最近30日間のアクセス数トップ3記事

2017年7月21日金曜日

sweat fest

先日関東甲信越地方の梅雨明けが発表されました。

梅雨明け発表以前から暑くてしようがありませんでしたが、梅雨明けと言われると輪をかけて暑さを意識してしまいます。


It’s an official sweat-fest in the Big Apple as the first heat wave of the year is smothering the city with 90-plus-degree temperatures, along with a heat index that will make it feel close to 99 degrees on Thursday.

“It’ll be oppressive,” said AccuWeather meteorologist Dave Dombek. “Three days in a row of 90-degree days makes it an official heat wave.”

After almost a week of clear skies and sweet breezes, the thermometer began inching up Wednesday and hit a high of 90 degrees.

Friday’s high is expected to be in the 90s, too.
(Simon Jones. Heatwave to give "Summer of Hell" a whole new meaning. New York Post. July 19, 2017.)


さて、酷暑に悩まされるのはニューヨークも同じようで、引用した記事によりますと、30度を越す猛暑日が続いているようです。

"Sweat fest"という表現に目が留まりました。

汗をかく(sweat)所業(fest)ということになるかと思いますが、好んで汗をかく人というのはいない訳で、汗をかくのは大変な状況、困難な状況にあるという含意があります。

涼しいのに比べて、暑いと負担を強いられます。

今日も東京は暑かったですが、他社を訪問する用事があって、スーツにネクタイでの外出は全く"sweat fest"でありました。


2017年7月20日木曜日

忠犬 ― Fido

小生はネコを飼っているのですが、ネコという生き物は餌を欲しがるときは擦り寄ってきますが、それ以外ではほとんど愛想もない動物で苦笑してしまいます。

一方、イヌはネコと違って、人間のよき伴侶といったイメージがあります。飼ったことがありませんのでイメージに過ぎないかもしれませんが、ネコを散歩には連れて行きませんが、イヌは散歩が必要ですし、ボールを投げれば追いかけて口にくわえて戻ってきますよね。

このようなイヌの社会性みたいなものは、イヌの祖先とされるオオカミから遺伝的な変異により生じた特性であるという研究があるそうです。


Whether they're staring at us, barking at us or licking our faces, dogs are often eager to interact with humans and are highly attuned to our behaviors. But how did man's best friend go from weary wolf to friendly Fido?

New research suggests that the answer may be genetic. The study, published in the journal Science Advances, identifies a series of gene mutations that may make your puppy more amenable to playing with people. Similar mutations are found in humans and are known to eliminate a fear of strangers.
(Ben Panko. What Makes Fido So Friendly? It Could Be Genetic. Smithonian. July 19, 2017.)


記事ではイヌのことを、


Fido


と表現している部分があります。

この"Fido"というのは、"fidenlity"(忠節、忠義)という単語にも見られるように、イヌが飼い主に忠実なことから付けられた名称です。

日本では渋谷駅の忠犬ハチ公が有名ですが、"Fido"はイヌにつけられるポピュラーな名前でもあるそうです。


2017年7月19日水曜日

dual citizenship

日本では民主党党首の蓮舫参院議員が、かねてより批判されていた二重国籍疑惑に対して、今般最終的に戸籍を公開したことがニュースになっていますが、国会議員の二重国籍疑惑というのは海を越えたオーストラリアでもホットトピックのようです。


There are 23 other Australian MPs and senators aside from Scott Ludlam and Larissa Waters who were born overseas.

Of the 23, almost half of them have now moved to clarify their citizenship in the wake of their colleagues' bungles.

Ms Waters resigned from Federal Parliament yesterday after realising she held dual citizenship and was ineligible to serve under section 44 of the Australian constitution, which states:

"Any person who is under any acknowledgment of allegiance, obedience, or adherence to a foreign power, or is a subject or a citizen or entitled to the rights or privileges of a subject or a citizen of a foreign power shall be incapable of being chosen or of sitting as a senator or a member of the House of Representatives."
(Alle McMahon. Australian politicians born overseas jump to clarify citizenship after Waters, Ludlam bungles. ABC News. July 19, 2017.)


オーストラリア国会議員の疑惑は2名の議員から始まったようですが、続々と国籍に関する疑惑が持ち上がり、20人以上がその渦中にあるとか。

"dual citizenship"は言うまでもなく、二重国籍という意味になりますが、蓮舫氏に関する記事では、"dual nationality"という用語が使われていました。


Renho said she was unaware of her dual nationality until last year when questions arose, and renounced her Taiwanese citizenship at that time.
(Japan lawmaker shows legal records to prove nationality. ABC News. July 18, 2017.)


"nationality"の訳語は「国籍」で、"citizenship"には「市民権」という訳語が一般的です。

"citizen"を改めて辞書で引いてみると、


a native or naturalized person who owes allegiance to a government and is entitled to protection from it
(Merriam-Webster Dictionary)


とあり、これは「一国の政府に忠誠を誓う義務とその保護下に置かれる権利がある」(ランダムハウス英和辞書)という意味合いがあります。

"dual citizenship"は、2つの国に対して忠誠を誓っている状態であるということで、やはり国会議員としては相応しくない、という解釈になるのでしょう。

オーストラリアの議員は既に辞職しているそうです。


2017年7月18日火曜日

bushel

以前にも何度か同じようなことを書いた記憶がありますが、アメリカでの生活で不便を感じるものに、度量衡の違いがあります。

ご存知のように、メートル法ではなく、ヤードポンド法に基づいていますので、長さの単位はマイルやヤード、そしてインチが使われます。

そして、重さはというとポンドであり、液量はガロンとなり、スーパーマーケットでの買い物で難儀します。

今日取り上げる、"bushel"は重さの単位の1つで、辞書によれば2150.42立法インチとされています。ところが、この"bushel"という単位は輪をかけて紛らわしいことに、穀物重量としては、その種類、例えば大豆、トウモロコシ、小麦などそれぞれで具体的な重さが違ってくるというシロモノだそうですから、アメリカは不思議な国ですね。

さて、下記の引用記事のタイトルに"bushel"が使われているのですが、ここではもちろん具体的な重量を示しているのではなく、単に「多量」ということの意味で使われているものです。


Vice President Pence’s bushel of false and misleading claims about health care

Vice President Pence recently spoke at the National Governors Association meeting in Providence, R.I., and made several questionable claims about the Senate GOP health-care proposal, the Better Care Reconciliation Act (BCRA).
(Michel Ye Hee Lee. The Washington Post. July 18, 2017.)


"bushel of〜"というフレーズは、"a lot of"などとほぼ同義と考えて良いようです。


2017年7月17日月曜日

shard

アメリカ・ニューヨークでホットドッグがリコール(回収)となりました。

その量700万ポンド(約3,000トン以上)ということで、驚愕の量です。


NEW YORK (Reuters) — A New York meat processor is recalling more than 7 million pounds of hot dogs and sausages mostly under the Sabrett brand name after consumers complained about finding small pieces of bone in some of the products, the US Department of Agriculture said on Saturday.

In one case, someone who ate one of the hot dogs suffered a "minor oral injury," the USDA's Food Safety and Inspection Service said in a statement.
(7 million pounds of hot dogs are being recalled after someone bit into shards of bone. Business Insider. July 15, 2017.)


原因となったのはホットドッグに使うソーセージのようです。消費者が骨らしき異物を見つけ、報告したそうですが、記事のタイトルに、


shards of bone


とあるのですが、この"shard"という単語を初めて見ました。

辞書を引くと、


かけら、破片


の意味があると分かりますが、この単語の語源は"shear"(切る、刈る)という動詞と関連していることも分かります。

"sherd"という、やや異なるスペルの単語もありますが、こちらは考古学の専門用語で使われるらしく、古い地層などから出土する土器の破片などを意味するそうです。


2017年7月14日金曜日

bear market

株式や相場にあまり詳しくありませんが、いわゆる「下げ相場」のことを英語では


bear market


という表現することをご存知でしょうか?


Some strategists say that slumping shares of Tesla could be in for even deeper losses, as the auto maker faces big tests of investor sentiment and its business strategy.

Tesla stock ended its worst weekly run in about a year and a half, dropping over 13 percent this week and briefly dipping into a bear market. The automaker faced down a litany of bad news, including delivery numbers that missed expectations, a set of bearish forecasts, and poor results in a vehicle safety test.
(Rebecca Ungarino. After entering a bear market, tumbling Tesla shares could be poised to fall further. CNBC. July 8, 2017.)


テスラというのはアメリカの自動車メーカーですが、同社の株価が下落しているという記事です。

ちなみに、下げ相場の反対で「上げ相場」という時は、


bull market


と表現するそうです。

"bear"(クマ)に"bull"(ウシ)とは面白いですが、なぜクマは「下げ」で、ウシは「上げ」なのでしょうか?

Invetopediaというウェブサイトに興味深い説明を見つけました。

それによると、クマとウシ双方の攻撃の仕方から連想されるものだということです。

つまり、クマは相手を攻撃する際に腕を振り下ろすの「下げ」、ウシは相手を突き上げるので「上げ」という訳です。


2017年7月13日木曜日

dead man's shoes

サラリーマンにとって組織内での昇進というのは誰しもが願わないことはない、成功のひとつの指標となるものです。

一方で雇用の状況というのは時代とともに移り変わり、かつては終身雇用が当たり前だったところ、今では転職を憚る人の方がまれです。

女性の社会進出も目覚ましく、ぼんやりしていたらある人突然上司部下の関係が逆転していた!?なんてことも珍しくありません。

"Filling dead man's shoes"という表現があるのですが、これはどちらかと言えば古い体質の話です。


Pursuing a career web, where strategic and intelligent lateral moves are met with as much kudos as traditional promotions, does away with the traditional career dilemma of filling “dead man’s shoes” to get ahead – waiting for someone in a position above yours to move on so you can get promoted.
(The downside of limitless career options. BBC News. June 26, 2017.)


この成句は、Collins Cobuild Dictionary of Idiomsにもエントリがあるのですが、


If you talk about dead men's shoes, you are talking about a situation in which people cannot make progress in their careers until someone senior to them retires or dies.


ということで、上が引退するか死ぬかしない限り、昇進できない、つまり年功序列システムそのものを指しています。


2017年7月12日水曜日

白物家電 ― white goods

グーグルニュースのオーストラリア版を斜め読みしていましたら、電車を利用した引越し業者が摘発されたというニュース記事に出くわしました。


Turns out you are not allowed to move white goods onto a train in Queensland, even if it is outside of peak hour.

But as Queensland Rail security video reveals, two would-be rail removalists in Brisbane had a crack a couple of months ago.

The footage shows a man encountering some difficulty as he wheels a fridge, mounted on a hand trolley, from a rail overpass into an elevator.

He then manoeuvrers it onto the Bowen Hills platform and into a waiting train.
(Nick Wiggins. Train removalists: Brisbane man fined $250 for moving fridge on train. ABC News. July 12, 2017.)


オーストラリアでは電車に持ち込む所持品のサイズに関する規制などはないのでしょうか?日本だと有料手回り品という概念がありますが、貨物車でもない限り、電車で冷蔵庫を運ぶなど考えられません。

ところで、


white goods


と出てくるのに目が留まったのですが、これは日本語でも言う「白物家電」のことではないでしょうか。

念の為辞書を引くと、


major household appliances (such as stoves and refrigerators) that are typically finished in white enamel
(Merriam-Webster Dictionary)


という定義がありました。

冷蔵庫や洗濯機などが白いというのはやはりグローバルなのかも知れません。


2017年7月11日火曜日

the boot

パスタがお好きな方はご存知かもしれませんが、Strozzapretiという種類のパスタがあるそうですね。

私は食べたことはありませんが、知っているのはスパゲッティを始め、せいぜいラビオリとかペンネくらいなので、食べてみたい気もします。

が、このStrozzapretiというのはその由来にちょっとおどろおどろしいものがあるそうなのです。


PASTA might be one of the most delicious foods on the planet, but be careful if you order Strozzapreti.

The weird looking, twisted handmade pasta shaped like a hangman’s knot was originally created to suffocate an insatiable priest.
You read that right.

Strozzapreti literally means ‘priest-stranglers’. It has a dark sinful past.

These corkscrew-looking penne date back to the 1600s. They were born upon a curse cast by women against gluttonous clergymen in central Italy, when the much-feared powerful Papal State ruled across the boot from the Adriatic to the Tyrrhenian seas.
(The choking history of Italy’s priest-strangler Strozzapreti pasta. News.com.au. July 9, 2017.)


その由来というのは、Strozzapretiという名称がそもそも"priest-stranglers"(聖職者の首絞め)という意味であるということにあります。

記事によれば、大喰らいの牧師を呪った女性達が作ったのが他ならぬStrozzapretiだったということです。

さて、記事中に


Across the boot


という表現が出てきます。

コンテクストからしてこの"the boot"は紛れもなくイタリア半島を指していると思われます。

昔、学校の地理の授業ではイタリア半島をブーツの形状に似た地形として習ったのを思い出します。


2017年7月10日月曜日

あれを英語で? ― thumb tack

久しぶりですが、「あれを英語で?」のコーナーです。

昔、子供の時分は「押しピン」などと呼ぶこともありましたが、いわゆる画鋲を英語で何と言うかご存知でしょうか?

答えは以下の記事に。


Ipswich City Council is offering a $5000 reward to catch vandals who scattered hundreds of dog food pellets laced with thumb tacks in a public park on the weekend.

Acting Ipswich Mayor Paul Tully reported the incident to police on Sunday after residents discovered the tacks scattered across the Augustine Heights Dog Park near Springfield.
(Sonia Kohlbacher. Thumb tack baits left in Ipswich dog park. The Australian. July 10, 2017.)


そうです、画鋲は英語で、


thumb tack


といいます。

"tack"だけで画鋲の意味がありますが、"thumb"と付くとやはり親指で押して留める、というリアルさがにじみます。

記事の内容としては、犬の餌に画鋲を混ぜるなど、まったく以って言語道断、卑劣な事件ですが。


2017年7月7日金曜日

G20開幕 ― press the flesh

G20サミットが開幕しました。

意外だったのですが、トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領はこのサミットで初対面なのだそうです。選挙介入疑惑などで度々取り上げられてきた両首脳の蜜月関係だけに、これまで一度も対面していなかったという事実が意外でした。


HAMBURG, Germany — President Trump and Russia's Vladimir Putin had their first opportunity to size each other up Friday ahead of their first one-on-one meeting at an international summit in Germany.

The two leaders shook hands and exchanged a few words ahead of their sit-down at the Group of 20 talks in Hamburg, according to Putin’s spokesman Dmitry Peskov. It was the first time the two leaders pressed the flesh since U.S. intelligence agencies accused Putin of interfering in last year's presidential election to get Trump elected.
(Trump, Putin meet, shake hands. Now what? USA Today. July 7, 2017.)


G20サミットはドイツのハンブルクで行われていますが、ホスト国の首脳であるメルケル首相の、各国首脳の出迎え方の微妙な違いがニュースになっていたりします。

さて、トランプ氏とプーチン氏の初対面はやはり握手からスタートしたようですが、"shake hands"という一般的な表現ではなく、


press(ed) the flesh


という表現が使われています。

これも「握手」の意味なのですが、アメリカ英語の口語表現とされています。


2017年7月6日木曜日

not your cup of tea

"not your cup of tea"という表現がありますがどのように使われるかご存知でしょうか?


If you'd asked me a couple of months ago, I'd have said I'd seen " Gone With the Wind " three times - once with commercials, once when I was barely paying attention, and once on a 19-inch TV. The first time I considered myself too smart for it I was a teen-ager; the second time I thought it was a likable soap opera; and the third time I thought it was a fine movie, but not my cup of tea.
(San Francisco Chronicle, 2010.)


興味がない、熱心ではない、という意味で用いられるフレーズです。

Collins Cobuild Dictionary of Idiomsでは下記のように定義されています。


If you say that something is not your cup of tea, you mean that you do not feel very enthusiastic about it or interested in it.



2017年7月5日水曜日

make a killing

"Make a killing"というフレーズがあるのですが、"killing"などというと物騒ですが、その意味は大儲けするというものです。

Collins Cobuild Dictionary of Idiomsでは下記のように定義されています。


If someone makes a killing, they make a large profit very quickly and easily.


濡れ手で粟、というような意味合いがあります。


NEW DELHI: Even though the government has capped prices of cardiac stents, this has failed to bring much relief to patients. Companies, distributors and hospitals continue to earn hefty profits ranging from 40600% on other medical devices such as catheters, orthopaedic implants and surgical equipment, data submitted by regulatory authorities from Maharashtra and Odisha shows.
(Sushme Dey. Companies, hospitals make a killing out of medical devices. Economic Times. June 30, 2017.)


"Killing"が大儲けを指すようになったのは19世紀後半からのようですが、アメリカ英語の俗語表現から来ているそうです。


2017年7月4日火曜日

clothesline

自宅にテレビを設置していないので普段テレビは見ないのですが、旅行先ということもあり、テレビのニュースを見ていました。

海外ニュースの紹介で、驚愕のビデオが取り上げられていました。見られた方も多いのではないかと思います。トランプ大統領がプロレスのリング場外でCNNのロゴを頭につけた相手を押し倒してめった打ちにするビデオです。


President Trump signaled Sunday that he’s ready to rumble with the mainstream news media — tweeting a video in which he takes down CNN with a vicious pro-wrestling move.

The doctored clip shows Trump using a “clothesline” maneuver to flatten an opponent with CNN’s logo in place of his head, then pummeling him into submission on the ringside floor.

The brawler-in-chief’s video broadside — which he captioned “#FraudNewsCNN #FNN” — spurred the network to immediately jump into the fray and accuse Trump of goofing off ahead of his Wednesday departure for the G20 summit meeting in Germany.
(Trump literally tackles mainstream media with CNN ‘clothesline’ video. New York Post. July 2, 2017.)


きつい冗談の類としても、現職の大統領が自身のツイッターで発信したというのは驚愕です。

トランプ大統領は常日頃から特定メディアを名指しして「フェイクニュース」と批難しており、今回はその怒りが頂点に達したのでしょうか。

さて、引用した記事中に出てくる、


clothesline maneuver


という表現が何を意味するのか分からなかったのですが、色々調べてこれはプロレス技でいわゆる「ラリアート」と呼ばれるものだと分かりました。

"clothesline"というのは洗濯物を干す際に使われるロープのことを指しています。(アメリカは物干し竿ではなく、庭にロープを張って干すんですね。)

その"clothesline"のように腕を拡げた状態で体当たりして(特に首のあたりを狙って)、相手にダメージを与える技がラリアートです。

ちなみにラリアートという名称はスペイン語の由来で、牛や馬を捕まえるときに首めがけて放つ「投げ縄」を指しています。"clothesline"は、洗濯物用のロープを道に張ってバイクに乗ったライダーを狙ったことから、やはり首に引っ掛けるということでラリアートのことを指すようになったようです。

筆者が小学生くらいのころプロレスブームで、キン肉マンなどの漫画が流行りましたが、そんな昔をなつかしく思い出しました。


2017年7月3日月曜日

cockles of the heart

先週末は少し長いお休みをいただきまして、今日、月曜日まで旅行をしておりました。

旅行については私事ですので読者の皆さんにはそんなことはどうでもいいことだと思うのですが、途中に立ち寄ったお店で買ったドーナツの包装に見つけた以下のような英語表現が今日取り上げたい内容です。

その表現というのは、


This taste warms the cockles of my heart.


というものです。

ココナツ風味の美味しいドーナツでしたが、"cockle(s)"という単語を知りませんでしたので、どういう意味だろうと思った訳です。

とかく日本において商品マーケティングに見られる英語表現というのは間違ったものが多いので、上記の例もその類かと思ったのですがどうやらそうではないらしいことが分かりました。


warm the cockles of a person's heart


という表現はランダムハウス英和辞書にもちゃんと載っていて、


(人を)喜ばせる,ほのぼのとさせる


とあります。

「心底」、「心の底から」、というような日本語も見えるのですが、"cockle"というのは二枚貝の一種で日本ではトリガイと称される貝を指すようです。

つまり、私が購入したドーナツは心を芯から温めてくれるくらいに美味しい、ということで包装に印字されているということになります。(実際、ココナツ風味が好きな私には美味しかったです。)

二枚貝を指す"cockle"を使ったフレーズがこのような意味に発展したのは、その二枚貝の形状が心臓と似通っていることにあるそうです。

"cockles"は心臓のその中にあるもうひとつの心臓という象徴みたいなものでしょうか。


2017年6月30日金曜日

blanket accusation

インターネットにおけるランサムウェア(ransomeware)の脅威が高まっています。

先日はWannaCryと呼ばれるランサムウェアが世界中で病院や企業などのシステムに感染し、病院では手術が行えなくなるなど甚大な被害を及ぼしました。

今週は新たなランサムウェアがウクライナで発生し、これまた全世界に拡がった模様です。


The primary target of a crippling computer virus that spread from Ukraine across the world this week is highly likely to have been that country's computer infrastructure, a top Ukrainian police official told Reuters on Thursday.

Cyber security firms are trying to piece together who was behind the computer worm, dubbed NotPetya by some experts, which has paralyzed thousands of machines worldwide, shutting down ports, factories and offices as it spread through internal organizational networks to an estimated 60 countries.

Ukrainian politicians were quick on Tuesday to blame Russia, but a Kremlin spokesman dismissed "unfounded blanket accusations." Kiev has accused Moscow of two previous cyber strikes on the Ukrainian power grid and other attacks since Russia annexed Crimea in 2014.
(Police Suggest Petya Ransomware Attack Was a Distraction. Fortune. June 30, 2017.)


さて、WannaCryのときはその出所が北朝鮮ではないかと言われたものですが、今回のランサムウェアはロシアが疑われているようです。

この疑いに対し、クレムリン、つまりロシア当局ですが、以下のようなコメントをしているのですが、


unfounded blanket accusations


この"blanket accusations"という表現が目に留まりました。

"blanket"という単語については当ブログでも何度か取り上げたことがありましたが、ここではどのように訳したものでしょうか。

"blanket offer"といった表現における"blanket"は、「包括的な」という意味合いでした。つまり、「なんでもかんでもひっくるめて」という意味合いです。

ここでは、"unfounded"(根拠のない)という形容にヒントがありそうです。何か悪いことが起きると(特に根拠なく)その黒幕にロシアを名指しする、というような風潮がある、と主張したいのでしょう。

ところで、"blanket accusation(s)"という表現に似た表現として、"blanket statement"という表現はよく使われるらしいということが分かりました。

"blanket statement"というのは、例えば、


American people are over-weight.(アメリカ人はみんなデブ!)


というステートメントのように、個々の違いを無視して、十把ひとからげに括ってしまうような表現を指します。


2017年6月29日木曜日

pull the rug

アメリカのトランプ政権下で保険制度の抜本改革が行われようとしています。

具体的に言うと、アメリカにおいて、収入が乏しい国民に対する医療保険制度であるMedicaidの予算カットが議会に提案されているというものです。


Susan Lees works at least 40 to 50 hours a week as a nanny for two young kids. Recently, she started walking dogs while the kids are in school to “make ends meet.” But despite working around 50 to 60 hours a week, she relies on Medicaid to pay for her medical bills.

“It’s not like I can just go out and afford big-time insurance,” Lees said. “I get state health but I also pay into it. And if they cut it – I’m 50 years old now and I try to keep myself basically healthy – but the little things I do need would come to a stop.”

Lees, who is single and lives in Danbury, Conn., is worried about the Senate's proposed health care bill, which calls for steep cuts to Medicaid.

(中略)

The most recent draft of the bill would cut Medicaid funding by $772 billion over the next decade and cause enrollment to decline by 16 percent by 2026, according to the recently released Congressional Budget Office report. Overall, the CBO says, 22 million fewer Americans would be without health care by 2026.

“We have never seen a safety net rolled back like this in American history,” said Bruce Siegel, president of America’s Essential Hospitals, an association of about 300 hospitals dedicated to providing health care to poorer Americans. “It will pull the rug out from under working people and their hospitals. It could undermine the whole insurance market for everyone.”
(Jack Brewster. How the Senate Health Care Bill Could Hurt Medicaid Recipients. Time. June 28, 2017.)


オバマ政権下ではこのMedicaidの拡充が計られてきたところ、トランプ政権に代わってから状況が変わったようです。

さて、このような状況変化が、


will pull the rug out from under working people and their hospitals


ということで、"pull the rug"という表現が使われています。

"pull the rug from under you"という成句で知られる表現ですが、Collins Cobuild Dictionary of Idiomsでは以下のように定義されています。


If someone pulls the rug from under you or pulls the rug from under your feet, they suddenlty stop helping and supporting you.


つまり、これまでの状況から一転して、サポートを打ち切る、援助を止める、という意味です。日本語では「梯子を外す」などと言ったりしますね。


2017年6月28日水曜日

sit-down

若い世代はレストランでの食事を好む傾向にある、という統計があるようです。


NEW YORK (AP) — Millennials may be shunning some habits beloved by past generations, but one restaurant company CEO says they still want to go to sit-down chains like Olive Garden.

"Believe it or not, millennials still want to come to restaurants," Gene Lee, chief executive of Olive Garden's parent company Darden Restaurants, said Tuesday, based on what he said was the company's research.
(Millennials Like to Eat Out. US News & World Report. June 27, 2017.)


レストラン(restaurant)を言うのに、


sit-down chains like Olive Garden


と表現されています。

Olive Gardenというのは、恐らくアメリカでは知る人の多いレストランのチェーン店なのでしょう。(行ったことはありませんが、デニーズみたいなものかも知れません。)

"sit-down"を辞書で引くと、座り込み、という意味もありますが、


着座しての(食事)


という意味だということで、食事は座ってするのが当たり前と思いますが、この"sit-down"が使われるのはよりフォーマルな、格式ばったものという意味合いがあるようです。

ちなみに私の今日のお昼はオフィス近くの「小諸そば」だったので、立ち食いだったのですが、途中で席を見つけて、ちゃんとした"sit-down"でのランチとなりました。


2017年6月27日火曜日

escapade

やや旧聞に属しますが、トランプ米大統領がセクハラまがいの行為を働いていたというのは大統領選の時から取り上げられていました。


Adult magazine Penthouse has received three claims for its $1 million offer to anyone who could provide real tapes of President-elect Donald Trump’s alleged and unproven sexual escapades at the Ritz-Carlton in Moscow, the publication’s editor exclusively revealed to International Business Times Thursday.

Penthouse editor Raphie Aronowitz said the magazine isn’t conducting a “witch hunt,” but wants to prove whether the allegations against Trump are true. Aronowitz said the lucrative offer falls in line with the magazine’s well-established brand, though to his knowledge Penthouse has never made such an exorbitant offer before.

“If the story is real, which we don’t know if it is or not, it really kind of hits at the intersection between politics, scandal and sex, which as a brand both historically and currently is our sweet spot,” Aronowitz said in a phone interview.
(Penthouse may have proof of Trump’s ‘golden shower’ tryst at Moscow hotel. International Business Times. January 13, 2017.)


引用した記事では、


sexual escapades


とあるのですが、"escapade(s)"というのは「いたずら」という日本語訳がつけられています。

この"escapade"という単語は、動詞"escape"と語源を同じくしています。

元々、"escape"とは接頭辞ex-と、頭を指すcappaから成る単語で、頭を覆い隠すものという意味合いです。「隠れる、逃れる」という意味に通じますね。


2017年6月26日月曜日

eke out

週明けの月曜日は自動車部品メーカーのタカタがアメリカで破産申請したというニュースで市場が幕開けしました。


Shares in Tokyo edged up for a second day, as electronics makers supported the Topix index while bank shares dragged the most on the gauge.

Air-bag and parts makers advanced after Takata Corp. filed for bankruptcy in the U.S. New home sales in the U.S. totaled 610,000 in May compared with the median economist estimate for 590,000, data released Friday showed. Trading remained thin in Tokyo, with volume on the Topix index 22 percent below the 30-day average.
(Japan Stocks Eke Out Gain as Electronics Boost Gauge; Banks Drop. Bloomberg. June 26, 2017.)


引用した記事では、タカタの破産申請の影響も含めて報道しているものですが、逆にエアバッグメーカー他社の株価が上昇したようです。

そこで記事のタイトルですが、


Japan Stocks Eke Out Gain as Electronics Boost Gauge; Banks Drop


とありますが、"eke out"とは辞書を引くと「何とかやりくりして凌いでいる」という意味が載っています。

下がる株がある一方、進展する株もあるということで、総じて何とか平均株価を保っている、ということでしょうか。

"eke"という単語にあまりなじみはありませんが、"nickname"という単語の語源はこの"eke"であり、元々は足す、増加する、という意味です。(つまり、ニックネームとは「追加」された名称、という意味ですが、"an ekename"が"a nekename"と異分析された結果生まれた単語です。こちらもご覧下さい。)

"eke out"という動詞句は、足らない部分の不足を補う、ということですが、不足分を増加でならして・・・、という意味合いがあります。


2017年6月23日金曜日

SNSで増加する美容整形 ― dermal filler

ソーシャルメディアの影響で、少しでも自分を良く見せたいと整形に走る人が増えているそうです。

しかも、男性にその傾向が顕著らしく、わたしのような昭和生まれの男子(!?)には不可解極まりありません・・・。


Young people are turning to cosmetic procedures such as botox and dermal fillers as a result of social media pressure, according to a report.

A study by the Nuffield Council on Bioethics says government must protect people from an unregulated industry.

The report also condemns makeover apps and online plastic surgery games aimed at children as young as nine.

The authors fear such apps are contributing to growing anxieties around body image.

Much of the cosmetic procedures industry is unregulated so reliable data on its size is hard to come by.

In 2015 one market research company estimated the UK market could be worth as much as £3.6bn.
(Dominic Hughes. Social media pressure is linked to cosmetic procedure boom. BBC News. June 22, 2017.)


さて、増えているのはボトックス(botox)や"dermal filler"と呼ばれる整形だそうです。

"dermal filler"というのは、皮膚(dermal)に詰め物(filler)をして豊かに見せるもので、日本語ではぷっくり(整形)、とか、ふっくら(整形)、などと表現されています。

自分自身を少しでもよく見せたいというのは誰しも同じと思いますが、SNSの影響がここまで大きいとは驚きですね。


2017年6月22日木曜日

"geek"について、その2 ― geek

"geek"という単語を以前一度取り上げたのですが、今日改めて取り上げてみようと思います。この時は、「愛好家、マニア」という意味で取り上げました。

きっかけは以下の記事です。


Men who delay starting a family are more likely to have "geekier" sons, a study suggests.

They were brighter, more focused and less bothered about fitting in - according to the "Geek Index" devised by King's College London.

The mother's age had no impact, and daughters seemed to be immune.

One scientist said a trend for delayed parenthood might mean we were heading towards a "society of geniuses" able to solve the world's problems.

The findings are rare good news in the science of delayed fatherhood.

Repeated studies have shown that older sperm is more prone to genetic errors and children are more likely to develop autism and schizophrenia.
(James Gallagher. Older fathers have 'geekier sons.' BBC News. June 20, 2017.)


記事のタイトル(Older fathers have 'geekier sons')から、「高齢の父親からはより"geek"な子供が産まれる」、と解釈できます。

はてさて、"geek"はどのような意味だったかと思い、改めて辞書を引くと、


見世物師、変人、奇人、不愉快な人


と、褒め言葉ではありません。

ところが、記事を読んでいただくと分かるように、"geek"はここではむしろ良い方に扱われています。

従来の研究では、高齢になってからの子作りでは遺伝子異常などが起きる確立が高まり、自閉症などを患う子供が産まれるリスクがありましたが、今回の研究では高齢になって子供を授かることの良い面が見られた、というのですから。

記事を読み込んでいきますと"geek"とは、ある意味常人離れしたような知能や感覚を持つ人を指して言う表現であると解釈できます。

日本語では「奇人」という表現にその片鱗を見ることができますが、まさに奇人と天才は紙一重、といったところでしょうか。


2017年6月21日水曜日

Leopard does not change its spots.

"Leopards does not change its spots."というフレーズをご存知でしょうか?

以下の引用を読んでみましょう。


Under certain conditions, it seems possible that pigs could fly and leopards change their spots, after all, 'cause the ride-hail industry's leader has suddenly reversed its long-held opposition to tipping.

Uber announced today that it will be rolling out a tipping feature for the service, which has been a cash-free operation since its launch in 2009. As The Verge reported, the in-app tipping option will be available as of today in Seattle, Minneapolis, and Houston, and will be extended to the rest of Uber's American service areas by the end of July.

For years, Uber has maintained a tip-free format for its passenger app, though its early claims that tips were already included in fares didn't last long. Now, a couple years after rival service Lyft built a tipping option into their app, Uber has hopped on the gratuity train as part of its efforts to mend ties with drivers, riders, officials, and anyone else who's paying attention.
(Janet Burns. Eight Years And Umpteen Scandals Later, You Can Finally Tip Your Uber Driver. Forbes. June 20, 2017.)


pigs might flyは以前取り上げましたね。

"Leopards does not change its spots."は直訳すれば、ヒョウの斑模様は変わらない、ということで、変わることのないことの喩えとして使われる表現です。

pigs might flyは、あり得そうもないことを逆説的に表現したものでした。

つまり、どちらの表現もあり得ない事、起こりそうもない事、を言ったものです。

"Leopards does not change its spots."というフレーズは聖書に由来します。

エレミヤ書の13:23に、


Can the Ethiopian change his skin, or the leopard his spots? then may ye also do good, that are accustomed to do evil.
(エチオピヤびとはその皮膚を変えることができようか。ひょうはその斑点を変えることができようか。もしそれができるならば、悪に慣れたあなたがたも、善を行うことができる。)


とあるそうです。

これも逆説の表現であり、罪深い人間は決して善人足り得ず、裁きを受ける運命にあるというのが趣旨となっています。


2017年6月20日火曜日

indulgent

野菜嫌いの人に試してみてはどうでしょうか?


A new study published last week in JAMA Internal Medicine from Stanford University's Psychology Department found that rich, descriptive and delicious labels for vegetables makes them a lot more appealing.

The study found that "indulgent" descriptors for vegetables like beets, corn, green beans, zucchini, carrots, and sweet potatoes won over diners at a university cafeteria. We get it: "rich buttery roasted sweet corn" sounds too good to pass over. Especially when compared to just plain-old "corn."

(中略)

Vegetables labeled "indulgently" saw a 23 percent selection increase compared to "basic" labels. Compared to "healthy restrictive" labels (like "reduced-sodium corn"), indulgent descriptors increased the choice of veggies by 33 percent.
(Sasha Lekach. If we talked about veggies like we talk about steak, we'd be the healthiest eaters. Mashable. June 20, 2017.)


野菜を単に野菜の名前で表示するよりも、「おいしそうに」、あるいは「より贅沢感のある」呼び方で見せることで、より野菜の摂取量が増えるという、スタンフォード大の研究成果が報告されたそうです。

例えば、単に"sweet corn"(スイートコーン)と表示した場合よりも、"rich buttery roasted sweet corn"(濃厚バターで炒めたスイートコーン)と表示した方がより売れる、ということです。

心理的なものですね。

記事では、"indulgent"という形容が使われていますが、寛大な、甘やかす、優しい、といった意味で使われるのですが、こと食事に関する場合には、ぜいたくな、というような意味合いが出てきます。

考えてみれば、我々はレストランのメニューやコンビニで買い物するときなどでも、商品そのものよりも、ついつい商品名に引っ張られてしまいます。

"indulgent"な命名に効果があるということですね。


2017年6月19日月曜日

ロンドンのタワーマンションで大火事 ― inferno

先週のニュースですが、ロンドン市内のタワーマンションで火事が発生し、50人以上の死者を出しました。

24階建てのビルディングは築ウン十年の古いものだったと新聞で読んだのですが、出火後ここまでの大惨事になってしまったのは、ビルの外装に、本来使用が禁じられている素材が使われていることが要因のひとつとしてあったと報じられています。


Insulating panels added to the Grenfell Tower during an energy-efficiency renovation are banned in the U.S., U.K. and Germany on large buildings, a top-ranking British official said Sunday, questioning whether the panels played a major role in a fatal high-rise fire.

Speaking on BBC television, Chancellor Phillip Hammond said multiple formal inquiries are underway following the June 14 fire at the 24-story residential building, which killed at least 58 people. Video taken by witnesses during the fire shows flames racing up the outside of the building, where the insulating panels, known as cladding, were. Investigators say the burning panels may have acted like a chimney, making the fire more intense.

(中略)

The shocking sight of the inferno and the deaths it caused have infuriated the British and place new pressure on the government of Prime Minister Theresa May. Authorities launched a review following a similar 2009 fire in a South London high rise, but it’s unclear what, if any, steps authorities took to improve safety. May’s chief of staff was formerly the country’s housing minister.
(Trevor Hughes. London's Grenfell Tower was covered in insulation banned in other countries, official says. USA Today. June 18, 2017.)


似たような出火は過去2009年にもあったそうですが、過去の惨事から学び、それを適切な規制に活かす取り組みがなされたのか否か、行政の監督責任が問われることになりそうです。

さて、今回の火災を、


inferno


という単語を使って表現している記事が多く見られます。

"inferno"というのは元々「地獄」を意味するのですが、キリスト教における地獄の概念として、火が燃え盛るイメージがあることから、この"inferno"は大火事(an intense fire)の意味で用いられるようになったようです。

地獄とは太陽の陽も届かない下界の暗いところにあるということで、"inferno"の語源であるラテン語infernusとは「下方に存在する、下界の」という意味合いです。


2017年6月16日金曜日

フライドポテトはやっぱり体に良くない? ― French fries

昨日、とある回転すし屋に行ったのですが、最近の回転すしのメニューはお鮨だけではなく、うどんやラーメンは当たり前で、天丼やフライドポテトまであります。

それで久しぶりにフライドポテトのあの風味と食感を思い出して注文しようかなあなどと思ったのですが、止めておきました。

その理由?

何となくですが、フライドポテトってやっぱり「油もの」のイメージがあって、あまり体に良くないかな、と思ったのです。

そう思っている方は多いと思いますが、やはりそれを裏付ける研究があるようです。


French fries are in the news. Err, sorry, "fried potatoes." And apparently, they're deadly—really deadly.

Or at least that's what the headlines are blaring across the Internet today. Here's a sampling of how the media is covering the story, which is currently sitting near the top spot on Google News' health section: "Put the french fries down: Eating fried potatoes doubles risk of death, study says"; "Eating fried potatoes doubles your risk of early death, study says."

This raises the question: just how scared should you be of these nefarious fried potatoes? And is that really what the study is saying?
(Sy Mukherjee. Does Eating French Fries Really Double Your Early Death Risk? Fortune. June 15, 2017.)


具体的な研究結果については記事をお読みいただくとして、今日取り上げるのは"French fries"です。

そもそもフライドポテト(fried potatoes)というのが正しいのか、それともフレンチフライ(French fries)なのか?

引用した記事では両方使われており、英語としてはどちらも正しいようですね。

なぜ、"French"フライ、なのでしょう?

語源を検索してみると、たっぷりの油で素揚げする料理方法はフランス式のやり方と見做されていたことがあったそうで、元々は"French fried potatoes"だったそうです。


2017年6月15日木曜日

goon

記事の引用からどうぞ。


Polica have identified a person of interest accused of hurling an avocado at a deli worker - and breaking his jaw with the flying fruit, officials said.

(中略)

The goons launched their attack after getting into an argument with the worker over their food order around 4:45 p.m. May 29, cops said.
(Police searching for person of interest in bodega avocado attack. New York Post. June 14, 2017.)


"goon"という見慣れない単語が出てくるのですが、辞書を引くと、


ごろつき、用心棒、暴漢


といった日本語が出てきます。また、


あほ、まぬけ、とんま


という訳語も載っており、尊敬される人でないことは確かです。

"goon"の語源を辿ると、"gooney bird"(もしくは、goony bird)から来ているようですが、これはAlbatross、日本語ではアホウドリのことを指す呼称だそうです。

"gooney bird"の"gooney"が一人歩きするようになり、その後"goon"につづまった、ということでしょうか。

そういえば、幼児の紙おむつのブランド名にも使われていたようですが・・・


2017年6月14日水曜日

2.0

今日取り上げるのは「英単語」ではありませんが、面白いと思いましたのでちょっと取り上げてみました。

それでは記事の引用をどうぞ。


Billionaire businessman David Bonderman, a member of Uber's board, resigned Tuesday after making what he called an "inappropriate" comment about women at a company-wide meeting that was aimed at addressing the harassment of women and other unprofessional conduct within the company.

The comment came as an interruption of fellow board member Arianna Huffington, who was explaining the benefits of having more female representation on Uber's board.

(中略)

The incident came as Uber sought to move past a leadership crisis that has led to the departure this week of chief executive Travis Kalanick for a leave of absence and the exit of his close ally and confidant Emil Michael, a senior vice president at Uber.

"The ultimate responsibility, for where we've gotten and how we've gotten here rests on my shoulders," Kalanick wrote in an email to employees. "There is of course much to be proud of but there is much to improve. For Uber 2.0 to succeed there is nothing more important than dedicating my time to building out the leadership team.
(Uber board member resigns after making joke about women at company event on sexual harassment. Chicago Tribune. June 13, 2017.)


ネット配車サービスを展開するUber(ウーバー)は先日来、セクハラスキャンダルで揺れていますが、全社員が集うミーティングで役員が女性を貶めるような不適切な発言をしたということで辞任に追い込まれたそうです。

同社のCEO始め、リーダーシップチームが大揺れに揺れる中での今回の騒動ということで大きく取り上げられています。

"2.0"という表現については、引用の最後の部分、CEOのKalanick氏が社員に向けて出したメッセージの中で使われているのですが、


Uber 2.0


というのは、恐らく「新生ウーバー」とでも訳すのが適当かと思われます。

つまり、スキャンダルにまみれて信用が地に落ちてしまった感のある同社を再生させることがCEOの使命となるわけです。

このような、"2.0"という表現の用法については、大分前にインターネットにおけるウェブが誕生から一区切りをつけて、さらに新しい利用方法がされるようになった新時代を指して、"Web 2.0"と称したことから来ているようです。


used postpositively to describe a new and improved version or example of something or someone
(Merriam-Webster Dictionaryオンライン版)


2017年6月13日火曜日

COVFEFE

一見、COFFEEのように見えると私は思うのですが。

先日、トランプ米大統領がツイッターに投稿した謎のつぶやきで話題沸騰しました。

そのツイートの内容というのは、


Despite the constant negative press covfefe
(@RealDonaldTrump)


というもので、後に削除されましたが、"covfefe"という、存在しない単語の解釈を巡ってネットを中心に一騒動となりました。

超大国アメリカの元首のつぶやきが国際社会に及ぼす影響は無視できるものではなく、株価にも影響を及ぼすものですから、SNSの地位も上がったというものです。

さて、この意味不明の"covfefe"が法案の名前になったというのが下記に引用する記事の要約です。


The true definition of “covfefe,” — born from a deleted, after-midnight tweet from President Trump — remains unsettled, even to the commander in chief, who appeared to mistype it into existence on Twitter last month. But a congressman from Illinois wants to bring new meaning to the word.

The COVFEFE Act, introduced by Rep. Mike Quigley (D-Ill.) on Monday, aims to preserve tweets from the president's personal Twitter account, ensuring that Trump's social-media posts are archived as presidential records.

“In order to maintain public trust in government, elected officials must answer for what they do and say; this includes 140-character tweets,” Quigley said in a statement.

(中略)

Spelled out in the act's name, COVFEFE stands for: Communications Over Various Feeds Electronically for Engagement.
(Hamza Shaban. The COVFEFE Act would preserve Trump’s tweets as presidential records. The Washington Post. June 12, 2017.)


The COVFEFE Act(コヴフェフェ法案!?)とされるこの法案ですが、"COVFEFE"は


Communications Over Various Feeds Electronically for Engagement


の頭文字を取ったもので、日本語訳を試みるとすれば、「大統領職務遂行に係る様々な電子的フィード上でのコミュニケーション」に関する法案、とでもなりましょうか。(「電子的フィード」とはつまりSNSのことですが、"electronic feeds”ではなく、"Various Feeds Electronically"となっているのは、COVFEFEに合わせるための苦肉の策のように思えます。)

要は、大統領がツイッターで発信するコミュニケーションも重要な発言として記録すべし、ということでSNSの投稿内容も公文書としての扱いをすることを法制化するもののようです。


2017年6月12日月曜日

telomere

記事の引用をお読み下さい。(ちなみに本日も成人向けの内容となります。悪しからず・・・。)


Women who have regular sex live longer, a study suggests.

Scientists have uncovered the first biological evidence that frequent bedroom activity boosts lifespan by protecting our DNA.

But the quality of a woman’s relationship has little impact on aging.

Researchers quizzed 129 women aged between 20 and 50 about their love lives.

They then carried out blood tests to determine their long-term health prospects.

The study focused on telomeres – protective caps on the ends of DNA – that predict a person’s biological age.

Thought of as tiny internal clocks, they shorten with time and eventually become so small that cells die.

Experts found women who had regular sex had significantly longer telomeres – boosting their overall life expectancy.
(Nick McDermott. Have lots of sex, live a whole lot longer. New York Post. June 6, 2017.)


性生活が充実している女性は長生きする、という研究報告があるそうです。タブロイド紙のNew York Postならではの取り上げ方(特に記事タイトル)だと思いますが、私生活の充実が長寿と関連するというのはまあ分からないでもありません。

ところで研究報告によると、ベッドライフが充実している女性の染色体にある特徴が見られたということです。

染色体の"telomere"と呼ばれる部分は、日本語では末端小粒(まったんしょうりゅう)と呼ばれ、これが染色体を保護する役割を担っていると言われていますが、この"telomere"が有意に長いということらしいです。

"telomere"はだんだんと短くなり、最後は細胞死に至るというのが言われていることなのですが、"telomere"が長ければ長いほど長寿に貢献するという訳です。

"telomere"という単語はギリシャ語由来で、末端を意味する接頭辞telo-(teleo-)と部分を意味するmerosから成っています。


2017年6月9日金曜日

退位特例法が成立 ― abdicate

天皇陛下の生前退位を実現する特例法が参院本会議で今日可決されました。

海外メディアもこのことを報じています。


TOKYO — Japan’s Parliament opened the door to modernizing the Chrysanthemum Throne on Friday, unanimously passing a special law allowing the ailing Emperor Akihito to retire, and proposing that the government consider letting the royal bloodline pass through the women of the imperial family.

At a time when Prime Minister Shinzo Abe is promoting a political message of women’s empowerment, the rules of succession governing the world’s oldest monarchy do not permit women to be put in line for the throne.
(Motoko Rich. Japan’s Parliament Passes Law Allowing Emperor to Abdicate. The New York Times. June 8, 2017.)


参院本会議で可決されたのは今日、6月9日金曜日の午前10時過ぎということですから、上記に引用した記事では米国東部時間とすると、ほとんど速報の扱いであったと思われます。

さて、国内では、「生前退位」なる表現が邦紙の記事で見られましたが、英語では、


abdicate


という動詞が「退位」に相当します。

ab-は離脱の接頭辞で、dicareというラテン語は「言う、宣言する」という意味で"dictionary"の語源でもあります。ここでは、宣言して位を退く、という意味です。


2017年6月8日木曜日

in the pink

ピンクという色から想像するのは女性的なものだと思いますが、英語の世界ではそうとも限りません。


Singapore's private healthcare industry faces challenges here but expansion overseas holds the promise of a healthier future, said Maybank Kim Eng.

It noted this week that increased regulation, a decline in medical tourism and cheaper alternatives in public healthcare are causing the big players pain. But heading overseas can pay off, Maybank Kim Eng said, especially in emerging markets in the region.

It helps that Singapore healthcare players have established a reputable brand name in other countries and among medical tourists, which is easing the transition to overseas markets.
(Private healthcare sector in the pink. The Straits Times. June 8, 2017.)


引用した記事のタイトルで使われている、


in the pink


というフレーズは、元気な、活気のある、というような意味合いです。


If you say that someone is in th epink or in the pink of condition, you mean that they are very fit and healthy.
(Collins Cobuild Dictionary of Idioms.)


以前、"pink-collar"という表現を取り上げましたが、そちらも参考下さい。


2017年6月7日水曜日

claustrophobia

ニューヨークの地下鉄で停電トラブルがあり、45分間に渡って乗客が閉じ込められました。

停電により空調も止まったため、車内は”蒸し風呂状態”だったそうです。


On Monday evening, passengers were stranded without power between the West 4th Street and Broadway-Lafayette Street stations, a 45-minute ordeal in which the cars became overheated, causing some riders to panic and one woman to strip nearly naked as they waited in the dark to be rescued, passengers said.

“It felt like a greenhouse. It felt like we were going to suffocate,” said Michael Sciaraffo, 36, an analyst for the New York City Department of Parks and Recreation. He was on his way home to Bensonhurst, Brooklyn, when the train slowed to a halt and suddenly went silent and black. “We were trying to keep cool. We were coming close to the point where people were ready to start flipping out,” he said. “We were teetering toward that.”

Adding to the anxiety, passengers said, was a long pause with no announcement from the Metropolitan Transportation Authority about the cause. Mr. Sciaraffo said the first announcement said their train was held up by traffic delays.
Continue reading the main story

“Then we got word that the train broke down,” he said. “How could you lie to us and keep us like this, uninformed?” he asked, referring to the transportation department. “That’s when it really turned up, people started getting anxiety, claustrophobia.”
(Sarah Maslin Nir. A Hot Mess for F-Train Subway Riders Trapped in Cars. New York Times. June 6, 2017.)


わたしは幸いにも長時間の社内閉じ込めに巻き込まれたことはないのですが、東京近郊の通勤電車は列車遅延や事故による運休ですし詰め状態を経験することはよくあります。

列車の中のような狭い空間に他人と長時間密着せざるを得ない状況というのはかなりストレスのかかるものです。まして、それが空調もきいていない劣悪な環境となればなおさらのことです。

"claustrophobia"とは、「閉所恐怖症」の意味です。

"-phobia"は「恐怖症」を意味する接尾辞ですが、"claustro-"の部分は、門扉を閉じるための閂(かんぬき)を意味するラテン語claustrumから来ています。

対義語は"claustrophilia"で、こちらは閉所嗜好症というらしく、逆に密室を好むタイプの人を言うようです。


2017年6月6日火曜日

vajayjay

本日は成人向けの内容となります。悪しからず・・・。


At the risk of sounding obvious, it’s a bad idea to put a wasp’s nest in your, or indeed any, vagina.

The latest holistic herbal nonsense trend? Oak galls, for vaginal tightening.

What’s an oak gall, you ask? It’s basically a calcification that forms when gall wasps lay larvae in oak trees. They are then taken (or fall) from trees and mixed with different things, like sandalwood or nutmeg, to make different medicinal pastes for reducing mouth ulcers, to clean wounds, and more.

And, apparently, up ladies' hoo-hoos.

(中略)

A gynecologist, Dr. Jenn Gunter, noticed the oak galls were being sold on Etsy — yes, homemade craft site Etsy — and wrote a blog post urging women not to do this. “Don’t put dried up wasp’s nest in your vagina,” she said quite plainly in May.
(Constance Gibbs. Beez in the trap: women putting wasps nests in their vajayjay. New York Daily News. June 1, 2017.)


記事を読んで最初何のことか分かりませんでしたが、内容的にいかがわしい雰囲気が漂っていることは何となく分かりました。

記事のタイトルで、


vajayjay


という単語が使われていますね。

普通の辞書には載っていないのですが、ネットで検索すると


A woman's genitals
(Oxford Dictionaryオンライン版)


と出てきます。(ちなみに、引用部分には"hoo-hoo"という単語が出てきますが、同じ意味です。)

"Humorous alteration of vagina"という補足がついていますが、つまりは"vagina"という単語が直接的なので、言い換えた表現ということになるでしょうか。

記事の内容に戻りますと、gall wasp(タマバチという蜂の一種)がナラ科の樹木に営巣する際にできる結節をすり潰したものを女性が美容目的で性器に塗布することが流行しているというものです。ちなみに、美容目的というのは、要はアソコの締まりを良くする、というものだそうです・・・。

このような「美容」に医学的な根拠はもちろん無く、産科医が注意喚起しているそうですが・・・。

2017年6月5日月曜日

ロンドンでテロ発生 ― Run, Hide, Fight

またしてもイスラム過激派によるテロです。

先日マンチェスターで発生したテロの衝撃も冷めやらぬ週末、今度はロンドンの中心街で無差別の凶行が行われました。


(AP) -- College student Vashu Tyagi was leaving his dorm and heading to a nearby bar to celebrate the end of classes Saturday night in London when he saw people running frantically down the street. As three men with large knives moved through the area, stabbing anyone in their path, police yelled at Tyagi and others to get back inside — an order he credits with saving his life.

"Obviously they gave us good advice," he said. "I'm quite lucky to be here."

As reports of stabbings in a popular London nightspot started flowing in late Saturday, police sent out a tweet warning people in the area to run, hide, then call authorities. Officers on the scene also shouted at bystanders to disperse, a response that experts say likely saved lives.

Yet while the Run, Hide, Tell strategy — known in the U.S. as Run, Hide, Fight — has been credited with saving lives in certain circumstances, some say it's not perfect, especially when a victim's first instinct might be to freeze on the spot.

(中略)

The Run, Hide, Tell strategy promoted by the United Kingdom's National Police Chiefs' Council says that in the event of an active attack, people should first run to a place of safety. If there is nowhere to go, hiding is the next best option, setting up barricades if possible. Then, when safe to do so, victims are urged to call police.
(Run, Hide, Tell? London Attack Response Likely Saved Lives. Bloomberg. June 5, 2017.)


犯人はナイフで無差別に人を刺していったということですが、現場の警察官はその場に居合わせた人々にまずは逃げるように促し、これが多くの人の命を救ったようです。


Run, Hide, Tell strategy


と出てくるのですが、これは一般的に言われている


Run, Hide, Fight


をもじったものだそうです。

一般的に言われているとは言っても私は初めて聞く表現です。

"Run, Hide, Fight"というのはアメリカで言われていることで、例えば銃撃犯に遭遇したときには、まずはその場から出来る限り遠くに逃げる(Run)、逃げられない場合は犯人に見つからないよう身を隠す(Hide)、そしてどうしようもない場合の最終手段としてのみ犯人と戦う(Fight)、という対応を示したものです

"Run, Hide, Tell"については、引用した記事の最後の部分に解説がありますが、最後の"Tell"は警察に連絡する、という意味です。まずは逃げるか、隠れるかして身の安全を確保することが第一であり、安全が確保された後に初めて警察に連絡する、ということです。

もはや世界のどこにいてもテロの恐怖に怯えなければならないような時代です。日本も例外ではないのかもしれませんが、"Run, Hide, Fight(もしくは、Tell)"が日常のフレーズにならないことを祈るばかりです。


2017年6月2日金曜日

くの字 ― jackknife

昨日は東京・品川で小学生の男の子がトラックに轢かれて死亡するという悲しい事件がありました。

引用する記事はオーストラリア・シドニーでの話ですが、ここではトラック運転手の機転が大事故を回避しました。


In dramatic CCTV footage released by police, the bus, with 15 children on board, can be seen pulling out onto the M5 in front of the truck at Hammondville near Liverpool.

Police said the truck driver was forced to brake heavily to avoid a collision, causing the truck to jack-knife.

No-one was injured in the incident just before 8:00am on Thursday morning.

Detective Inspector Dean Johnstone from Liverpool Local Area Command said it could have been catastrophic.

"His actions are certainly worth being praised, he's certainly prevented what could have been [a] very catastrophic incident on the M5," he said.
(Sarah Hawke. Truck driver avoids 'catastrophic' crash with bus carrying school children on Sydney's M5. ABC News. June 2, 2017.)


ハイウェーの本線に無理に入ろうとしたスクールバスを避けようとしてトラックドライバーが急ブレーキをかけました。

もし、ブレーキが遅かったらスクールバスに追突し、大惨事となっていただろうということです。

急ブレーキをかけた結果、


(causing) the truck to jack-knife


ということなのですが、"jack-knife"というのは、日本語で言えば「くの字に折れ曲がる」という意味です。

専門用語としても「ジャックナイフ現象」という用語があるそうですが、大型トラックやトレーラーなどで、ブレーキをかけたトラクター部分が、トレーラー部分と直角をなすように折れ曲がることを言うようです。

腹筋トレーニングで身体をくの字に折り曲げるトレーニングのことを「ジャックナイフ」と言ったりもします。


2017年6月1日木曜日

飛ぶように売れる ー fly off the shelves

日本語で、「飛ぶように売れる」と表現しますが、英語でも、


”fly off the shelves"


というように表現するようです。

記事の引用をどうぞ。


When Gillie Houston first tried the trendy, low-cal ice cream Halo Top, the experience was “life-changing.”

An entire pint has as little as 240 calories — compared to about 1,000 in your average container of Ben & Jerry’s — and, some say, tastes as good as a non-diet dessert.

(中略)

Thanks largely to buzz on social media, along with a rebranding and new recipe, Halo Top, which first launched 2012, has taken off in the past year. In 2016, more than 17 million pints, which go for $5.99 a piece, flew off the shelves of grocery stores around the country, and sales grew by 2,500 percent, according to the Los Angeles-based company.
(Lauren Steussy. Why low-cal ice cream like Halo Top could be making you fat. New York Post. May 30, 2017.)


話題はアイスクリームのことです。

私も最近電車広告か何かで見かけたのですが、カロリーが抑え目のアイスクリームが流行りのようです。

記事で話題のブランドについては知りませんが、通常1000キロカロリー位にはなってしまうところ、たったの240キロカロリーでしかないというということですから、アイスクリーム好きにはたまらないことでしょう。

記事によれば、そのカラクリはsugar(糖分)にあるようですが、話題のブランドのアイスクリームに限らず、人工甘味料が人体に及ぼす影響はまだよく分かっていない部分も多いらしく、また却って糖分摂取の欲求を高めるという効果があるとも言われているそうです。


2017年5月31日水曜日

the first shoe to drop

アメリカのトランプ政権で、ホワイトハウスの広報担当のトップが辞職したというニュース記事からの引用です。

昨年のアメリカ大統領選時からのロシアとの癒着疑惑が広がり、トランプ政権に打撃を与えている最中での辞任劇となりました。


WASHINGTON — A top communications aide to President Donald Trump is exiting the White House as the embattled president considers a broader shake-up amid rising anxiety over investigations into his campaign’s contacts with Russia.

Fresh off Trump’s first official trip abroad, White House communications director Michael Dubke announced his resignation Tuesday in what many inside and outside the White House see as the first shoe to drop. A wider overhaul is expected, aimed at more aggressively responding to allegations of Russian meddling in the 2016 election and revelations of possible ties between Trump’s campaign and Moscow.

Dubke said in a statement it had been an honor to serve Trump and “my distinct pleasure to work side by side, day by day with the staff of the communications and press departments.”
(Top Trump aide exiting: First shoe to drop in wider shuffle? The Washington Post. May 30, 2017.)


広報担当トップの辞任については、ホワイトハウス内外の関係者から予想されていたようです。

引用した記事の中段ですが、


the first shoe to drop


という表現が使われています。

以前、"another shoe has dropped"という表現を取り上げたことがあります。

これは「ダメを押す」、という意味でしたね。

"another shoe has dropped"のエピソード曰く、最初に床に落とした靴は階下で寝ている住民を目覚めさせ、もう片方の靴が落ちてくるのがいつになるのかと不安な気持ちにさせたということですから、"the first shoe to drop"はこれから起きる良くない一連の出来事の「一発目」、ということにでもなりましょうか。

記事のコンテクストに照らせば、広報担当トップの辞任はこれから起きる人事での総入れ替え(shake-up)の端緒ということで、これ以降も何が起きるか分からないという不安が漂う、ということになります。


2017年5月30日火曜日

lido

"lido"という見慣れない(聞きなれない)単語に出くわしました。


Samantha Martin, a publicist, wraps up her workday by sending one last e-mail, shutting her laptop — and heading up to the lido deck, where she’ll recharge, poolside, while her co-workers finish up in their Midtown office.

The 46-year-old is one of many New Yorkers who’ve discovered the joys of living and working on a cruise ship, for weeks or months at a time. Contrary to the stereotype of cruise aficionados being retirees, people in their 20s, 30s and 40s have embraced this lifestyle as a way to see the world and take a break from NYC’s crushing cost of living.
(Anna Davies. Why these couples are leaving NYC to live on cruise ships. New York Post. May 27, 2017.)


引用したのはNew York Post紙の記事で、ニューヨークシティを脱出してクルーズ船での海上生活する人たちが増えているという話です。どうやらセレブの人たちだけというわけではなく、一般人のようです。(とはいっても、NYCに住むことができるという点では一般人とはちょっと違うかもしれませんが。)

"lido"という単語ですが、


lido deck, poolside


と出てきます。つまり、"poolside"と同じ意味です。

"lido"を辞書で引くと、イタリアの保養地であることが分かります。ヴェネチアの近い海辺のリゾート地なのだそうです。

"lido"という単語自体、イタリア語で海辺、海岸を意味するlidoに由来しており、語源を辿るとラテン語litus(こちらも海辺の意)から来ているそうです。

リゾート地の固有名詞がプールを意味するようになったのは、別荘地でのラグジュアリーなプールとの関連からでしょう。

学校や市中の遊泳施設であるプールを指して"lido"とは言わないとは思いますが、これから夏本番、「プールに出かける」と言う時は、"go to the swimming pool"と言う代わりに"go to lido"と言ってみてはどうでしょうか(笑)?


2017年5月29日月曜日

dirigible

以前ですが、"blimp"という単語を取り上げたことがあります。

飛行船という意味です。アドバルーン(ad balloon)に馴染みがあるせいか、"blimp"と聞いてもピンと来ませんね。


Google co-founder Sergey Brin reportedly has plans to build a $100 million-plus blimp.

It would be the largest aircraft in the world and would be used for humanitarian missions, getting supplies, food and other necessities to hard-to-reach areas around the globe, according to the Guardian. Known to love dirigibles, Brin would use the blimp, which could cost as much as $150 million, for personal travel, too.

Google declined to comment.
(Zlati Meyer. Google co-founder to build $100M+ blimp: Report. USA Today. May 28, 2017.)


さて、"blimp"よりもっと馴染みが薄いと思われるのですが、記事中、


dirigible


という単語が使われていて、こちらも意味するところは「飛行船」です。

"blimp"と"dirigible"で何が違うのでしょうか?

"blimp"の投稿で説明したように、"blimp"は内部の支持構造を持たない飛行船です。"dirigible"も基本的には"blimp"と変わることはないようです。

敢えて違いと言えば、"dirigible"とは字義としては、操縦可能な、という意味があります。

ドイツ語で"dirigent"は指揮者の意味ですが(英語の"diligent"とは違いますので、念の為)、"direct"と同じ語源です。


2017年5月26日金曜日

六つ子誕生 ― sextuplet

アメリカ・バージニア州で六つ子が誕生しました。

赤ちゃんが欲しいと17年間も願いながら叶わなかったところ、いきなり6人も家族が増えた、ということでさぞかし驚いたことでしょう。


For 17 years, Ajibola and Adeboye Taiwo tried to have a child but had no luck.

Until now — times six.

Ajibola Taiwo gave birth to sextuplets this month at a Richmond hospital, and doctors said the three boys and three girls, along with their mother, are doing well. It is the first time sextuplets have been born at VCU Medical Center, officials said.
(Dana Hedgpeth. Sextuplets born in Virginia to couple who spent 17 years trying to conceive a child. The Washington Post. May 25, 2017.)


六つ子のことを、


sextuplet


と言います。

sex-は数字の6を表すラテン語のsextusから来ています。

双子は何と言うかご存知ですね?そうです、"twin"です。

では、三つ子は?答えは、"triplet"。以降、


四つ子が、quadruplet
五つ子が、quintuplet
六つ子が、sextuplet
七つ子が、septuplet
八つ子が、octuplet
九つ子が、nontuplet


と続きます。

一度に10人はどうなるのでしょうか?

ラテン語で数字の10はdecemですから、


decuplet


という単語がありますが、さすがに10人の赤ちゃんのような意味としては載っていませんでした。


2017年5月25日木曜日

declutter

"declutter"という単語をご存知でしょうか?


A new update to Google Photos will now let you archive photos from the main feed and hide them away, helping you declutter and privatize some personal photos. First spotted by 9to5Google, all you have to do is hold the photo(s) and hit the “...” menu on the right side to bring up the archive option. Later, when you want to revisit those photos, you can find them on the left side menu under a separate folder.

While it might not seem as buzzworthy as, say, Instagram’s implementation of it on a user profile, it is great if you share a library with a significant other or family members and don’t want certain images just floating about in the main feed.
(Natt Garun. Google Photos now makes it easy to hide your nudes. The Verge. May 24, 2017.)


"declutter"は、"clutter"(がらくた、くず)という単語に、離脱を意味する接頭辞であるde-が付加されたものです。

がらくたをなくす、ということで、かたづける、整理整頓する、という意味になります。

そもそも、"clutter"とは、血の塊を意味する"clot"から来ているそうですが、その"clot"はさらにドイツ語のKlotz(角材、丸太)に由来するそうです。


2017年5月24日水曜日

hone

アップルが新しくダイバーシティー担当役員を設置したというニュースです。これまではダイレクターレベルだった役職を今回はCEOに直接報告する役員レベルのポジションに格上げしており、ダイバーシティが遅れているとの批判を受けているアップル社の新しい取り組みとして注目されているようです。


Apple hones diversity push with new VP role

It looks like Apple is getting more serious about diversity.

The iPhone maker has created a new vice president position to tackle eforts that have to do with inclusion. Apple's former HR chief, Denise Young Smith, is taking the role. She will report directly to Apple CEO Tim Cook.
(Shara Tibken. Apple hones diversity push with new VP role. CNET. May 23, 2017.)


さて、記事のタイトルで、


Apple hones diversity push...


とあるのですが、この"hones diversity push"という表現が興味深く思われました。

"hone"というのは砥石のことで、動詞としての意味は「砥石で研ぐ」、つまり磨くという意味で、腕や技術を磨くというような場合に、


hone one's skill


のように用いられることが多いです。

ところで引用した記事のタイトルでは、"hone"の目的語は、"diversity push"となっているのですが、これはダイバーシティーに関する取り組みを強化する、というようなことを言っていることは分かるのですが、"push"を磨く、というのはいまひとつピンと来ないと思いました。

ここでの"push"は物事を積極的に進めること、すなわち推進や促進を意味していると考えられます。

このような"push"と"hone"の組み合わせはコーパスでも見られません。

"hone"には磨くという意味に加えて、鋭くするという意味もあるようです。鋭いのと鈍いのとでは、鋭い方が望ましいというのは分かり易い概念ですが、そこから「効果的にする」という意味に発展したようです。(研究社大英和)

記事のタイトルの日本語訳としては、ダイバーシティにテコ入れ、といったところでしょうか。


2017年5月23日火曜日

Facebook shaming

"shaming"という表現については何度か(2012年8月2012年11月2015年1月)当ブログでも取り上げたことがあるのですが、以下に示す記事の引用をお読み下さい。


(GREENFIELD, Wis.) — A group that skipped out on a tab has returned to pay up after the suburban Milwaukee bar used Facebook shaming in an effort to collect.

The three men and two women, all in their 20s, reportedly left without paying a $105 bill Friday night at The Brass Tap in Greenfield.

The bar posted a warning on Facebook for the group to "come back in and pay or prepare to be prosecuted." Local TV picked up fuzzy surveillance photos.
(Wisconsin Dine-and-Dashers Return to Pay Bill After Social Media Shaming. Time. May 8, 2017.)


バーで食い逃げ(飲み逃げ?)をして、105ドルの請求を踏み倒した20代の男女のグループに対して、店側が防犯カメラ映像をフェースブックに投稿したところ、観念したのかグループのメンバーが店を訪れて支払をしたそうです。

さて、


the suburban Milwaukee bar used Facebook shaming


という表現が目に留まったのですが、フェースブックなどのソーシャルメディアを使った"shaming"ということで、最近では"online shaming"などと呼ばれているようです。

時代が変われば"shaming"の方法も変わる、といったところでしょうか。


2017年5月22日月曜日

運び屋 ― mule

麻薬などの違法薬物の「運び屋」のことを、"mule"と言うそうです。


Accused drug mule Cassandra Sainsbury worked as a prostitute at a brothel in western Sydney for a number of months in the lead up to her ill-fated trip to Colombia, the Nine Network has revealed.
(Accused drug mule Cassie Sainsbury's secret double life revealed as family begins journey home. 9NEWS. May 22, 2017.)


正確に言うと、麻薬に限らず、いわゆる禁制品を密輸する役目を負った人のことを"mule"といい、薬物の場合には特に"drug mule"と表現されるようです。

スラングとしての"mule"の語源については詳しい解説を見つけられていませんが、運搬のために使役する騾馬(mule)がそのまま使われるようになったもののようです。

Oxford Dictionary of Euphemismsによると、


From the smuggling on rough mountain tracks in Central America


ということで、輸送に重宝されたラバという動物が浮かび上がってきます。


2017年5月19日金曜日

stealthing

先日から気になる話題ではあったのですが、何となく取り上げずにいました。

"stealthing"という用語です。


An Australian man has opened up on the alarming new sexual practice of stealthing, saying he does it because it feels good but does not believe he’s committing sexual assault.

America’s Columbia Law and Medical Journal formally identified the disturbing new trend in a report last month.

It involves a man putting a condom on before sex, but removing it without his partner’s knowledge.

In an interview with triple j’s Hack program on Wednesday, a man using the pseudonym Brendan said he had long been stealthing but did not believe he was breaking the law.

Legal experts have described the practice as a form of sexual assault in the wake of the report’s release, some even saying it’s akin to rape.
(Australian man admits to stealthing, says he does not believe it’s sexual assault. News.com.au. May 18, 2017.)


"stealthing"というのは、(主に)男性が性交中に相手に隠れて避妊具をはずすこととされています。

私が関連記事を初めて見たのは1ヶ月くらい前なのですが、上記の引用記事では"stealthing"という用語がほぼ定着したという感があります。

ご存知のように、"stealth"という単語自体は昔から存在しており、隠密に行われる行為のことを指しています。恐らく以前には、このような性行為のことを指すのに"stealthing"などという用語はあてられていなかったものと思われますが、新しい表現として定着しそうな予感がします。

引用した記事中、


a man using the pseudonym Brendan said he had long been stealthing but did not believe he was breaking the law


というくだりがありますが、ここでは"stealth"が動詞として使われています。

辞書に載っている"stealth"は名詞(あるいは、形容詞)だけです。決して歓迎されるような行為ではありませんが、新しい意味として辞書に載るかもしれませんね。


2017年5月18日木曜日

一目惚れ ー crush

「ひとめぼれ」・・・、お米の話ではありません(笑)

オフィスラブ、の話です(苦笑)


Have a crush on a co-worker? You aren’t alone.

One-quarter of Americans have been romantically involved with a colleague, according to a new study released this week by recruiting software Jobvite.

(中略)

This comes as we are spending more time than ever in the workplace — the average work week in 2015 was 38.7 hours, compared with 38.1 hours in 1980 — and more than half of American employees didn’t take all their vacation days in 2015. Swann said it’s only natural to get close to the people we spend so many hours with each day.

(中略)

But employees should enter such relationships (or casual flings) cautiously, given the amount of time they will spend together should the relationship break up.
(Kari Paul. The surefire way to turn your work life into a living hell. New York Post. May 17, 2017.)


同僚と恋愛関係になったことのあるアメリカ人は25%に及ぶという調査があるそうです。恋愛関係はそれが上手くいっている時は天国かも知れませんが、破綻すれば地獄かもしれません。(別にわたしが経験者という訳ではありませんので誤解なきよう・・・。)

ところで今日の一語は、冒頭に出てくるのですが、


have a crush on


という表現です。

"Crush"とは潰れること、砕くこと、という意味がすぐに思い浮かびますが、ここでは「一目惚れ」というような意味合いで、"have a crush on"というフレーズでは、on以下に対象となる人を目的語に取って、その人にすっかり惚れ込んでしまっている、という意味になります。つまり、ぞっこん、という訳です。

恋愛感情というものは危険なものです。相手があることですので、思い通りに行かないのが当たり前ということで、わたしも学生時代は多くの友人が玉砕するのを見てきました。まさに、"crush"してしまったという訳です。

"「クラッシュ、crash、crush、clash...」"の投稿もご覧下さい。


2017年5月17日水曜日

マック、それともマクド、それとも? ― Macca’s

ハンバーガーチェーンのマクドナルド(McDonald's)を知らないという人はいないと思います。また、マクドナルドのことを、関西圏では「マクド」と省略して呼ぶのに対し、それ以外、特に関東圏では「マック」と呼ぶ、というのもよく知られていることだと思います。

下記の引用は、そのマクドナルドがイギリスで放映しているテレビコマーシャルが無神経だと批判され、炎上しているという話題です。


FAST food giant McDonald’s has come under fire after it aired an advert that suggested a child could get over the death of a parent just by having a burger.

Campaigners said the commercial “exploited childhood bereavement”. While social media have gone to town, saying using death to selling burgers was “shameless” and “offensive”.

The campaign is for Macca’s British arm and was supposed to run for seven weeks. But there are doubts it will make it that far.
(McDonald’s under fire for ad that shows son getting over father’s death by having a burger. News.com.au. May 16, 2017.)


問題になったCMというのは、父親を亡くした男の子が母親に父との共通点を尋ねるというところから始まるようです。母親と息子はマクドナルド店舗を訪れ、息子がフィッシュバーガーを注文したところで、亡き父親もフィッシュバーガーが好きだった、と母親がコメントする、という、まあ、他愛もないものです。

ブランドを売り込むのに人の死にまつわるストーリーを利用していると批判されても仕方ないかもしれません。

さて、記事中に、


Macca's


と出てくるのにお気づきでしょうか?

どうやら、オーストラリアではマクドナルドのことを"Macca's"と言うようです。

インターネットで検索したら下記のような記事が出てきました。


The international fast food giant will temporarily change signs at selected stores across the country to the affectionate Australian nickname for the chain, in celebration of Australia Day, which falls on January 26 - a move that is its first such globally.
(McDonald's rebrands to Macca's in Australia. The Telegraph. January 8, 2013.)


皆さんもオーストラリアの人とマクドナルドを話題にする際には、マックでもマクドでもなく、"Macca's"と表現しましょうね(笑)


2017年5月16日火曜日

nineteen to the dozen

"(talk) nineteen to the dozen"という成句をご存知でしょうか?

日本語で言うと、のべつ幕無しに喋る、という意味です。とにかくよく喋って、黙ることを知らない、そんな意味合いですね。


It's an old cliche that a woman is more likely to 'talk nineteen to the dozen', but there may be some truth in it.

Controversial research has found that women tend to speak faster than men, especially in social situations.
One possible reason is that oestrogen increases verbal fluency, while testosterone appears to dampen it.
(Why a woman's heart beats faster than a man's: Experts reveal why our bodies tick to different clocks, and why a high oestrogen level makes you blink faster. Daily Mail. December 12, 2016.)


女性というものは元来おしゃべりだとされますが、それには女性ホルモンが関係しているのだとか。

さて、"nineteen to the dozen"がなぜ、おしゃべり、となるのでしょうか?

研究社大英和辞典を引いてみたところ、12語(the dozen)しか必要ないところ、19語(nineteen)使う、というところから来ているのだそうです。


2017年5月15日月曜日

“ボタン”だけではなかった ― button

"button"という英単語は日本語でも「ボタン」で当たり前・・・、ですか?

記事を引用します。


The MTA is pinning its problems on riders.

The embattled transit agency is asking pregnant and disabled straphangers to do the hard work of handling loutish riders themselves — by issuing the buttons with messages such as “BABY ON BOARD” and “Please offer me a seat/courtesy counts.”

The MTA hopes the slogans will teach a lesson in manners to those who haven’t already learned common courtesy from the countless signs asking that people surrender seats to the pregnant and disabled.

While similar buttons have long been used in London — Kate Middleton wore an official button that was handed out by the agency there to riders 2013 — the idea of pinning “Baby on Board” signs to New York women as if they were old minivans is not getting an enthusiastic welcome here.
(This is the MTA’s loud solution for rude commuters. New York Post. May 14, 2017.)


ニューヨーク市の交通局(MTA)が、電車やバスで妊婦、障がい者に席を譲らない輩ども(!?)への対策として、"button"を発行した、という記事です。その"button"というのは詳しくは、


the buttons with messages such as “BABY ON BOARD” and “Please offer me a seat/courtesy counts.”


ということなのですが、私の頭では"button"、イコール「ボタン」(洋服や電化製品の操作スイッチなど)、というイメージしかなかったので、一瞬分からなかったのです。

これは日本でも使われている妊婦マークの類と同じものです。

よくよく辞書を引いてみると、


(スローガンなどが書かれた通常丸く平たい)バッジ、記章
(ランダムハウス英和辞書)

A usually round flat badge that bears a design or printed information and is typically pinned to a garment: a campaign button.
(American Heritage Dictionary)


という意味があるではないですか!?

主に米語として、という注釈がありますので、イギリス英語やオーストラリア英語では見られない意味合いかも知れません。


2017年5月12日金曜日

gig economy

"gig economy"という用語をご存知でしょうか?

少し長いのですが、記事の引用を読んでみましょう。


When it comes to challenging entrenched taxi companies, few have a bigger reputation than Uber. The ride-hailing company has successfully forced taxi drivers to compete with it in hundreds of markets around the world.

But now, a top official at the European Court of Justice has said Uber is more like the transportation companies it's sought to disrupt than the firm would have regulators believe.

Thursday's opinion from the court's advocate general finds that Uber is not the so-called information society service it claims to be, because the company's policies and app designs influence when, how and whether its independent drivers pick up passengers.

“Uber cannot be regarded as a mere intermediary between drivers and passengers,” the opinion reads.

The finding marks the latest in a string of setbacks for Uber, which faces the prospect of stricter regulation should a final court ruling concur with this week's nonbinding opinion. The case could also hold wider implications for the so-called “gig economy” in Europe as regulators grapple with changing patterns of commerce, employment and technology.
(Brian Fung. Uber isn’t a tech company — it’s basically a taxi company, E.U. court adviser says. The Washington Post. May 11, 2017.)


ウーバーという、ライドシェアのビジネスを展開する会社について、何度かこのブログでも取り上げたことがあります。

ウーバーはタクシー業社と見做されるのを嫌って、情報サービス業である標榜してきたようですが、欧州当局は同社の主張を退け、タクシー業社であると裁定した、というのが記事の要旨です。

何故、ウーバー社はタクシー業社と見做されることを忌避するのでしょうか?

これは、業界の規制と関係しており、また、"gig economy"と呼ばれる労働市場と関連があります。

以前にも"gig"という単語を取り上げたことがあります。その際、"gig"とは、"job"と同義としましたが、一口に仕事と言っても色々な仕事がある訳で、"gig"の場合はいわゆる日雇い的な要素のある仕事を指します。

いわゆるパートタイマーやフリーランサーがすぐに思い浮かびますが、正規雇用が難しく、非正規雇用が主流となりつつある現代において、正規雇用の社員を固定費の増加として忌避する使用者側と、拘束されることを嫌い、柔軟な働き方を求めて非正規雇用を志向する労働者側との関係を象徴する用語が"gig economy"と言えます。

ウーバーの話に戻りますと、ウーバーはタクシー業社と見做されてしまえばドライバーという労働者を抱えなければならなくなる訳で、規制によりドライバーには所定の休憩時間を与えたり、福利厚生制度を確保しなければならなくなります。

同社が必要としているタイミングで、必要な時間だけサービス提供してくれるパートタイムのワークフォースだけでビジネスができれば固定費を削減することができますが、そのためには同社はタクシー業社ではなく、移動手段を求める人と、移動手段を提供する人とをつなぐ、情報サービスの提供ビジネスである、と標榜する必要があったのです。


2017年5月11日木曜日

maelstrom

トランプ米大統領が中東シリアにおけるクルド人勢力に武器を供与する決定をした、というニュースが国際面でトップになっています。

Time誌からの記事を引用します。


President Donald Trump’s decision this week to directly arm Syrian Kurdish militias in the battle against ISIS is expected to complicate his relationship with Turkey’s President Recep Tayyip Erdogan, a key ally who has been unusually friendly to the American leader since his election in November.
Jj
(中略)

As many as 1,000 U.S. troops are on the ground in eastern Syria fighting alongside pro-Kurdish forces, placing American forces at the center of a geopolitical maelstrom, with Turkey, Russia, the Syrian government, and Syrian rebels all involved in Syria’s increasingly regionalized conflict.
(Jared Malsin. U.S. Arming of Syrian Kurdish Militias Could Complicate Relations With Turkey. Time. May 10, 2017.)


このニュースの登場人物として、


トランプ大統領
クルド人
トルコのエルドアン大統領
シリア
ロシア
ISIS


と、まあ沢山の国や人が絡んでいるわけですが、トランプ大統領による武器供与の決定はこれらの関係者の関わり合いを一層複雑にしているということです。

ところで、後段に、


placing American forces at the center of a geopolitical maelstrom


とありますが、この"maelstrom"という単語に注目したいと思います。

ちょっと変わったスペルですが、辞書を引くと「大渦巻き」という日本語が載っています。ある意味、混乱状態、安定していない状況、という意味ですね。

この単語のスペルが変わっているのは、語源がオランダ語にあることによるようです。また、興味深いことには、"maelstrom"はノルウェーの北西岸の海峡に見られる危険な渦巻きを指す固有名詞だったということなのです。


2017年5月10日水曜日

old-school

熱が出たら冷水を浴びるのがよい・・・、なんて今時の人はやらないでしょうが、昔の人はそうすれば熱が下がるということでやっていた人は多かったようです。

アメリカでの最近の研究によると、祖父母世代が孫世代に対するしつけや育て方には、実効性に乏しいにも関わらず古い考えが踏襲され、悪影響を及ぼしている可能性があるとのことです。


(CNN) — Grandparents who step in for child care tend to use the same practices they did when they were parenting, but some of them may be outdated, putting their grandchildren at risk, according to a new study.

Research presented at the 2017 Pediatric Academics Societies meeting on Thursday surveyed grandparents on child care techniques such as putting children on their backs to sleep, having loose bedding in a crib and using ice baths to lower a high fever.

(中略)

Studying the extent to which grandparents were subscribing to outdated parenting tactics, Adesman and his team learned that many myths were being held as truths.
(Robert Jimison. Is grandparents' old-school parenting putting kids at risk? CNN. May 8, 2017.)


記事では、


old-school parenting


と出てきますが、この"old-school"における"school"は「学校」という意味ではなく、同じような考え方、思想を持った人たちの集まり(辞書では、「派」などとされています)を意味しています。

従って、"old-school"とは「古い考え方の人たち」、ということになり、"old-school parenting"とは昔ながらの躾(しつけ)、育て方、ということになります。

"old-school"の訳語に、伝統や保守、といった日本語が当てられているものも見られます。

保守にしろ伝統にしろ、その良し悪しはケースバイケースですが、"old-school"とう形容はどちらかといえばネガティヴな意味合いで使われることが多いようです。


2017年5月9日火曜日

first-party

ちょうど昨年の今頃ですが、初めてiPadなるものもを購入しました。購入の際にストアの店員がiPad付属品、いわゆるアクセサリーを色々と薦めてきたのですが、純正品は高いのであれこれ合計すると随分と高い買い物になってしまうので、その時はiPadのカバーとSDカード接続のためのLightningケーブルだけにしたものです。

ところで、iPadユーザーの方にはご存知のように、iPad Proでは専用のスマートキーボードがあります。

このキーボードも魅力的だったのですが、あいにく在庫切れということでそのときには買うことができず、そうこうしているうちに駅前のビックカメラで見つけたBluetoothキーボードを先日購入したばかりです。

前置きが長くなりましたが、このスマートキーボードに関する記事を引用します。


Apple's Smart Keyboards are a key selling point for both the 12.9-inch and 9.7-inch iPad Pros, as they're official first-party accessories that help to differentiate the devices from the cheaper tablets in the lineup. If you bought one, good news: Apple will now repair most problems with both sizes of Smart Keyboard for up to three years from the date of their release.

According to a memo obtained by 9to5Mac, Apple Stores and authorized service providers are being directed to service Smart Keyboards with "functional issues," a list of which includes stuck keys, "sensor issues," problems with the magnetic connector that secures the keyboard to the iPad, Smart Connector problems, and unresponsive keys. The 12.9-inch iPad Pro was released in November of 2015 and the 9.7-inch model came out in March of 2016, so this extended coverage will apply to their Smart Keyboard accessories until November 2018 and March 2019, respectively.
(Andrew Cunningham. Apple will fix busted iPad Pro Smart Keyboards for up to three years. Ars Technica. May 9, 2017.)


引用した記事によりますと、このスマートキーボードは色々と問題があるそうなのですが(買わなくて良かった・・・)、アップル社が3年の保証をつけることになったということです。

さて、日本語で「純正品」といいますが、英語では、


first-party


という表現が使われていますね。

サードパーティー製(third-party)という表現はよく聞きますが、それに対して"first-party"という表現があるとは知りませんでした。

ちなみに、"second-party"という概念も存在するようなのですが、first-、second-、third-の各パーティーの定義を巡ってはよく分からないところです。

日本語においても、「当事者」に対して、「第三者」と言います。ここに、「第二者」という表現はありませんね。


2017年5月8日月曜日

BB gun

ビービーガン(あるいは、ビービー弾)という玩具で遊んだことのある人は多いと思います。小生も小学生の頃は近所の駄菓子屋で買うことができました。

なぜ「ビービーガン(弾)」と呼ぶのかについて深く考えたこともありませんでしたが、この年になってそれが英語名称だと知ることになるとは思いもしませんでした。

きっかけは下記の記事です。


As soon as they (=police) got out of their cars, the boy pulled what looked like a handgun from his waistband and pointed it at one of the officers, according to a San Diego Police Department statement.

He ignored commands to drop the weapon and walked toward the officer, the news release said. The two officers again shouted at him to drop the weapon.

When he did not, they opened fire. He was shot multiple times and later died at a hospital.

The 911 caller, police later discovered, was the boy himself. The gun was a BB gun.
(Teenage boy killed by San Diego police after pointing a BB gun at officers called 911 moments earlier. Los Angeles Times. May 7, 2017.)


記事で取り上げられている事件のあらましはこうです。

深夜に徘徊している少年がいるとの通報を受けて警察が出動し職務質問しようとしたところ、少年が拳銃のようなものを取り出し、警察官に向けました。警察は銃を捨てるよう命令しましたが、少年は無視し、歩み寄ってきたため、警官2人が複数回に渡って少年に射撃したということです。

少年はその後死亡しましたが、手に持っていたのは"a BB gun"だったということです。

「ビービーガン」は紛れもなく英語でした。

早速辞書を引いてい見ると、"BB"というのは弾丸のサイズを表すもので、0.18インチ(約5 mm)の大きさの弾丸を指すそうです。

ところで、私の記憶している「ビービーガン」の弾というのは銀色をしたプラスティック製のように見えるもので、子供の目からしても均一性に欠けるような不揃いのものなのですが(正確にはこれは銀玉鉄砲という名称の玩具で、ビービーガンとは別物のようです)、英語での"BB gun"では元々は金属(スチール)製の弾が使われていたそうです。

尤も、その後このような丸い弾丸は"BB"という名称で浸透したため、サイズや素材に関係なく、"BB gun"という名称が広く使われるようになったという背景もあるようです。(ウィキペディアによる。)

今日では、"BB gun"は空気銃(エアガン)の一種とされます。


2017年5月5日金曜日

Screw-up

火葬場で故人に最後のお別れをしようとしたら棺に横たわっていたのは全くの別人だった、という笑い話にもならないおはなしです。


This funeral home made a grave mistake.

A Michigan woman’s family gathered at Swanson Funeral Home last week to say their goodbyes, but found a stranger in her casket.

“I told them ‘that ain’t our mama,’” her son Maurice Dunn told news station WNEM.

Dunn said the family was stunned to find another person in his mother Alice Dunn’s casket at the funeral home in Flint, Michigan.

“It was a total stranger dressed in the clothing that my brother Joey [picked out] and the wig selected for our mother,” he said.

The family quickly informed the funeral home of the screw-up, but said employees were adamant the other person was their mother.
(Jackie Salo. ‘That ain’t our mama’: Grieving family finds stranger in casket. New York Post. May 3, 2017.)


アメリカ人がよく会話の中で、"screw up"という表現を使っていたのを思い出すのですが、何か困った状況になったときに使われることが多いようです。

故人を取り違えしてしまったのは葬儀屋の"a grave mistake"です。記事の後段では、"the screw-up"となっていますが、同義です。

以前取り上げた、"screw"の記事もご覧ください。



2017年5月4日木曜日

Throw a spanner in the works

グルテンフリーダイエットについては以前も一度当ブログで取り上げたことがありますが、最近の研究ではグルテン摂取は実は心血管疾患の予防に良いというような報告があるそうです。


Harvard University research has found that gluten consumption is associated with a lower risk of coronary heart disease, potentially putting a spanner in the works for the lucrative gluten-free industry.

By 2020, the global gluten-free trade is projected to be worth over $11 billion. If healthy-heart organisations catch on to this new study, that mightn't be the case.
(Lee Suckling. Eating gluten is better for your heart, study finds. The Southland Times. May 4, 2017.)


つい先日のことですが、勤務先近くにある、いわゆる肉食ダイエットを標榜するレストランで食事をしましたが、たいそうな人気店で正午前というのにすぐに満席となり、食事を終えて出る頃には外に長蛇の列が出来上がっていました。糖質を制限し、グルテンを含まないパンを出すということでしたが、女性客も多く、グルテンフリーダイエットの波に乗っているようでした。

ところで上記の記事では人々が忌み嫌うグルテンがかえって心血管疾患の予防に役立つという結果ですから、グルテンフリーを推進する人たちにとっては都合の悪い事実(!?)だと言えます。

従って、今回の調査の結果は、"putting a spanner in the works"、即ちグルテンフリーブームに水を差すような内容である、と言えます。

今日取り上げる表現、"throw a spanner in the works"という形で辞書に載っているものですが、アメリカ英語では"throw a wrench in the works"となるらしいです。Collins Cobuild Dictionary of Idiomsの説明には下記のようにあります。


If some one or something throws a spanner in the works, they cause problems which prevent something from happening in the way that it was planned.


わたしは先ほど「水を差す」という日本語を使いましたが、期待される方向とは逆の結果をもたらす影響、ということになるでしょうか。

グルテンフリーの市場性は1兆円超ともされるそうですが、そこで一儲けしようと企む人達には間違いなく面白くない調査結果でしょうね。


2017年5月3日水曜日

突然キレたANA機乗客 ー flip

ゴールデンウィークは後半戦がスタートしたとラジオでパーソナリティーがコメントしておりましたが、各地の高速道路の大渋滞を報じるニュースを聞きながらわたくしはどちらへも出掛けるということもなく、のんびりとしております。

さて、ここのところ飛行機の話題はユナイテッド機での乗客引きずり下ろし事件をきっかけに騒がしいですね。米国内で似たようなトラブルが報じられていましたが、今日のニュースでは米議会の公聴会でユナイテッド航空CEOが喚問されたとか。

ところで夕方にまたニュースを斜め読みしていましたら、今度は日本でもANA機でトラブルがあったとかで、思わず詳細を読んでみました。


Domestic carriers aren’t the only ones experiencing periodic turbulent passenger incidents, apparently.

A video recorded on an All Nippon Airways flight Monday captured a fistfight that broke out between two male passengers.

The brawl was captured by Corey Hour, a Phoenix-based videographer who was sitting a few rows behind the men. The plane was scheduled to fly from Tokyo’s Narita International Airport to Los Angeles International Airport but had not yet taken off when a man in a red shirt abruptly turned around and told a passenger in a gray T-shirt that he was “going to kill him,” according to Hour.
(Amy B Wang. ‘I’ll kill you!’ American arrested after brawling on flight from Tokyo. The Washington Post. May 2, 2017.)


事件があったのは何と成田発ロス行きのANA機だったのですが、5月1日ですから月曜日のことです。(既に休暇ボケを実感します・・・。)

どうやら外国人同士のケンカが出発前の機内で勃発したというもののようです。

この一部始終をビデオに収めていた乗客がいたそうで、ワシントンポスト紙に提供、記事で見ることができますが、殴り合いのかなり激しい様相です。

さて、ビデオを撮影した米国人コメントに、


“He literally just flipped,” Hour told The Washington Post by phone early Tuesday morning. “Nobody knows why.”
(Ibid.)


と出てきます。

"Flip"というのは、突然キレた、という意味です。

色々な意味がありますが、Merriam-Webster Dictionaryではスラングの意味として、


to lose one's mind or composure — often used with out


と載っています。

"flip-flop"という表現も参考にして下さい。


2017年5月2日火曜日

サンドイッチ ー sub

サンドイッチのことをアメリカでは"sub"と呼びますが、なんで"sub"なのかという理由について気に留めたことがありませんでした。

ご存知の方には釈迦に説法となりますが・・・。

きっかけは以下の記事です。


May 2 is Jimmy John’s second nationwide Customer Appreciation Day.

From 4 to 8 p.m., participating locations will sell made-to-order sandwiches for $1 plus applicable sales tax. Eight-inch subs included in the deal are menu items No. 1 through 6, BLT and Plain Slims.
(Jimmy John's is selling $1 subs on May 2. USA Today. May 1, 2017.)


記事のタイトルだけをみて、"1$ subs"がなんのことか分からなかったのですが、本文を読むと"sandwiches"と出てきますから、"subs"がサンドイッチであることはすぐに分かります。

"Sub"というのは、"submarine"の省略形なのですが、アメリカで言う"sub"というのは細長いパンの真ん中に切れ込みを入れてその間にハムやチーズ、トマトなどの野菜を挟んで作るサンドイッチのことで、その形が"submarine"(潜水艦)に似ていることから"sub"と呼ばれるようになったものです。

この形のサンドイッチはアメリカでも場所により色々な呼び方があり、小生は10数年前にフィラデルフィアに短期滞在したことがあるのですが、このタイプのサンドイッチは"hoagie"と呼ばれていました。また、中に挟むのがラム肉のローストの場合は"gyro"とも呼ばれています。

また、ニューヨークなどでは、"hero"と呼ばれるそうで、この"hero"というのは大きなサイズのサンドイッチと「(偉大な)ヒーロー」を掛けてそのように呼ばれるようになったという説と、単に"gyro"が変化したという説があるそうです。(ちなみに、"hoagie"というのも"hero"が転化したという説もあります。)

ちなみに、"sub"と聞いて、日本でも有名なサンドイッチチェーンのSubwayを想起する人も多いのではないでしょうか。

このレストランチェーン"Subway"はアメリカ・コネチカット州発のビジネスなのですが、"Sub"は"submarine"のことなのです。ウィキペディアの解説によると、その"sub"を顧客好み(your way)にアレンジして提供するから、"Subway"という商標になったという解説がありますが、当のSubwayのホームページにはそのような解説がなく、よく分からないところです。

これを書いていてなんだかあのサンドイッチを食べたくなりました。


2017年5月1日月曜日

scavenger hunt

まずは下記の引用記事を読んでみましょう。

Union College is investigating racy, 'inappropriate' scavenger hunt

A women’s athletic team at Union College in N.Y. is being investigated for the proliferation of a “profane scavenger hunt” in which points were awarded for committing racy acts, according to the student newspaper, The Concordiensis.

Having sex on the campus ice rink, for example, earned a participant 200 points, according to an alleged Google document where the point system was housed. Eating a baked good laced with marijuana netted 100 points; 400 points were awarded for drinking a teammate’s urine and 1,000 points for smoking “a blunt with a teacher,” as well as numerous sexual acts.

In total, there were at least 60 items listed, according to The Daily Gazette, a newspaper in the capital region of N.Y., and each act had to be captured through photo or video to prove its completion.

According to News10 ABC in Albany, some students believed this to be the team’s hazing ritual. After much circulation throughout campus and complaints by three athletes, the Google document finally came to the attention of Athletic Director Jim McLaughlin.
(Cameron McGough. Union College is investigating racy, 'inappropriate' scavenger hunt. USA Today. April 27, 2017.)


"Scavenger hunt"と出てくるのですが、何のことかご存知でしょうか?

私はしらなかったのですがとりあえずそのまま読み進めてみて、2段目でその"scavenger hunt"が非常によろしくない行為であるというイメージを持ちました。

記事のタイトルにも、"racy, inappropriate scavenger hunt"とあります。

ところで、"scavenger hunt"は知らなくとも"treasure hunt"はご存知という方はいらっしゃるかもしれません。

紙にリストされたモノを探し当てて収集するゲームです。

"Scavenger hunt"はこの"treasure hunt"から派生したものでしょうか、"treasure"(宝物)ではなく、"scavenger"(ゴミ箱漁り)であるという点が違っています。

ウィキペディアによれば、


A scavenger hunt is distinguished from a treasure hunt, in that the latter involves one or a few items that are desirable and completed in sequence, while a scavenger hunt primarily collects undesirable or useless objects in random order.


とあり、好ましくないモノ、無価値なモノを集めてくるというのが特徴になるようです。

一方、研究社大英和にも"scavenger hunt"のエントリがあって、こちらでは「手に入りにくいものを・・・金で買わずに見つけてくるゲーム」と定義されていました。

記事に戻ると、問題になっている"inappropriate scavenger hunt"は大学の体育会系クラブの女子学生が校内で淫らな行為に及んだりすることでポイントを競うゲームであったことが取り上げられています。

好ましからざる、ということで"scavenger"なのかもしれません。

新人を歓迎するはずのリクリエーションが実際には新人に対する洗礼、正確に言えば「イジメ」となっている実態が浮き彫りにされています。


2017年4月28日金曜日

fit as a fiddle

昨日取り上げた、ユナイテッド機でのウサギの死亡事故の記事でもう1つ気になる表現がありました。

同じ話題ですが、別のソースから記事を引用します。


LONDON — United Airlines is reviewing the handling of a giant rabbit that died after it was shipped across the Atlantic on one of the carrier’s flights, adding to a growing list of customer complaints for the U.S. carrier.

Distraught breeder Annette Edwards told The Associated Press by phone Wednesday that a veterinarian checked Simon, a 10-month-old, 3-foot (meter)-long continental rabbit, shortly before the animal was put on a flight from London’s Heathrow airport to Chicago’s O’Hare, before it was set to continue on to Kansas City.

"Simon had his vet check just before getting on the plane," she said from Worcestershire in central England. "He was fit as a fiddle."
(Danica Kirka. A giant bunny that was 'fit as a fiddle' died after flying United. Associated Press. April 26, 2017.)


ウサギは飛行機に乗せられる前は健康状態のチェックも受けており、ピンピンしていたのだそうです。故に、機内で何があったのかという疑問が出てくるわけです。

さて、ピンピンしていると言うのに、


fit as a fiddle


という表現が使われています。

"fiddle"というのはバイオリンのことなのですが、健康状態を表現するのに「バイオリンのようにピンピンしている」とするのは興味深いものがありますね。

バイオリンに張られている弦のピンピンとしている張力からの連想でしょうか?


2017年4月27日木曜日

rock bottom

乗客の引き摺り下ろしと傷害の一件で、その評判が地に落ちた米・ユナイテッド航空でまたもやスキャンダルです。


Scandal-hit United Airlines is facing a new PR disaster — after a valuable giant rabbit died mysteriously on one of its planes.

Three-foot Simon, destined to be the world’s biggest bunny, died in the cargo section of a Boeing 767 after flying out of Heathrow to a new celebrity owner in the US.

Breeder Annette Edwards, of Stoulton, Worcs, said: “He was fit as a fiddle. I’ve sent rabbits round the world, nothing like this happened.” United’s reputation is at rock bottom after film of a doctor being dragged from a jet went viral.
(Simon the giant rabbit, destined to be world's biggest, dies on United Airlines flight. Fox News. April 25, 2017.)


ロンドンのヒースロー空港からアメリカに向かう便で、貨物輸送されていたウサギが死んでしまいました。このウサギというのがただのウサギではなく、世界最大のウサギと目される個体だっただけにマスコミの耳目を集めたようです。しかも、死亡が確認されたのがシカゴの空港だったということで、乗客引き摺り下ろし事件が発生したのもシカゴだったのですが、余計に注目される結果となった格好です。

さて、このように不祥事が続き、ユナイテッド航空の評判は地に落ちたわけですが、


at rock bottom


という表現が使われています。

単なる"bottom"(底)ではなくて、どん底という意味なのですが、ここでの"rock"は強意の意味なのでしょうか。

辞書を当たってみましたが、"rock"に強意としての意味合いは見当たらず、"rock bottom"というエントリがあることからすると成句と解釈すべきなのかもしれません。

一説によれば、地面を掘り続けて行くと岩盤(rock)に当たることから、底(地面)のさらに下の方、というわけで"rock bottom"と言われるようになったとか。


2017年4月26日水曜日

jeer

トランプ大統領の娘のイヴァンカさんが今週はドイツを訪問しているようですが、アメリカの外でも大統領不人気の風当たりは強いようです。

ベルリンでの女性ビジネスリーダーの会合でのパネラーとして出席し、トランプ氏を擁護する発言をしたところ、聴衆からブーイングを浴びた模様です。


BERLIN — Ivanka Trump shared the stage Tuesday with some of the world’s most powerful women, representing the United States at a meeting of female business leaders.

But during a panel discussion that also included her host, Chancellor Angela Merkel of Germany, Ms. Trump was jeered by members of the audience.

On her first official overseas trip as an adviser to the president, Ms. Trump was thrust into a more familiar role — defending her father’s behavior to skeptical foreigners.
(Alison Smale. Ivanka Trump Is Jeered in Berlin After Defending Her Father. The New York Times. April 25, 2017.)


そもそも、イヴァンカさんは大統領補佐官という役職なのですが、大統領の"First Daughter"ともてはやされる一方、自身が経営するブランドが利益相反との批判を受けたり、そもそもトランプ氏による選挙戦中の女性蔑視的な発言もあってベルリンでの会合はある意味「アウェー」だったようです。

さて、"jeer"という見慣れない単語に目が留まりました。初めて見る単語です。

辞書を引くと、


冷やかす、野次る


とありまして、その語源は一説によると"cheer"から来ているそうです。(一説というところがポイントで、Merriam-WebsterやAmerican Heritage Dictionaryでは語源不詳となっています。)

"cheer"と"jeer"では意味が真逆ですが・・・。


2017年4月25日火曜日

off the grid

情報通信技術の発達のおかげで我々は24時間365日、時と場所を選ばずコミュニケーションが取れる環境にいます。

かつてのサラリーマンは会社を出れば仕事からは解放され、翌日出勤するまではしばし仕事から離れることもできました。ところが、現代では仕事というものはオフィスでしかできないものでではなくなり、携帯電話やスマホで受信する電話やメールを見てしまったが最期、対応しなければならないような強迫観念に襲われます。


Stop me if this sounds familiar: you need some well-deserved time off work – and off the grid — but you don’t want to seem unresponsive to clients or co-workers.

Just as technology makes you accessible to everyone, anywhere and anytime, you can use these same tools to responsibly take a little time off for when you need it, without suffering from FOMO (fear of missing out), or risk upsetting your colleagues. Perhaps a short digital detox is just what the doctor ordered.
(Marc Saltzman. How to turn off the always-on work culture and save your sanity. USA Today. April 15, 2017.)


こうした環境にあっては、真に仕事から解放されるためには、自分自身で断ち切るより他に無く、つまりオンとオフとを明確に区別する決意にかかっています。

"off the grid"という表現が使われています。

"grid"というのは、"gridiron"の略で、元は格子状になった網のことなのですが、電気などの敷設網のことを指しています。その"grid"から離れている(off)状態を指している訳ですが、これはつまり電気などのインフラから遮断されているということを指しています。

インフラの恩恵にあずからない状況ということなのですが、これを現代の情報通信の重要インフラであるインターネットに置き換えると、「オンラインではない」、つまりネットから遮断されてオフラインになっている、ということになります。

"Digital detox"という言葉が取り上げられて久しいですが、真に自由を享受するためには我々の生活を便利にしてくれているはずのインフラから自らを遮断しなければならないとは何とも皮肉なものです。


2017年4月24日月曜日

buyer's remorse

アメリカでトランプ大統領が就任してからちょうど100日を迎えるにあたり、興味深い世論調査結果が公開されています。

トランプ氏の手腕は期待を裏切ったのか、それとも期待以上だったのか?というのがポイントです。結果は以下に。


I argued last week that anecdotal stories about disillusioned Trump supporters were overdone. The fact is that, on a broad scale, Trump supporters say they aren't disappointed. In fact, a poll showed they were more pleased than disappointed, by about five to one.

The Pew Research Centre released a poll showing very little buyer's remorse among Trump voters. The poll showed just 7 per cent of Republicans and Republican-leaning independents say Trump has performed worse than they expected him to. Fully 38 per cent - five times as many - say he has performed better.
(Aaron Blake. Donald Trump voters don't have buyer's remorse, but some Hillary Clinton voters do. Sydeny Morning Herald. April 24, 2017.)


この結果が驚きのものなのかそうでないかは受け取る人の立場によるかもしれませんが、興味深いことにトランプ氏が期待はずれだったとした人は共和党支持者の7%に過ぎないという結果がでたそうです。

また、これと対照的にヒラリー・クリントン氏を支持していた人たちの15%は、仮にもう一度大統領選が行われるとしたら、同氏には投票しないと回答したそうです。

さて、記事中、


buyer's remorse


という表現が使われていますね。

これは「買った後の後悔の念」とでも言いますか、高い買い物をした後に後悔の念が沸き起こってくることを指しています。

ここでは大統領選挙における候補者への投票が有権者にとっての「高い買い物」になるわけですが、トランプ氏については意外にもこの"buyer's remorse"が顕著ではなかったということです。


2017年4月21日金曜日

across the aisle

トランプ米大統領はこのところ日本では緊張高まる朝鮮半島情勢に圧力をかけて日本ではどちらかといえばイメージが良くなっているようにも見えますが、米国内では依然として不人気なのだそうです。

米大統領としては史上最低の支持率であるとの結果が記事になっていました。


President Donald Trump received substantially worse ratings for his initial months in office than any other president elected to his first term since World War II, according to Gallup.

Even those presidents who went on to be unpopular generally enjoyed high ratings during their first months in office after their electoral victory. But Trump’s average rating since Inauguration Day is just 41 percent, Gallup finds, making him the only such president in its polling history to fall short of majority approval during his first quarter.
(Ariel Edwards-Levy. Trump’s First-Quarter Poll Ratings Lowest For An Elected President Since WWII. The Huffington Post. April 20, 2017.)


どんなに不人気の大統領でも就任当初の数ヶ月はある程度の支持率があるそうですが、トランプ氏の場合支持率が半分にも満たないそうです。


What sets Trump apart isn’t a lack of support from his own party.

(中略)

Rather, Trump’s ratings reflect the near-complete absence of support from Democrats, just 9 percent of whom approve of his performance so far.

Americans’ willingness to support a president across the aisle has shrunk dramatically in recent years. This early in their terms, Presidents Dwight Eisenhower, John F. Kennedy, Richard Nixon and Jimmy Carter all saw majority support from their opposing party, a feat that seems almost unimaginable in the modern political environment. Even Obama still managed to garner the approval of about 30 percent of Republicans during the first quarter of 2009, while George W. Bush saw a 32 percent rating among Democrats in the first quarter of 2001.
(ibid.)


記事によれば、トランプ氏の低支持率は野党側となる民主党からの支持率の低さが影響しているとの見方があるそうです。かつてのアメリカ大統領は自党のみならず、反対野党からの支持率もそれなりにあったそうですが、トランプ氏の場合、民主党議員からの支持率はわずか9%。アメリカという国が共和党と民主党とで真っ二つに分断されていることを象徴しているようです。

さて、


across the aisle


という表現が使われていますね。

"aisle"とは通路のことですが、これは議会で与野党を分けている、もしくは隔てている通路の比喩的に指したものだと解釈できます。

以前取り上げた、"crossbench"も参考にどうぞ。


2017年4月20日木曜日

"prestitial ads"とは何ぞや? ― prestitial

インターネットが社会のインフラとなった現代、日々の生活でネットにアクセスしないで済む人というのはかなり珍しいと思いますが、ネット上は広告で溢れています。

検索結果に応じて表示される広告は当たり前で、話題の商品を検索しただけで、行く先々のウェブサイトでその商品の広告がしつこく表示されます。「買え、買え」としつこく迫られているようで不快な気分にもなります。

また、昔からある広告表示の1つにポップアップ広告(pop-up ads)というものがあります。訪問したウェブサイトとは別に意図しないウィンドウが開き、広告が表示される仕組みです。使用しているブラウザによってはこのポップアップ広告を表示しない機能が実装されていたりしますが、ネットは広告で成り立っているビジネスですから、様々な広告手法が次から次へと産み出され、ユーザーを襲います。

このようなインターネット広告について、広告そのものをブロックするという試みがあるそうで、グーグルの有名なブラウザであるChromeでは実装が検討されているという記事が目に留まりました。


Alphabet Inc.’s Google is planning to introduce an ad-blocking feature in the mobile and desktop versions of its popular Chrome web browser, according to people familiar with the company’s plans.

The ad-blocking feature, which could be switched on by default within Chrome, would filter out certain online ad types deemed to provide bad experiences for users as they move around the web.

Google could announce the feature within weeks, but it is still ironing out specific details and still could decide not to move ahead with the plan, the people said.

Unacceptable ad types would be those recently defined by the Coalition for Better Ads, an industry group that released a list of ad standards in March. According to those standards, ad formats such as pop-ups, auto-playing video ads with sound and “prestitial” ads with countdown timers are deemed to be “beneath a threshold of consumer acceptability.”
(Jack Marshall. Google Plans Ad-Blocking Feature in Popular Chrome Browser. The Wall Street Journal. April 19, 2017.)


ところで、インターネット広告の標準を定めようという動きがあるそうですが、それを主導している団体が定める「不快な広告手法」というものが記事に列挙されています。

その中に、


prestitial ads


というものが出てくるのですが、これは一体どのような広告(手法)なのでしょうか?

"prestitial"と引用符付きで用いられていることからも想像がつくのですが、この"prestitial"という単語は辞書に載っていません。

色々調べていると、"prestitial ads"と並んで、"interstitial ads"というものも存在するらしいことが分かりました。この"interstitial"という単語はご存知の方も多いのではないでしょうか。

"interstitial"という単語を見たのは生物学や生理学のコンテクストではないかと思いますが、「細胞間の」、「間質の」という意味の形容詞で、つまり、”間(あいだ)にある”、という意味です。

"interstitial ads"に話を戻すと、これはウェブサイトの記事が複数ページに分かれていて、読み進めるうち、ページをまたぐタイミングで表示される広告のことを指すようです。つまり、記事の途中、間(あいだ)に表示されるよう設定された(interstitialな)広告(ads)ということなんですね。

"prestitial"は恐らくこの"interstitial"から新たに作られた単語だと思われ、間(あいだ)を表す接頭辞inter-に代わり、pre-が使われていることから、「前に」という意味合いとなるものと思われます。

つまり、"interstitial ads"が途中に挿入される広告であるのに対して、"prestitial ads"は目的のウェブサイトのコンテンツが表示される前に挿入されている広告です。

記事では、"prestitial ads with countdown timers"とありますが、これはよくある、見たくもない広告動画が再生され、一定の時間経過した後、「閉じる」ボタンをクリックするとようやく目的の記事やコンテンツが表示されるというものですね。

仕方がないとはあきらめつつも、やはり広告はないほうがいいに決まっていますが・・・。