最近30日間のアクセス数トップ3記事

2015年8月31日月曜日

haymaker

気のせいか、このところアメリカ大統領選候補者指名争いに関するニュースばかりが目につくような気がします。

下記も大統領選候補者選びに関する記事からのものです。


WASHINGTON – New Jersey Gov. Chris Christie blasted Hillary Clinton Sunday for saying top GOPers held the same views on women as terrorists.

“That’s a disgrace — and she’s a disgrace,” Christie declared on Fox News Sunday.

Trying to fight his way back into the Top 10 of the national polls, Christie uncorked haymakers in a lengthy interview Sunday. He said Clinton should be prosecuted for obstruction of justice and mishandling classified material on her home email server if the facts prove true.
(Marisa Schultz. Christie calls Hillary ‘a disgrace’ for comparing GOP to terrorists. New York Post. August 30, 2015.)


"haymaker(s)"という単語に着目しましょう。

干草(hay)を作る機械、あるいは人、という意味ですが、ここでの意味は、


強打、パンチ


という意味です。

なぜ干草の作成とパンチ(強打)が結びつくのかについては、現在でこそ機械化されている過程でありながら、かつては干草用に草を刈るのに鎌で強く打つ必要があったことからきているとの説です。


2015年8月28日金曜日

ute

まずは下記引用をどうぞ。


THE police officer who was run over by a ute at Heatherton McDonald’s in the early hours of this morning was saved by his protective vest, police believe.
(Police officer run down by ute at Heatherton McDonald’s. The Herald Sun. August 28, 2015.)


"ute"って一体何のことでしょう?

恐らく中辞典以上、大辞典でないと載っていないかもしれませんが、"ute"は"utility truck"のことだそうです。

ランダムハウス英和では、オーストラリア、ニュージーランドの表現だということです。アメリカでも使われることがあるようですが、上記引用はオーストラリアのメディアからのものです。

知らないと何のことか分かりませんね。


2015年8月27日木曜日

頭シラミの原因は自撮り!? ― social media lice

アメリカで学生や十代の若い人に頭シラミの報告が増加しているというニュースをここのところよく見かけていました。シラミというと不潔な人が持っているというイメージが強いですが、先進国で裕福な生活をしている人たちがシラミに悩まされているというのはどうもピンときません。

ところが!です。

今日のニュースでは、頭シラミ増加の原因は自撮り(selfie)だという衝撃の報道です。


Teens should keep their selfies to themselves, lice experts say.

Group selfies are spreading head lice infestations among teens, a Wisconsin pediatrician warned in a back-to-school interview with WBAY-TV on Monday. Dr. Sharon Rink of Appleton joined a growing group of experts who are concerned about so-called “social media lice.”

They blame teens’ head-to-head contact while taking pictures or looking at each other’s phones for an increase in head lice infestation in an age group thought to be less at-risk than younger children.

“Teenagers don’t usually get lice because they’re not sharing hats and things like that,” Rink told the TV station. “And lice can’t jump, so the only way they can transmit lice is touching their heads together, and that’s happening with all these photos.”
(Tobias Salinger. Selfies lead to ‘social media lice’ spreading head lice infestations among teens: experts. New York Daily News. August 25, 2015.)


自撮りが頭シラミの増加に寄与しているというロジックはどこにあるのでしょうか?

専門家によると、スマートフォンなどを使って友達同士、仲間同士、恋人同士で自撮りする際に頭(髪の毛)が接触することで、シラミが拡散していると考えられるということです。

この現象を言い表すのに、"social media lice"という表現が定着しつつあるようですが、現代の利器ともいえるスマホやソーシャルメディアが引き起こす、予想もつかなかった弊害に笑ってしまいました。

ちなみに、"lice"はシラミのことで、単数形は"louse"、"lice"は複数形です。


2015年8月26日水曜日

"surveillance"と"survey" ― surveil

まずはきっかけになった記事の引用から。


Butterfleye is a hardware startup aiming to build a connected home security camera that avoids coming across as creepily prying.

In our over-surveilled digital times, putting an Internet-connected eye in your home could mean opening a peephole to unknown third parties. Or create a temptation for domestic spying. Which is not the definition of relationship trust, folks. Ergo security and privacy are key considerations for any startups working in such a sensitive area.

Butterfleye is tackling the privacy challenges inherent in offering to sell people a remotely controlled wireless lens by putting a processing layer on the device which it says can run analytics to intelligently detect who or what is in frame before recording and uploading any footage.
(Natasha Lomas. Butterfleye Is A Home Security Camera That Can Learn What Not To Record. TechCrunch. August 26, 2015.)


監視カメラに関する話題です。監視カメラというとすべてを録画しているというのが常識かもしれませんが、この記事に出てくる新技術では録画するものと録画しないものとを選別することができるようです。つまり押さえるべきところは押さえつつ、プライバシーに配慮しているということのようです。

ところで、私は記事を読んでいて、


our over-surveilled digital times


という個所が引っかかりました。何が引っかかったかというと、


surveilled


という部分です。監視のことを言うのに"surveillance"という名詞がありますので、"surveil"はその動詞形というように見えます。私は、"surveillance"の動詞は"survey"だと思っていましたので、"surveil"という動詞を見るのは初めてでした。間違いではないかと思ったほどです。

果たして辞書には、動詞としての"surveil"がちゃんと載っています。しかも、"surveillance"の逆成という説明でした。

ここで疑問が。"surveillance"と"survey"は全く別物なのでしょうか?

Online Etymology Dictionaryによりますと、"surveillance"は1802年にフランス語から“輸入”されたもののようです。スペルからも何となく想像がつきますが、"surveiller"というフランス語の動詞があります。

一方で、"survey"は15世紀くらいから見られ、語源は同じくフランス語なのですが、出所は"surveillance"と異なるようです。

結論としては、"surveillance"と"survey"はスペルも意味合いも非常に似通っていますが、英単語としては別の成り立ちである、と言えそうです。


2015年8月25日火曜日

常套手段 ― playbook

たまたまですが、2つの記事の見出しで"playbook"という単語が目に留まりました。

1つ目は以下です。


Jeb Bush Takes a Cue From Donald Trump’s Playbook: Punch Back
(The New York Times. August 24, 2015.)


記事中で"playbook"が使われている個所は以下です。


After enduring those slings and arrows for weeks, to the mounting dismay of supporters, Mr. Bush, the former Florida governor, and his aides have decided to venture outside their comfort zone and borrow a page from Mr. Trump’s playbook: Hit back, with force and creativity, over and over again in the coming weeks.
(ibid.)



そして、2つ目は以下です。


Isolated Kim Relies on Old North Korea Tensions Playbook
(Bloomberg. August 24, 2015.)


記事中で"playbook"が使われている箇所は以下です。


Faced with a dilapidated economy and drought at home, and potentially pressured by senior officers in his military to show some mettle, Kim resorted to an old North Korean playbook -- pick a fight to force concessions from South Korea on trade and aid. It’s also a warning to Park against taking North Korea lightly in her dealings with China, Japan and the U.S., all of whom have urged Kim to abandon his nuclear weapons program.
(ibid.)


"playbook"という単語に注意を払ったことはありませんでしたが、こうして2つの記事で使われているのを見るとそれがきっかけになって理解が深まるというものです。

"playbook"をランダムハウス英和辞書で引くと、


台本、脚本
ゲームのやり方を解説した本
(アメフト)チームが行う連係プレーや作戦を図解付きで記したノート
(商業的、政治的キャンペーンのための)計画・戦術


などとありました。

引用した記事での用例はいずれも、“計画・戦術”といった意味合いで使われていると解釈できますが、"playbook"という表現には"plan"や"strategy"では置き換えることができないようなニュアンスを感じます。これは記事のコンテクストも関係しているのでしょうが、そもそも"playbook"が演劇の台本を意味していたことと無関係ではないのではないかと思います。

舌鋒鋭い大統領候補のDonald Trump氏にしろ、威嚇や恫喝で諸外国との緊張を高めることばかりに長けている北朝鮮の指導者にしろ、その"playbook"には、いつものアレ、というような意味合いが見え隠れします。

ある意味、常套手段、と言ってもいいのかもしれません。


2015年8月24日月曜日

育児は分担 ― do one's bit

イクメン(育メン)ということが言われ始めて久しいですが、育児を夫婦で協力してやるとやはり良い事があるのだそうです。


If your partner isn't doing his bit when it comes to looking after the little ones, here's something that might change his ways.

Fathers who carry out a fair share of childcare duties enjoy a better love life and a healthier marriage, a study has found.

Sociologists who studied more than 900 married couples found that those who split the childcare equally had better and more frequent sex.

Not only that, but they also had a happier marriage overall.

When women were mostly or wholly responsible for childcare - taking on more than 60 per cent - the quality of the relationship and satisfaction with sex tended to be lower, for both husband and wife.
(Dads who share childcare have a better sex life - study. New Zealand Herald. August 24, 2015.)


"do one's bit"という成句は初めて見るものでしたが、コンテクストからその意味は想像がつきますね。続く段落では、"(carry out) a fair share of childcare duties"とあり、これはこの成句を言い換えたものになっています。

つまり、本分を尽くす、応分の貢献をする、という意味です。

私自身として身につまされるように感じる点が全くない訳ではありませんが、やはり育児というものは夫婦が協働して行うのが良いのでしょう。調査によれば、育児を分担できている家庭は性生活の面でも満足度が高いという結果が見られるそうです。

男性の皆さん、頑張りましょう(笑)


2015年8月21日金曜日

裸で寝るのが体には良い!? ― shed threads

お風呂に入って、パジャマに着替えてから寝るというのが常識ですが、実は裸で寝るのが体にとっては良い、という話があるようです。風邪を引きませんかね?


Shedding your threads before tucking in will help you snooze more soundly, says Men’s Health sleep advisor W. Christopher Winter, M.D. Your body temperature declines as you doze and climbs before you wake up, but clothing can interfere with this natural fluctuation, Dr. Winter says.
(Jada Green. 5 scientific reasons you should sleep naked. New York Post. August 20, 2015.)


"thread"は単数では“糸”のことですが、複数形"threads"では“衣服、着物”の意味になります。"shed threads"は着ているものを脱ぐ、という意味です。

裸で寝るのがなぜ体にとって良いのか、については記事をお読みいただければと思いますが、ひとつには寝ている間の体温調節を自然に任せることができるということがあるそうです。着ているものによってこの自然な体温調節が阻害されるのだとか。


2015年8月20日木曜日

アウト! ― out

Ashley Madisonという、ネットでは有名な不倫交流サイトがハッキングされたというニュースが少し前にトップニュースを飾っていましたが、その後、ハッキングされたユーザーアカウントデータが一般公開されたというニュースが駆け巡っています。

ハッカー集団が不倫交流サイトにユーザー登録している人たちの個人情報、つまり氏名や性別・年齢、メアド、クレジットカード番号・・・、そして性的嗜好までも暴露したという状況です。


Vatican workers, Big Apple bureaucrats, an English Parliamentarian — and at least one reality TV star — are among those being outed for looking for love in all the wrong places, according to stolen data posted online from the cheaters’ site Ashley Madison.

Dirty details of the site’s more than 36 million users emerged Wednesday after hackers accused the site of being a fraud and made good on a threat to expose users if it wasn’t shut down.

They published the data to the so-called “Dark Web,” a corner of the Internet accessible only by using a special browser.
(Josh Duggar had an Ashley Madison account. New York Post. August 19, 2015.)


この不倫交流サイトのアカウントを保持する人たちは自分自身の情報が晒されてしまっているのではないかという不安に苛まれているでしょう。

今のところ、暴露されたデータにアクセスするには特別なブラウザを使う必要があるそうですが、暴露されてしまったものはもはやどうしようもないようで、同サイトの登録者のメールアドレスには米国政府機関のものが多数見られた、といった報道がされています。

さて、上記に引用した記事では、とある有名人がそのいかがわしいサイトのユーザーであったことが分かった、というものですが、この有名人に関しては既に未成年者への淫行が告発されるなどしており、その性癖が改めて取り上げられているような格好です。

"out"とは、野球で言う“アウト”と同じく、宣告されてしまったら退場せざるを得ないという意味合いです。

今のところ暴露されたデータの信憑性は100%という訳ではないようですが、既に別件で“アウト”になってしまった人達が含まれていることが分かっているようです。


2015年8月19日水曜日

420 (four-twenty)

420という数字に何か特別なものがあるのでしょうか?

答えは以下に。


BOISE, Idaho — If you’re looking for milepost 420, you won’t find it in Idaho.

Idaho transportation officials say the mile marker has been replaced with 419.9 signs to curb thieves eager to own a number associated with marijuana enthusiasts.

Turns out, Idaho isn’t alone in this problem. States like Washington and Colorado have also replaced 420 signs with 419.9 after consistently having to replace them after thefts by supposed sticky-fingered stoners.
(Idaho replaces mile marker 420 with 419.9 to thwart stoners. New York Post. August 18, 2015.)


どうやら、420という数字はマリファナと関連があるそうです。そのためか、アメリカのハイウェーでは420マイルポストが盗まれることが多々あるらしく、420マイルポストは419.99マイルという表示のポストに置き換えられているそうです。

何故に、420とマリファナが結びつくのでしょうか?

答えはこの記事に詳しくありますが、かつてカリフォルニアでマリファナを隠れて吸っていたグループが午後4時20分にとある場所に集合していたことから、420(four-twenty)がマリファナと結び付けられたということです。

420(four-twenty)はマリファナを好む人たちのコードネームのようになり、以降は4時20分に限らず、4月20日、番地の420なども彼らにとって特別な意味を持つものとして定着してきたのです。


2015年8月18日火曜日

afoul

"afoul"という見慣れない単語ですが、下記引用で使われているのは"run afoul of"という動詞句の一部としてです。

引用する記事は、女性版バイアグラと呼ばれる新薬がアメリカでいよいよ承認される見込みというニュースについてのものです。


A small drug-maker from North Carolina may succeed this week where many of the world’s largest pharmaceutical companies have failed: in winning approval for the first drug to boost women’s sexual desire.

The husband-and-wife team that founded Sprout Pharmaceuticals is not new to the pharmaceutical business or even to marketing drugs to people frustrated with their sex lives. The couple’s previous company, Slate Pharmaceuticals, sold an implantable testosterone pellet to men with low levels of the hormone.

But Slate’s marketing push ran afoul of federal rules, making misleading, unsupported statements about the benefits of testosterone therapy while down-playing risks. In fact, when the Food and Drug Administration held a meeting examining the overprescribing of testosterone last year, it played Slate’s commercial as an example of inappropriate marketing.
(Matthew Perrone. Drug execs behind female libido pill have run afoul of FDA. Athens Banner Herald. August 17, 2015.)


"run afoul of"についてはお手持ちの辞書にも載っていると思いますが、


衝突する;(法律などに)抵触する


という意味です。ここでは、新薬のマーケティング戦略がアメリカの保健当局(FDA)の規制(ルール)に抵触してしまった、ということです。

"afoul"はつまりは"foul"(ファウル)と同義で、接頭辞のa-は、"aloud"や"aloof"などの単語に見られるのと同じで、形容詞につけられるものです。

"run afoul"とは、ちょうど今甲子園が盛り上がっていることに因んでいえば、打者の打った打球がファウルになってしまうことを言っているのと同じでしょうか。ヒットと思っていたらファウルになってしまった、というようなニュアンスでしょうか。

余談ですが、女性版バイアグラと呼ばれている今回の新薬についてはその開発・上市は製薬業界の悲願(Holy Grail)でもあったようです。


The search for a pill to increase women’s libido has been something of a holy grail for the pharmaceutical industry since the blockbuster success of Viagra for men in the late 1990s. Pfizer, Bayer and Procter & Gamble all studied — then abandoned — potential treatments for female sexual desire disorder.
(ibid.)


新薬が果たして人々の生活の質の向上に貢献しますかどうか・・・。


2015年8月17日月曜日

dystopia

ちょうどお盆休み明けの月曜日、関東は雨のスタートとなりましたが休み明けのだるい体を引き摺って出勤された方も多いのではないでしょうか?(小生は、申し訳ないながらも、今日まで休みとさせていただき、明日から出勤です。)

会社という場所は多くのサラリーマンにとっては、できることなら行かなくてもよいのならば(食べていけるのであれば)それに越したことはないのですが、そういうわけにも行かないものです。

ネット大手のアマゾン社については最近、その社風、社内環境の劣悪さがNYタイムズ紙で特集記事になったそうなのですが、CEOのJeff Bezos氏が反論したということで話題になっています。


In a memo to employees first obtained by technology news site GeekWire, the online retailer’s chief said that anyone who worked at a company like the one portrayed in the Times’ story would be “crazy to stay” before adding that he hopes workers “don’t recognize the company described.”

“[The article] claims that our intentional approach is to create a soulless, dystopian workplace where no fun is had and no laughter heard,” Bezos wrote. “Again, I don’t recognize this Amazon and I very much hope you don’t, either. More broadly, I don’t think any company adopting the approach portrayed could survive, much less thrive, in today’s highly competitive tech hiring market.”
(Ryan Mac. Jeff Bezos: Anyone Working At A Company Described In New York Times Story Would Be 'Crazy To Stay.' Forbes. August 17, 2015.)


同氏がコメントの中で使っている、"dystopia[n]"という単語を取り上げたいと思います。

"dystopia"というのは、"utopia"(ユートピア、理想郷)の対義語ということになっています。

なるほど、とここで終わりにしてしまうのは当ブログ「えいご1日1語」の精神に反しますので、もう少し詳しく見てましょう。

"utopia"の語源については、Sir Thomas Moreの著作になる"Utopia"というタイトルから来ているのですが、この単語はギリシャ語で"no"(否定)を意味するu-、と場所を意味するtopiaが結合したものです。つまり、ありえない(存在しない)場所、ということです。

ところが、理想郷という和訳にも見られるように、ギリシャ語の接頭辞u-が、“良”を意味するeu-("euphemism"などの単語に見られる接頭辞です)と誤解され、意味合いも“存在しない場所”から“すばらしい場所”へと変容してきました。

"dystopia"は、この"eu-"に対しての"dys-"、つまり“悪い”という意味の"dys-"を以ってして、"utopia"の対義語足りえたものです。

また、J.S. Millの著作になるHansard Commonsで用いられたのが最初だということです。

ある意味、("utopia"という単語の解釈上の)誤解、勘違いから生まれた単語だと言えるかもしれません。


2015年8月14日金曜日

chew the fat

今週は押韻俗語(rhyming slang)について見てきました。難解に思える押韻俗語の表現ですが、実は英語の日常表現として定着し、その意味が広く知られているようなものも存在します。

"chew the fat"はそのような表現の1例であると言われています。(参考:Bill Bryson. Mother Tongue. Penguin Books. 1990.)


Scientists ID 6th taste as subjects chew the fat

Taste, the sense that allows us to appreciate the beauty of good food, is something scientists understand fairly well. The sensation we feel when eating a piece of cake, chewing on a hamburger or taking the first bite of a piping hot piece of pizza is triggered when chemicals in the food interact with receptors in our mouths.
(Arkansas Online. August 3, 2015.)


引用した記事の話題は先日取り上げた話題とかぶるのですが、"chew the fat"とは


気楽におしゃべりする、(物事について)論じる


という意味の成句です。

“脂肪”(fat)を噛む(chew)ことがなぜおしゃべりになるのでしょうか?

"chew the fat"の"fat"は"chat"(おしゃべり)という単語と韻を踏んでいるわけです。

この表現を押韻俗語として説明している辞書は見当たりませんが、りっぱな押韻俗語の例です。表現として広く定着し、イギリス英語に限らずアメリカ英語でも使われます。

同様の事例として、"brass tacks"("tacks"が"facts"と韻を踏んでいます)があります。


2015年8月13日木曜日

頭を使え ― loaf

押韻俗語をテーマにお届けしております今週ですが、3日目に取り上げるのは"loaf"です。

これまで取り上げた表現は韻を踏んでいることが分かりやすい例でしたが、今日は少し様相が異なります。つまり、"loaf"と韻を踏んでいる単語を想像しても答えにたどり着きません。


Almost every household in the UK regularly buys bread, but are you using your loaf when it comes to this popular product?

“Most of us mindlessly pick up a loaf of bread once or twice a week without really knowing what’s in it. We just assume it’s healthy,” says nutritionist Vicki Edgson.
(Just how unhealthy is our daily bread? Use your loaf and find out. Mirror.co.uk. March 22, 2012.)


少し意地悪なのですが、


Use your loaf...


とある、"loaf"は元々"loaf of bread"のことなのです。

"loaf of bread"と"head"が韻を踏んでいることになっていますが、単に"loaf"だけで使われることも多く、知らないと訳が分かりませんね。

実は押韻俗語とされる表現でこの"loaf"のように、実際に韻を踏んでいる部分が省略されて使われるものは結構あります。

押韻俗語は元々隠語としての性質、つまり仲間内だけで分かるようにわざと分かりにくく言い換えた符丁としての役割があるとされていますが、そう考えるとこのような省略が見られるのも仕方のないことなのかもしれません。


2015年8月12日水曜日

sausage and mash

昨日より押韻俗語をテーマにお届けしています。

さて、今日取り上げるのは、"sausage and mash"です。ホテルのブレックファストメニューに出てきそうですが、その意味は現ナマ、つまり現金です。

なぜソーセージとマッシュ(ポテト)が現金になるのか?昨日の投稿を読んでいただいた、感のいい方はお気づきですね。

そうです、現金を意味する"cash"と韻を踏んでいるのが"mash"だからです。


Visitors to East London in search of a cash machine while attending the Olympics this past summer might have been puzzled by the ATM on Commercial Street. Tap the screen and a prompt pops up: English or Cockney? If Cockney is chosen, the next prompt advises the customer in search of "fast sausage and mash" (cash) to select the amount. Among the options: A "Lady Godiva" (£5), "speckled hen" (£10), or "horn of plenty" (£20), to be dispensed after the customer enters a "Huckleberry Finn" (pin).
(Cathy Newman. In Need of "Sausage and Mash"? Visit an East London ATM. National Geographic. February 14, 2013.)


引用したのはちょっと古い記事で、ロンドンオリンピックが出てきたりしますが、舞台はロンドン東部地域、ということで押韻俗語がテーマになっています。(記事中には押韻俗語が目白押しです。)


2015年8月11日火曜日

ブラームスはお好き ― Brahms and Liszt

以前の投稿で、押韻俗語の表現を取り上げたことがありますが覚えておられるでしょうか?

この押韻俗語というのはネイティヴではない我々日本人にはちょっと難解です。もしかしたら、英語を母語とする人にとっても難しいのかもしれません。というのも触れる機会が極めて限られており、イギリスはロンドン、しかもその東部で使われているコックニー方言(Cockney)というのが押韻俗語を特徴としているからです。

こうした押韻俗語は知らないとそれが使われていても意味をすぐにはつかめず、判じ物かパズルのようになってしまいます。

下記の引用を読んでみましょう。


Yet no matter how Mozart and Liszt a driver was, until he (or she) was involved in an accident or committed a major driving offence, alcohol levels couldn't be checked.
(Tony Davis. Milestones: Breath testing goes random. Drive. May 3, 2014.)


飲酒運転の話ですね。"Mozart and Liszt"(モーツァルトとリスト)は言うまでも無く有名な作曲家です。

押韻俗語の意味としては、


酔っ払った


となります。何故でしょうか?

酔っ払ったというとき、"pissed"という俗語表現を使いますが、"Liszt"がこの"pissed"と韻を踏んでいるからです。

では、なぜ"Mozart and"なのでしょうか?

これに対する明確な答えというのがないのですが、要は押韻俗語では単に韻を踏んでいる部分だけが大事らしく、前半部分(この例でいうと"Mozart")は特に重要ではないようです。実際に、"Brahms and Liszt"も同じく“酔っ払った”という意味で使われます。


Now that the East End of London has moved upmarket, cockney rhyming slang no longer has much currency. So you may have forgotten its word for drunkenness. It is Mozart – or sometimes Brahms. Why? Because "Mozart-and-Liszt" rhymes with pissed.
(Ski Amadé: Orchestral manoeuvres in the light. The Independent. August 7, 2015.)


今週は押韻俗語の表現をいくつか取り上げてみたいと思います。


2015年8月10日月曜日

on the period

このところアメリカ大統領選のニュースが喧しいですが、共和党候補の1人であるDonald Trump氏というのは相当毒舌らしく、関連ニュースのヘッドラインでこの人の名前を見ない日は無いといっても過言ではないくらい目立っている人です。

これまでも氏の爆弾発言が何度か取り沙汰されていますが、今回の毒舌ぶりがまた凄いです。では、引用をどうぞ。


Donald Trump’s slamming of Megyn Kelly continued on Friday night, with the presidential candidate seeming to imply that Kelly’s aggressive questioning during the first GOP debate was because she was on her period.

During an interview with CNN’s Don Lemon, Trump unleashed a rather graphic criticism of the journalist:
(Jessica Estepa. Trump on Megyn Kelly: She had 'blood coming out of her wherever.' USA Today. August 8, 2015.)


上記の引用はコロン(:)で終わっていますが、同氏の毒舌発言はコロン以下となっています。(あえて引用しません。)

女性記者が同氏を質問攻めにしたのは"on the period"(生理中)だったから、ということらしいのですが、はてさて、Trump氏は相手がそうだとどうして分かるのでしょうか。

しかしこのコメントはセクハラやじどころではありませんね。日本だったら猛烈な批判を浴びて議員辞職しなければならないかも。都議会の方、どうですか?


2015年8月7日金曜日

rat

とりあえず引用からどうぞ。


Gym rats may seem to be the picture of good health, but a new study suggests that many men who prioritize their workouts are abusing legal bodybuilding supplements to achieve their lean and muscular look.
(Karen Kaplan.
Bodybuilding supplements fuel eating disorders in some men, study suggests. Los Angeles Times. August 6, 2015.)


"gym rat(s)"というのは、(トレーニング)ジムの「常連」のことを指す俗語表現です。

"rat"はネズミですが、動物のネズミに喩えるというのは、やや見下しているような感じがあります。常連、という日本語表現もそうですが、入り浸る、というような言い回しにも非難の響きがあります。

Online Etymology Dictionaryによれば、こうした"rat"の表現は1864年から見られるそうです。

同様の表現に、"mall rat"があります。これはショッピングセンター(shopping mall)にたむろしている人のことを言います。


Like any self-respecting starlet, she does her fair share of shopping. The confessed mall rat has 11 millions of clothes and sneakers.
(Joan Morgan. The making of miss thang! Essence. 2000.)


また、"dock rat"は、波止場(dock)の浮浪者のことを指します。


2015年8月6日木曜日

こんな意味もあったの? ― tank

Whole Foodsというアメリカでは名の通ったスーパーマーケットチェーンがありますが、その会社の株価に関する記述です。


After being accused of consistently overpricing some food products in its New York City stores earlier this summer, the company's co-CEOs issued an apology. And last week, Whole Foods' stock tanked more than 10% after a disappointing third-quarter earnings report.
(Hadley Malcolm. Whole Foods oops: 'Asparagus water' a mistake. USA Today. August 5, 2015.)


やや高級志向のスーパーなのですが、NYCの店舗では価格つり上げが指摘されたりして、最近は評判がよくありませんでした。


...Whole Foods' stock tanked more than 10% after a disappointing third-quarter earnings report...


とありますが、"tank"という動詞に着目したいと思います。

おそらくここでの意味は、(コンテクストから想像するに)株価が10%以上も下落した、ということだと思いますが、"tank"にそのような意味があるとは知りませんでした。

辞書を引くと、


わざと負ける


という意味があるようです。また、俗語の意味として、


うまく行かない、悪くなる


ともありました。

"tank"がこのような意味を持つに至った経緯については諸説あるようです。Online Etymology Dictionaryによれば、テニスのインタビュー記事(1967年)で使われたのが初出ということです。

その他の説としては、ボクシングの八百長試合でノックアウトされた振りをすることを"taking a dive"と表現するそうですが、それと関係している、という説です。ただ、決め手となるような証拠に欠けるそうです。


2015年8月5日水曜日

社長の給料 ― gravy train

これはサラリーマンの方への質問になってしまいますが、勤め先の社長がいくらもらっているかご存知でしょうか?(私は知りません。)

有名な上場企業などの場合、時々マスコミで取り沙汰されていますが、下記の記事によるとどうやら米国ではCEO(社長)の給料が一般従業員の何倍に相当するかを公表義務付けするらしく、そうなると社長がいくらもらっているかがわかってしまうということのようです。


Thousands of public US companies will soon likely be forced to share a number many would rather keep under wraps: How much more their chief executives make than their typical rank-and-file employees.

The US Securities and Exchange Commission is expected Wednesday to finalise a long-delayed rule forcing businesses to share their "pay ratio," a simple bit of arithmetic that would cast an unprecedented spotlight on one of corporate America's thorniest debates.

Once the pay-ratio rule is in place, millions of workers will know exactly how their top boss's payday compares to their own, revealing a potentially embarrassing disparity in corporate riches that many companies have long fought to keep hidden.
(This new rule could reveal the huge gap between CEO pay and worker pay. The Sydney Morning Herald. August 5, 2015.)


他人の懐に関するこういう下世話な話というのはとかく耳目を集めがちですが、根底にはやはり高給取りへのやっかみがあるのでしょう。

同じ話題の別記事から下記を引用します。


When the CEOs of fast food companies in the US make 1200 times more than their average employees, you have to start asking what the boss is doing that is worth so much more than flipping burgers.

New York-based public policy organisation Demos reported this month that fast food CEOs are at the front of the "gravy train" as some of the highest-paid executives in America, earning an average $US26.7 million ($28.9 million) in 2012.

At the same time, their employees are the lowest-paid in the US. Some of them are reportedly surviving on food stamps, even though they work full time.

The boss-to-worker pay ratio is more out of whack in the US than anywhere else. In large listed firms, the average CEO in the US is paid 354 times what the average worker earns, compared with 206:1 in Canada, 104:1 in France, 93:1 in Australia and 84:1 in the UK.
(Fiona Smith. What is your boss really worth? Financial Review. April 29, 2014.)


統計によれば米国のファーストフードチェーンのCEOの給与は従業員の平均給与の実に1,200倍ということです。

ここまでくると、やっかみの延長とは言え、じゃあ社長は一体何をやっているんですか、と聞きたくなるのも分かるような気がします。

さて、そうしたCEOは"gravy train"の最前列に位置している、ということなのですが、"gravy train"とはどんな電車なのでしょうか?

これは俗語表現として辞書に載っていますが、いわゆる「楽して稼げる立場」を意味する表現です。

"gravy"というのは肉汁の意味なのですが、これも俗語として楽に得られる収入、もしくは不正に得られる利得、といった批判的な意味で使われます。

世の中の全ての会社の社長がそうだとは思いませんが、中には努力もしないで高給に与っているような人もいるのでしょう。(最近逮捕されたビットコイン取引所の何某氏のような・・・。)



2015年8月4日火曜日

第六の味覚 ― oleogustus

「第6番目の味覚」が話題になっています。

何でも、脂肪の味、がそうなのだそうです。脂肪に味があるんでしょうか!?何となく納得できるような、できないような・・・。


A sixth basic taste may soon the ranks of sweet, salty, sour, bitter and umami — but it doesn’t really taste that good.

In a new study published in the journal Chemical Senses, scientists have declared “fat” as the sixth taste but its official name may be a little hard to digest. Oleogustus is Latin for "a taste for fat."

According to NPR, scientists have been working for a while to officially declare fat as the sixth taste. But to qualify as a true taste, a flavor must past a rigorous test including triggering “specific receptors on our taste buds” and posses a “unique chemical signature.”
(Science declares fat is the sixth taste. Fox News. August 3, 2015.)


基本的な味覚として、甘味、辛味、酸味、苦味、旨味(ところで日本語がumamiという英語になっているとは知りませんでした)の5つがありますが、今回は脂肪分(fat)が6番目の味覚に加えられたというものです。

その名前ですが、


oleogustus


という難解なラテン語となっています。

oleo-は油(oil)を意味する接頭辞、gustusは風味を意味するラテン語です。


2015年8月3日月曜日

B面 ― on the flip side

認知症予防にコーヒーが効く、というニュース記事からの引用です。


The health news on coffee seems to vary daily; one day it's good for you, the next, it may not be.

Yet new findings published in the Journal of Alzheimer's Disease reveal that coffee could be beneficial for cognitive health, particularly among older individuals.

Researchers at the University of Bari Aldo Moro in Italy conducted a survey of about 1,400 elderly Italians between the ages of 65 and 84 over the course of three years. Findings revealed that those who drank about two cups of coffee a day were less likely to develop mild cognitive impairment (MCI) than those who abstained from drinking coffee.

However, it's important to keep everything in moderation. On the flip side, researchers found that those who drank too much coffee increased their risk for onset of mild cognitive degeneration.
(Kathleen Lees. Coffee And The Brain: Two Cups A Day Reduces Risk Of Mild Cognitive Impairment. Science World Report. August 2, 2015.)


どこかで聞いたことのあるような話ではあります。少し前は赤ワインが良いとか、チョコレートが良いとか、だったような・・・。

当然ですが、過ぎたるは及ばざるが如しで、逆に飲みすぎると認知症のリスクを高めるという報告もあるということです。

"on the flip side"はまさに、その“逆に”、という概念をあらわす表現ですが、そもそも"flip"って一体なんでしょうか?

“フリップチャート”という言葉を聞いたことがありますが、画像検索をしてみるとオフィスなどでよく使われるイーゼルに載せるような大型のチャート紙が出てきます。いまいちピンときません。

辞書を引くと、"on the flip side"とは、レコードのB面のことを言うそうです。

つまり、A面(表)がアルバムタイトルの曲(歌)を録音しているのに対して、裏面(B面)はマイナーな曲(歌)が録音されている、ということから、表立って言われている事柄と対照的に、つまり逆に見られる事象を言うのが、"on the flip side"ということになります。

そもそもレコード自体に馴染みがない現代の若者には“レコードのB面”が分かるのでしょうか!?

そう言えば、カセットテープもA面、B面の世界です。