensic Sciences reports. Doctors tried to resurrect the patient while he was rushed to an emergency hospital but were unsuccessful and he died shortly after.
(Leah Bitsky. Man’s quest for bigger penis turns deadly. New York Post. July 31, 2017.)


今日取り上げるのは、"phalloplasty"という単語ですが、既に記事で説明されているように、"penile elongation and girth enhancement procedure"ということで、男性のシンボルを大きくするための外科手術の意味です。

"Phalloplasty"のphallo-とは男性のシンボルを意味するギリシャ語phallusに由来しており、-plastyはご存知の通り、"plastic surgery"のことです。

さて、記事によりますと不幸にも手術を受けた男性は亡くなったそうなのですが、この類の手術というのは患者の身体の一部分(臀部が多いそうです)から脂肪組織を取ってきてそれを男性のイチモツに注入して大きくするというのが通常のやり方なのだそうです。


2017年8月2日水曜日

nomen omen

ラテン語のフレーズで"nomen omen"とは、名前が運命を決める、という意味だそうです。

このところ新聞の国際面ではホワイトハウス、つまりトランプ政権の人事でゴタゴタが絶えませんが、直近では広報担当のScaramucci氏が在職わずか10日間で解任されてしまいました。

Scaramucci氏の解任はその名前が原因!?


MILAN — There's a Latin proverb that Italians often quote: “Nomen omen” — a person’s destiny lies in his name. That couldn’t be more true than in the case of Anthony Scaramucci, the former White House communications director who lasted just 10 days on the job.

Scaramucci’s name comes from the Italian word “scaramuccia,” which means “brief fight” or “controversy of little importance.” It could be roughly translated as “scuffle” or “skirmish,” but those English terms hardly convey the nuances of the Italian word, which implies gratuitousness, pettiness and, more often than not, clownish behavior.

“Scaramuccia” is also the name of a stock clown in the Commedia dell’Arte, a type of traditional Italian theater that features a fixed set of characters or “masks,” whose recurring features are paltriness and cowardliness — a caricature version of the shortcomings of the Average Joe (or Average Giovanni).
(Anna Momigliano. Scaramucci’s name comes from the Italian word for a ‘controversy of little importance.’ Washington Post. August 1, 2017.)


Scaramucciというスペルを見たとき、わたしは"Scaramouch"(スカラムーシュ)という単語をすぐに思い浮かべたのですが、これは間違いではありませんでした。

"Scaramouch"というのはイタリアの即興喜劇のことですが、その内容はというと空威張りする道化役が出てくる喜劇ということで、"scaramouch"はそういった道化役のことも意味するようです。

また、この"scaramouch"からは、"skirmish"(小競り合い)、"scuffle"(乱闘)といった単語も派生しています。

ラテン語を親に持つイタリア語が母語のイタリア人からするとこのようなことはほとんど常識的に知っているということになるのでしょうか、Scaramucci氏の解任については、名前が悪い!というようなコメントがツイッターなどで散見されるそうです。

"nomen omen"というフレーズについては、研究社の新英和大辞典の巻末に"FOREIGN PHRASES AND QUOTATIONS"というセクションがあり、そのなかでは"nomen atque omen"というエントリで載っているのですが、その由来は古代ローマの劇作家プラウトゥスによるPersaという作品だそうです。



2017年8月1日火曜日

crazy like a fox

脱獄の常套手段といえば地下に穴を掘るとか、鉄格子を看守に見つからないように時間をかけて切るといった、映画に出てきそうなやり方でしょうか。

まさかピーナッツバターで脱獄とは!?


A dozen inmates escaped from an Alabama jail not by cutting through steel bars, drilling through walls or ripping a toilet from a wall.

They used peanut butter.

Walker County Sheriff Jim Underwood told reporters Monday that the inmates used peanut butter to make the number on one of the cell doors look like the number on a door leading to the outside of the jail. An inmate then asked an unsuspecting jail guard in the control room to open his cell, saying he needed to get back in.

But unknown to the guard, he had inadvertently unlocked the door that opened to the outside.

“That may sound crazy, but these people are crazy like a fox,” Underwood said.

Underwood said the inmates’ plan was “well laid out,” and they took advantage of an inexperienced employee.
(Kristine Philips. Inmates in Alabama jailbreak did not need a weapon to escape. They had peanut butter. Washington Post. July 31, 2017.)



記事によりますと、囚人たちは収容されている部屋のドアに、外部に通じているドアと同じドア番号をピーナッツバターを使って模して表示させたようです。遠隔で監視する係官にはあたかも外部から戻るために必要だということでそのドア番号を伝えてロック解除するように依頼したところ、これに騙された係官がロックを解除したために収容されている部屋から12人の囚人たちが脱出するに至ったということです。

12名のうち11名は確保され、1名がまだ捕まっていないそうです。

"Crazy like a fox"という表現ですが、日本語で言えば「キツネのようにズル賢い」という意味でしょうか。

脱獄のためには手段を選ばす、悪知恵をキツネという動物にリンクさせるのは英語も同じのようです。