最近30日間のアクセス数トップ3記事

2016年4月29日金曜日

jailbreak

先日ノートPCが故障してしばらく困っていたのですが、本日iPad Proを購入し、何とかブログ投稿が出来る状況にあります。

ウィンドウズのデバイスに慣れていたこともあって、最初はその線で探していたのですが、マンネリを脱してみたいという思いもあって、アップル製品を選択しました。

何が違うのかはこれから身を持って知ることになると思います。

購入した店頭の販売員の言葉を思い出すのですが、基本的にiPadはAppleストア経由でのアプリインストールなのでデバイスが故障する確率はウィンドウズに比べて低いとの説明でした。

本当か?(と思いつつ、購入したことは否めません。)


Apple’s iOS platform doesn’t support very many customization options in terms of the appearance of the user interface. Apple loves nothing more than simplicity and consistency, so it doesn’t support any kind of themes on the iPhone or iPad. Android, meanwhile, lets the user manipulate the UI in any number of ways. You can even install a third-party launcher and change everything about your phone’s interface.

On the iPhone…you can change the wallpaper.

Users looking for a bit more freedom often jailbreak their phones, which allows them to install third-party apps with far more capability than the apps in Apple’s official App Store. This way, they can install theming apps that can change an iPhone’s layout, icons and more. But now, thanks to a glitch discovered by YouTube user “videosdebarraquito” (via Cult of Mac), anyone can give their iPhone or iPad a quick visual overhaul in just a few seconds.
(Kind of hate how your iPhone looks? There’s a way around that. New York Post. April28, 2016.)


ではアップル製品で全くカスタマイズの可能性が無いかというとそうでもないそうです。

引用した記事によれば、


jailbreak


によりユーザーが好きなように出来るということです。

"jailbreak"を辞書で引いてみました。

文字通り、牢獄破りという意味なのですが、現代的には


In electronics: to enable use of a consumer electronics product not intended by the manufacturer through the exploitation of software hacks.
(Urban Dictionary)

という意味合いで使われるようです。

2016年4月28日木曜日

FOMO

Merriam-Webster Dictionaryに掲載された今年の新語に


FOMO


というのがあります。


Fear of missing out


の略なのですが、どういう意味なのでしょう。用例を見てみたいと思います。


George Quiney, 24, from London: “Social media is definitely a double-edged sword - I can't count the times that I've seen a friend's post on Instagram and had a serious case of FOMO [fear of missing out], thinking what a great time they're having. When it comes to my own social media, I definitely like to project an image that might not quite fit with the truth. No wonder people are feeling pressure to post bigger and better on social media, it's the new game of life.
(Jonathan Owen. FOMO leaves users depressed. Independent. April 7, 2016.)


ソーシャルメディア(SNS)が全盛ですが、娯楽のために始めたはずが逆に"SNS疲れ"とも言われています。

FOMOとは、そうした現代人の病を象徴するような新語です。


2016年4月27日水曜日

juggernaut

スマホのナンバーワンブランドを誇るアップル社ですが、主力製品であるアイフォーンの売り上げが初めて減少に転じたと報道されています。


Apple Inc on Tuesday posted its first-ever decline in iPhone sales and its first revenue drop in 13 years as the company credited with inventing the smartphone struggles with an increasingly saturated market.

The company's sales dropped by more than a quarter in China, its most important market after the United States, and it also forecast another disappointing quarter for global revenues.
(Apple's nine-year iPhone juggernaut stops with first sales decline. Reuters. April 27, 2016.)


アイフォーンの今年第2四半期の販売台数は約5120万台だったそうですが、前年同期が約6120万台だったそうです。スマホ市場、いやアイフォーンそのものが「飽和状態」なのかもしれません。

企業の屋台骨を支えるような商品やサービス、また売り上げが突出している製品のことを、ブロックバスター(blockbuster)と呼んだりしますが、引用した記事では面白い表現が使われています。


Juggernaut


というのがそうです。

巨大な存在、何もかもを破壊しつくしてしまうような存在のことを言うのですが、元はインドの神話に出てくるビシュヌ神を指す称号("lord of the world"、つまり「世界の支配者」)、またはその神像のことでした。

ビシュヌ神の神像を載せた巨大な山車がインドの街中を練り歩くのですが、信仰心の篤い人々はその山車の前に身を投げ出し轢かれることを望んだということです。

このような逸話が広まると、"juggernaut"は前を遮る人々を轢いて行くような圧倒的なパワーを持った存在を象徴するような存在という意味で使われるようになりました。


2016年4月26日火曜日

トランプ旋風を止められるか ― collude

アメリカ大統領選で共和党指名候補の首位に立つドナルド・トランプ氏を何とかくいとめようと、他陣営の動きが活発化しているようです。

テッド・クルーズ上院議員とオハイオ州知事のジョン・ケーシック氏は敵同士にも関わらず、トランプ旋風を食い止めるために手を結んだようです。


Washington (CNN) — Ted Cruz and John Kasich are sudden allies -- but they're not friends.

The Texas senator and Ohio governor roiled the Republican presidential primary late Sunday with a coordinated effort to deny Donald Trump the nomination by dividing upcoming contests. Cruz will focus on Indiana, the campaign said, while Kasich would devote his efforts to Oregon and New Mexico.
(Ted Cruz and John Kasich: 2016 frenemies. CNN. April 26, 2016.)


今後予定されている予備選において、クルーズ氏はオハイオ州を、ケーシック氏は(おそらくは同氏の地盤であるオハイオ州はクルーズ氏に譲り)オレゴン州とニューメキシコ州に集中する、という“アレンジ”を行った模様です。

これに対して、引用記事中のトランプ氏のコメントです。


Trump, meanwhile, blasted the entire arrangement as "pathetic" and emblematic of the corrupt political system he's trying to disrupt.

"If you collude in business ... they put you in jail. But in politics ... you're allowed to collude," he said.
(ibid.)


同氏は、"collude"という表現を使ってクルーズ氏とケーシック氏の“アレンジ”を強烈に批判しました。

"collude"は結託するという意味です。「結託」という日本語には後ろ暗いところがありますが、英語の"collide"もその点に変わりは無く、


To act together, often in secret, to achieve an illegal or improper purpose
(American Heritage Dictionary)


という定義です。

"-lude"という語形はよく見かけるもので、たとえば、


allude
delude
elude
interlude
prelude


といった単語に見られる"-lude"は共通しており、ラテン語のludere(playの意)に由来します。

"col-"は共同して、一緒に(with; together)、という意味で、そうすると「一緒に遊ぶ」のが"collude"の意味するところということになりますが、意味は一貫して共謀、グル、といった後ろ暗いものです。


2016年4月25日月曜日

whisperer

つい先日"whisper"の意外な意味を紹介したばかりですが、今回もまた"whisper"という単語にまつわる話です。

引用をどうぞ。


The Florida zookeeper who was mauled to death by a Tiger violated zoo policy.

Andrew Aiken, the Palm Beach Zoo president and chief executive said Stacey Konwiser, known as “the tiger whisperer” entered a part of the tiger enclosure which the animal had access to in violation of policy, according to a statement released on Friday.
(Carmine Sabia. ‘Tiger whisperer’ killed by deadly animal violated zoo policy, put herself in danger. BizPac Review. April 24, 2016.)


米・フロリダの動物園で飼育員がトラに襲われて死亡、という記事です。


tiger whisperer


という表現が引用符付きで使われています。

"whisperer"とは「"whisper"する人」と解釈できますが、猛獣にささやくだけなら子供でも出来ます。ささやきかけて手なずけることができてこそ、ですが、"whisperer"にそのような意味があるとは知りませんでした。

手元の英和辞書には載っていなかったのですが、Merriam-Websterでは、


a person who excels at calming or training hard-to-manage animals using noncoercive methods based especially on an understanding of the animals' natural instincts


というちゃんとした定義が載っていました。

猛獣使い、というようにも読めますが、このコンテクストでは単に飼育員と解釈するのが妥当でしょう。

ちなみに、動物別には、


dog whisperer
horse whisperer


などとも言われるようです。


2016年4月22日金曜日

2016年の新語が発表 ― nomophobia

英語辞書の大手Merriam-Websterが2016年の新語を発表しました。

1400の単語が新たに辞書のエントリに追加されたようですが、その1つが


nomophobia


という単語です。どういう意味でしょうか?


PRETORIA: South Africa has been hit by a new wave of addiction – in this instance a failure to be separated from a smartphone.

There is even a word for it: nomophobia, coined from a term, no-mobile-phone-phobia. It is a psychological syndrome in which a person is afraid of being out of cellphone contact.

And according to experts, cellphone addiction merited inclusion in substance and behavioural addiction, like gambling disorder.
(Cellphone addiction phobias increasing. Independent Online. April 18, 2016.)


"nomophobia"というのは、


no-mobile-phone-phobia


を短くしたものです。つまり、携帯電話が手元に無いときに感じる恐怖感、「ケータイ隔離恐怖症」とでもなりましょうか。

現代人のスマホ、ケータイ依存は今に始まった事ではないかも知れませんが・・・。


2016年4月21日木曜日

praise and pans

先週末、自宅のノートPCが故障して起動しなくなってしまいました。そのせいか、PC関係のニュース記事やレビューが目に留まります。

Macはこれまで購入を考えたことがあまりなかったのですが、MacBookというのも選択肢になるかと興味が沸いています。


The new 12-inch MacBook was introduced in the spring of 2015 to both praise and pans. It is the first rethink of the MacBook in years, with a tablet-like weight of just two pounds, just one connector, and a novel keyboard with larger, ultra-thin keys. It’s also the first thin MacBook to get a high-resolution Retina display – something the MacBook Air is still lacking.

(Brooke Crothers. Apple updates MacBook with new internals. Fox News. April 20, 2016.)


さて、上記の引用の中で、


praise and pans


という表現が出てきます。ピンと来なかったのは、”praise”が賞賛のことだとは分かったのですが、”pans”の意味するところが分からなかったからです。

ここで、”pans”は「酷評」のことであると辞書を引いて分かりました。

“pan”には「こき下ろす」という動詞の意味があるのですが、この単語はフライパンを意味する”pan”と同じ単語です。

どうやら”praise and pans”というフレーズで用いられることが多いようです。






2016年4月20日水曜日

「ストレート」の意味 ― straight

「ストレート」とカタカナ書きをしますが、直球を意味する「ストレート」がまず思い浮かびます。一直線に伸びる道路のことも「ストレート」です。後は、強いお酒を水などで割らずに飲む「ストレート」、くらいでしょうか。

そういう感覚でいると、下記の"straight parents"というのは、おや?と思わせられます。


TUESDAY, April 19, 2016 (HealthDay News) -- Straight parents or same-sex parents -- what's the difference to kids' well-being?

Nothing, as long as the parents have a stable relationship, new research finds.

Matching 95 same-sex and 95 different-sex parent households, researchers found that children raised by homosexual parents showed no differences in general health, emotional difficulties, coping or learning behavior compared to children of heterosexual parents.
(More Evidence Gay Parents Raise Well-Adjusted Kids. Philly.com. April 19, 2016.)


"straight"を辞書で確認してみると、


heterosexual


の意味があることが分かります。ランダムハウス英和辞書では、


同性愛でない;ノーマルの


という意味で、俗語表現とされています。

引用した記事の内容はというと、同性結婚した両親に育てられた子の成長は、そうでない(ノーマルな!?)両親に育てられた場合と比べて何ら影響はないという調査結果が得られたというものです。


2016年4月19日火曜日

whisper

「E-スキン(電子スキン)」、またはスマートスキンと呼ばれる技術発明が話題になっています。人間の皮膚表面に貼付される極く薄いフィルム状のデバイスで、体温や血圧値を表示させたりすることができるとされています。医療の分野での応用が期待されているようです。


Putting clock-radio-style numbers on your skin might not seem all that desirable. But these flashing digits are the proof of concept for a new electronic skin. In theory, "e-skins" like the one described Friday in Science Advances could be used for everything from monitoring vital signs to making wearable electronics a whole lot more wearable.

Lots of researchers are working on "smart skins." The idea is to package electronic sensors into a super-thin, super-flexible material — so thin and flexible that the user could wear it like a temporary tattoo. Recently, one research group even made a functional smart skin out of office supplies, such as Post-it notes and foil, showing that the whisper-thin electronic sensors need not be made from expensive materials.
(Rachel Feltman. This electronic tattoo turns your skin into a screen. The Washington Post. April 18, 2016.)


E-スキンは厚さ約3マイクロメーター以下で、その薄さは人の髪の毛の10分の1、クモの巣の糸よりも細いものだそうです。

記事文中や他紙の記事で、


super-thin
ultra-thin


といった形容詞が目立ちますが、


whisper-thin


という表現が目に留まりました。

"whisper"というのは「囁き」の意味ですが、"thin"(薄い、薄さ)を修飾する表現としては意外だったのです。

"whisper"を辞書で引いてみると、なるほどたしかに、「ほんの少量、わずか」という意味がありました。意外な発見でした。

そういえば、女性の生理用品のブランド名で「ウィスパー」というのを聞いたことがあるのですが、商品の特長を商品名にしたものと妙に納得してしまいました。販売元の商品マーケティングの担当者には恐らくこのような英語表現の知識があったのでしょう。

失礼しました。


2016年4月18日月曜日

shrapnel

電子タバコの話題です。

何と、吸っていた電子タバコが爆発してしまったそうです。


A 14-year-old from New York has been left with permanent injuries after an electronic cigarette he was holding exploded in his face, despite the fact that he was under the legal age to be provided with such a device. An electronic cigarette store and a prominent Brooklyn shopping mall are now facing a lawsuit, following the incident that cost the boy the sight in one of his eyes.

“I was shocked. I was bleeding out of my nose,” said Leor Domatov.

(中略)

The force of the explosion blasted shrapnel into the teenager’s face, causing devastating damage to his eye.
(E-Cigarette Explosion Inflicts Horrific Injuries on New York Teen.Modern Readers. April 17, 2016.)


とんでもない話です。事故にあった14歳少年はそもそもタバコを吸っていい年齢ではありませんが、この事故で眼に傷害を負ったようです。

"Shrapnel"という単語は、「榴散弾」と訳されていますが、ここでは電子タバコの器具が破裂し飛び散った破片を指しています。

"shrapnel"の由来は、散榴弾を発明したイギリスの陸軍将校の名前に因むそうです。



2016年4月15日金曜日

文具はどっち?"stationary"と"stationery" ― stationery

仕事で英語を書いていて、「事務用品」と表現するところ、スペルで迷ってしまいました。

stationaryだったかな?いや、stationeryか?

間違っていると嫌なので念の為辞書を引いて確認しました。正しいのは、"stationery"。先に"stationary"を引いたので、間違えた!と思いましたよ。

つまり、-a-ではなく、-e-です。

なんでそうなるのか、確認しておかないとまた間違えるだろうし、間違えないために辞書を引くことになるので、2つのエントリを改めて熟読しました。

結果、"stationery"(事務用品)は"stationary"(動かない)に由来することが分かりました。

文具のことを、"stationery"という以前に、文具などを扱っている商店のことを、"stationer"と呼んでいたそうです。これは、大昔、中世からの話で、当時は商人というのは行商人、つまり移動しながら売り歩くのが普通だったところ、本や紙、文房具の類を売る商人は店を構えていたため、動かないという意味で"station(er)"と呼ばれるようになったのです。

このストーリーを覚えていればバッチリです。

これであなたもスペルミスを犯さないこと間違いなし!?


2016年4月14日木曜日

bib

日本のマラソンシーズンはほぼ一段落した感がありますが、アメリカでは今週末ボストンマラソンが開催されます。

100年以上の歴史がある有名な大会ですが、出場するためには年齢別の標準タイムをクリアしなければならず、敷居の高いマラソン大会でもあります。

日本でも昨今のマラソンブームにより、大都市で開催されるメジャーなマラソン大会への参加はネットエントリーでのクリック合戦や10倍~数百倍の抽選となる狭き門です。

ボストンマラソンでは標準タイムをクリアしていれば、後はタイムが速い順にエントリーが決まる仕組みのようですが、中には不正なやり方でエントリーを目論むランナーが存在するようです。


Dozens Suspected of Cheating to Enter Boston Marathon

Investigation of 2015 race reveals bib swappers, bib mules, and course cutters.

Most runners get into the Boston Marathon in one of two ways: Meet strict qualifying standards or raise thousands of dollars for charity.

But some choose a third option. They cheat.
(Kit Fox. Dozens Suspected of Cheating to Enter Boston Marathon. Runner's World. April 13, 2016.)


不正の手段ですが、


bib swappers
bib mules
course cutters


といったもののようです。このうち、"course cutter(s)"というのは、過去に参加したマラソンでコースをショートカットしてタイムを稼ぐという不正です。

"bib swapper"、"bib mule"の"bib"とはゼッケンのことです。(陸上の世界では、ゼッケンとも"bib"とも言わず、「ナンバーカード」が一般的のようです。)

ちなみにゼッケンというカタカナ語についてはドイツ語由来という説があるそうですが、はっきりとは分かっていないそうです。

さて、"bib swapper"とは、他人のゼッケン(ナンバーカード)の記録を以って参加資格を得るという不正で、"bib mule"とは自分のゼッケン(ナンバーカード)を、自分より速い選手につけて走ってもらい、その記録を以って参加資格を得る不正、ということだそうです。

こうした不正の調査をレース結果から追跡的に行ったところ、2015年大会では27,167名の参加者中、47名がいずれかの不正に該当すると考えられるという結果が得られたということです。

アマチュアスポーツとは言え、残念な話だと思いますね。


2016年4月13日水曜日

逆風 ― hobble

中国で同性カップルが婚姻届を提出したものの受理されなかったことを巡って権利侵害との訴えを地方裁判所に起こしたそうですが、訴えが退けられたというニュースです。


A judge in central China ruled against a gay couple in China’s first-ever same-sex marriage case Wednesday, effectively hobbling a case that has electrified the country’s lesbian, gay, bisexual and transgender activists.

The plaintiff, Sun Wenlin, a 27-year-old Hunan native, sued a civil affairs bureau in Changsha, the capital of central China's Hunan province, for refusing him the right to marry his 37-year-old boyfriend, Hu Mingliang, last June.

The Changsha Furong District People's Court agreed to hear the case earlier this year, sparking a flurry of sympathetic coverage in China’s staid state-run media and galvanizing the country’s nascent gay rights movement.
(Jonathan Kaiman. Judge rules against China's first-ever same-sex marriage case. Los Angeles Times. April 13, 2016.)


いわゆるLGBTと呼ばれる性的マイノリティ(少数者)の権利擁護が昨今話題になっています。日本でも「パートナーシップ証明」といった名称で同姓婚を容認する立場を打ち出す自治体が出てきていることはご存知のとおりですが、中国本土でのこのような訴訟は初めてのケースと見られます。

さて、引用した記事で、"hobble"という単語が使われているので取り上げてみたいと思います。

今回の裁判所の判断は同性カップルの訴えを退けるものとなったわけですが、そのことを


effectively hobbling a case


と表現しています。"hobble"を辞書で引くと、


びっこを引く


とあります。記事での用法は他動詞ですから、“びっこを引かせる”となりますが、"hobble"とはそもそも、馬などの動物の足を縛ってうまく歩けない(走れない)ようにすること、またそのような目的の道具のことを指すそうです。前足、もしくは後足の左右が"hobble"と呼ばれる道具(拘束具)によってつながれることで、足を大きく動かせなくなるため、移動速度や距離が制限されてしまうのです。

これが比喩的に発展して、進行を妨げる、というような意味で用いられるようになりました。

何もしなければ勝手気ままに動き回ってしまう馬の動きを封じ込める・・・、"hobble"という言葉の意図はそこにあるようです。

今回の判決は性的マイノリティにはいわゆる「逆風」となってしまったわけですが、記事のライターが敢えて"effectively hobbling"と表現したのには、高まる性的マイノリティの主張に対する司法の意図をかすかに感じさせるものではないでしょうか。


2016年4月12日火曜日

elbow grease

とりあえず、引用からどうぞ。


"Saved by the Bell" actor Dustin Diamond sprung from jail a month early thanks to a little elbow grease and the loads of laundry he did while serving time for a bar altercation.

The former teen star was released from jail on Monday after serving nearly three months in his four-month sentence for stabbing a man during a bar fight in Wisconsin bar, WITI reported.
(Malanie Dostis. ‘Saved by the Bell’ actor Dustin Diamond released from jail a month early. New York Daily News. April 11, 2016.)


テレビドラマの人気俳優が釈放されたことについてのニュース記事と読めます。飲み屋で喧嘩になって相手を刺してしまったために禁固4ヶ月を食らったようです。

反省が認められて刑期が1ヶ月短縮して、3ヶ月で釈放に至ったようです。その理由が、


thanks to a little elbow grease and...


ということなのですが、この"elbow grease"というのは面白い表現です。

ランダムハウス英和を引くと、


激しい力仕事(に費やされる筋力)、ハードワーク;猛烈な努力、根気


とありました。なるほど、刑期中、真面目に働いたことが評価されて釈放に至ったということなのでしょう。

"elbow grease"を直訳すれば「肘の油」とでもなりますが、これは要は「汗」、つまり労働やハードワークのメタファー(隠喩)です。


2016年4月11日月曜日

主要国外相が広島訪問 ― cenotaph

今年予定されている伊勢志摩サミットを控えて、G7の外相が広島を今日初めて訪問しました。

言うまでもなく、原子爆弾が投下された被爆地としての広島への訪問です。


HIROSHIMA, Japan — Secretary of State John F. Kerry paid an emotional visit Monday to a museum and marker near ground zero in the city where the United States dropped an atomic bomb in the waning days of World War II.

Kerry and his fellow foreign ministers from six other powerful democracies first toured the Hiroshima Peace Memorial museum, where exhibits display the aftermath of the bomb nicknamed “Little Boy” — from charred tricycles and melted roof tiles to cancerous tongues and models of people with melting skin.

Then they walked solemnly to lay wreaths of white and pink carnations at a cenotaph that frames an eternal flame and the skeletal ruins of the one, dome-shaped building left standing.
(Carol Morello. Kerry visits memorial near ground zero in Hiroshima. The Washington Post. April 11, 2016.)


主要国の外相の中で注目されているのが、アメリカの国務長官であるJohn Kerry氏です。同氏による広島訪問はオバマ大統領の訪問前の「試行」(test run)とされています。

さて、外相達は原爆資料館を見学後、平和記念碑(cenotaph)に花輪を献花したということです。

資料館の展示はかなりインパクトのあるものです。私は何度か見学したことがありますが、気持ちが重たくなります。

外相達もショックを受けたのでしょう、記事によりますと献花の際は一様にしかめ面だったとのことです。

さて、平和記念碑のことを、


cenotaph


と表現しているのですが、この単語を初めて見ました。モニュメント(monument)といった単語が普通出てきますが、この"cenotaph"とは、「空の墓」というような意味だそうです。

ギリシャ語で、cenosは「空の」、taphosは「墓」という意味なのだそうです。

戦没者の遺骸がここに葬られている訳ではなく、別のところにある、という意味で記念碑自体は「空」なのです。

Merriam-Webster Dictionaryでは以下のように定義されています。


a tomb or a monument erected in honor of a person or group of persons whose remains are elsewhere


敢えて区別してこのような単語があることが興味深いと思いました。


2016年4月8日金曜日

ご祝儀泥棒 ― wedding crasher

春本番です。ずいぶん暖かくなってきました。これから、5月、6月とさらに暖かくなり、6月はジューンブライドと云われますが、結婚式のシーズンです。

結婚式を挙げる予定のあるカップルの方々は「ご祝儀泥棒」にくれぐれも注意しましょう。


SAN DIEGO — A thief who posed as a guest at California weddings and stole wallets, credit cards and cash from brides, guests and wedding workers will be honeymooning in prison.

KNSD-TV says Denise Gunderson was sentenced Wednesday to seven years behind bars. She has previous felony convictions.

Prosecutors say last year, Gunderson showed up at several San Diego County weddings, went into rooms and offices and stole valuables during the ceremonies.
(Wedding crasher sent to prison for stealing from brides, guests. New York Post. April 7, 2016.)


結婚式場で盗みを働く輩を、ご祝儀泥棒と言いますが、英語では


wedding crasher


と言うようです。

"crasher"には俗語の用法で、「強盗」という意味があるようです。

また、"gatecrasher"という表現があるのですが、招待状を持たない押しかけ客のことを指すということで、"crasher"には望まれざる客という意味があると解釈できます。


2016年4月7日木曜日

ビールの日 ― Prohibition

今日、4月7日はアメリカではビールの日(Beer Day)なのだそうです。


We admit it. Some food holidays aren’t worth celebrating.

But National Beer Day isn’t just a randomly chosen date—it actually marks a historic occasion: the end of Prohibition in the U.S.

On April 7, 1933, people were once again allowed to buy, brew and sell beer after 13 long, dry years.
(Booze deals and brew facts: How to celebrate National Beer Day. Fox News. April 7, 2016.)


私も、あまり量は飲みませんが、夕食前にビールの小缶を空けるのがほぼ毎日の慣例となっています。リフレッシュできる貴重な瞬間です。

4月7日がなぜ「ビールの日」なのか、については、この日「禁酒令」が解禁されたという史実に因むということです。

「禁酒令」のことを"Prohibition"と言います(大文字のPで始まります)。1920年から1933年までの間、アルコール飲料の製造、販売を禁じた、アメリカ合衆国憲法修正第18条(the 18th Amendment)を指しています。


2016年4月6日水曜日

アイスランド首相がタックスヘイブン問題で辞任 ― haven

先日から報道を賑わせているトピックにタックスヘイブンの問題があります。パナマの法律事務所から流出した文書から、各国の政治家や有名人が英領バージン諸島やケイマン諸島などの租税回避地(タックスヘイブン)に架空会社を設立し、税金逃れをしていることが分かったというものです。

租税回避者のリストにアイスランドの現職首相が含まれていることが分かったそうなのですが、国民からの猛烈な批難を浴び、辞任しました。


Iceland's Prime Minister Sigmundur David Gunnlaugsson resigned on Tuesday, becoming the first casualty of leaked documents from a Panamanian law firm which have shone a spotlight on the offshore wealth of politicians and public figures worldwide.

The Panama Papers showed the premier's wife owned an offshore company with big claims on Iceland's banks, a undeclared conflict of interest for Gunnlaugsson, infuriating many who hurled eggs and bananas in street protests calling for him to step down.
(Iceland's leader resigns, first casualty of Panama Papers. Reuters. April 5, 2016.)


さて、カタカナで「タックスヘイブン」と書かれますが、租税回避地と和訳されるこの単語の英語でのスペルは、


tax haven


です。"heaven"(ヘブン;天国)ではありません。勘違いされやすいのですが、"heaven"と"haven"はまったく別の単語です。(媒体によっては、「タックスヘブン」と表記しているものもあるようですが、両者の違いを意識してか、「ヘイブン」がもっぱら多いです。)

さて、この"haven"という単語は語源を辿るとゲルマン語系なのですが、英単語では"have"や"hold"の意味が元々あり、船舶が停泊する港(つまり"place that holds ships")の意味でした。荒れる航海から安息の地である港(harbor)に戻ってくることに喩えて、安息の地、避難所、といった比喩的な意味で用いられるようになったものです。

税金を免れることができる安息の地(haven)はある意味、当事者にとっての天国(heaven)には違い無いかもしれませんが・・・。

以前取り上げた、"inversion"もご覧ください。


2016年4月5日火曜日

閑話休題 ― スペルミスをするようでは大統領になれません

アメリカ大統領選で、ドナルド・トランプ氏との争いに敗れ、共和党の指名候補から脱落してしまったマルコ・ルビオ議員のスペルミスが取り沙汰されています。


It hasn’t been a good spell for Marco Rubio, who managed to botch the name of the United States in a letter.

The senator from Florida, who bowed out of the Republican presidential race after his home state primary, sent a letter asking the Alaska GOP not to release his pledged delegates before the national convention.

His missive to GOP Chairman Peter Goldberg contained an awkward faux pas – he referred to the 172 delegates he won while running for the highest office in the “Untied States.”
(Yaron Steinbuch. Rubio won’t be president of the United States and he can’t spell it either. New York Post. March 30, 2016.)


スペルミスというのは、"United States"と書くべきところを


Untied States


としてしまった、というものです。

"united"(結束する)が"untied"(バラバラ)とはこれまた悪い洒落ではないでしょうか。

記事にはルビオ議員が署名している問題のレターの画像へのリンクがあります。


大統領に名乗りをあげようという人間が、国名の表記でスペルミスを犯しているようでは何をかいわんや、と記事は手厳しいです。

以前、チリ造幣局のスペルミスを取り上げたことがありますが、たかがスペルミス、されどスペルミス・・・、ですね。

しがないサラリーマンの私も、Eメールは送信前にスペルチェックをちゃんとしないと・・・。


cover one's tracks

引用からどうぞ。


I never admitted to myself I had a problem. I married my boyfriend in 2010 and I’d cover my tracks by hiding the empty bottles in my closet. My husband, a photographer, worked mostly nights, so our schedules were rarely in sync.
(Jane Ridley. A drunk blog post saved my life. New York Post. March 31, 2016.)


短い引用なのでコンテクストがよく分からないかもしれませんが、ここで"a problem"とはアルコール依存症のことです。

"cover one's tracks"という成句について見てみたいと思います。

辞書にも載っていますが、(自身の行動の)足跡を隠す、という意味の成句です。"track(s)"とは、歩いたり、車両で通ったりしたあとにできる跡、「轍(わだち)」を意味します。

もう少し用例を見て見たいと思います。


It's difficult to know precisely how much cyber espionage by Russia had gone undetected in the past? Russian hackers have gone to great lengths to cover their tracks, unlike their counterparts in China, who have generally been easier to detect, said Alan Paller, a cyber security expert at the SANS Institute.
(Pittsburg Post-Gazette. 2014.)


隠すというからには元々の意図に良からぬものがあるからということですね。


2016年4月4日月曜日

birdbrain

アメリカ大統領選で共和党の指名候補者であるドナルド・トランプ氏の発言にまたまた批判が集中しています。

同氏は、日米同盟が不平等であるとの立場を表明しており、在日米軍のコストを日本に負担させるとまで言っているそうですが、より多くの国が核武装することが望ましいとの発言をした模様です。


John Oliver tore strips off Donald Trump’s foreign and nuclear weapons policies on Sunday.

Last week, the GOP frontrunner revealed he’d be happy if more U.S.-friendly countries obtained nuclear weapons. In response, The “Last Week Tonight” host said Trump just wasn’t informed enough when it came to discussing such serious and often highly delicate matters.

Oliver played a clip from the billionaire businessman’s CNN town hall with Anderson Cooper in which Trump said we’d all be “better off if Japan protects itself against this maniac in North Korea.”

Adding it’d be preferable if South Korea could also defend itself, Trump said he’d be happy for Saudi Arabia to have nuclear weapons.
(Lee Moran. John Oliver Goes Nuclear On Donald Trump’s Birdbrained Nuke Policies. The Huffington Post. April 4, 2016.)


トランプ氏のこうした発言に対して現職であるオバマ大統領は以下のようにこきおろしたようです。


“[He] doesn’t know much about foreign policy, or nuclear policy, or the Korean Peninsula, or the world generally,” Obama said.
(ibid.)


つまり、トランプ氏は外交というものを分かっていない、ということです。

さて、記事のタイトルに、


birdbrain(ed)


とあるのが目に留まりました。辞書を引くと、「まぬけ」、の意味で使われると分かったのですが、鳥類の脳、が"stupid person"とは、鳥に失礼な話ではないでしょうか!?

実際、鳥は賢い生き物に違いありませんから・・・。


2016年4月1日金曜日

wing it

アメリカ大統領選で共和党の指名候補であるドナルド・トランプ氏が、妊娠中絶をした女性は罰せられるべき、と発言したことで批判が高まっています。

同氏はその後発言を撤回しましたが、とかく問題発言の多いだけに、あらゆる方面から突き上げを食らっているようです。

関連する記事によりますと、テレビ中継されたタウンホールミーティングにおいて、記者の質問はこのように始まったようです。


“What should the law be on abortion?” asked MSNBC’s Chris Matthews to Donald Trump at a town hall event in Wisconsin.

“Should the woman be punished for having an abortion?” Matthews pressed. “This is not something you can dodge.”
(Jill Colvin. Trump’s abortion flub shows risks of ‘winging it’ on policy. The Washington Post. March 31, 2016.)


“Should the woman be punished for having an abortion?”という記者の質問に対して、トランプ氏は、"Yes"と答え、続けて、"there has to be some form of punishment"と発言したため、これが大きく取り上げられました。


Trump’s bungled response — an awkward, extended attempt to evade the question, followed by an answer that, yes, “there has to be some form of punishment” — prompted a backlash that managed to unite abortion rights activists and opponents. And it also brought an unprecedented reversal from the notoriously unapologetic candidate less than a week before Wisconsin’s important primary.

The episode demonstrated the extent to which Trump has glossed over the rigorous policy preparation that is fundamental to most presidential campaigns, underscoring the risks of the billionaire businessman’s winging-it approach as he inches closer to the Republican nomination.
(ibid.)


トランプ氏はその後発言を撤回し、中絶した女性ではなく、中絶手術をする医師が罰せられるべきと言いたかった、と釈明しているようですが、ワシントンポスト紙では同氏の"wing-it approach"が露見した、と分析しています。

ところで、"wing-it approach"ってどういう意味でしょう?

"wing it"というのは辞書ではインフォーマルとされている表現ですが、即興でやる、と言う意味で用いられるそうです。

つまり、トランプ氏は妊娠中絶というアメリカでは非常にセンシティブで難しい問題に対して十分な論点の整理や質問された際の回答を準備してこなかった、ということでしょう。

同氏の発言に問題発言が多いのも、毎回「即興で」発言しているからかもしれません。