最近30日間のアクセス数トップ3記事

2017年7月31日月曜日

無条件降伏 ― capitulation

アップルが中国で展開しているApp StoreでVPN関連アプリを全て削除したことが話題になっています。


Yesterday Apple removed all major VPN apps from its App Store in the country. These VPNs aided internet users there to get around the government’s vast system of censorship and access uncensored sources of media. But by doing so, Apple has clearly decided to put its business before the interests of the population, opposition leaders and activists.
(Mike Butcher. Apple’s capitulation to China’s VPN crack-down will return to haunt it at home. TechCrunch. July 30, 2017.)


何が問題かというと、中国ではインターネットに対する検閲が行われており、報道や表現の自由が制限されていますが、VPNアプリは検閲をすり抜けるのに必須だったところ、使えなくなってしまっては人々が入手できる情報は全て共産党の検閲を通ったものだけになってしまうという訳です。

記事のタイトルに、


Apple's capitulation


とありますが、この"capitulation"とは「(全面)降伏」という意味です。

つまりアップルは中国共産党の圧力に屈してしまった、ということなんですが、"capitulation"が降伏の意味というのはどう考えたらよいでしょう?

ラテン語の素養がある方ならばすぐお分かりかと思いますが、caputというラテン語は「頭」を意味しています。

これは後、"chapter"という単語にもなっていますが、要点をまとめた項目、という意味でもあります。そしてこのような項目は契約書のような文書で用いられることから、条件を取り決めた文書を作成するという意味合いで、capitulareというラテン語が生まれました。

これが降伏の条件を定めた文書という意味にもなり、"capitulation"は降伏を意味するように成ったようです。


2017年7月28日金曜日

oblivion

アップルがiPodシリーズのうち最も廉価なバージョンであるiPod NanoとiPod Shuffleの生産を中止すると発表しました。


After years of being outsold by the iPhone, the venerable iPod has taken a big step toward eventual oblivion. Apple said overnight in the US it was discontinuing two of the cheapest iPod models: the nano and shuffle.

The two products have been removed from the Apple online store and will vanish from retail locations as well. Apple demoted the iPod's placement in its retail stores a couple of years ago, moving the devices to the company's accessory shelves.
(Mark Gurman. Apple abandons cheap iPods in step toward eventual oblivion. Sydney Morning Herald. July 28, 2017.)


また、数日前ですが、マイクロソフト社は初期ウィンドウズOSからずっと付属している「ペイント」プログラムを今後はOSにバンドルしないことを発表し、多くのユーザーが落胆の声をあげているというニュースがありました。


Microsoft Paint is on its deathbed, and it’s now appropriate to start planning the funeral.

The iconic computer application, launched in 1985 along with the first version of Windows, was designated by Microsoft on Monday as a “depreciated” program — one that “might be removed from future releases.”

Microsoft had already started to ease Paint out the door earlier this year with the release of 3D Paint, which also gives users the ability to add 3D graphics to their creations. With the release of the Windows 10 Creators Update this fall, MS Paint could be pushed further into oblivion by the Seattle-based tech giant or erased altogether. Internet Explorer — Microsoft’s much maligned browser — suffered a similar fate, being pushed behind new browser Edge on Windows 10.
(Microsoft Paint is on its way out and Twitter is sad. San Francisco Chronicle. July 24, 2017.)


引用した2つの記事に共通するのは、ソフトウェアの世界での「新旧交替」といったところですが、私が興味深く思ったのは、


oblivion


という単語が使われていることです。

ご存知のように、"oblivion"とは忘却(忘れ去られている状態)という意味ですが、文学的な響きがするこの単語を、ソフトウェアのコンテクストで使っているのが気になり、何か特別な意味でもあるのか、あるいはITでの専門用語としての意味があるのかと色々調べてみたのですが、結局のところよく分かりませんでした。

ソフトウェアに限らず、営利企業が提供する製品やサービスというのはバージョンアップを繰り返し、古いものは世の中から消えていくというのが運命です。

メーカーはまずサポートを中止し、生産を中止し、マーケットからその製品が完全に消えます。最後のフェーズが"oblivion"ということになるのでしょう。

ちなみに、"oblivion"という単語はギリシャ神話に出てくる忘却の川、レテ(Lethe)に由来しているそうです。

黄泉の国から流れるレテの水を飲んだものは忘れっぽくなるというもので、"oblivion"の語源であるoblivisciはスムーズ、滑らかを意味するlevisに、接頭辞ob-がついたものです。

2017年7月27日木曜日

tough as nails

共和党のマケイン上院議員が脳腫瘍に罹っていることを公表しました。


Senator John McCain has been diagnosed with a cancerous brain tumor called a glioblastoma.

His diagnosis was revealed following a procedure last week in which surgeons removed a blood clot from above his left eye. Doctors say his tumor was associated with the blood clot.
(Lauren Meltzer. Cancer expert says John McCain's treatment option is "tolerable." CBS News. July 20, 2017.)


お気の毒な話だと思いますが、歳をとればガンの1つや2つは見つかってもおかしくないのかもしれません。
報道を見ていますと、同氏の左眼付近が痛ましく、果たして大丈夫なのかと心配もされます。

多くの人が同じように感じるかと思うのですが、記事では80歳代でのガンというのは治療が難しいとしつつも、下記のような見立てです。


Unfortunately, the 80-year-old's form of cancer is difficult to treat. But Agus says the course of therapy is "tolerable," and if McCain receives treatment in Washington, D.C. he could perhaps continue working in the Senate during that time.

"As everybody alludes to, he's tough as nails," Agus said. "And so cancer has certainly a worthy opponent in this one. He's going to take it on."
(ibid.)


"tough as nails"という表現が使われているのですが、これはマケイン氏の強さ(toughness)を言っているものと思われます。

実はこの"tough as nails"というフレーズを手持ちの辞書で確認できなかったのですが、ネット検索をしてもその意味するところが今ひとつピンときません。

"die hard"(簡単には死なない)と同じ意味とするという説明がこの記事ではしっくりきましたが、果たして?

ところで、"nails"とは「爪」のことを指すのか、はたまた「釘」のことを指すのでしょうか?

これも様々な“説”があるみたいで、爪は切ってもまた延びてくることからこの表現が生まれたとするものもあれば、釘は繰り返し金槌で打たれてもヘタレないことから生まれた表現とするものもあり、よく分からないところです。


2017年7月26日水曜日

不能 ー shoot blank

米国人男性の生殖能力に衰えが見られる、という調査結果に関する報道です。


Western men are shooting blanks at unprecedented rates, according to a new study published in Human Reproduction Update.

Over the past 38 years, there has been a 52.4 percent drop in sperm concentration and a 59.3 percent decline in total sperm count among men from Europe, North America, Australia and New Zealand, researchers from the Icahn School of Medicine at Mount Sinai and the Hebrew University-Hadassah Braun found.
(Christian Gollayan. American men's sperm count is plummeting. New York Post. July 25, 2017.)


具体的には精液の”濃さ”に問題あり、ということなのですが、この濃さとは精子数の減少に他なりません。

今日取り上げるのは上記に引用した記事の冒頭に出てくる、


shoot(ing) blanks


という表現です。

ここで"blank(s)"というのは、実弾が込められていない「空砲」のことを指しています。

つまり空砲を撃つという意味なのですが、"shoot blanks"というと特別な意味合いがあって、具体的には男性の生殖能力が無いということを意味するそうです。

不能、またはインポテンツという言葉がありますが、そういう意味で使われる表現です。

ところで、"blank"という名詞にはくじでいうところの「ハズレ」の意味もあり、"draw a blank"はくじでハズレを引く、という意味なんですが、一方で的の中心ちう意味もあるんですね。

これは同じ"blank"でありながら、「ハズレ」と「ど真ん中」という矛盾する意味を併せ持つようにも思われ、不思議ですね。


2017年7月25日火曜日

時間は買えるか? ー time famine

昨日の働き方改革の話題と通ずるものがあるように思いますが、我々人間は老いも若きも、男も女も、与えられている時間は等しく1日24時間、です。

時間の流れ、そのスピードというものはその人の年齢や置かれている環境により異なるでしょうが、個人的なことを申し上げれば、かつてないほど時間に追われている、という感覚を持っています。(これまでがのんびりし過ぎていたのかもしれません!?)

時間がいくらあっても足りないというような感覚に陥ることを、


time famine


というそうです。


Ashley Whillans' summer started with what she calls "time famine."

Time famine, a term that first emerged in the scientific literature around 1999, refers to the universal feeling of having too much to do but not enough time to deal with those demands.
(Jacqueline Howard. How to fight 'time famine' and boost your happiness. CNN. July 24, 2017.)


それで、時間というものは買えるのか?という疑問に至る訳ですが、これは人の価値観の問題であり、時間をかけたくないと思うことに対してはお金を払って他人にやってもらうことで、それにかかる時間を自分自身にとってより価値があると思うことに費やす、ということで可能である、ということが一般的に言われていることです。

確かに、家事を代行してもらったり、食材の宅配サービスの利用や、ベビーシッターなどは代表的なものと言えるかもしれません。

記事ではこういったやりくりのことを、


time-saving purchase



と表現していて、これによりストレスが軽減され、生活の満足度や精神的な安定が保たれるとしています。


"We find that spending money on time-saving purchases promotes daily happiness and reduces negative mood, because it protects us from the time stress that we feel in our daily lives," Whillans said. "So, I definitely have used in the last few weeks time-saving services," such as grocery delivery or house cleaning services, car services like Uber or Lyft, or paying a teen in the neighborhood to mow the lawn.

Spending discretionary dollars on time-saving purchases may protect you from the detrimental effects that a time famine can have on your happiness, suggests a new study of which Whillans served as lead author.
(ibid.)


「時間を買う」という概念はあまり定着していないと思われますが、これからの時代において、個々人の"time famine"とそれに対処するための"time-saving purchase"はキーワードになるのかも知れません。


2017年7月24日月曜日

働き方改革の時代ですが・・・ ー SAHM

"SAHM"という単語をご存知でしょうか?

全部大文字ですので略語であると想像がつきますね。果たして、その通りで略語なんですが、


Stay-At-Home-Mom


の頭文字を取ったもので、日本語で言うと「専業主婦」となりましょうか。


So it’s that big debate all us mothers have in our heads. Are we doing the right thing by our kids, our partners and ourselves. Truth is I don’t think we’ll ever be 100% happy with our decisions. Maybe it’s just me but I don’t think it’s possible to have ‘it all’, not all of the time anyway. What is ‘it all’? I guess that’s subjective but I interpret it to mean being there for our children all the time, earning an income, keeping a home in order, having time to ourselves and keeping a partner happy too.

(中略)

I’ve been a SAHM for 6 months now. It was something that I wanted but also needed to do. We didn’t have any childcare options available for before and after school. Had we had this option - would I have gone back to work, I’m not sure? I’m lucky that financially not going back to work was a viable option.
(Helen Miller. The Mixed Up Life Of A SAHM. Huffington Post. July 14, 2017.)


子を持つ家庭において、仕事と家庭を両立することは大変なことに違いありません。特に女性が出産した後に仕事に復帰する際には幼い子を預ける保育園を確保しなければなりません。

待機児童問題と呼ばれる問題がマスコミで取り上げられるようになった久しいですが、専業主婦を選択して子育てに専念するのか、もしくは保育園を確保して仕事を取るのか、二元的な話に陥っているようにも思われます。

もう一つ、以下に引用する記事では、子育てと仕事を両立させる"SAHM"が取り上げられています。


Kristen Whirrett, a former Lutheran school teacher in Fort Wayne, Ind., always planned to take a career break to focus on motherhood.

(中略)

Yet for a woman who calls herself a stay-at-home mom (SAHM), Whirrett spends much time working. During her children’s nap time and on Saturday mornings, when Andy takes the kids, she runs a blog, Joyfully Thriving, which documents her household-management strategies. It brings in revenue from affiliate sales and ads.
(Laura Vanderkam. Stay-at-home moms could be the secret to energizing America’s economy. New York Post. July 22, 2017.)


日本における既存の「専業主婦」の概念は家庭に入り、経済活動を行わない、即ち収入のない立場としばしば見做されますが、アメリカの"SAHM"は必ずしもそうではなく、子育ての合間を縫って経済活動も行なっています。

日本では働き方改革の議論が喧しいですが、収入を得るためには9時から17時(18時?)のサラリーマン勤務をするという考え方を一般的な会社員も捨て去る時代になってきているように感じます。

ましてや、夜遅くまで残業することに効率性のかけらもないのではないでしょうか。


2017年7月21日金曜日

sweat fest

先日関東甲信越地方の梅雨明けが発表されました。

梅雨明け発表以前から暑くてしようがありませんでしたが、梅雨明けと言われると輪をかけて暑さを意識してしまいます。


It’s an official sweat-fest in the Big Apple as the first heat wave of the year is smothering the city with 90-plus-degree temperatures, along with a heat index that will make it feel close to 99 degrees on Thursday.

“It’ll be oppressive,” said AccuWeather meteorologist Dave Dombek. “Three days in a row of 90-degree days makes it an official heat wave.”

After almost a week of clear skies and sweet breezes, the thermometer began inching up Wednesday and hit a high of 90 degrees.

Friday’s high is expected to be in the 90s, too.
(Simon Jones. Heatwave to give "Summer of Hell" a whole new meaning. New York Post. July 19, 2017.)


さて、酷暑に悩まされるのはニューヨークも同じようで、引用した記事によりますと、30度を越す猛暑日が続いているようです。

"Sweat fest"という表現に目が留まりました。

汗をかく(sweat)所業(fest)ということになるかと思いますが、好んで汗をかく人というのはいない訳で、汗をかくのは大変な状況、困難な状況にあるという含意があります。

涼しいのに比べて、暑いと負担を強いられます。

今日も東京は暑かったですが、他社を訪問する用事があって、スーツにネクタイでの外出は全く"sweat fest"でありました。


2017年7月20日木曜日

忠犬 ― Fido

小生はネコを飼っているのですが、ネコという生き物は餌を欲しがるときは擦り寄ってきますが、それ以外ではほとんど愛想もない動物で苦笑してしまいます。

一方、イヌはネコと違って、人間のよき伴侶といったイメージがあります。飼ったことがありませんのでイメージに過ぎないかもしれませんが、ネコを散歩には連れて行きませんが、イヌは散歩が必要ですし、ボールを投げれば追いかけて口にくわえて戻ってきますよね。

このようなイヌの社会性みたいなものは、イヌの祖先とされるオオカミから遺伝的な変異により生じた特性であるという研究があるそうです。


Whether they're staring at us, barking at us or licking our faces, dogs are often eager to interact with humans and are highly attuned to our behaviors. But how did man's best friend go from weary wolf to friendly Fido?

New research suggests that the answer may be genetic. The study, published in the journal Science Advances, identifies a series of gene mutations that may make your puppy more amenable to playing with people. Similar mutations are found in humans and are known to eliminate a fear of strangers.
(Ben Panko. What Makes Fido So Friendly? It Could Be Genetic. Smithonian. July 19, 2017.)


記事ではイヌのことを、


Fido


と表現している部分があります。

この"Fido"というのは、"fidenlity"(忠節、忠義)という単語にも見られるように、イヌが飼い主に忠実なことから付けられた名称です。

日本では渋谷駅の忠犬ハチ公が有名ですが、"Fido"はイヌにつけられるポピュラーな名前でもあるそうです。


2017年7月19日水曜日

dual citizenship

日本では民主党党首の蓮舫参院議員が、かねてより批判されていた二重国籍疑惑に対して、今般最終的に戸籍を公開したことがニュースになっていますが、国会議員の二重国籍疑惑というのは海を越えたオーストラリアでもホットトピックのようです。


There are 23 other Australian MPs and senators aside from Scott Ludlam and Larissa Waters who were born overseas.

Of the 23, almost half of them have now moved to clarify their citizenship in the wake of their colleagues' bungles.

Ms Waters resigned from Federal Parliament yesterday after realising she held dual citizenship and was ineligible to serve under section 44 of the Australian constitution, which states:

"Any person who is under any acknowledgment of allegiance, obedience, or adherence to a foreign power, or is a subject or a citizen or entitled to the rights or privileges of a subject or a citizen of a foreign power shall be incapable of being chosen or of sitting as a senator or a member of the House of Representatives."
(Alle McMahon. Australian politicians born overseas jump to clarify citizenship after Waters, Ludlam bungles. ABC News. July 19, 2017.)


オーストラリア国会議員の疑惑は2名の議員から始まったようですが、続々と国籍に関する疑惑が持ち上がり、20人以上がその渦中にあるとか。

"dual citizenship"は言うまでもなく、二重国籍という意味になりますが、蓮舫氏に関する記事では、"dual nationality"という用語が使われていました。


Renho said she was unaware of her dual nationality until last year when questions arose, and renounced her Taiwanese citizenship at that time.
(Japan lawmaker shows legal records to prove nationality. ABC News. July 18, 2017.)


"nationality"の訳語は「国籍」で、"citizenship"には「市民権」という訳語が一般的です。

"citizen"を改めて辞書で引いてみると、


a native or naturalized person who owes allegiance to a government and is entitled to protection from it
(Merriam-Webster Dictionary)


とあり、これは「一国の政府に忠誠を誓う義務とその保護下に置かれる権利がある」(ランダムハウス英和辞書)という意味合いがあります。

"dual citizenship"は、2つの国に対して忠誠を誓っている状態であるということで、やはり国会議員としては相応しくない、という解釈になるのでしょう。

オーストラリアの議員は既に辞職しているそうです。


2017年7月18日火曜日

bushel

以前にも何度か同じようなことを書いた記憶がありますが、アメリカでの生活で不便を感じるものに、度量衡の違いがあります。

ご存知のように、メートル法ではなく、ヤードポンド法に基づいていますので、長さの単位はマイルやヤード、そしてインチが使われます。

そして、重さはというとポンドであり、液量はガロンとなり、スーパーマーケットでの買い物で難儀します。

今日取り上げる、"bushel"は重さの単位の1つで、辞書によれば2150.42立法インチとされています。ところが、この"bushel"という単位は輪をかけて紛らわしいことに、穀物重量としては、その種類、例えば大豆、トウモロコシ、小麦などそれぞれで具体的な重さが違ってくるというシロモノだそうですから、アメリカは不思議な国ですね。

さて、下記の引用記事のタイトルに"bushel"が使われているのですが、ここではもちろん具体的な重量を示しているのではなく、単に「多量」ということの意味で使われているものです。


Vice President Pence’s bushel of false and misleading claims about health care

Vice President Pence recently spoke at the National Governors Association meeting in Providence, R.I., and made several questionable claims about the Senate GOP health-care proposal, the Better Care Reconciliation Act (BCRA).
(Michel Ye Hee Lee. The Washington Post. July 18, 2017.)


"bushel of〜"というフレーズは、"a lot of"などとほぼ同義と考えて良いようです。


2017年7月17日月曜日

shard

アメリカ・ニューヨークでホットドッグがリコール(回収)となりました。

その量700万ポンド(約3,000トン以上)ということで、驚愕の量です。


NEW YORK (Reuters) — A New York meat processor is recalling more than 7 million pounds of hot dogs and sausages mostly under the Sabrett brand name after consumers complained about finding small pieces of bone in some of the products, the US Department of Agriculture said on Saturday.

In one case, someone who ate one of the hot dogs suffered a "minor oral injury," the USDA's Food Safety and Inspection Service said in a statement.
(7 million pounds of hot dogs are being recalled after someone bit into shards of bone. Business Insider. July 15, 2017.)


原因となったのはホットドッグに使うソーセージのようです。消費者が骨らしき異物を見つけ、報告したそうですが、記事のタイトルに、


shards of bone


とあるのですが、この"shard"という単語を初めて見ました。

辞書を引くと、


かけら、破片


の意味があると分かりますが、この単語の語源は"shear"(切る、刈る)という動詞と関連していることも分かります。

"sherd"という、やや異なるスペルの単語もありますが、こちらは考古学の専門用語で使われるらしく、古い地層などから出土する土器の破片などを意味するそうです。


2017年7月14日金曜日

bear market

株式や相場にあまり詳しくありませんが、いわゆる「下げ相場」のことを英語では


bear market


という表現することをご存知でしょうか?


Some strategists say that slumping shares of Tesla could be in for even deeper losses, as the auto maker faces big tests of investor sentiment and its business strategy.

Tesla stock ended its worst weekly run in about a year and a half, dropping over 13 percent this week and briefly dipping into a bear market. The automaker faced down a litany of bad news, including delivery numbers that missed expectations, a set of bearish forecasts, and poor results in a vehicle safety test.
(Rebecca Ungarino. After entering a bear market, tumbling Tesla shares could be poised to fall further. CNBC. July 8, 2017.)


テスラというのはアメリカの自動車メーカーですが、同社の株価が下落しているという記事です。

ちなみに、下げ相場の反対で「上げ相場」という時は、


bull market


と表現するそうです。

"bear"(クマ)に"bull"(ウシ)とは面白いですが、なぜクマは「下げ」で、ウシは「上げ」なのでしょうか?

Invetopediaというウェブサイトに興味深い説明を見つけました。

それによると、クマとウシ双方の攻撃の仕方から連想されるものだということです。

つまり、クマは相手を攻撃する際に腕を振り下ろすの「下げ」、ウシは相手を突き上げるので「上げ」という訳です。


2017年7月13日木曜日

dead man's shoes

サラリーマンにとって組織内での昇進というのは誰しもが願わないことはない、成功のひとつの指標となるものです。

一方で雇用の状況というのは時代とともに移り変わり、かつては終身雇用が当たり前だったところ、今では転職を憚る人の方がまれです。

女性の社会進出も目覚ましく、ぼんやりしていたらある人突然上司部下の関係が逆転していた!?なんてことも珍しくありません。

"Filling dead man's shoes"という表現があるのですが、これはどちらかと言えば古い体質の話です。


Pursuing a career web, where strategic and intelligent lateral moves are met with as much kudos as traditional promotions, does away with the traditional career dilemma of filling “dead man’s shoes” to get ahead – waiting for someone in a position above yours to move on so you can get promoted.
(The downside of limitless career options. BBC News. June 26, 2017.)


この成句は、Collins Cobuild Dictionary of Idiomsにもエントリがあるのですが、


If you talk about dead men's shoes, you are talking about a situation in which people cannot make progress in their careers until someone senior to them retires or dies.


ということで、上が引退するか死ぬかしない限り、昇進できない、つまり年功序列システムそのものを指しています。


2017年7月12日水曜日

白物家電 ― white goods

グーグルニュースのオーストラリア版を斜め読みしていましたら、電車を利用した引越し業者が摘発されたというニュース記事に出くわしました。


Turns out you are not allowed to move white goods onto a train in Queensland, even if it is outside of peak hour.

But as Queensland Rail security video reveals, two would-be rail removalists in Brisbane had a crack a couple of months ago.

The footage shows a man encountering some difficulty as he wheels a fridge, mounted on a hand trolley, from a rail overpass into an elevator.

He then manoeuvrers it onto the Bowen Hills platform and into a waiting train.
(Nick Wiggins. Train removalists: Brisbane man fined $250 for moving fridge on train. ABC News. July 12, 2017.)


オーストラリアでは電車に持ち込む所持品のサイズに関する規制などはないのでしょうか?日本だと有料手回り品という概念がありますが、貨物車でもない限り、電車で冷蔵庫を運ぶなど考えられません。

ところで、


white goods


と出てくるのに目が留まったのですが、これは日本語でも言う「白物家電」のことではないでしょうか。

念の為辞書を引くと、


major household appliances (such as stoves and refrigerators) that are typically finished in white enamel
(Merriam-Webster Dictionary)


という定義がありました。

冷蔵庫や洗濯機などが白いというのはやはりグローバルなのかも知れません。


2017年7月11日火曜日

the boot

パスタがお好きな方はご存知かもしれませんが、Strozzapretiという種類のパスタがあるそうですね。

私は食べたことはありませんが、知っているのはスパゲッティを始め、せいぜいラビオリとかペンネくらいなので、食べてみたい気もします。

が、このStrozzapretiというのはその由来にちょっとおどろおどろしいものがあるそうなのです。


PASTA might be one of the most delicious foods on the planet, but be careful if you order Strozzapreti.

The weird looking, twisted handmade pasta shaped like a hangman’s knot was originally created to suffocate an insatiable priest.
You read that right.

Strozzapreti literally means ‘priest-stranglers’. It has a dark sinful past.

These corkscrew-looking penne date back to the 1600s. They were born upon a curse cast by women against gluttonous clergymen in central Italy, when the much-feared powerful Papal State ruled across the boot from the Adriatic to the Tyrrhenian seas.
(The choking history of Italy’s priest-strangler Strozzapreti pasta. News.com.au. July 9, 2017.)


その由来というのは、Strozzapretiという名称がそもそも"priest-stranglers"(聖職者の首絞め)という意味であるということにあります。

記事によれば、大喰らいの牧師を呪った女性達が作ったのが他ならぬStrozzapretiだったということです。

さて、記事中に


Across the boot


という表現が出てきます。

コンテクストからしてこの"the boot"は紛れもなくイタリア半島を指していると思われます。

昔、学校の地理の授業ではイタリア半島をブーツの形状に似た地形として習ったのを思い出します。


2017年7月10日月曜日

あれを英語で? ― thumb tack

久しぶりですが、「あれを英語で?」のコーナーです。

昔、子供の時分は「押しピン」などと呼ぶこともありましたが、いわゆる画鋲を英語で何と言うかご存知でしょうか?

答えは以下の記事に。


Ipswich City Council is offering a $5000 reward to catch vandals who scattered hundreds of dog food pellets laced with thumb tacks in a public park on the weekend.

Acting Ipswich Mayor Paul Tully reported the incident to police on Sunday after residents discovered the tacks scattered across the Augustine Heights Dog Park near Springfield.
(Sonia Kohlbacher. Thumb tack baits left in Ipswich dog park. The Australian. July 10, 2017.)


そうです、画鋲は英語で、


thumb tack


といいます。

"tack"だけで画鋲の意味がありますが、"thumb"と付くとやはり親指で押して留める、というリアルさがにじみます。

記事の内容としては、犬の餌に画鋲を混ぜるなど、まったく以って言語道断、卑劣な事件ですが。


2017年7月7日金曜日

G20開幕 ― press the flesh

G20サミットが開幕しました。

意外だったのですが、トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領はこのサミットで初対面なのだそうです。選挙介入疑惑などで度々取り上げられてきた両首脳の蜜月関係だけに、これまで一度も対面していなかったという事実が意外でした。


HAMBURG, Germany — President Trump and Russia's Vladimir Putin had their first opportunity to size each other up Friday ahead of their first one-on-one meeting at an international summit in Germany.

The two leaders shook hands and exchanged a few words ahead of their sit-down at the Group of 20 talks in Hamburg, according to Putin’s spokesman Dmitry Peskov. It was the first time the two leaders pressed the flesh since U.S. intelligence agencies accused Putin of interfering in last year's presidential election to get Trump elected.
(Trump, Putin meet, shake hands. Now what? USA Today. July 7, 2017.)


G20サミットはドイツのハンブルクで行われていますが、ホスト国の首脳であるメルケル首相の、各国首脳の出迎え方の微妙な違いがニュースになっていたりします。

さて、トランプ氏とプーチン氏の初対面はやはり握手からスタートしたようですが、"shake hands"という一般的な表現ではなく、


press(ed) the flesh


という表現が使われています。

これも「握手」の意味なのですが、アメリカ英語の口語表現とされています。


2017年7月6日木曜日

not your cup of tea

"not your cup of tea"という表現がありますがどのように使われるかご存知でしょうか?


If you'd asked me a couple of months ago, I'd have said I'd seen " Gone With the Wind " three times - once with commercials, once when I was barely paying attention, and once on a 19-inch TV. The first time I considered myself too smart for it I was a teen-ager; the second time I thought it was a likable soap opera; and the third time I thought it was a fine movie, but not my cup of tea.
(San Francisco Chronicle, 2010.)


興味がない、熱心ではない、という意味で用いられるフレーズです。

Collins Cobuild Dictionary of Idiomsでは下記のように定義されています。


If you say that something is not your cup of tea, you mean that you do not feel very enthusiastic about it or interested in it.



2017年7月5日水曜日

make a killing

"Make a killing"というフレーズがあるのですが、"killing"などというと物騒ですが、その意味は大儲けするというものです。

Collins Cobuild Dictionary of Idiomsでは下記のように定義されています。


If someone makes a killing, they make a large profit very quickly and easily.


濡れ手で粟、というような意味合いがあります。


NEW DELHI: Even though the government has capped prices of cardiac stents, this has failed to bring much relief to patients. Companies, distributors and hospitals continue to earn hefty profits ranging from 40600% on other medical devices such as catheters, orthopaedic implants and surgical equipment, data submitted by regulatory authorities from Maharashtra and Odisha shows.
(Sushme Dey. Companies, hospitals make a killing out of medical devices. Economic Times. June 30, 2017.)


"Killing"が大儲けを指すようになったのは19世紀後半からのようですが、アメリカ英語の俗語表現から来ているそうです。


2017年7月4日火曜日

clothesline

自宅にテレビを設置していないので普段テレビは見ないのですが、旅行先ということもあり、テレビのニュースを見ていました。

海外ニュースの紹介で、驚愕のビデオが取り上げられていました。見られた方も多いのではないかと思います。トランプ大統領がプロレスのリング場外でCNNのロゴを頭につけた相手を押し倒してめった打ちにするビデオです。


President Trump signaled Sunday that he’s ready to rumble with the mainstream news media — tweeting a video in which he takes down CNN with a vicious pro-wrestling move.

The doctored clip shows Trump using a “clothesline” maneuver to flatten an opponent with CNN’s logo in place of his head, then pummeling him into submission on the ringside floor.

The brawler-in-chief’s video broadside — which he captioned “#FraudNewsCNN #FNN” — spurred the network to immediately jump into the fray and accuse Trump of goofing off ahead of his Wednesday departure for the G20 summit meeting in Germany.
(Trump literally tackles mainstream media with CNN ‘clothesline’ video. New York Post. July 2, 2017.)


きつい冗談の類としても、現職の大統領が自身のツイッターで発信したというのは驚愕です。

トランプ大統領は常日頃から特定メディアを名指しして「フェイクニュース」と批難しており、今回はその怒りが頂点に達したのでしょうか。

さて、引用した記事中に出てくる、


clothesline maneuver


という表現が何を意味するのか分からなかったのですが、色々調べてこれはプロレス技でいわゆる「ラリアート」と呼ばれるものだと分かりました。

"clothesline"というのは洗濯物を干す際に使われるロープのことを指しています。(アメリカは物干し竿ではなく、庭にロープを張って干すんですね。)

その"clothesline"のように腕を拡げた状態で体当たりして(特に首のあたりを狙って)、相手にダメージを与える技がラリアートです。

ちなみにラリアートという名称はスペイン語の由来で、牛や馬を捕まえるときに首めがけて放つ「投げ縄」を指しています。"clothesline"は、洗濯物用のロープを道に張ってバイクに乗ったライダーを狙ったことから、やはり首に引っ掛けるということでラリアートのことを指すようになったようです。

筆者が小学生くらいのころプロレスブームで、キン肉マンなどの漫画が流行りましたが、そんな昔をなつかしく思い出しました。


2017年7月3日月曜日

cockles of the heart

先週末は少し長いお休みをいただきまして、今日、月曜日まで旅行をしておりました。

旅行については私事ですので読者の皆さんにはそんなことはどうでもいいことだと思うのですが、途中に立ち寄ったお店で買ったドーナツの包装に見つけた以下のような英語表現が今日取り上げたい内容です。

その表現というのは、


This taste warms the cockles of my heart.


というものです。

ココナツ風味の美味しいドーナツでしたが、"cockle(s)"という単語を知りませんでしたので、どういう意味だろうと思った訳です。

とかく日本において商品マーケティングに見られる英語表現というのは間違ったものが多いので、上記の例もその類かと思ったのですがどうやらそうではないらしいことが分かりました。


warm the cockles of a person's heart


という表現はランダムハウス英和辞書にもちゃんと載っていて、


(人を)喜ばせる,ほのぼのとさせる


とあります。

「心底」、「心の底から」、というような日本語も見えるのですが、"cockle"というのは二枚貝の一種で日本ではトリガイと称される貝を指すようです。

つまり、私が購入したドーナツは心を芯から温めてくれるくらいに美味しい、ということで包装に印字されているということになります。(実際、ココナツ風味が好きな私には美味しかったです。)

二枚貝を指す"cockle"を使ったフレーズがこのような意味に発展したのは、その二枚貝の形状が心臓と似通っていることにあるそうです。

"cockles"は心臓のその中にあるもうひとつの心臓という象徴みたいなものでしょうか。