最近30日間のアクセス数トップ3記事

2015年12月31日木曜日

go-to

以前から取り沙汰されることが多かったように思いますが、SNS大手のツイッター社の人員構成が批判されています。

なにが問題かというと、社員のほとんどが白人で、黒人が占める割合は僅か2%であるという、事実です。ツイッターのユーザーに黒人が多いという現実にも関わらず、という点が批判に拍車をかけているということのようです。


It's safe to say that Twitter has a bit of an image problem when it comes to diversity -- and a recent hire to address those problems seems to be backfiring on the firm.

In recent months, the company has become a go-to example of the lack of diversity in the technology industry. Sixty percent of the company's employees are white; that jumps to 72 percent when looking at leadership roles. Overall, fewer than 2 percent of Twitter's employees are black, and none are in leadership roles. While it's true that many major tech companies have similar diversity statistics, but Twitter's numbers stand out because so many of its users are black.
(Hayley Tsukayama. Twitter faces backlash over its new diversity leadSearch. The Washington Post. December 30, 2015.)


さて、引用した記事の、


go-to example


という表現が目にとまりました。どう訳したらよいでしょうか?

この記事のコンテクストにおいて、"go-to example"は、良くない方の事例に違いありません。

しかしながら、"go-to"という修飾語が使われるのは、下記の例のように専ら、良い事例なのです。


That perception was fed by a couple of factors: Vice President Joe Biden's keen interest and close involvement in foreign affairs - Obama made Mr. Biden his go-to guy on Iraq - and the high-powered special envoys Obama named.
(Christian Science Monitor. 2010.)


We have a lot of writing and publishing talent in our ranks, and we are meaning to be a go-to resource where you can learn the basics about nuclear power and you can get in touch via directories and links with people in your town, " she said.
(Washington Post. 2010.)


Merriam-Websterでは、

relied on for expert knowledge or skill


と定義されていました。この定義だとやはり良い意味になります。

コーパスで検索すると、やはり良い意味での用例が目立つのですが、悪い方の意味で用いられているものも無いわけではありません。

上記の引用例では、典型例とか、槍玉、といった日本語がぴったりくるでしょうか?

2015年最後の記事となります。今年もえいご1日1語をご愛読ありがとうございました。2016年もよろしくお願い申し上げます。


2015年12月30日水曜日

POTUSとFLOTUS

唐突ですが、POTUSって何のことかご存知でしょうか?また、FLOTUSとは?

記事を引用します。


Christmas with the Obamas: POTUS and FLOTUS' favorite holiday songs on Spotify

President Barack Obama and First Lady Michelle Obama are continuing to get into the Christmas spirit.

The couple released a playlist — titled "Holidays with the Obamas" — of their favorite holiday jams on Spotify on Wednesday.
(Saba Hamedy. Christmas with the Obamas: POTUS and FLOTUS' favorite holiday songs on Spotify. Mashable. December 23, 2015.)


記事のタイトルで使われているのですが、本文中には一切使われておらず、また解説もありません。

英語を母国語とする人には説明の必要もない単語なのでしょうか?

"POTUS"も"FLOTUS"も略語なのでした。

"POTUS"は、


President Of The United States


の頭文字をとった略語、


"FLOTUS"は、


First Lady Of The United States


の頭文字をとった略語、なのです。

ちなみに、ランダムハウス英和辞書には載っていませんでした。英語の略語文化、ここに極まれり!?


2015年12月29日火曜日

keep one's nose to the grindstone

"keep one's nose to the grindstone"という成句をご存知でしょうか?

例えば、以下のように使われます。


Enjoy your life. Sometimes, you must put your nose to the grindstone and hustle, but you must also know when you can afford to enjoy your life. After all, you can’t take everything to the grave with you.
(Brearin Land. 7 Personal Finance Lessons From Bruce Lee. Money. December 21, 2015.)


上記の引用では、"keep"ではなく、"put"が使われていますが、意味は同じです。

一生懸命に働く、という意味の成句なのですが、知らないと訳が分からない表現ではないかと思います。

"grindstone"とは粉をひく臼のことです。自分の鼻を臼に近接させることが何故に、「一生懸命に働く」という意味になるのでしょうか?

一説によると、臼で粉を引く際に気をつけるべきことは摩擦で熱が発生することで、粉の品質が変わってしまうことであるということで、常に鼻を近づけて焦げ臭くないかを確認する行為から由来したそうです。なるほど、ですね。

また、別の説によれば、"grindstone"とは粉引きの臼ではなくて、砥石の意味もあるので、刃物を研ぐ際の動作に由来するということです。つまり、刃物を研ぐ際にほとんど鼻を砥石に近づけるように一生懸命に作業する様からきた表現という訳です。こちらも、なるほど、という感じがしますね。

もうひとつ引用します。


LAST minute shoppers across the region have been treated to the biggest pre-Christmas discounts in years as high street shops slashed prices in an attempt to coax consumers down the aisles.

(中略)

The North-East’s prime shopping centres, towns and cities have been thronging with shoppers, and Darlington town centre trader Beryl Hankin of the Guru boutique said her “nose was to the grindstone” all weekend.
(Alexa Copeland. Retailers offer huge discounts as shoppers flocked to high streets for 'Panic Saturday.' The Northern Echo. December 21, 2015.)


師走の忙しさを表現するのにもってこいの表現かもしれません。


2015年12月28日月曜日

個別化 ― precision

"precision medicine"という言葉をご存知でしょうか?

"precision"は正確さ、精密さを意味する名詞、"medicine"は医療のことです。"precision medicine"は今年の一般教書演説でオバマ大統領が使い始めたのが最初のようですが、日本語にすれば、


個別化医療、もしくは、


オーダーメイド医療


などと訳されるものになります。いうまでもなく、"precision"には、「個別化」の意味も、「オーダーメイド」の意味もありません。

しかしながら、医療分野の進歩により、様々な疾患に対する遺伝子レベルでの研究が進み、癌や生活習慣病では個々の患者を遺伝子レベルで治療することが常識となりつつあります。

今日はたまたま、"precision weight loss"なる表現にお目にかかりました。

ダイエット方法も個別化の時代!?なのだそうです。


Precision weight loss based on genetics may be future of dieting

AUSTIN, Texas, Dec. 25 (UPI) -- Scientists at the University of Texas predict in a new study that within five years doctors will design diets based on individual patients' genes.

(中略)

The potential that several genes are involved with weight gain, loss, and regain also poses a challenge, they said. While a gene has been found that causes energy from food to be stored as fat instead of burned for energy, variations in the gene and how it interacts with other genes can vary from person to person.
(Stephen Feller. Precision weight loss based on genetics may be future of dieting. UPI.com. December 25, 2015.)


手持ちの辞書には"precision medicine"というエントリは載っていませんが、いずれ辞書に載ることになるのでしょう。


2015年12月25日金曜日

ボクシングの日!? ― Boxing Day

ボクシングの日!?

殴り合いのスポーツのことを言っているのではありませんでした。


New Zealanders are expected to hit the shops in hordes as retailers slash their prices in the annual tradition of the Boxing Day sales.

Some stores with online shopping facilities even started their sales a day early to get a jump on the masses.

Walking up Queen St today, almost every retail store had banners in their windows promoting their discounts - the posters put up Christmas Eve night in preparation for the swarms of shoppers on Boxing Day.
(Amelia Wade. Boxing Day bargains: Where to go for the best deals. New Zealand Herald. December 25, 2015.)


"Boxing Day"というのは、イギリスを始め、オーストラリア、ニュージーランドや南アフリカなどでクリスマスの贈り物をする日のことを指すのだそうです。クリスマスを祝うのは25日ですが、"Boxing Day"はその翌日、通例、12月26日とされるそうです。

ここでの"boxing"とは、クリスマスプレゼントを入れる箱(box)に因むものだそうで、Boxing Dayのプレゼントは使用人や配達の仕事に携わっている人たちに対して贈られる習慣があるそうです。

知りませんでしたねぇ。


2015年12月24日木曜日

turtle

自宅でカメを飼っています。何年か前の夏、近くの沼で子供と見つけたミドリガメなんですが、あまり大きくもならず、水槽の隅でじっとしています。

カメがサルモネラ菌を宿していることがあるという下記の記事の内容に一瞬たじろぎました。


Tiny turtles, a staple of many school science labs and an appealing family pet for people allergic to cats and dogs, may also be responsible for a growing number of salmonellosis outbreaks, a U.S. study suggests.

Sales of turtles with shells less than 4 inches long have been banned in the U.S. since the 1970s because the creatures are known carriers of Salmonella bacteria, which can cause fever, abdominal cramps and diarrhea so severe that some patients need hospitalization. Young children, the elderly and other people with compromised immune systems are particularly vulnerable to serious complications from these infections.
(Turtles kept in many schools and homes again tied to Salmonella. Fox News. December 23, 2015.)


ということで、今日はカメの話題なのですが、記事では、


turtle


という単語が使われています。当たり前すぎるような話ですが、カメを言うのにもうひとつ、


tortoise


という単語もあります。昔から漠然と疑問だったのですが、どうして2つの単語があるのでしょうか?

語源欄を見てみると、"turtle"は元々は"tortoise"だった、ということで、"tortoise"がカメを指す唯一の単語だったようです。ところが、"tortoise"は、"turtledove"という別の単語の影響を受け、"turtle"という単語が新たに生まれたのです。

"turtledove"とはキジバトのことです。カメを指す"turtle"とは全く関係がなく、"turtle"の部分はハトの鳴き声を模した擬声語であるということです。

つまり、"turtle"はカメを意味する単語ではなかったのです。

"tortoise"については、ギリシャ神話のタルタロス(Tartarus)に由来するとあります。タルタロスというのは、冥府(つまり、あの世)のことです。冥府とは日の光も届かないような暗い深みであるとされていますが、おどろおどろしい世界の象徴ともなっています。日本では、「鶴は千年、亀は万年」などと言って珍重されるカメですが、西洋においてはカメは異端の象徴とされているようです。

また、"tortoise"のスペルは、ねじれ曲がった、という意味のラテン語tortから来ています。カメの足がねじれていることと関係しているという説もあるようです。


2015年12月23日水曜日

"mill"、ふたたび ― pill mill

2年以上前のことになりますが、"rumor mill"という表現を取り上げたことがあります。


Law enforcement and public health authorities have said that attempts to curb the illicit use of prescription opioids may have fueled increased use of heroin, which is generally cheaper and widely available on the street. Some even believe that drug cartels have taken advantage of government efforts to crack down on "pill mills" — which dispense prescription narcotics with few controls — by flooding the eastern United States with heroin.
(Lenny Bernstein. Florida pill mill crackdown also may have curbed heroin deaths, researchers find. The Washington Post. December 21, 2015.)


上記の引用に出てくる、"pill mill"の"mill"は、"rumor mill"の"mill"と同じ意味合いで使われています。

"mill"とは元々、粉を引く臼のことですが、製粉所であったり、製作所、製造所、工場・・・、と規模やテクノロジーはさておき、何かを作るところを指します。

"rumor mill"や、"diplomat mill"、そして、"pill mill"といった表現に見られる"mill"は、


(機械的に大量事務処理を行う)役所,事業所,事務所;機械的業務
(ランダムハウス英和辞書)


という意味合いで使われており、単純作業、品質要求が高くない(ありていに言えば、低品質)といった意味を言外に含んでいます。








2015年12月22日火曜日

schlong

アメリカ大統領選で共和党の指名候補を狙う、不動産王・トランプ氏の勢いが止まりません。過激な発言でアメリカ国内はもちろん国外でも注目を集める同氏については、そのうち指名候補争いから脱落するだろうとの見方が大勢を占めていましたが、なぜか最近になって勢いを盛り返し、攻勢に立っているように見えます。

トランプ氏の毒舌については枚挙に暇がありませんが、今日の報道ではまたまた口にするのがはばかられるような単語が出てきました。

その単語とは、


schlong


です。


GRAND RAPIDS, Mich. -- Donald Trump launched an aggressive attack on Hillary Clinton on Monday night, saying she was "disgusting" for using the restroom during the latest Democratic debate and that she was "schlonged" by a male political opponent.
(Jenna Johnson. Donald Trump calls Hillary Clinton ‘disgusting’ for using the restroom during a debate. The Washington Post. December 21, 2015.)


上記の引用では動詞で使われていますが、本来は男性器を指す名詞です。


Later in the night, Trump told the crowd that he could not picture Clinton as president because she never wins at anything. He then brought up the 2008 Democratic primary, which Clinton lost to Barack Obama.

"She was favored to win, and she got schlonged," Trump said, turning a vulgar noun for a large penis into a verb.
(ibid.)


どうやら対立する民主党のヒラリー・クリントン氏が、前回の大統領選の指名争いで(男性である)オバマ氏に敗れたことを表現したようです。

"schlong"はイディッシュ語でヘビを意味するschlagに由来するそうです。


2015年12月21日月曜日

bite the bullet

"bite the bullet"という成句をご存知でしょうか?

苦しい状況でも耐えて頑張る、我慢してやる、という意味です。


One of my friends suggested I try this crazy workout called Fitwall taught by this crazy guy named Peter (a.k.a. the Iron Yogi!). So I bit the bullet and went to class.
(Nicole DeBoom. Cross-Training Part II: Metabolic Training. Runner's World. September 23, 2015.)


Collins Cobuild Dictionary of Idiomsによれば下記のように定義されています。


If you bite the bullet, you accept a difficult or unpleasant situation.


"bullet"というのは弾丸のことですが、「弾丸を噛む」ことが我慢する、耐え忍ぶ、という意味に発展したのは、戦場で負傷した兵士に荒療治を施すにあたって、弾丸を口に加えさせて、痛みを耐えさせるということをやっていたことに由来するそうです。

弾丸に限らず、衣服でも縄でも、自分の舌を噛んでしまうようなことがなければ何でも良かったのに違いありませんが、麻酔術が未発達だった時代のやり方には様々なものがあったようです。

一説によると、そのようなものの中には、木でできた棒(billet)が使われることがあって、そのことを、"bite the billet"と表現していたところ、それが"bite the bullet"に転化した、という説もあるそうですが、典拠、裏づけに乏しく、語源としては採用されていないようです。


2015年12月18日金曜日

curdle

日本語で、身の毛もよだつ、血も凍る、などという表現がありますが、英語では、


bloodcurdling


というそうです。怖い経験やおぞましい光景を目にした際のぞっとした感じを表現したものです。

このうち、「身の毛もよだつ」、は実際に体中の毛が逆立つような感覚とあっています。「血も凍る」、の方はどうでしょうか?

実際に血が凍る、というのはなさそうに思われます。しかしながら、最近の研究で、この「血が凍る」という表現にも一片の真実があるということが分かったそうです。


The term "bloodcurdling" has been around since at least the early 19th century, used to refer to something that induces fear. Of course, no one ever actually thought your blood could curdle or coagulate from fear, but it seems there's at least a grain of truth in the term after all.

According to research conducted by a team at the Leiden University Medical Centre in the Netherlands and published earlier this week, watching horror films does actually cause an increase in a particular blood coagulant factor responsible for blood clotting.
(Michelle Starr. Can scary films literally curdle your blood? CNET. December 18, 2015.)


研究結果の詳細については記事をお読みいただきたいと思いますが、ホラー映画などを見ると血液中のある凝固因子が増加するという結果が得られたということです。

さて、"bloodcurdling"という単語ですが、"curdle"に凝固するという意味があります。これは、牛乳などが固まること(凝乳というそうです)にも使うのですが、"curd"とは凝乳によってできたものを言います。豆腐は、"bean curd"です。

"curdle the blood"、もしくは"curdle one's blood"という形でも使われます。


2015年12月17日木曜日

絶体絶命 ― on the ropes

まずは引用からどうぞ。


The one-time leading internet giant is on the ropes. A few of its missteps provide some good advice for leaders to avoid their own errors.

Depending on how you look at it, it’s been a rough week, rough few years, or rough decade for Yahoo. The latest first: Last week the internet company’s board pushed back against its CEO, Marissa Mayer, who wanted to spin off its stake in the Chinese internet firm Alibaba. Now the company is facing the likelihood of selling off its core business of search, news, and community.
(Mark Athitakis. Four Lessons From the Turmoil at Yahoo. Associations Now. December 14, 2015.)


"one-time leading internet giant"と聞いて、どの会社のことかと思ったら、Yahooの話題でした。Googleなどとの競争の中で苦戦していますが、直近の報道では子会社を手放すのではという観測が出ていました。同社の行方が今後どうなるのか、しばらく目が離せません。

さて、


on the ropes


という成句を取り上げます。「絶対絶命」というくらいの意味です。辞書を引くと、打ちのめされて、お手上げで、ダウン寸前で、というような日本語も見えます。

このような訳からもお分かりのように、この表現はボクシングに由来しています。対戦相手に追い詰められて、ロープにもたれかからざるを得ない状況という訳です。"ropes"と複数形なのは、ボクシングリングの周囲のロープが複数本あるからですね。(ちなみにボクシングリングのロープというのは3本、あるいは4本に決められているそうです。)

ところで、"on the ropes"の反対は、"off the ropes"となるようです。辞書には載っていませんでしたが、下記の引用からは、「ピンチを脱した」状況を"off the ropes"で表現しています。


Stagaard pulls Parkland basketball off ropes, into driver's seat in about 15 seconds

Parkland High School’s girls basketball team was on the ropes then, suddenly, it was in the driver’s seat on Monday night.

The Trojans can, in large part, thank Sarah Stagaard for their dramatic change of scenery.

The senior guard scored five points within a matter of seconds to power Parkland’s comeback in a 53-49 victory over Northampton during Eastern Pennsylvania Conference Skyline Division play at Pete Schneider Gymnasium.
(Kyle Craig. Stagaard pulls Parkland basketball off ropes, into driver's seat in about 15 seconds. Lehighvalley.com. December 14, 2015.)


引用記事はバスケットボールの試合の模様を伝えているものですが、負けそう(on the ropes)になっていたチームが数秒間のうちに5点を挙げ、息を吹き返した(off the ropes)様子を伝えています。


2015年12月16日水曜日

マウス操作で分かる「イライラ度」 ― fluster

ネットにアクセスしていて何が一番困るかと言えば、アクセスした先のページがすぐに表示されないことではないでしょうか。あるいは、途中でクラッシュしてしまった場合など、特に予約や申し込みのサイトで発生するとかなりストレスに感じます。

ユーザーがイライラしてマウスを乱暴に動かす・・・、そういった光景がイメージとして沸いてきます。このことを実際に検証した研究があるそうです。アクセスしているユーザーのイライラ度が増すと、マウスの動きも2割~3割くらい増加する、という研究成果が公表されました。


Load an online shopping cart with gifts in the correct colors and sizes. Plug in the credit card number and shipping address. Then, watch in horror as the screen freezes, the browser crashes and the cart is empty once again.

The common holiday mishap now is under scientific scrutiny. It's the subject of Brigham Young University research pinpointing when and where online shoppers' blood begins to boil.

As Web users become more flustered or upset, their computer mouse flits about, and it takes longer to navigate a page, found the study published online this month in the academic journal MIS Quarterly.
(Annie Knox. BYU research aims to pinpoint rage-inducing spots on websites. The Salt Lake Tribune. December 16, 2015.)


さて、引用した記事の最後の段落で、


fluster(ed)


という表現が使われています。私は一瞬、


frustrate(d)


のスペルミスかと思いましたが、辞書を引いてみると"fluster"なる単語がちゃんとあることが分かりました。意味は"frustrate"と似通っていて、


混乱させる、狼狽させる、まごつかせる


という意味の他動詞の意味があります。"frustrate"は挫折させる、くじく、失望させる、という意味ですが、記事のコンテクストにおいて、"fluster"と"frustrate"はほとんどInterchangeableではないかと思われます。

ややこしいことに、"flustrated"という形容詞も存在します。"flustrated"については、"frustrate"に影響を受けて、"fluster"から派生したもののようです。

"fluster"の語源を当たってみると、"fluster"はもともと興奮させるという意味合いで使われており、特にアルコールが入って酩酊している状態を指すものだったようです。その後、おそらく意味が拡張し、現在のような意味で用いられるようになったものと思われます。きっと、"frustrate"とスペルが似通っていることとも無関係ではないのでしょう。


2015年12月15日火曜日

アメリカで流行る!? "Pay It Forward" ― pay it forward

"Pay It Forward"と呼ばれる行為がアメリカで流行っているようです。ところで、"Pay It Forward"ってどういう意味でしょうか?


'Merry Christmas' prompted hundreds to pay it forward at McDonald’s drive-thru

A McDonald’s customer in Florida wanted to pay it forward at the drive-thru window with a "Merry Christmas," not "Happy Holidays."

McDonald’s cashier Marisabel Figueroa Lopez was working the drive-thru window last Wednesday when she says a woman drove up and told the employee that she wanted to pay for the car behind her.

“She gave me her card, and she said I would like for you to tell her [the customer in the car behind her] a message. And I was like ‘Okay.’ She said I want you to tell her to have a ‘Merry Christmas’,” Lopez told Fox 13.
('Merry Christmas' prompted hundreds to pay it forward at McDonald’s drive-thru. Fox News. December 14, 2015.)


マクドナルドのドライブスルーでの話です。

記事のタイトル部分で"pay it forward"の意味をつかみあぐねた私は辞書を引いてみましたが載っていませんでした。もしかして、前払いのこと?と思いましたが、それは、"pay in advance"ですから違います。

記事を読み進めて事情が理解できました。先にドライブスルーレーンで買い物した客が、後続の車の購入分も自分が支払うと言ったそうです。1人の女性客が始めたこの"pay it forward"が次々と引き継がれ、何と250人が連続したそうです。つまり、250人が次に来る客の分を払うと申し出たということになります。(251人目の客で途切れたということですが、つまりは251人目の人は「ロハ」で済んだということになります。)

さて、"pay it forward"という表現に戻りたいと思いますが、ググってみますと、"Pay It Forward"という題の小説に由来するそうです。小説は映画化もされたようですが、それが広まる切っ掛けとなったのでしょうか。

"pay it forward"とは、"pay back"に対する表現(対義語)であり、通常は恩を受ければ、恩を施してくれた人に対して恩返し(pay back)ですが、恩返しではなく、受けた恩の分を今度は他人のために、というコンセプトなのです。

日本語では、「恩送り」とか、「次に渡そう」、などといった表現で、やはり草の根的な運動として浸透させる試みがあるようです。

もしも、"pay it forward"されたら、あなたはどうしますか?次の人に送る?それとも・・・!?


2015年12月14日月曜日

閑話休題 ― ピリオドはぶっきらぼう!?

電子メールや携帯・スマホのショートメッセージで、文末にピリオドを付けない傾向がこのところ増加しているようです。そう言われてみれば、そんな気がします。個人的にはプライベートで英文のメッセージをやり取りをすることは少ないですが、まれにビジネス(仕事のメールの中)でもピリオドが使われていないメールを受け取ったことがあるように思います。

驚くことに、インターネットやスマホ世代の中核を担う若い人たちの間では、テキストメッセージの文末にピリオドを付けるのは無粋な人間がやることと思っている人が多いのだそうです。

こうした傾向は伝染しやすい(!?)のでしょうか。最近行われた調査では、ピリオド有りのセンテンスはピリオド無しのセンテンスと比べて「誠意に欠ける」(insincere)と感じる、という回答がはっきりと傾向に現れたそうです。


The world of text-based messaging is no place for proper punctuation, according to a newly released American study — unless, of course, you want to be seen as a jerk.

Researchers from the department of psychology at New York's Binghamton University recently conducted a series of experiments with undergraduate students to explore the role of the period in text messages.

Participants were asked to read 16 different conversations in the form of either texts or handwritten notes. Every exchange included an invitation question (e.g., "Dave gave me his extra tickets. Wanna come?) and an affirmative, one-word response (Sure, Yup, OK, etc.).

After asking the students to rate how "sincere" each reply sounded, researchers noticed a stark contrast in perception between the replies that had a period at the end of them and those that didn't, despite the messages being otherwise identical.

And no, respondents who used periods weren't perceived as being smarter than the others for using proper punctuation.

"Texts that ended with a period were rated as less sincere than those that did not," reads the abstract of the study, which was published last month in the journal Computers in Human Behavior.
(Lauren O'Neil. Ending a text message with a period makes you seem like a jerk, study shows. CBC News. December 10, 2015.)


引用が少し長くなってしまいましたが、全文はこちらをご覧ください。

ピリオドがない文は文ではありません、という英語教育を受けてきた人間としては不可解ではありますが、ピリオド無し、あるいは"!"などの感嘆符(exclamation point)や顔文字(emoticon)がある方がピリオド有り(というだけの)文よりも、より感情がこもっている、と言われれば、それはまあそんなもんかな、とは思います。

つまり、ピリオドで文を終えると断ち切られたような印象を与えるのかもしれません。ぶっきらぼうに響くということでしょうか。

以前に、ピリオドはあったのか、なかったのか、という話題を取り上げましたが、ウン十年後、百年後にテキストを分析する人は苦労するのかもしれません(!?)

否、たかがスマホのショートメッセージの世界の話ですから、と言いたいところですが、ピリオドの存在が脅かされていると言えなくもないですね。

あれを英語で? ― gavel

実物やそれが使われる光景というものを私自身は実際には見たことがないのですが、オークションで落札が決定したときや裁判で廷内を静粛にする目的で使われるハンマーがあります。ハンマー(hammer)という以外に、あれを英語で何というのかご存知でしょうか?

たまたまそれを意味する単語に遭遇しました。パリで開催中だったCOP21がついに合意に至ったというニュース記事からです。


PARIS — The proposed accord was just hours from a final vote when the glitch was spotted. Someone had changed a single word in the draft text — from a “should” to a “shall” — and suddenly the entire climate deal appeared at risk of faltering.

Secretary of State John F. Kerry phoned his old friend, French Foreign Minister Laurent Fabius, in exasperation over a tiny revision that implied huge new legal and financial obligations.

“We cannot do this,” Kerry warned.

Less than four hours later, the accord was approved with the bang of a gavel. A bit of diplomatic finesse had excised the troublesome word and helped clinch a historic agreement.
(Joby Warrick. Anatomy of a deal: How the climate accord was won — and nearly lost. The Washington Post. December 13, 2015.)


答えは、"gavel"です。

多分多くの人にとっては見慣れない(聞きなれない)単語に違いありませんが、語源についても不詳とされています。

"gavel"にはもう1つの意味として、年貢という意味があるそうです。そちらの語源については、中高地ドイツ語でソサエティや組合を意味するgaffelに由来するとされており、古英語で与えること(to give)を意味するgiefanとも関係するとされています。


2015年12月11日金曜日

頑張ってます! ― sink one's teeth into

イスラエルのネタニヤフ首相の飼い犬が話題になっているニュースです。


JERUSALEM – Prime Minister Benjamin Netanyahu’s recently adopted dog Kaiya has sunk her teeth into her new position, biting two visitors at an event on Wednesday, including the husband of the deputy foreign minister.

At a candle-lighting ceremony to mark the Jewish festival of Hannukah, the 10-year-old mixed breed also took a snip at a member of parliament from Netanyahu’s Likud party.

Knesset Member Sharren Haskel, a veterinary nurse, dismissed the incident, telling Army Radio it was “trivial”.
(Benjamin Netanyahu’s dog keeps biting people. New York Post. December 10, 2015.)


首相の息子が動物保護施設から譲り受けた成犬だそうですが、いわゆる「噛み癖」があるらしく、首相を訪問する各国要人に「噛み付いて」いるそうです。

さて、"sunk her teeth into her new position"という表現が出てきますね。

"sink one's teeth into"というのは成句の表現で、Collins Cobuild Dictionary of Idiomsの定義では下記のようになっています。


If you get your teeth into something or sink your teeth into it, you become deeply involved with it and do it with a lot of energy and enthusiasm.


一国の指導者である首相に飼われることになれば、犬と言えどもそれなりの役割があるということでしょうか。各国の要人に対してもそれなりの振る舞いが要求されるのでしょうか。「噛み付く」などは論外なのかも知れませんが、そこはご愛嬌、噛み付くのも話題になるということで、飼い犬としての役割を立派に果たしているという見方もできるようです。

この記事で、"sink one's teeth into"が、実際の「噛み付き」の行為とかけたしゃれであることは言うまでもありません。


2015年12月10日木曜日

pass the hat

フランスで地球温暖化対策の会議、COP21が開催中です。ここのところラジオのニュースでも朝刊でも触れることのない日はないというくらい取り上げられています。

ちなみに、COP21とは、第21回目のConference of Parties(締約国会議)という意味です。

各国が二酸化炭素排出量規制を巡る駆け引きでしのぎを削っていますが、対立軸は今や先進国と途上国との間に置かれているようです。


As U.S. and Europe Pass the Hat at Climate Talks, China Clings to Developing-Nation Status

PARIS — Last week, China was trumpeting its arrival as one of the world’s great economic powers, as the International Monetary Fund elevated the renminbi to the ranks of leading currencies, alongside the dollar, euro, yen and British pound.

This week, China is crying poverty.

A crucial issue at the climate negotiations now taking place in Le Bourget, a northeast suburb of Paris, lies in who will foot the bill for $100 billion a year in long-promised assistance for developing countries, starting in 2020.

Europe and the United States, still feeling the effects of the global financial crisis of 2008 and 2009, have been trying to pass the hat for contributions from increasingly affluent middle-income countries, particularly China.

China has considered itself a developing country for purposes of climate negotiations for more than 20 years. And it is sticking to that position, even as locking in sources for the $100 billion annually for poorer countries is one of the biggest remaining hurdles for the talks, which are scheduled to end Friday.
(As U.S. and Europe Pass the Hat at Climate Talks, China Clings to Developing-Nation Status. New York Times. December 9, 2015.)


温暖化対策、二酸化炭素排出抑制のために途上国へ拠出される年間1,000億ドルという資金支援を先進国でどのように負担していくかが焦眉の課題となっているようですが、ここのところ国威発揚に余念がない中国は自国は途上国だとして負担できないという姿勢を貫いているらしく、上記の引用でも、人民元が国際通貨の仲間入りをしたにも関わらず・・・、という皮肉たっぷりで報じられています。

さて、


pass the hat


という成句が出てきます。これは、寄付や募金を募る際に帽子の内側を上にして人々に回し、お金を集めることに由来しています。

そういえば、大道芸人がパフォーマンスに際して終盤に帽子を裏返しにしてチップを集めますね。


2015年12月9日水曜日

こんな意味もあったの? ― meter

少し前の話、先週の月曜日のことになりますが、その月曜日はCyber Mondayと呼ばれる、感謝祭(Thanksgiving)後の最初の月曜日でオンラインショッピングが一時的に増加するとされる日でした。

アマゾン等を始めとする多くのオンラインショッピングサイトが書き入れ時とばかりにプロモーションを展開するのですが、ネット上の大量のトラフィックによりショッピングサイトにつながりにくいといった事態も起こりえます。

報道によれば、Targetという大手のスーパーマーケットチェーンのサイトで、サイトに接続しにくい、購入処理ができないなどの問題が発生したようです。


The Black Friday and Cyber Monday retail brownouts on the web point to the importance -- and the difficulty -- of ensuring that a retailer has enough capacity to handle peak traffic loads.

Target was insistent Monday that its site hadn't crashed, but rather that the retailer had resorted to a tactical metering of traffic that allowed customers to "stay in line" to complete their shopping expedition.

"As we experience spikes in traffic, our systems place guests in a queue and prompt them to access the site later," a Target spokesperson said in a statement. "We apoligize to guests who experience any delays, we appreciate their patience, and encourage them to try again in a few minutes by refreshing their browser."
(Daphne Howland. Target: Our site didn't crash on Cyber Monday. Retail Dive. December 1, 2015.)


面白いなと思ったのは、Targetのサイト運営責任者が、今回のトラブルはアクセスを捌ききれずにサイトがダウンしてしまったのではなく、"a tactical metering (of traffic)"である、と表現していることです。

"metering"とはどういう意味でしょうか?

これは、単位のメートル、また計器としてのメーターを指す"meter"の動詞形ですが、計器で測定する、計る、という意味です。動詞として使われるのはもっぱら、ガスや水道の使用量や料金に関して言及する場合です。

引用した記事では、サイトへの接続を制限、コントロールするという意味で使われているようです。

このような、"meter"の用法がスタンダードなのかどうかよくわかりませんが、Merriam-Webster(オンライン版)の定義によれば、


to supply in a measured or regulated amount


とありますので、決して大きく外れたものでもないようです。

コーパスでは同様の用例は見つけられませんでした。


2015年12月8日火曜日

bait-and-switch

こんな記事を読みました。


Another Kabukicho hooker arrested in bait-and-switch scam

TOKYO (TR) – As a part of a crackdown on bait-and-switch prostitution scams taking place in the Kabukicho red-light district, Tokyo Metropolitan Police have arrested a 27-year-old woman for extorting a potential customer, reports TV Asahi (Nov. 13).

In September, Miho Sasaki allegedly threatened a male office worker in his 20s into paying a “cancellation fee” of 55,000 yen.

Just prior to the incident, a street tout had lured the victim by handing him a photo of a prostitute who was available at a nearby rental accommodation.

At the accommodation, the suspect, who was not the same person depicted in the picture, told the victim that the price to receive a sex service was 60,000 yen. She also informed the victim that he could cancel the arrangement for 55,000 yen.
(Another Kabukicho hooker arrested in bait-and-switch scam. The Tokyo Reporter. November 14, 2015.)


怖いですね~。年末でもあり、皆さん気をつけましょう。

さて、"bait and switch"という表現については以前も取り上げたことがあるので今回2回目になるのですが、"bait"とはおとり、あるいは餌のことで、獲物をおびき寄せるための材料です。おびき寄せておいて実際には"switch"を突きつける、つまり実際よりも高い商品やサービスを押し付けるということで、英和辞書では「おとり商法」などという訳語が載っています。

上記の引用は新宿歌舞伎町で以前から被害が報じられている、いわゆる「ぼったくり」の事例です。"switch-and-bait"の訳語に「ぼったくり」が載る日も近いかもしれません。

さて、"bait-and-switch"でニュース検索してみると、意外にもちょっと違ったコンテクストでの用法が目に付きます。例えば以下はどうでしょうか。


Kentucky Sen. Rand Paul accused President Obama of pulling a "bait and switch" on Americans by trying to refocus conversations about the recent terror attacks in San Bernardino, Calif., to gun control.

"From the very beginning, the president's been trying to do a bait and switch on the American people. He wants to make this about his liberal agenda, which is gun control and not about terrorism," the Republican presidential hopeful told Newsmax TV's Ed Berliner in an interview set to air Monday evening at 9 p.m. ET.
(Gabby Morrongiello. Paul: Obama's trying to pull a 'bait and switch' by focusing on gun control. Washington Examiner. December 7, 2015.)


記事の話題はつい先日起こった加州・サンバーナディーノでの銃乱射事件に関するものです。テロ行為との断定がなされましたが、この事件を契機に米国における銃規制の話がまた持ち上がってきています。

共和党議員はオバマ大統領がこの事件を受けてのコメントで銃規制強化に言及していることに対して、"bait and switch"であると非難しているようです。

ここで「おとり商法」の訳語が適切でないことは明らかです。おそらく、論点のすり替え、というような意味で使われていると思われます。

もう1つ、用例を引きます。こちらはもう少しわかり易いです。


Ohio city's bait-and-switch tax hike roils taxpayers

Central Ohio voters who approved a recent tax hike for “vital repairs” to local infrastructure are furious with city officials pushing an expensive park project.

Several members of the City Council in Upper Arlington, a wealthy suburb of Columbus, will face recall elections this winter if activists from a group calling itself Save Northam Park succeed in an ongoing petition drive.

Proposed Northam Park renovations — cutting down more than 100 mature trees and relocating baseball diamonds and tennis courts to make room for a promenade, indoor recreation center and outdoor event space — would cost at least $14 million.
(Jason Hart. Ohio city's bait-and-switch tax hike roils taxpayers. Highland County Press. December 8, 2015.)


老朽化したインフラの整備という名目で実施した増税が、実質新しい公園造成プロジェクトに費やされていることに市民が怒り心頭・・・、という内容の記事です。

つまり、"bait"は名目、"switch"は名目とは異なる用途、を指しています。ここでも、「おとり商法」といった特殊な意味よりは、すり替え、あるいは騙す、といったより汎化した意味合いで用いられていると考えることができます。


2015年12月7日月曜日

willy

まずは引用からどうぞ。


A MUM lets her little boy live as a girl after he tried to cut off his willy aged three in a horrifying bid to change sex.

Kerry McFadyen revealed she just managed to stop Daniel mutilating himself with a pair of scissors in the bath.

After taking advice from gender experts, her son now dresses as a girl, has long hair and is known as Danni.

Kerry, 32, from Strathspey, told of the terrible moment she realised how much pain Daniel, now six, was in.

She said: “He was in the bath. Somehow he’d managed to find a pair of scissors.

“When I turned round he was holding them above his bits. I tried to be calm and asked what he was doing.

“He told me he was about to cut off his willy so he could be a girl.
(Mum lets son, 6, live as girl after he tried to cut off willy. The Sun. December 7, 2015.)


いわゆる、性同一性障害と呼ばれるものに関する記事であることがお分かりでしょうか。

"willy"という単語が出てきますが、これはイギリス英語の俗語表現で、つまり「おちん○ん」のことです。"willy"というのは、男の子の名前であるWilliamの別称です。

男性のシンボルを指す単語にはいろいろなものがありますが、この"willy"のように、人の名前によるものが結構多いようです。よく知られた"dick"がそうです。


2015年12月4日金曜日

タダ乗り ― bum off

"bum off"という、あまり見慣れない表現を取り上げます。

そもそも"bum"というのは怠け者、ろくでなし、という意味だそうですが、動詞の"bum off"はどういう意味で使われるのでしょうか?


Sharing Netflix accounts with family and friends is a pretty common practice. However, according to an article published today on BGR, your friend’s sister’s boyfriend may not be the only person bumming off of your account. A new product has recently made its way onto the illegal side of the Web: lifetime access to Netflix accounts via your hacked Netflix account.

Hackers have been taking advantage of the password-sharing nature of the service to sell Netflix passwords on the dark Web. According to a Business Insider report, online marketplaces that can only be accessed by using an IP-address-hiding Internet browser have been selling access to subscription services such as Netflix and Spotify for as low as $0.50. There have also been reports of hackers selling lifetime access to HBO Now and HBO Go for around $10.
(Kayla Cobb. HOW TO FIND OUT IF YOUR NETFLIX HAS BEEN HACKED. Decider. December 2, 2015.)


引用した記事に出てくるNetflixというのはオンライン動画配信サービスの1つですが、この手のサービスはアカウントを共有する仕組みがあるようです。

当然ながらその仕組みというは家族や友人向けのものなのですが、ともするとハッカーに悪用されているかもしれない、というのが記事のテーマです。


your friend’s sister’s boyfriend may not be the only person bumming off of your account


とあるのは、もしかしたらアカウントを共有しているのは全然知らないハッカーかも知れませんよ、ということです。

ここで、"bum off"をどう訳すかですが、


タダ乗り


という日本語がぴったりではないでしょうか?

"bum"の動詞の意味には、


ただで手に入れる、せびる、たかる


というものがあります。

Netflixなどの動画配信サービスのアカウント情報が闇のウェブで取引されているそうなのですが、あなたのアカウントは大丈夫!?


2015年12月3日木曜日

バナナが消える? ― chicken little

バナナがこの10年間くらいで世の中から消える!?

そんなまことしやかな説が飛び交っているそうです。信じますか?


Is your favorite banana really going extinct?

Some experts say yes, but critics retort that rumors of a 'bananapocalypse' are a 'chicken little' hypothesis that's been circulating for years to no effect.

A lethal fungus that has been threatening banana crops in Asia is now spreading to the rest of the world, and has some scientists warning of the popular fruit's extinction.
(Husna Haq. Is your favorite banana really going extinct? The Christian Science Monitor. December 2, 2015.)


バナナの成長を阻害してしまう菌が世界中に広まるということらしいのですが、今一つの信憑性です。

"chicken little hypothesis"と言われていますが、"chicken little"とは初めて見る表現です。辞書を引くとエントリがあって、


不吉な警鐘ばかりを鳴らしてばかりいる人;声高な悲観論者


とありました。

なるほど、そうすると上記の引用ニュースの信憑性も疑問符がつきそうです。

少なくともバナナがなくなってしまうということもなさそうです。

ところでなぜ悲観論者のことを、"chicken little"というかについてですが、これはおとぎ話の登場人物(Chicken Little)にちなむということです。

この登場人物は、空が落ちてくるのではないかと恐れたということです。中国の故事、「杞憂」も確か同じでしたね。

この手の話には洋の東西を問わず、共通性があるようです。


2015年12月2日水曜日

今さら聞けない"trip"の意味 ― trip up

いよいよ師走、12月に入り、街中はクリスマスのイルミネーションが賑やかになりました。尤も、早いところでは11月中旬くらいから商業施設などではクリスマスツリーがお目見えしていましたが、12月に入ってからは一般の住宅でも外壁や窓などでの装飾が目立ちます。私の近所では、わざわざよその地区の人が見に来るほど派手なイルミネーションを施している話題の家があります。

ところで、クリスマスのイルミネーションがWi-Fiの通信に悪影響を及ぼす、といったら意外に思うでしょうか?


Holiday lights are meant to add some cheer to your day, but a British regulator has pointed out that they may have an unwanted side effect: interference with your WiFi network.

On Tuesday, Ofcom -- an agency similar to the Federal Communications Commission -- named holiday lights as one of many electronic devices that can trip up your Internet connection. The agency has released a new app to check for interference that, alas, is only available in Britain.
(Hayley Tsukayama. Are your holiday lights killing your WiFi? The Washington Post. December 1, 2015.)


実はクリスマスのイルミネーションに限らず、一般家庭に存在する色々な装置がWi-Fiの通信速度に少なからず影響を与えるそうです。例えばよく知られているものとして電子レンジがありますが、2.4ギガヘルツという周波数帯がWi-Fiと一致するために、電子レンジを稼働させると通信速度が低下するという問題が発生します。

クリスマスのイルミネーションにしても、多くの電線が周波数に干渉すると言われています。点滅を繰り返すような電飾は影響の度合いが大きいそうです。アメリカではクリスマスの時期にWi-Fiルーターのメーカーや通信会社への問い合わせが一時的に増加するというデータがあるそうです。

さて、今日の表現に話題を変えましょう。

今日取り上げるのは、"trip up"というものですが、ここでは、


妨害する


というくらいの意味で使われていると考え良いでしょう。"trip"には、


よろめかせる、つまずかせる、ひっかける


などの意味があります。階段や石などにつまずいてよろけることを


trip on a stone/a step


などと表現しますが、私たち日本人の多くはトリップ=小旅行、くらいの意味が真っ先に出てきます。

実は、"trip"の語源をたどると、元々はダンスを踊る時の軽やかなステップを指す意味だったということが分かります。その後意味が変化し、つまずく、よろめく、という意味が出てきたそうですが、小旅行を意味する「トリップ」との関連性は定かではないそうです。

ちなみに、薬物中毒者が幻覚症状を経験することを「トリップする」と表現することがありますが、こちらの意味は1900年代半ば以降に見られるようになったものです。


2015年12月1日火曜日

Associate Degreeとは? ― associate

ちょっと前ですが、会社で資料を見ているときに、"associate"という単語が出てきて何のことか分からなかったことがあります。

ある会社(他社)のスタッフの学歴分布を示した円グラフだったのですが、MD、MS、MBA、Other、などと並んで、"Associate"とあったものです。

読者の皆さんは、MDがMedical Doctor(医学博士)、MSがMaster of Science(サイエンス系学部の修士)、MBAがMaster of Business Administration(経営学修士)、をそれぞれ指すということはご存知でしょう。

その場(打ち合わせ中でした)で、出席者の一人がこの"associate"は何を指すのか、という質問をしたのですが、奇妙なことに担当者はその質問に答えられず、「後日回答します」ということになりました。

その"associate"に、再び今日、偶々出くわしたというわけです。


Although this generation of students is often taught that a four-year degree is the gold standard for career success, for many lucrative and stable jobs, the path happens to be just two years long. In other words, there are some professions — especially in the high-demand healthcare and technology sectors — for which an associate degree is your ticket in.

If you’re hoping to get a jump start into the working world, or change careers without having to pursue a full-fledged bachelor’s degree, here are some excellent, in-demand two-year degree jobs to consider:
(6 lucrative jobs you can get with an associate degree. USA Today. November 30, 2015.)


担当者からの後日回答は、「短大卒のことです」、というもので一件落着したのですが、考えてみれば担当者がその場で答えられなかったのは、おそらくそんな質問を予想もしていなかったということもありますが、この"associate"という単語が分かりにくいものであることを物語っているとも言えます。

"associate"の訳語でよく言われるのは、「仲間」とか「同僚」という日本語です。少し大きな辞書になると、「(学会・組織などの)準会員、会友」といった意味が載っています。

Merriam-Webster Dictionaryでは、下記のような定義がされています。


having secondary or subordinate status


この定義は何となくですが差別的に響きます。また、上記の引用記事では、"associate degree"を"four-year degree"と対比しています。この"four-year degree"というのはいわゆる学士号(Bachelor's degree)ですが、学士号については、"full-fledged"という形容をしています。「一人前の」という意味ですが、そうすると短大卒は半人前と貶されているようではないでしょうか。

会社の役職名でも、"associate"という表現が出てくることがよくあります。

“アソシエイト”というのは大抵の場合、部下を持たない一般職(この「一般職」という表現も「総合職」と比較されて、これまたよく分からない奇妙な表現ですが)を指すようですが、企業によっては制度が違っていることもあるかもしれません。

しかしながら、海外の人を名刺交換すると、"Associate Director"というタイトルが付いていたりします。これは、アソシエイトを部下に持つディレクター職(管理職)の人なのか、ディレクターというタイトルが付いているけれども部下を持たない人なのか、訳が分かりません。(経験では、後者のケースが多いように思われます。)

その他、アソシエイト・コンサルタントだとか、シニアアソシエイトだとか、これまたよく分からない表現も存在するのですが、ここまで書いてみて、分かりにくいのは"associate"という単語が悪いのではなく、組織の役職制度が複雑であることに原因があるという気がしてきましたのでこの辺で止めます。


2015年11月30日月曜日

cute as a button

今年の5月(4月末だったかも知れません)に生まれたシャーロット王女の写真が公開され、そのあまりの可愛らしさが話題になっています。

赤ちゃんだから可愛くて当たり前ですが、それでも写真を見ると誰でも目尻を下げてしまうのではないかと思うような可愛らしさです。


Princess Charlotte Looks Cute as a Button in New Royal Baby Pic Taken by Kate

To thank their fans, Will and Kate release a portrait of their new daughter.

(中略)

And the photos released today of Princess Charlotte petting a toy dog follow in that long and venerable tradition. She's barely an inch of hair on her head, but not a hair of it is out of place.
(Tom Sykes. Princess Charlotte Looks Cute as a Button in New Royal Baby Pic Taken by Kate. The Daily Beast. November 29, 2015.)


母親のケイトさんは熱心なアマチュアカメラマンだそうです。公開された写真もケイトさん撮影のものだそうです。

さて、上記に引用した記事のタイトルに、


cute as a button


とあります。これは面白い表現です。

「ボタンのように可愛い」となりますが、可愛らしさを譬えるのに「ボタン」とはどういう発想なのでしょうか?

言うまでもないことですが、服のボタンであって、牡丹の花ではありません(笑)

"cute as a button"はとりわけ、女性や子供について可愛らしさを表現する際に使われる表現ですが、含意としては"smallness"(小さい)があるそうです。今回は生後半年くらいの赤ちゃんですから、まさにぴったりな表現です。

ところで、ここでの"button"は服の「ボタン」ではなく、花の「つぼみ」を意味する"button"だというのが、この表現についての一般的な説明となっています。

花のつぼみが、小さく、これから花開く期待を持たせるという可憐さを見るものに与えるという意味では、女性や子供の可愛らしさを表現するということでもしっくりときますね。


2015年11月27日金曜日

万人向けのダイエットは存在しない ― one-size-fits-all

唐突ですが、これならば絶対、というものはダイエットの世界に存在しません。基本的には摂取カロリーを上回るカロリーを消費することが痩せ(体重減少)につながるといわれていますが、食事をした際の吸収や血糖値の上昇は千差万別なのです。

したがって、万人向けのダイエットは存在しない、ということなのです。


Healthy diets may not be one-size-fits-all

(Reuters Health) - When two people follow the same weight-loss diet to the letter, but one fails to lose weight, the problem might be their bodies’ different responses to the same foods, a recent Israeli study suggests.

That’s because when two people eat the same meal, one may experience a spike in blood sugar levels when the other person doesn’t, the study found. Over time, elevated blood sugar can lead to health problems like obesity and diabetes.
(Lisa Rapaport. Healthy diets may not be one-size-fits-all. Reuters. November 26, 2015.)


"one-size-fits-all"とは、服のサイズに関する表現で、日本語で言えば、フリーサイズ、ということになります。どんな体型の人にも合う、という意味です。Oxford Dictionary(オンライン版)によりますと、1970年代から使われ始めたようです。

この"one-size-fits-all"という表現はその後使われるコンテクストが拡張し、服飾のみならず、例えば、道具・用具などに対して、「万能」といった意味で使われるようになります。

さらに、様々なケース、あるいはどんなケースにおいても大丈夫(問題なく使える、通用する)、また、「万人向け」というような意味合いで使われるようになりました。


one-size-fits-all approach





one-size-fits-all solution


といった表現がそうです。


But rather than using a one-size-fits-all approach, Coca-Cola has tailored advertising, promotions and other marketing efforts for specific areas.
(Atlanta Journal Constitution. 1998.)


2015年11月26日木曜日

FBアカウントの実名騒動、結局は偽名と判明 ― hoodwink

フェースブックのアカウントに登録している名前が「下品」だという理由で何度もアカウント利用停止措置を受けたという男性に関するニュースが先日話題になりました。「下品」とされた名前は男性の本名であることが公的な書類(パスポート)で証明されたことでフェースブック側が謝罪し、男性はめでたくフェースブックを利用することができるようになり、名誉が回復されたというような内容でした。

ところが、この一件は実は男性の嘘、つまり実名とされた「下品」な名前は全くの偽名であることが分かったということです。

この話題は日本でも様々なメディアで報じられたようですが、男性の嘘に振り回されたといったところでしょう。


The Australian man who claimed his name was 'Phuc Dat Bich' has admitted it was a hoax.

After outing himself in a rant on his Facebook page under his now infamous nom de plume, the man has spoken with Fairfax Media, saying now that he has been exposed he wants everyone to laugh with him.

The 23-year-old triggered an outpouring of support after he claimed Facebook had repeatedly shut down his page because the social media site believed his name was fake.

(中略)

The jokester, who claimed in his latest Facebook post that his name was 'Joe Carr', posted a long missive to his Facebook page on Wednesday congratulating himself of hood-winking the world media with the absurd name that he says started out as a joke between friends.
('Phuc Dat Bich' faked it: the man with awkward name turns out to be a hoax. The Syndey Morning Herald. November 25, 2015.)


男性は初めからだますつもりだったようです。フェースブックをだまし、メディアをからかって楽しむ、というのが動機だったのです。

さて、今日の単語は"hoodwink"です。

だます、というのがその意味です。

スペルから明らかですが、"hood"と"wink"が結合したものになっています。"hood"とは泥棒がカモに被せる目隠しです。"wink"とは目隠しをされて目を閉じてしまう(つまり、周りが見えなくなってしまう)ことを指しています。周りが見えなければ正常な判断はできません。

今回の一件で、メディア、あるいはフェースブック社は何が見えなくなってしまったのだろうかと思います。なぜ、ネットユーザーの一人による嘘を見抜けなかったのか?

男性が実名の証拠として示したパスポートは偽造されていたことが分かりましたが、偽造を見抜く以前の問題なのかもしれません。男性はフェースブックの対応(アカウント停止)の不満をSNSでぶちまけ、多くのユーザーからの支持を得ていたということですが、SNSの持つ影響力の前に運営側であるフェースブックも、そしてメディアもなす術がなかったのかもしれません。

同様の騒動がまた発生するでしょう。メディアがその度に取り上げれば、こうしたユーザーが増長するという悪循環ではないでしょうか。


2015年11月25日水曜日

vestibule

11月も後半となり、寒くなってまいりました。関東では今日は雨予報で、曇天下では風がちょっと吹いただけでも余計に寒く感じられました。

"vestibule"という単語をご存知でしょうか?

下記の引用では、"winter vestibule"とあります。


On this, the coldest week of the modern era in New York City, when even the trains want to stay inside and cuddle up under a warm blanket, let us honor the season’s true unsung heroes: winter vestibules.

You know the ones we mean: those little antechambers that pop up outside restaurants and bars each winter, serving as an air lock between the harsh, empty vacuum of the Outdoors and the welcoming, warm hospitality of the Inside. They’re the decompression chamber you enter where you can finally relish the fact that your long, cold slog is over.
(Tim Donnelly. In appreciation of the true heroes of the season: winter vestibules. New York Post. November 20, 2015.)


ニューヨークはもう雪が降っているのかもしれませんが、建物の入り口と外部を隔てるスペースが"vestibule"ということになります。室内の温度を一定に保つバッファーの役割を果たすものです。


Enter a restaurant that doesn’t have one, and you’ll loathe every new customer who comes in, bringing with them a brutal reminder of the coldness that awaits outdoors.
(ibid.)


"vestibule"は前室、前房などと訳されますが、寒い中暖を求めて入ったレストランで、来客の度に寒い風が入ってくるのに悩まされることがなくなります。

極寒にあまり慣れていない私は、札幌に出張した際の移動中、一般の住居で、建物の玄関を隔てるもうひとつの構造物(つまり、"vestibule")があることに気がつき、さすが雪国だなあと思った記憶があります。


2015年11月24日火曜日

米ファイザー社がアラガン社と合併 ― inversion

昨日(月曜日)は勤労感謝の日の祝日でしたが、いかがお過ごしだったでしょうか。月曜のニュースでびっくりさせられたのが、アメリカの製薬メーカー大手であるファイザー社が同業他社のアラガンと合併すると発表した、というものです。

アメリカでもThanksgivingの連休を控えて既にホリデームードに入っている人が多かったかと思うのですが、かなり衝撃的なニュースだったのではないかと思われます。

アラガンというメーカーについては名前を聞いたことがありましたが、はてさて、どこのメーカーだったかな、と思いました。ニュースでアイルランドのメーカーであることを知り、なるほどそれがファイザーの戦略なのか、と思ったのはどなたも同じでしょうか。


A $160 billion megamerger announced Monday would turn U.S. pharmaceutical behemoth Pfizer Inc. into an Irish drug company, using a controversial tactic that allows companies to dodge billions of dollars in corporate taxes by renouncing their U.S. citizenship.

Pfizer’s deal with Botox-maker Allergan, which would create the world’s largest drugmaker, immediately sparked criticism from Democrats and Republicans in Congress who agree that such deals are problematic but have so far not taken legislative action against them. They slammed the tax loophole called an “inversion,” in which a U.S.-based company buys or merges with a foreign company and moves its headquarters to the country with a lower tax rate.
(Pfizer’s tax-avoiding megamerger with Allergan sparks outcry. The Washington Post. November 23, 2015.)


ファイザー社が取った戦略(に違いありません)とは、


inversion


と呼ばれるものです。昨日の発表直後から、共和党を始めとする議員がファイザーに対する批判を強めています。


“By nominally moving overseas while continuing to take all the benefits of a U.S. company, Pfizer is gaming the system and will avoid paying its fair share of U.S. tax dollars,” Senate Minority Leader Harry M. Reid (D-Nev.) said in a statement. “It’s time for Congress to get serious, close the loopholes, and prevent these kind of inversions from happening in the future.”
(ibid.)


"inversion"は記事の初出では引用符つきでしたが、議員コメントではそのままで使われています。"inversion"という単語を辞書で引くと、倒錯、逆転などといった日本語が見えますが、学術用語として多くの分野で専門的な使われ方をしていることが分かります。

ところが、本件の"inversion"については、適当な訳が見当たりません。

"inversion"の意味するところは「逆転現象」ということになるのですが、今回のケースで言えば買収側であるファイザーが被買収側であるアラガンの本拠地であるアイルランドに本社を移す、ということで、そこが「逆転」であるということだと思われます。(ちなみに、記事によりますと、今回の合併は規模が小さいほうのアラガンが大きい方のファイザーを買収するという構図になっているらしく、このあたりも両社のタクティクスなのでしょう。)

実は、ここでいう"inversion"は、経済用語で


corporate inversion


と呼ばれるものです。"corporate inversion"(別名、tax inversion)は下記のように定義されています。


The act of a parent company based in the United States switching its registration address with that of one of its offshore subsidies in order to take advantage of lower corporation taxes. Corporate inversion has gradually become more popular, though the U.S. government is attempting to limit its use.
(Farlex Financial Dictionaryオンライン版より引用)




2015年11月23日月曜日

ネコの写真に埋め尽くされるタイムライン ― radio silence

ネットのニュースを見ていたらテロ関係の報道なのに、内容には似つかわしくない可愛らしいネコの写真が目に留まりました。

先週末のパリでのテロ事件後、今度はベルギーの首都ブリュッセルが狙われているという報道があったところです。関係当局が警戒レベルを最大にしているところ、一般市民がTwitterに厳戒態勢下の街の様子を投稿するのが問題になりました。

何が問題かって?

警備が強化されている場所に関する情報がテロリストに分かってしまうからです。逆に言えば、警備が手薄なところも分かってしまうという訳です。


What do you do when police request no-one tweets pictures of an operation happening outside your door amid a city-wide lockdown?

For Twitter users in Brussels, the answer was obvious — you obey the police request, help defuse tensions, and defy the terror threat by filling the #BrusselsLockdown hashtag with arguably the internet's most meme-able animal — cats.

Belgian police said there were "various operations underway" in the country linked to a "terrorist threat", and on Saturday Brussels was put on maximum security alert.

While people initially tweeted pictures of police standing guard at hotels and roadblocks in the streets, police made the request asking for "radio silence" regarding the operation.

"For safety, please observe radio silence on social media #Bruxelles ongoing police operations. Thank you," federal police tweeted.
(Dan Smith. #BrusselsLockdown: Twitter users in Belgium combat terror lockdown with cat pictures. ABC News. November 23, 2015.)


警察当局はTwitter上で市民に対する異例ともいえる「お願い」を掲載します。


「お願い」の内容とは、"radio silence"です。

"radio silence"とは一体どういう意味でしょうか?(初めて見ました。)

ラジオを消す、という意味ではありません。"radio"というのは「無線」のことで、無線通信を控える、という意味です。つまり、Twitterで警備の状況をつぶやくのを止めてください、ということです。

Oxford Dictionary(オンライン版)には下記のように定義されています。


An absence of or abstention from radio transmission
A period during which one hears nothing from a normally communicative person or group


変わった表現だなあと思うのですが、語源がはっきりしません。意味合いからしてインターネット時代の表現ではないかと想像します。理由は、無線(電波)を使って人々がコミュニケーションするというのは携帯電話が広く普及して以降のことだからです。

さて、ブリュッセルの市民は当局からの「異例のお願い」にどう反応したか?

答えは必要ないかと思いますが、街を警備する警官の写真に代えて、ネコの写真を投稿したのです。ユーモアのなせる業でしょうか!?


2015年11月20日金曜日

dip one's toe into

レストランでチップを払うというのはアメリカでは常識になっています。私もかつて滞在した際にはチップをいくら払うのがいいか悩んだ経験がありますが、旅行などで海外を訪れる日本人の多くが同じ体験をしているでしょう。チップの“相場”も都市やレストランによって様々で、ニューヨークで食事した時など、チップを置いたのに少なすぎると突き返された経験があります。

ところで、アメリカのとあるレストランチェーンがチップ廃止に取り組んでいるようです。


National seafood chain Joe’s Crab Shack has dipped its toes into fresh waters with a test program to remove tipping from 18 of its more than 130 restaurants, the US company said on Wednesday.

No timeline is in place to implement the plan nationally but the test comes as a nascent movement has been launched to remove a more than century-old tradition of tipping in US restaurants.

At the test locations, Joe’s has paid some workers a minimum of $12 an hour, but did not specify how much workers made previously. The Houston-based company raised menu prices less than 20 percent to compensate for the higher labor costs. Initial surveys have shown improvement in service at places with the no-tipping policy, it said.
(National restaurant chain is putting an end to tipping. New York Post. November 11, 2015.)


「取り組んでいる」と書いてしまいましたが、引用した記事ではその部分を、


dipped its toes into fresh waters


と表現しています。初めて見る表現でしたが、"dip one's toe into"というフレーズは、


新しいことをやってみる、試してみる


という意味です。また、Oxford Learner's Dictionary(オンライン版)によりますと、


(informal) to start doing something very carefully to see if it will be successful or not


と定義されており、「取り組む」というよりは、注意深く、試験的に導入してみる、といった方が近いようです。

ところで、"fresh waters"というのは、"dip one's toe into"に続くフレーズとして一体のものなのだろうかという疑問が湧いてきました。

どうも辞書によっては1つのフレーズとして扱っているものもあれば、そうでない(dip one's toe into"のみとしている)ものと、分かれるようです。

"dip one's toe into water"は文字通りに訳せば、足のつま先を水につけてみることを指していますが、それは水温(あるいは湯温)を見るためにそうするということなので、注意深く試みる、という意味につながってきます。

Collins Cobuild Dictionary of Idiomsでは、


a toe in the water


というエントリで掲載されており、その定義は下記のようになっています。


If you dip your toe in the water, you start slowly and carefully doing something that you have not done before, because you are not sure if you will like it or if it will be successful.


動詞の部分は"dip"に限らず、"have"の場合もあります。


2015年11月19日木曜日

break a leg

昨日、11月18日はLove Theatre Day(日本語でいうと「演劇の日」、とでもなりましょうか)だったそうです。イギリスで昨年くらいから始まった記念日のようですが、世界各地で、またオンライン(SNS等)で話題になっているようです。

ところで、演劇の世界では、


break a leg


というフレーズが使われているということなのですが、どういう意味かご存知でしょうか?

これは、これからステージに出ようとする俳優に舞台袖からかける掛け声で、


しっかりうまくやれよ、頑張って


というような意味なのだそうです。

"break a leg"をそのまま訳すならば、「足を折れ」というぶっそうな、また不吉な意味になってしまいます。それが、相手へのはなむけの言葉のように用いられるのはいったいどういう経緯があったのでしょうか?

どうやら演劇の世界の人たちというのは迷信を信じる、あるいは験を担ぐタイプとでもいいましょうか、そういった傾向があるらしく、そのひとつには願ったことと逆のことが現実になると考えているそうなのです。(そのほかの迷信としては、衣裳部屋で口笛を吹くとよくないことが起きる、などがあるそうです。)

つまり、足を折るというような不吉なこと(bad luck)を唱えれば、その逆(good luck)になる、ということで、このフレーズが舞台を控えた俳優へ書けるフレーズとして定着したということらしいです。

ちなみに、その他の説としては、舞台がうまくいって最後に聴衆の喝采に俳優がお辞儀する際には「足を折る」(膝を曲げる)ことから、、というもの、また、同じく大成功した舞台には聴衆がお金を投げ込み、それを拾うためには「足を折って」(しゃがんで)拾わなければならないことから言われるようになった、などの説があるそうです。


2015年11月18日水曜日

遅延証明 ― excuse slip

都会に暮らす人の足は公共交通機関、つまり電車や地下鉄がメインですが、人身事故や信号機故障、安全確認などで遅延することしばしばです。

最近あまり見かけなくなったように思うのですが、事故などで大幅に遅れた場合に「遅延証明」なるものが駅係員によって配布されますが、あれを英語で何というのでしょうか?


More than a half a million straphangers have asked the MTA to tell their bosses that the transit system ate their commutes.

So far this year, nearly 109,000 riders have requested excuse slips to prove they were clocking in late because they got caught up in a public transit foul-up.

Since the MTA launched the program in May of 2010, more than half a million riders have asked the agency for a subway delay verification confirming that they didn't just oversleep, but that they were stuck underground in a circle of rush hour hell.
(Danielle Furfaro. Late commuters asked MTA for excuse slips more than half a million times. New York Post. November 17, 2015.)


答えは、


excuse slip


でした。

subway delay verificationという表現も出てきますが、そちらは正式名称でしょうか。

"excuse slip"をそのまま日本語にすると、言い訳(のための)伝票、とでもなるでしょうか。会社に遅刻した“言い訳”のみならず、欠勤、早退、私用外出、等々、会社には色々な届けがあるものですが、全て"excuse slip"で総括されるようです。

通勤電車に関連した類似の話題として、過去に取り上げました、「振り替え乗車を英語で?」もご覧ください。


2015年11月17日火曜日

便乗商法 ― tragedy bandwagon

週末の土曜日朝、パリで発生したテロ事件を伝えるニュースで目覚めました。129名の尊い命が奪われました。

昨晩、何気なくフェースブックを見ていると、タイムラインに出てくる写真の中で青、白、赤にハイライトされているものが目に付きました。言うまでもなく、フランスの国旗の色です。なるほど、と思うのと同時に、何となく安易なものも感じられ、そのように感じる私は他人との共感が少ない人間なのかもしれないとも思ったりしました。

そして、今朝、通勤途上でニュース記事を拾い読みしていると、下記のような記事に出くわしました。


You've temporarily changed your Facebook profile picture to the French tricolor in a sign of solidarity with the citizens of France -- why not paint your nails blue, white and red, too?

Brooklyn-based company Duri Cosmetics has jumped on the tragedy bandwagon by promoting a range of Paris-themed products so "beauty mavens can unite and wave hands (and toes) in unity."

In perhaps the most clueless p.r. stunt of the day, it distributed a gushing press release urging customers to buy three of its nail colors -- "Baton Rouge Blue," "I Do" (solid white) and "Parisian Tango" (red) -- at $6 a pop, describing the gesture as an "effortless way to pay respects and show support."

Trouble is, not a penny of the proceeds will help surviving victims of Friday's massacre, which claimed the lives of 129 people in the French capital.
(Jane Ridley. Nail Polish company exploits Paris tragedy for financial gain. New York Post. November 16, 2015.)


なんと商魂逞しいかと思わずにいられませんが、フランス国旗の3色のネイルカラーが宣伝されているというのです。

"jumped on the tragedy bandwagon"という表現に、今回の悲劇に乗じた便乗商法との批判が込められていると感じられます。


2015年11月16日月曜日

行列の話題 ― line-sitter

行列といっても高校数学の話ではありません。待ち行列の話です。

都会の人間は待つのが好きだ、などと揶揄されるのをよく聞きます。私もそう思います。ナントカいう外国のドーナツを買うのに何時間も並んだとか、アイフォーンの新製品を買うのに3日前からストア前に並ぶ人がいるとか、ヒマな人たちだなぁ、などと思ったりします。

誰でもそうでしょうが、並んで待つというのは避けたいというのが本音でしょう。ところで、こういった待ち行列に甘んじている人のことを言うのに英語では、


line-sitter


という単語があると知りました。


New Yorkers are constantly waiting — for trains, buses, movies or to get through the Midtown Tunnel. They hate waiting so much they are willing to pay line-sitters to buy them cronuts and Shakespeare in the Park tickets.

But in his new book, “Why Does the Other Line Always Move Faster? The Myths and Misery, Secrets and Psychology of Waiting in Line,” author David Andrews says “standing in line is a state of mind.”
(Amber Jamleson. How to improve your time waiting in line. New York Post. November 15, 2015.)


場所はニューヨークのお話なのですが、やはり都会人は・・・、ということのようです。

「なぜ隣の列の方が早く進んでいる(ように見える)のか?」というキャッチ―なコピーの本は日本でもありそうなものです。

記事によると、並んでいるのが男性の方が進みが早い傾向があるとか、右寄りよりも左寄りの列の方が並ぶ人が少ない傾向にある、などと言われているそうですが・・・。

待つのが嫌いな人はプロの「待ち屋」(!?)を雇うことをお勧めします。


Impatience has a price. Robert Samuel pegs it at $25 for the first hour and $10 for each additional half hour.

Samuel is founder and owner of S.O.L.D. or Same Ole Line Dudes, a professional line-sitting company that fields requests to wait (and wait and wait) for everything from sneaker launches to concert tickets.
(Katie Little. Hate long lines? Meet a professional line sitter. CNBC. June 17, 2014.)


最初の1時間が25米ドル、以降30分毎に10ドル・・・、払いますか(笑)

2015年11月13日金曜日

gentrification

"Keep Portland Weird!"というスローガンは何を言わんとしているのでしょうか?

"weird"とは、風変わりな、とっぴな、というような意味だと理解していますが、そうすると、「Portlandをこのまま風変わりなままで残そう!」ということになります。("weird"には、素敵な、という俗語の意味もあるので、ここではそういう意味で使われているとも解釈できますが。)

Portland(オレゴン州の都市)に行ったことがありませんのでどんな街なのか知りませんが、記事を読んで事情が呑み込めました。


PORTLAND, Ore. — Portland has been a magnet for young, creative adults for over a decade, beckoning droves with its quirkiness, liberal appeal and quality of life. But the city’s popularity has had another effect: Those who helped make it cool can’t afford to live here anymore.

A wave of evictions and skyrocketing rents are putting apartments out of reach of many, especially those working part-time, low wage or artistic jobs. It’s even harder to afford a house.

Some Portlanders are now looking for better-paying work. Some are giving up and leaving.
(Portland hipsters mad they'll have to work full-time jobs to pay the rent. New York Post. November 11, 2015.)


Portlandは若者やアーティストを引きつける街だったようですが、最近地価が上昇し、ある程度の稼ぎがないとなかなか住むことができなくなってきたということのようです。

その原因にはいわゆる「再開発」があるようですが、別の言い方では"gentrification"とも言われます。この"gentrification"とは一体何のことでしょうか?

上記引用記事のリードは下記のようになっています。


Portlanders has been fighting gentrification and ever-rising home prices with its 'Keep Portland Weird' campaign.
(ibid.)


ここで"gentrification"が出てくるのですが、比較的新しい(1964年~)、この"gentrification"はMerriam-Websterでは下記のように定義されています。


the process of renewal and rebuilding accompanying the influx of middle-class or affluent people into deteriorating areas that often displaces poorer residents


つまり、再開発により中産階級以上の人口が流入し、おそらくは地価や物価が上昇することで元々いた貧困層が住みにくい街になってしまうことを意味しています。(ちなみに、ランダムハウス英和では、「高級化」という日本語訳になっています。)

行政側の思惑なのかどうかはよく読み取れませんでしたが、"Portlanders has been fighting gentrification..."という引用からは、昔からPortlandに在住している人にとっては迷惑な話なのでしょう。


2015年11月12日木曜日

gather dust

人間というのは勝手なもので、夏には暑すぎてどうにかなってしまいそうだと言い、夏が過ぎて涼しくなると夏日が恋しいと言ったりします。

最近の朝の天気予報は、週末は真冬並みの気温でしょう、とか、9月上旬頃の陽気です、などと伝えます。

アメリカの天気予報をチェックしているわけではありませんが、記事によりますと平年と比較して暖かい気候が続いているそうです。寒くないのが有難いのが普通かと思いますが、小売業にとっては違うようです。


Warm weather means cold sales as retailers struggle to get shoppers in the holiday mood.

Winter coats, hats, sweaters and just about anything that keeps consumers warm in the winter have been gathering dust in stores as the unseasonably warm fall has wreaked havoc on retailers.

Shares of Macy’s, Kohl’s, JC Penney and Nordstrom tumbled between 2 percent and 5 percent on Monday as Wall Street braced for gloomy third-quarter results from those retailers beginning this week.
(Lisa Fickenscher. Warm weather keeps shoppers from getting in holiday mood. New York Post. November 10, 2015.)


寒くなってきたら、コートやマフラーなどが売り上げを伸ばすというのが期待されている訳です。ところが暖かいとこれらのアイテムが売れません。

"gather dust"というのは、文字通り、埃をかぶる、という意味になりますが、使われないでいる、また売れない(在庫になってしまう)、という意味にもなります。

この表現は、実際に埃をかぶっているかどうかというよりも、売れているか売れていないか、というのがポイントです。下記の引用を見てみましょう。


Wal-Mart Stores pioneered the use of technology and cost-cutting methods that many other retailers are now hustling to adopt. Under Walton, Wal-Mart linked stores with suppliers, using computers to track what is selling and what is gathering dust. That way, Wal-Mart achieved superior inventory control and avoided profit-gouging piles of sale merchandise.
(USA Today. 1992.)




2015年11月11日水曜日

silver spoon

"silver spoon"という表現(成句)をご存知でしょうか?

そのまま訳せば銀のスプーン(匙)となります。(キャットフードの商品名ではありません!?)

"silver spoon"とは裕福であること、それも(自分で努力したのではなく)生まれ持って与えられた富にあずかることのできる環境、という含意があります。その意味では、やや批判的なコンテクストで使われる成句です。

この成句は、


“born with a silver spoon in one's mouth”


というフレーズに由来するそうです。スプーンと言えば木製が当たり前だった時代、裕福な家庭では生まれた子供に洗礼式で銀のスプーンを与える習慣があったことに因むようです。

さて、引用です。


They're spoiled. They're demanding. And they're ruining travel for everyone else.

Don't take my word for it. That's what employees say about these guests, which they derisively call "silver spoon" travelers.
(Christopher Elliot. Putting entitled travelers in their place. USA Today. November 8, 2015.)


記事の冒頭部分だけなので何のことやら分からないかもしれませんが、飛行機のファーストクラスの乗客を皮肉って、"silver spoon travelers"と呼んでいます。

ここで、"silver spoon (travelers)"は単に裕福というよりも、上述したように与えられた富にあずかることで甘やかされてしまっている、あるいは増長している、という意味に近いと思われます。

そういえば私個人としては最近飛行機はほとんど利用しておらず、国際線となるとずいぶんご無沙汰です。

ロングフライトならずとも、ビジネスクラスやプレミアムシートを利用したいと思うのは誰でも同じだろうと思いますが、最近はマイレージでアップグレードできたり、エコノミークラスとビジネス/ファーストクラスやプレミアムシートのサービスがどんどん差別的になってきているようです。

乗客それぞれが自分の権利を主張するあまり、人間の欲望を垣間見るような状況が増してきているようです。

みんな同じ目的地へ向かっているというのに、さもしい話ですね・・・。


2015年11月10日火曜日

athleisure

そういえば日本でも最近流行っているような気がします。いや、もっと前から?

普段着にスポーツウェアを着るというのがアメリカでは流行しているそうです。名付けて、


athleisure


というそうですが、Merriam Websterのエントリに追加されることが決まっているそうです。


It's official: It's socially acceptable to wear your sweats out in public. What makes this possible, you ask? The word "athleisure" will be added to the Merriam-Webster Dictionary in 2016, Quartz reports.

The term refers to "casual clothing designed to be worn both for exercising and for general use." Most recently, athleisure has appeared on models like Gigi Hadid, not to mention the entire Kardashian-Jenner crew. The active/street-wear hybrid has become a focus of many higher-end labels like Mara Hoffman, Rebecca Minkoff, Tory Burch and Derek Lam.
(Kate Bratskeir. 'Athleisure' Will Be Added To The Merriam-Webster Dictionary. Huffington Post. November 9, 2015.)


"athleisure"は、"athletic"と"leisure"のかばん語ですね。

"athleisure"の市場は拡大しているらしく、ジーンズなど他のカジュアル衣料のマーケットを侵食しつつあるという報告もあるそうです。

記事によりますと、"athleisure"という単語自体は1976年に初出が認められているそうです。


And yet it's not a completely new concept -- athleisure has some roots in the past. Merriam-Webster told Quartz that the word first appeared in a 1976 ad that ran in the El Paso Herald Post: “Athleisure Shoes by Dunham. One of America’s largest boot & shoe manufacturers,” it reads. “Nylon with suede trim, traction sole.”
(ibid.)


"athleisure"が意味するところの最近のトレンドは、ヨガで着用するようなタイツやコンプレッションウェアなど肌にぴったりフィットウェアを着るということのようです。

個人的には、ジャージを普段着にしているのも"athleisure"の一種かと思っていましたがそれはファッショナブルではないのでしょう。いずれにしても、さすがにオフィスへ着て行くのはNGだろうと思われますが・・・。


2015年11月9日月曜日

高みから・・・ ― perch

排ガス規制逃れのスキャンダルでそのブランドを大きく傷つけてしまったフォルクスワーゲン社が、今後はハイブリッドや電気自動車に活路を見出しているというニュースです。


Volkswagen's renewed focus on hybrid and electric vehicles may be its last great hope of containing the fallout from a rapidly spreading diesel emissions scandal that has engulfed its Porsche and Audi brands -- and, most recently, even some of its gasoline-powered cars.

After setting aside more than $7 billion to pay for recalls and repairs, the German automaker lost $1.84 billion in the third quarter -- its first loss in a t least 15 years. And it tumbled from its hard-won perch as the world's largest auto manufacturer, a title it had wrested from Toyota earlier this year.
(Susan Carpenter. VW doubles down on electric vehicles, hoping to move beyond the diesel scandal. OCRegister. November 8, 2015.)


思い起こしてみると、VWがトヨタを抜いて世界トップの座に輝いたことが報道されたのは今年初めでした。それから1年も経たないうちに、ディーゼルカーでの排ガス規制逃れの不正が暴露されて、何千億円規模の損失を計上することになり、その座から陥落してしまったのです。

今日は、


hard-won perch


という表現が目に留まりました。"perch"というのは鳥の止まり木のことです。空を飛ぶ鳥が止まるのところは必然的に高いところとなりますが、そのことから比喩的に、


高くて安全な場所、高い安定した地位


という意味で使われるようになりました。自動車メーカーとしての首位の座は苦労して得た地位(hard-won perch)だったはずです。

おまけでもう1つ引用です。


[Arthur] Blank is credited not only with helping to steer Home Depot to its high perch in merchandising, but also in being a philanthropic leader.
(Atlanta Journal Constitution. 2002.)


“高み”という日本語がありますが、"perch"を修飾する形容詞として、"high"、"lofty"などがよく見られます。


2015年11月6日金曜日

dig out of rut

アメリカ小売業大手のWhole Foodsが苦戦しているようです。


What Whole Foods is doing to try to dig out of its rut

When Whole Foods Market frist began opening its groceries in cities and suburbs across the country, every store launch was something of a test case for whether orgaic eating was niche fad or part of a sweeping change in how many Americans want to eat.

For a while, Whole Foods consistently delivered impressive growth -- so impressive, in fact, that other massive retailers such as Wal-Mart, Kroger and Traget became eager to get in on what the industry now believes is a durable shift toward healthier less-processed food.

And that's when the going got tough for Whole Foods: The category it practically created was suddenly crowded with alternatives that often had lower price tags. On Wednesday, we saw some of the clearest evidence yet of how much Whole Foods has been hurt by this new reality. In its quarterly earnings report, the company said that sales were down 0.2 percent at stores open more than a year, the first time in at least four years it had seen a decline on this metric. Total revenue was up 6 percent, its smallest quarterly increase since at least 2011.
(Sarah Halzack. What Whole Foods is doing to try to dig out of its rut. The Washinton Post. November 5, 2015.)


アメリカに短期滞在した際、Whole Foodsを利用したことがありますが、健康志向を前面に打ち出した、こじゃれた感じの店舗だったという記憶があります。創業からしばらくは時流に乗って売り上げを伸ばしてきたのでしょうが、最近になって競合との差別化ができなくなり、売り上げに陰りがみられるということなのでしょう。

"dig out of its rut"というフレーズを初めて見たように思うのですが、"rut"とはわだち(轍)のことで、比喩的には“マンネリ”という意味です。

つまり、マンネリから脱却する、というのが"dig out of its rut"ということになりそうです。

手持ちの英和辞書にはこのフレーズは載っていませんでしたが、"dig out of rut"というのは結構お決まりのフレーズになっているようです。

ちなみに"dig out of rut"の逆、つまりマンネリにはまってしまう、というのは、


fall into rut


となります。


2015年11月5日木曜日

もうクリスマスツリーが・・・ ― spruce

先週末、繁華街を歩いておりますと、デパート前でクリスマスツリーの設置作業をしているのに出くわしました。

もうクリスマスツリー!?と思ってしまいましたが、11月に入ったところですから、今年も後残り2ヶ月あまりということで、年の瀬が迫っていることは間違いありません。

ニューヨークでも有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリーの準備が進んでいるという報道が目に留まりました。


Rockefeller Center is about to be "spruced" up.

The country's most Christmas famous tree — a massive 78-foot, 10 ton Norway spruce — is en route to the Big Apple.

The tree, from the Gardiner, NY, home of Albert Asendorf and Nancy Puchalski, was chopped down and loaded onto a 115-foot-long trailer ahead of its hour-and-a-half journey to the city.
(Sophia Rosenbaum. Rockefeller Christmas tree begins journey to NYC. New York Post. November 4, 2015.)


クリスマスツリーとなる木はトウヒ(エゾマツ)ですが、英語では"spruce"といいます。

ところで記事の冒頭、"spruce"は動詞としても使われています。"spruce up"というフレーズですがこれは、


小ぎれいにする、めかす
(ランダムハウス英和辞書)


という意味で使われています。明らかにしゃれを意図したのでしょう。

"spruce"はドイツが原産とされますが、語源的にも"Prussia"(プロシア)が変化したものが"spruce"ということになっています。

ちなみに、“しゃれた”、“粋な”という形容詞の意味の"spruce"は、プロシアから輸入した革で作ったチョッキがその当時オシャレなアイテムとされたことから生まれた意味なのだそうです。

動詞の“小ぎれいにする、めかす”という意味はこの形容詞の意味がさらに発展したものです。


2015年11月4日水曜日

isinglass

ベジタリアンというのは菜食主義者のことです。このベジタリアンにも色々な“レベル”があって、単に肉類を食べないという人から、動物由来のものは一切受け付けない、という完全菜食主義者("vegan"と言います)まで様々だそうです。

ベジタリアンでもアルコール類は問題ないのでしょうか?実はビールも厳密に言うと動物由来の成分が含まれるらしいのです。

ビールで有名なギネス社は、完全菜食主義者に配慮した製造へとシフトするということです。


Guinness is set to become vegan friendly for the first time in its 256-year history, as the company announced its plan to stop using fish bladders in its filters.

A spokesman for Guinness told The Times that the firm would now look at using a new filtration plant that would be vegan-friendly, having previously used isinglass - a by-product of the fishing industry used to help the yeast settle faster.

The new system is due to be installed sometime in 2016.

“Whilst isinglass is a very effective means of clarification, and has been used for many years, we expect to stop using it as the new filtration asset is introduced,” the spokesman told The Times.
(Will Grice. Guinness to become vegan-friendly as fish bladder isinglass filtration process ditched after 256 years. The Independent. November 2, 2015.)


ベジタリアンが気にするビールの成分とは何なのでしょうか?

それは、"isinglass"、別名"fish bladder"と呼ばれるものです。"fish bladder"というのは魚の浮き袋のことで、特にチョウザメの浮き袋というのはゼリーの材料として使われたり、飲料の透明度を増すのに使われるのだそうです。(清澄剤と呼ばれるそうです。)

さて、本日の1語となる、"isinglass"ですがカタカナで“アイシングラス”とも言うようです。スペルから"glass"(ガラス)が見て取れますが、実はガラスでも何でもありません。

"isinglass"はオランダ語huysenblaseに由来するもので、浮き袋を意味するblaseが"glass"に置き換えられてしまった、いわゆる民間語源(異分析)により生まれたものです。


2015年11月3日火曜日

tween

年頃の子供を持つ親にとって、子供がケータイやスマホで何をやっているのかは気にかかるところであります。

アメリカでの最近の調査によると、子供がデジタルメディアにアクセスしている時間は1日あたり9時間にもなるということです。


Teens are spending more than one-third of their days using media such as online video or music — nearly nine hours on average, according to a new study from the family technology education non-profit group, Common Sense Media. For tweens, those between the ages of 8 and 12, the average is nearly six hours per day.

The Common Sense census was designed to set a new statistical baseline for research on teen and pre-teen media use, said Jim Steyer, the group's executive director.
(Hayley Tsukayama. Teens spend nearly nine hours every day consuming media. The Washington Post. November 3, 2015.)


ちなみにわたしは愚息(高校1年生、中1)、豚児(小4)にケータイやスマホは与えておりません。ケータイを買ってくれという愚息からの要望は日増しに強くなっています。

さて、"teens"という表現と並列して、"tweens"という表現が使われています。

言うまでもなく、"teen"とは、ティーンエイジャーのことを指しており、英語で"thirteen (13)"、"fourteen (14)"・・・、となる13歳から19歳までの年齢層のことです。日本語での10代は10歳から12歳も含みますが、"teen"は13歳以上19歳以下、というのが常識です。

では、"tween"とは?

引用した記事では、


those between the ages of 8 and 12


とあり、8歳以上12歳以下、となります。(これは恐らく記事で取り上げられている研究における定義でそうなっている、ということなのかもしれません。)

ところが、この"tween"については、辞書によっては異なる年齢層を定義しているものもあります。Merriam Websterでは、


a boy or girl who is 11 or 12 years old


となっているのです。

一方、Oxford(オンライン版)では、"tween"は"tweenager"の短縮形としており、"tweenager"の定義は、


A child between the ages of about 10 and 14


とありました。

う~ん、よくわかりませんが、日本語で言うと“年頃”の一言で済ませられるのかも!?(日本語は便利です。)


2015年11月2日月曜日

政治の世界は反則だらけ ― hitting below the belt

アメリカ大統領選の候補者レースが過熱していますが、政治の世界というのは泥仕合が常識とは言え、候補者間の中傷合戦は今も昔も変わらないようです。


It would be an exaggeration to say dirty tricks and mudslinging have been a part of every presidential campaign since the beginning. After all, George Washington did run unopposed.

But hitting below the belt has been a part of US presidential races since the days of suspenders.

As retold in Joseph Cummins’ book, “Anything for a Vote,” here are some of the most vicious, outrageous and frequently ridiculous slams, slanders and ploys used throughout American history to try and gain the White House:
(Michael Kane. A history of dirty tricks in presidential elections. New York Post. November 1, 2015.)


ヒラリー・クリントン氏のメール問題が取り沙汰されるのはありとしても、そんなことまでネタにして相手を非難するのか?というようなものもあるようです。つまり、


hitting below the belt


なのです。

"below the belt"というのは下腹部を指していますが、ボクシングではこの部分への打撃は反則行為とされています。

つまり、「反則行為」を意味する成句です。

日本でも維新の党の分裂に始まる口汚い中傷合戦が絶えませんが・・・。


2015年10月30日金曜日

braille

目の見えない人にもポルノグラフィーを。

言われてみれば、目が見えないからといってセックスに関心がないと考えるのは、目の見える側の人間による偏見ですね。

スウェーデンの作家による、目の見えない人も楽しめるポルノグラフィーが話題になっています。なお、点字つきですが、ビジュアル自体も立体的に表現されており、手で触れてそれを感じることができるように工夫されているようです。(記事はこちら。)


If 'love is blind' — then sex can be too.

A 'sensual braille book,' created to give the visually impaired the chance to ogle porn — and feel it too–was presented to the National Library of Sweden this week by Swedish artist Nina Linde.

"Occasionally Blind," offers a titillating array of X-rated images, including scenes of heterosexual, gay and group sex. Illustrations are raised so that people may "experience" the images, which are accompanied by an explanation in braille of the steamy scene.
(Melkorka Licea. Blind people can now ogle braille porn. October 29, 2015.)


点字のことを、"braille"というとは知りませんでした。

Merriam-Websterの定義では下記のようになっています。


a system of writing for blind people in which letters are represented by raised dots


"braille"というのは点字を考案したフランス人、Louis Braille氏の名前に因みます。


2015年10月29日木曜日

Big Blue

コンピュータ最大手のIBMが気象専門会社のThe Weather Companyを買収したというニュースが目に留まりました。


IBM bought The Weather Company because weather affects nearly everything

Big Blue is making a big bet that companies will want to spend money on more accurate weather forecasting.

IBM on Wednesday said that it had acquired most of The Weather Company including Weather.com and Weather Underground news sites as well as its vast trove of weather data. The deal does not include the company's cable television outlet, The Weather Channel, which will continue to broadcast.

IBM would not confirm the financial terms of the deal, but the Wall Street Journal reported that thte price was over $2 billion.
(Jonathan Vanian. IBM bought The Weather Company because weather affects nearly everything. Fortune. October 28, 2015.)


記事中に、


Big Blue


というのが何度か出てきますが、これはIBM社の別称として定着しているもので、メトニミーに分類される表現です。

同社のロゴは青色ですが、コンピュータメーカーの最大手であることと合わせて、Big Blueとなったようです。

"the Golden Arches"も参考にしてください。


2015年10月28日水曜日

shoestring

"shoestring budget"という表現を初めて見ました。

"shoestring"とは靴紐のことですが、辞書を引くと靴紐を買うくらいのごくわずかなお金、という意味で使われるということで、"shoestring budget"とは、ごくわずかの予算、というくらいの意味になります。


A die-hard Mets fan is embarking on one Amazin' journey – on a shoestring budget.

Scott Reing will be taking a mix of low-fare planes, trains and automobiles to see his beloved team take on the Kansas City Royals throughout the week – starting his wallet-conscious odyssey by making a 10-hour trek to Missouri Tuesday to see Game 1.
(Sophia Rosenbaum. Die-hard Mets fan's amazin' low-budget journey to see Game 1. New York Post. October 27, 2015.)


Merriam-Websterによりますと、下記のような定義がされています。


[from shoestrings being a typical item sold by itinerant vendors] : a small sum of money : capital inadequate or barely adequate to the needs of a transaction


靴紐を取り替えるなんていうことはあまりないような気がするのですが、靴紐ってそんなに安いものでしたか?


2015年10月27日火曜日

加工肉に発がん性 ― pig out

何年か前ですが、健康診断の一環で受けた便潜血検査の結果が陽性で、大腸がんの可能性があるのではとビビリまくった記憶があるのですが、その時加工肉は大腸がんリスクを高める、というのを本で読んで知りました。

アメリカでも同様の報告が最近公表され、ベーコン好きの人たちが悲しんでいます。


Pigging out will kill you, the World Health Organization said Monday — warning that bacon, sausage and other processed meats are now in the same category of cancer risk as smoking cigarettes and inhaling asbestos.

Hot dogs, ham, corned beef and almost every other salted, cured or smoked delicacy have been officially classified as “carcinogenic to humans” — and red meat as “probably carcinogenic” — based on a study by 22 scientists from the WHO’s International Agency for Research on Cancer in Lyon, France.
(OMG! Bacon causes cancer. New York Post. October 26, 2015.)


"pigging out"とは、


がつがつ食べる、むさぼり食う


という意味なんですが、特にアメリカ人はベーコンやソーセージといった加工肉の消費が多いらしく、加工肉を食べ過ぎると癌になるリスクがありますよ、ということのようです。

だから、控えめに食べる分にはいいのではないでしょうか、というのが勝手な解釈です(笑)


2015年10月26日月曜日

ギャング!? ― gangway

"gangway"という単語から何を想像するでしょうか?

ギャング!?

"gang"からは、ゴロツキ集団、ヤクザという日本語が自然と出てきます。

ところが、"gangway"とは単なる「通路」のことなんですね。


The problem was Neal needed to use the restroom. His disability made it too difficult to use the one on the plane. He had already waited more than 15 minutes for the rest of the passengers to disembark, and the wait for an aisle chair -- a narrow, specialized wheelchair to take disabled passengers down the airplane aisle -- had now lasted another 15 minutes.

"I was trying to get them to understand that this is why I don't want to wait another 15 to 20 minutes," Neal said.

After being told repeatedly to wait, Neal said, he couldn't any longer. He said he got out of his seat and as the flight attendants watched, he crawled his way up the aisle and to the gangway, where a wheelchair was then ready.
(United Airlines apologizes after disabled man crawls off flight. CNN. October 26, 2015.)


ところで、"gangway"の"gang-"とヤクザを意味する"gang"は別物なのでしょうか?私はきっと別物だろうと考えていたのですが、実は語源を同じくすることを知りびっくりしました。

ドイツ語に詳しい人は、"gangway"の"gang-"に、ドイツ語のEingang、Ausgangをすぐに思い浮かべたかもしれません。それは正しいのです。

"gang-"には「行く」(でかける)という意味が元々あるのですが、これは古ノルド語、さらには印欧基語にまで遡ることができるものです。(英語の動詞goとは別ですが。)

この"gang-"が、単に出かけるという意味から、出かけるときに用意するもの、の意味でも使われるようになり、さらにある事を行うのに使う道具という意味に発展しました。そしてさらに、(特に港湾関係の)労働者仲間という意味でも用いられ始め、それがネガティヴな意味を帯びるようになって、良からぬことをしでかす集団、つまり今で言うギャングに近い意味になったのです。

"gangway"は元々の意味を保持している数少ない単語の1つで、ほかには船に乗る時の板(道板とか歩み板と呼ばれます)を意味する"gangplank"があるそうです。


2015年10月23日金曜日

詐欺メールに返信したら何が起きるか ― flim-flam

読者の皆さんも、送金を騙る不審なメールを一度や二度は受け取ったことがあるのではないでしょうか?

私の場合、LinkedInで銀行に勤めているという外国人から“つながり”の申請があり、あまり不審にも思わず承認したところ、外国に住む私と同姓の人が死亡し、その人には身寄りもなく大金を残して死んだので、それを現金で送る、ついては連絡先などを教えてほしい、というメールが送られてきました。

当然ながら無視しましたが、果たしてこのようなメールに返信するとどのような展開が待っているのでしょうか?

New York Post紙で、まさにそれを「実験」したという記事があり、興味をそそられました。以下のような書き出しで始まります。


You have probably gotten at least one e-mail from a person offering to send you lots of money from some faraway place. And if you were smart, you ignored these improbably generous offers because the scam detector in your gut went off.

But just for the fun of it, I recently responded enthusiastically to one such offer — then I called Homeland Security so together we could try to find out which particular flim-flam I was about to fall victim to.
(John Crudele. Here’s what happens when you reply to that bogus ‘free money’ email. New York Post. October 19, 2015.)


さて、今日取り上げる単語、"flim-flam"は、


ペテン、詐欺


という意味です。

スペルを見ると分かりますが、いわゆる重複形(reduplication)の一種です。


2015年10月22日木曜日

ブリーフよりトランクス、トランクスよりxxx!? ― go commando

男性のみなさん!

唐突ですが、あなたはブリーフ派ですか?それとも、トランクス派?

“男性能力”(!?)を高めたい人はブリーフよりもトランクスがお勧めだそうです。さらに言うと、何もつけない方がもっと良い。それって本当?


Men who want to be fathers should go commando when they get some R&R, according to a new study.

National Institute of Child Health and Development and Stanford University researchers found that men who wear boxers during the day — and nothing when they sleep — had 25 percent lower rates of damaged DNA in their sperm compared to those who opt for tighty-whities during the day and at night.

The study was based on 500 men whose underwear choices and sleeping habits were tracked for up to 12 months before the quality of their sperm was analyzed.
(David K. Li. Men should go commando if they want kids. New York Post. October 19, 2015.)


記事によりますと、政府機関とスタンフォード大学の共同研究のようですからそれなりに信憑性があるようです。トランクス派、もしくは“下着無着用派”は、ブリーフ派に比べると精子のDNAダメージ度が低いという調査結果です。

さて、今日の表現ですが、


go commando


というのは、下着を着用しない(to wear no underwear)、という意味の俗語表現です。

"commando"というのは戦闘員のことですが、セックスを戦闘態勢に捉えた故の表現なのでしょうか!?

一説によると、ヴェトナム戦争時のアメリカ兵は、心地よさから下着をつけない習慣があったそうで、アメリカ兵(commando)と結びついて生まれた表現ということです。(しかしながら、アメリカ英語では、commandoよりもrangerが使われるので、この説の信憑性は低いようです。)

もう1つの説では、これまた第二次世界大戦中のイギリスにおいて、売春婦が"Picadilly Commando"と呼ばれていたことに因む、ということです。

いずれの説にしても、シモの話だけに興味深い表現ではあります。


2015年10月21日水曜日

toss your cookies

"toss your cookies"という俗語表現をご存知でしょうか?

吐く、もどす、という意味のスラングです。"toss"の代わりに、


shoot your cookies
snap your cookies
throw your cookies


などのパターンも見られます。

"toss"とは投げる、という意味ですが、クッキーを投げるというのは恐らく口に含んだクッキーを勢いよく吐き出してしまう様を表現したものでしょうか。

一説によると、具合の良くない幼児にはふやかした(柔らかくした)クッキーを与える習慣があるそうです。それは消化しやすいものを食べさせるという意図ですが、病状が酷いとそのクッキーすらもどしてしまうということで、これが語源になっているのかもしれません。


2015年10月20日火曜日

米・アマゾン、ステマに対抗して訴訟 ― write-up

オンラインショッピングをよく利用する方は要注意です。


Amazon is stepping up its fight against bogus product reviews on its site, suing more than 1,000 people for allegedly offering to post glowing write-ups for as little as $5 apiece.

The complaint, filed Friday in state court in Seattle, takes aim at what is believed to be a burgeoning practice online: Some people try to make money by writing five-star testimonials about products they have never tried, and some companies try to boost sales by commissioning such reviews.
(Amazon suing in attempt to stamp out phony reviews. Washington Post. October 19, 2015.)


いわゆるステマ(stealth marketing ステルスマーケティング)とされる事例かと思いますが、ネットショッピングサイトやブログで特定の商品に対する好意的なレビューを掲載することで売り上げを伸ばそうという目的が暴露されることがよくあります。

米大手のAmazonがこうした不当な手法に対して法的手段に訴えたというニュースです。

"write-up"を辞書で引くと、


(新聞・雑誌の)記事,(時に)褒めたてた記事,好意的記事


とあります。(ランダムハウス英和)

記事中では、


glowing write-ups


とありますが、"glowing"はその褒め方を強調する形容詞で、“褒めそやす”というくらいの意味になります。あまりに好意的なレビュー(口コミ)ということになるでしょう。

Amazonでは商品の実際の購入者のみが当該商品のレビュー(口コミ)を投稿できる仕組みなのだそうですが、ステマを画策する業者は架空の受注・販売を装って、あたかも購入者によるもののように見せかけて、好意的なレビューを投稿させているようです。


2015年10月19日月曜日

子供に危険なスマホ ― vegetable

昔、テレビばかり見ていると親に怒られました。

現代だと、テレビに代わるのはスマホであり、タブレット端末でしょうか。小生も愚息が四六時中タブレット端末のゲームアプリをやっているので諍いが絶えません。

子供への影響はどうでしょうか?

教育目的で導入されることもあるようですが、やはり負の側面が大きいように思われます。


The AAP had previously recommended that children under 2 years of age should not be sitting in front of a television, playing on tablets or phones at all.

(中略)

Actually, researchers have spent plenty of time studying the effects of screen time on young children and there is not much positive to be said about it.

Whether it’s watching “Blues Clues” or “Sesame Street,” playing Subway Surfer or some educational app, the effects on kids under the age of 2 are pretty obvious.

When they’re in front of a screen they turn into vegetables, staring at it slack-jawed. Anyone can see the difference between an 18 month old in front of a television and an 18 month old in front of wooden blocks.
(Naomi Schaefer Riley. Hey parents, children and iPads are a bad mix. New York Post. October 18, 2015.)


"turn into vegetables"という表現が目に留まりました。

"vegetables"とは野菜のことですが、ご存知のように


植物人間


という怖い意味があります。考える力は失われているものの生理的な機能だけが続いている状態のことを指しています。

画面から絶え間なく送られてくる刺激のみに晒されて、もはや自分で考えたり創造したりすることを忘れてしまった人間は植物状態に喩えられても仕方ないのかもしれません。

"vegetable"にはもう1つ、


(植物のように)じっとした退屈な生活をする;無気力(不活発)な人


という意味もあるようです。ヴァーチャルリアリティに埋没する現代人を象徴しているようです。


2015年10月16日金曜日

see eye to eye

マクドナルドが朝食メニューを(朝食時間帯だけではなく)終日販売することを決めたところ、店舗側がどうやら反発しているようです。

朝食メニュー提供時間帯を延長することで店舗側はオペレーション上色々困ったことが起きるというのがどうやら理由のようです。


Serving breakfast all day is a lot more complicated than it looks.

McDonald’s might be pleased with its roll-out of an all-day breakfast menu, but its franchisees don’t seem to agree.

According to a report by Japanese finance company Nomura, released on Thursday, which surveyed 29 operators at more than 200 locations, the implementation of the new menu has been a disaster, according to Business Insider. Many franchisees complained to Nomura that the all-day breakfast menu slowed service and dragged down quality.
(McDonald's and franchisees don't see eye-to-eye on all-day breakfast. Fortune. October 15, 2015.)


方針を変更するのは「本社」であり、反発しているのは各店舗という「現場」、という構図なのでしょう。

さて、タイトルに注目したいのですが、


McDonald's and franchisees don't see eye-to-eye on all-day breakfast


"see eye-to-eye"は、目と目を合わせて、という意味ですが、


意見が一致している、同調している


という意味の成句です。

この表現は否定形で用いられることのほうが多く、要は引用した記事のコンテクストと同じく、同調していないことを表現するのに使われるのがもっぱらのようです。

さて、ランダムハウス英和によると、この表現はイザヤ書に出てくるそうです。そのくだりとは、イザヤ書52:8ということになっています。(研究社の大英和でも同様の注釈です。)

どのような使われ方をしているのかと思って、早速、新共同訳の聖書を参照しました。


その声に、あなたの見張りは声をあげ
皆共に、喜び歌う。
彼らは目の当たりに見る
主がシオンに帰られるのを。
(日本聖書協会)


“目の当たりに見る”という部分が相当するようですが、"see eye to eye"は欽定訳(ジェイムズ王訳)とされる版で見られます。


Thy watchmen shall lift up the voice; with the voice together shall they sing: for they shall see eye to eye, when the LORD shall bring again Zion.


(新国際訳(New International Version)と呼ばれる版では、"see it with their own eyes"となっており、"see eye to eye"ではありません。)


日本語訳を読む限り、現代で用いられる意味とは違った意味で使われているのですが、それが“意見が一致している”という意味になった(発展した)背景がよく分からないと思いました。

イザヤ書における当該章は、主がシオンに戻ってくるくだりについて記述しているものですが、そのことを歓喜する民について、


(they shall) see eye to eye


となっています。

これは、ある事を互いに喜ぶというのは、(そのある事について)見方が一致している、つまり同調している、ということであり、"see eye to eye"が今日の意味に発展した背景というのがミソなのではないかと解釈できます。


2015年10月15日木曜日

intifada

見慣れない単語です。初めて見ました。

"intifada"という単語ですが、スペルからして英単語らしくありません。


This latest Palestinian uprising is a Facebook intifada

TEL AVIV, Israel — They are young, apparently unaffiliated with any political or terror group and brimming with fury over Israel's occupation of Palestinian territories. Their weapons of choice: rocks, knives and social media.

Like the Arab Spring revolutions of 2011 and the recruitment success of the Islamic State, the spreading violence against Israelis in recent weeks seems to have been sparked by spontaneous combustion on Twitter and Facebook, rather than by organized political groups. Social media have been crucial in mobilizing Palestinians for protests, disseminating information and feeding outrage against Israel.
(Shira Rubin. This latest Palestinian uprising is a Facebook intifada. USA Today. October 15, 2015.)


ところが、英和辞書に載っている単語です。ランダムハウス英和では、


インティファーダ


というカタカナになっています。

"intifada"というのは、中東におけるガザ地区とヨルダン川西岸をイスラエルが占領していることに対するパレスチナの抵抗運動を指しており、アラビア語で「蜂起」を意味するということです。


2015年10月14日水曜日

rat out

"rat out"という俗語表現をご存知でしょうか?

裏切る、とか密告する、という意味で使われます。

下記に引用するのはいわゆる「人生相談」みたいなコーナーの記事ですが、タイトルに"rat out"という表現が使われています。


My boss recently took a bunch of us out for drinks, and at the end of the evening he asked me to put it on my company credit card. That felt weird — like he was trying to hide the fact we spent a lot of money. I paid, but feel like I’m now on the hook if the charge is ever questioned. What should I have done?
(Gregory Giangrande. When is it OK to rat out my coworker? New York Post. October 12, 2015.)


会社の経費を不当に使っている上司が悩みの種のようです。コンプライアンスへの意識が高まり、世間からの監視も厳しくなった今日、記事で取りざたされているような事例は恐らく“アウト”でしょう。("rat out"とかけたしゃれではありませんが・・・。)

ところで、なぜ裏切りが"rat out"なのでしょうか?

実はこの表現、以前にも当ブログで取り上げました。こちらをご覧ください。


2015年10月13日火曜日

マレーシア航空機の残骸?を発見 ― fuselage

クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空の旅客機が消息を絶ったのは2014年3月のことでした。以降、事故なのかテロなのか、どこに墜落してしまったのかもわからず1年半以上が経過しました。

ところが、不明機のものと思われる残骸がフィリピンのジャングルで見つかったというニュースが入ってきました。


Plane wreckage containing 'many skeletons' and painted with the Malaysian flag has reportedly been found in the Philippines, prompting speculation it could be missing Flight MH370.

Police confirmed they had received reports of the discovery in thick jungle on the remote island of Sugbai in Tawi-Tawi province.

An audio technician, Jamil Omar, contacted police in Malaysia to say his aunt, Siti Kayam, had stumbled upon the wreckage while she and others were hunting for birds.

Police commissioner Jalaludin Abdul Rahman, based in neighbouring Borneo, said the woman claimed she climbed into the smashed fuselage and saw skeletons.
(Daily Mail. October 12, 2015.)


"fuselage"という見慣れない単語を取り上げます。"fuselage"というのは(飛行機の)機体のことです。ここではおそらく翼が取れてしまった胴体部分だけのことを指しているものと思われます。

(翼が取れてしまったと)なぜ分かる?

"fuselage"の語源はフランス語fuseだそうですが、元々の意味は糸紡ぎの軸棒を指すものだったそうです。その紡錘形(チューブのような形状)から、機体の胴体部分が"fuselage"と呼ばれるようになったのです。

ちなみに爆弾の信管を意味する"fuse"(電気のヒューズとはまた別です)も、その形状から生まれたものです。

ところで、不明機の残骸とされるニュースについて、事実ならばトップニュースの扱いかと思いますが、情報の信憑性に疑問符がついているらしく、どうもそうではなさそうです。

詳しくは記事をお読みいただければと思いますが、これまでの捜索過程(唯一の残骸として、翼部と見られる残骸がインド洋のReunion島で見つかっています)からすると、機体部分がフィリピンのジャングルで見つかるというのは考えにくいことだそうです。


2015年10月12日月曜日

mommy track

体育の日の三連休、いかがお過ごしだったでしょうか?今日は連休の最終日で、上りの高速道が混雑しているというニュースを聞きながらこれを書いています。会社勤めの多くの方が明日から出勤かと思います。

明日からの仕事を前にした話題として顰蹙かもしれませんが、"mommy track"という表現があるのをご存知でしょうか?

子育てという制約(これはあくまで企業側からの見方ですが)がある女性は会社での昇進コースから外れてしまうことを言う表現です。


On the other hand, the longer a woman stays out of the labour force, the more likely she is to land on the "mommy track," or in low-paying labour, thus reinforcing the gender pay gap, as a recent analysis by UBC researcher Paul Kershaw pointed out.
(Erin Anderssen. An 18-month parental leave needs to include dad. The Globe and Mail. October 9, 2015.)


出産、育児のために休職する女性は会社のお荷物なのでしょうか?

決してそうは思いません。しかしながら、育児や出産により休職せざるを得ない女性が、そうでない女性と比べて出世しにくい状況があることは多くの人が認めるところではないでしょうか?

以前に"glass ceiling"という表現を取り上げましたが、"mommy track"も同種の表現と思います。


2015年10月9日金曜日

cadaver dog

警察犬は英語で"police dog"です。もちろんそれで正しいのですが、英語では"cadaver dog"と言う表現もよく使われます。

"cadaver dog"というのは、遺体(死体)を捜索するように訓練された警察犬のことです。


A search of the couple's home turned up bloodstains and evidence of blood splatter on the walls, cops said. Cadaver dogs also indicated the presence of possible human remains, according to an arrest report obtained by PEOPLE. The friend also says that the canal behind the couple's home was raked, but she doesn't believe authorities found anything.
(Tara Fowler. Florida Mom Whose 9-Week-Old Baby Has Been Missing for a Month Was a 'Little Off,' Friend Tells PEOPLE. People Magazine. October 8, 2015.)


行方不明者を捜索する際に投入される警察犬ですが、英文のニュースで、"police dog"ではなく、この"cadaver dog"を見かけることがたまにあります

"cadaver"という単語自体に「死体」の意味があります。この単語は、ラテン語cadere(倒れる、滅びる)に由来しています。


2015年10月8日木曜日

不景気に怯えるVWのお膝元 ― lean times

昨日に引き続き、排出ガス不正操作のスキャンダルに揺れる独・フォルクスワーゲン社に関するニュースを引用します。


WOLFSBURG, Germany — The cornerstone of Adolf Hitler’s dream to bring affordable cars to the masses, this city emerged from the ashes of World War II by hitching its star to Volkswagen.

A look back at Volkswagen’s history. Read the full story here.

VW’s vast global headquarters, along with an auto plant so big it could fit Monaco under its roof, are the engines that drive this city of 125,000. Injected with VW cash, the local soccer team went from third rate to first tier. Thousands of residents live in apartments built by the auto giant. A $500 million Volkswagen theme park — think Disney meets Detroit — lures 2.2 million visitors a year.

But in the wake of an emissions scandal that could cost Volkswagen billions of euros in fines and recalls, this company town is suddenly bracing for something that had become virtually unknown here in recent years: lean times.
(Anthony Fiola. The town that Volkswagen built is both resigned and defiant amid scandal. The Washington Post. October 7, 2015.)


VW本社があるウォルフスブルクという都市は、税収の半分以上を同社が占めるそうです。また、総工費5億ドルの同社テーマパークにより、年間220万人もの観光客があるそうで、それによる経済効果も大きいということです。しかしながら、今や地に落ちてしまった同社のブランドによる打撃は計り知れないものがあります。

こうなってしまうとウォルフスブルクにとって懸念されるのは、


lean times


なのです。

"lean times"とは平たく言うと「不景気」のことです。(告白すると、"lean times"が「不景気」という意味だということを、不勉強にして知りませんでした。)

"lean"には、痩せている、という意味がありますが、むしろ(体が)引き締まっている、などと言うように、どちらかと言えばポイジティブな意味が印象にありました。実は、不毛な、とか乏しい、という意味のネガティブな意味もあります。

さて、"lean times"ですが、"lean times ahead"というイディオムです。"ahead"ということで、これから先の話ということなのですが、VW社の関係者は覚悟しなければならないでしょう。


2015年10月7日水曜日

stop the music

ディーゼルエンジンの排ガス量の不正操作が明るみになり、そのブランドが大きく傷ついた独・フォルクスワーゲン社ですが、今日の朝刊ではリストラの可能性が報じられていました。全世界で何十万人という社員が影響を受ける可能性が指摘されています。

会社組織というものは一旦スキャンダルにまみれるととことんまで貶されてしまいます。VW社についてもその浪費体質が指摘され始めています。

同社経営陣は当面、不要不急の投資は凍結することを決定しました。


Volkswagen AG’s lavish parties typically featured a surprise guest, from the Pet Shop Boys to Robbie Williams to Justin Timberlake. Now the music is about to stop.

The parade of global pop stars was part of a culture of spending at the world’s biggest carmaker. Confronted with billions in repairs and fines from an engine-rigging scandal, Chief Executive Officer Matthias Mueller vowed on Tuesday to put everything that’s not absolutely vital on hold. Addressing 20,000 workers at Volkswagen’s main Wolfsburg factory in Germany, Mueller prepared the crowd for “massive savings,” in what would “not be a painless process.”
(Elisabeth Behrmann. VW Stops the Music as Diesel Scandal Buries Culture of Spending. Bloomberg. October 7, 2015.)


記事のタイトルにある、


VW Stops the Music


という表現に目が留まりました。どうやら特殊な意味で使われていると想像がつきます。

ランダムハウス英和を引いてみると、「やめろ!待て。」という意味の口語として載っていますが、ここではVW社が不要不急の投資を当面凍結する、と発表したことについて言っています。

"stop the music"というのは何か重大なことが発生したことを受けて、今やっていることを止める、という意味だそうです。

"stop the press"という表現としても知られているのだそうですが、ここでいう"press"は印刷機のことです。ネットのオンライン辞書で下記のような説明がありました。


Inf. Stop everything!; Hold it! (Presses refers to the printing presses used to print newspapers. This means that there is recent news of such magnitude that the presses must be stopped so a new edition can be printed immediately.)


つまり、ニュース記事を印刷中に突然重大ニュースが飛び込んできたので、一旦印刷機で刷るのを止める必要がある、ということなんですね。

"stop the music"というフレーズについては、アメリカのテレビ番組のタイトルに由来するという説もあるようです。そのテレビ番組というのは、日本でもよくある(今もあるのでしょうか?)、音楽のイントロを流してそのタイトルを参加者が当てる、というものです。どれだけ早く当てられるかを競うもので、"stop the music"は、曲のタイトルがいち早く分かった回答者が手を挙げる(他者に先駆ける、つまり割り込む)ということと同義になったわけです。

同じミュージックですが、以前に、"face the music"という成句を取り上げました。意味するところがまったく違っていますが、比較してみると面白いです。