最近30日間のアクセス数トップ3記事

2011年8月31日水曜日

ぱちもん ― knockoff

つい先日の朝刊で読んだような気がするのですが、アップル社のiPodやiPhoneの偽物が中国で出回っているそうです。中国は海賊版や偽ブランドの横行で有名ですが、何とアップルストアをそっくりそのまま真似た店舗まで出現したということですから、あきれます。

こうした状況にはどこのメーカーも苦慮しており、各社が対処に頭を悩ましているのが実情ですが、当のアップル社が本格的に対策に乗り出したのはわずか3年前の2008年頃からだということです。


WASHINGTON — Apple set up a global security team three years ago to combat rampant counterfeiting of the iPod and iPhone in China, according to a US diplomatic cable released by WikiLeaks.

The California-based gadget-maker hired away employees from the drug company Pfizer who led a crackdown on pirate Viagra to head its anti-counterfeiting efforts, the September 2008 cable from the US embassy in Beijing said.
(China piracy spurred Apple to action: WikiLeaks. AFP. August 31, 2011.)


さて、記事中に、


counterfeit(ing)


という単語が出てきますが、偽造品や偽造行為を指す一般的な表現です。この単語の後半部分、"-feit"は、ラテン語で”作る”という意味の動詞である、"facere"から来ています。また、"counter-"は”代わりの”を意味する接頭辞です。正規品の代わりになるもの、つまり模造品を作る、という意味です。

記事のタイトルにも使われていますが、"piracy"という単語も最近では著作権侵害行為、つまり海賊版を流布する行為を指すのに使われる一般的な表現です。

ところで、今日取り上げたい単語は、"knockoff" (knock-off)というものですが、これはあまりお目にかからないのではないでしょうか?

本日の記事タイトルでは敢えて、”ぱちもん”という日本語を充ててみました。


"Early evidence suggests nearly 100 percent of Apple products in unauthorized mainland markets are knock-offs, while factories in Guangdong province are exporting enough counterfeits to single-handedly supply the world with fake Apple products," it said.

Fake products include "what appear to be real iPods with 80 gigabytes of storage, but that in fact have only a very inexpensive 1GB hard drive inside," it said.

China is home to the biggest counterfeit market in the world, despite repeated government pledges to root out fake goods.
(ibid.)


”ぱちもん”(あるいは”ぱちもの”)という表現は関西でよく使われるものだと思いますが、いわゆるまがい物、高級ブランド品などを真似たコピー商品を指すのに使われます。

引用記事の本文中には同義語として、"fake goods"、"fake products"という表現も見られます。

"knockoff"は名詞として、模造品、コピー品、海賊版のことを指しますが、この表現は動詞句である、"knock off"という表現から来たものです。

実用例は見たことがないのですが、コーパスで調べると下記のようなものがありました。


Peruggia, who had worked at the Louvre, was put up to the job by an Argentine con man named Eduardo de Valfierno, who had a skilled art forger knock off six copies. Valfterno then sold the copies for the equivalent today of $67 million.
(Joseph A. Harris. Here's Looking at You, Kid. The American Spectator. 2010.)


("knock off"という動詞句には実に様々な意味があるようなのでコーパスでの検索も一筋縄には行かないのですが・・・。)

2011年8月30日火曜日

難治性 ― intractable

難治性の疾患というものがありますが、英語では"intractable disease"と表現します。

"tractable"とは、扱いやすい、御しやすい、というような意味で用いられる形容詞ですが、否定の接頭辞である"in-"がついたのが、"intractable"でこちらは、逆の意味、つまり扱いにくい、御しにくい、といった意味になります。

もともとは人の性格などについて用いられることが多いようですが、御しやすいとは要するに与しやすい、相手が素直である、従順である、ということで、"intractable"はその逆に、与しにくい、ということで、相手が頑固である、頑なである、ということになります。

このような意味から、病気や疾患について、治りにくい、難治性の、という意味になることは容易に連想がつきます。


Four years ago, Pfizer Inc. was on the verge of abandoning a cancer therapy that had shown little promise. Then scientists discovered it did work, but only in people with a particular genetic anomaly—as few as 6,000 patients a year in the U.S.

In recent years, Pfizer probably wouldn't have considered such a small market worth further investment, company employees say. Yet today, that experimental therapy is Xalkori, newly approved for a rare form of lung cancer, for which Pfizer plans to charge $115,200 a year per patient.

Meet the new blockbuster: drugs like Xalkori that treat intractable diseases afflicting small numbers of patients shown by testing to likely benefit from the drug. Such targeted therapies can be brought to market faster and at less cost, and health plans will pay high prices even for long courses of treatment.
(Jonathan D. Rockoff. Pfizer's Future: A Niche Blockbuster. The Wall Street Journal. August 30, 2011.)




2011年8月29日月曜日

多数派工作 ― politicking

辞任表明した菅首相の後継を選出する民主党代表選が本日のトップニュースになっています。お盆明けくらいから、国民不在の政治ショーがまた始まったかとほとんどあきれていますが、海外メディアも5年間で6人も首相交代と冷たい視線を投げかけながらも、しっかりと取り上げています。

さて、日本語のニュースでもよく聞きますが、何某政党の中で繰り広げられている”多数派工作”のことを英語で何と表現するものかと思っておりましたところ、下記のような記事に巡りあたりました。


TOKYO—As the clock ticks on Japanese Prime Minister Naoto Kan's administration, candidates jockeying to succeed him have turned to making deals and courting allies.

Mr. Kan has pledged to resign after the passage of two bills that should get through Parliament on Friday, and the ruling Democratic Party of Japan's lawmakers are expected to choose their new leader Monday.

The leadership race is on, dominated by old-fashioned politicking aimed at winning over large party factions, many of which vote in unison. Gone for now is any real debate over how to deal with major national challenges—ranging from restraining a too-strong yen, to recovering from an earthquake and tsunami that claimed more than 20,000 lives, to dealing with a post-meltdown nuclear plant.
(Toko Sekiguchi. Factions Jostle for Power in Japan Premier Race. The Wall Street Journal. August 26, 2011.)


“politicking”という単語は、無論”politics”、”politic”という単語から派生したもので、”~ing”は動詞の現在進行形、あるいは現在分詞形につけられる語尾ですが、ランダムハウス英和辞書によりますと、”政治工作”という訳語が見えます。スペルを見てお気づきと思いますが、挿入されている”-k-”は口調(発音)上の必要性からのものです。

”多数派工作”という訳語はありませんが、内容からしてその概念を示していると言えるでしょう。

引用記事では、


old-fashioned politicking aimed at winning over large party factions, many of which vote in unison


となっており、この一連の長い表現で今回の”多数派工作”を指していると思いますが、要は"politicking"の一言でもほとんど同じではないでしょうか。

それよりも、"old-fashioned"という形容には、侮蔑の意図を感じます。まあ言われても仕方ないですが・・・。

2011年8月26日金曜日

記事見出しに使われる短い単語(5) ― eye

記事見出しに使われる短い単語というテーマでお送りしています、今週最後に取り上げる単語は、"eye"です。

短い単語ほど”万能”なのでしょうか、この単語も記事の見出しでよく使われているのを見かけますが、意味合いはコンテクストによって様々です。

まずは下記の引用をご覧ください。


'Gustnado' Eyed in Deadly Indiana Stage Collapse

After studying footage of the weekend’s Indiana State Fair stage collapse, some experts suspect a “gustnado” caused the deadly accident.

Gustnadoes are defined as ground-based wind vortexes that sometimes form along the front of thunderstorms, MyFoxChicago.com reported Tuesday. While similar to twisters, gustnadoes are much weaker, with winds between 60 to 90 mph.
(Fox News. August 16, 2011.)


事故の発生原因としてGustnadoという突風が疑われているということで、ここでは"suspect"という動詞の代わりに用いられていると考えられます。

もう1つ別の引用です。


Radical overhaul of military retirement eyed
By Sharyl Attkisson

(CBS News) WASHINGTON - The military retirement system has long been considered untouchable - along with Social Security and Medicare. But in these days of soaring deficits, it seems everything is a potential target for budget cutters. A Pentagon-sponsored study says military pensions are no longer untouchable - they're unaffordable.
(CBS News. August 15, 2011.)


こちらは米軍の引退者の年金見直しに関する話題ですが、コスト削減のために聖域視されていた退職者年金も”ターゲット”になっている、というコンテクストです。ここでは、"is a potential target"という表現の代わりに用いられていると考えられます。

さらにもう1つ引用です。


Three teens eyed in attack surrender
August 11, 2011|BY MORGAN ZALOT

THREE TEENS wanted in the July 29 beating of a 36-year-old man on 4th Street near Walnut surrendered to police yesterday, after officials from Mastery Charter School aided in their identification.
(The Philadelphia Inquirer. August 11, 2011.)


暴行事件に関与したとされる10代の3人が逮捕されたというニュースですが、この記事の見出しでの"eyed"は本文中の"wanted"の代わりでしょうか、あるいは実際に事件で”目撃された”ということなのか、いずれにしても”容疑をかけられた”という意味で用いられていると考えられます。

最後の例です。


Damascus, Aleppo eyed as possible repatriation areas for Pinoys in Syria

The Philippine government is considering Damascus and Aleppo in Syria as relatively secure areas where Filipinos seeking repatriation can be picked up and brought to Manila.
(GMA News. August 17, 2011.)


ここでの"eye"は、(候補として)目を付ける、という意味で用いられています。日本語で”目されている”と言いますが、それに近いと思われます。

今週のテーマ”記事見出しに使われる短い単語”はいかがだったでしょうか?では、また来週!





2011年8月25日木曜日

記事見出しに使われる短い単語(4) ― woe

今週のテーマは記事の見出しに使われる単語です。4日目の今日は、"woe"という単語です。

この単語は前から気になっていたのですが、何となく分かった気になってそのまま放っておいた、というのが正直なところです。

例えば以下の用例です。


US financial woe hits UAE markets hard
Neil Parmar

News about US economic troubles hit the UAE's markets hard in early-morning trading today.

The Dubai Financial Market (DFM) General Index fell more than 5 per cent this morning, which was its biggest drop since January. It is down 14 per cent from it's high in April.
(The National. August 7, 2011.)


"woe"という単語は、


悩み
悲嘆
苦悩


などという訳語で紹介されており、“文語”となっています。新聞記事と言うよりは小説なんかで使われる単語だと思うのですが、その短さがヘッドラインに適しているのでしょうか、見出しでよく見かける単語です。

同義語としては、


sorrow
grief
regret


などですが、大抵の場合は理想と現実のギャップに苦しむ、その状況を指して用いられることがほとんどだと思われます。上記の引用では、"trouble"の代わりに使われているのですが、"woe"という単語は単なるトラブルというのに加えて特別な色合いを付加しています。

もうひとつ引用します。


Obama to face economic woes on bus tour
By Stephen Collinson (AFP)

WASHINGTON — US President Barack Obama sets out to shore up his fragile political standing Monday, launching a bus tour through key Midwestern states which will resonate with voter anxiety over the economy.

Obama will spend three days trekking through Minnesota, Iowa and his adopted home state of Illinois, all of which he carried in the 2008 election, and which he can ill afford to lose when he seeks a second term next year.
(AFP. August 15, 2011.)


話題は同じですが、ここでは"anxiety"というのに、見出しにおいて"woe"を用いています。"anxiety"は”不安”を意味する一般的な単語ですが、"woe"という単語が見出しにあると、何だか嘆息が聞こえてきそうな感じがします。










2011年8月24日水曜日

記事見出しに使われる短い単語(3) ― jam

記事見出しに使われる短い単語というテーマでお送りしています今週ですが、3日目の今日は、"jam"です。

カタカナ英語でも、混雑、混線しているような状況を”ジャム”、”ジャムっている”などと表現しますが、英和辞書では、


押し込む
押しつぶす
詰め込む
押しつける
押し寄せる
...


等々、多くの意味があります。”渋滞”を意味する、"traffic jam"という表現もよく知られたところです。


Tweet jams L.A. emergency lines
By NOAKI SCHWARTZ

LOS ANGELES — A rapper could face criminal charges after a tweet from his account incited a telephone flash mob that overwhelmed the emergency phone system at one of the busiest stations of the Los Angeles County sheriff’s department, the agency said Saturday.

The sheriff’s department alleges the Game tweeted the phone number of the Compton station Friday and told his 580,000 followers to call the number if they wanted an internship.

The southeast L.A. County station’s phones started ringing Friday evening, and the lines were jammed for more than two hours. During that time people with legitimate issues that included a missing person, spousal abuse and two robberies were also trying to call in, department spokesman Steve Whitmore said.
(Chicago Sun Times. August 14, 2011.)


余談ですが、パンに塗る”ジャム”は動詞の"jam"から派生した単語だそうですが、ご存知でしたか?

2011年8月23日火曜日

記事見出しに使われる短い単語(2) ― mum

今週は新聞記事の見出しに使われる短い単語を特集してお送りしています。

2日目の今日取り上げる単語は、"mum"です。

"mum"といっても、"mother"(お母さん)のことではありませんよ!?

以下の引用をご覧ください。


Illinois House leaders mum on pension reform talks
By Doug Finke

Illinois House leaders say they still are working on legislation that would ease the state’s crushing pension burden, although they are closed-mouthed about what those changes will be and when the General Assembly will be asked to consider them.
(Rockford Register Star. August 14, 2011.)


"mum"とは、”無言の”を意味する叙述の形容詞です。

記事本文では、"closed-mouthed"と表現されています。

余談ですが、"mum"を使った表現に、


Mum's the word. (内緒だよ。秘密よ。)


というものがあります。



2011年8月22日月曜日

記事見出しに使われる短い単語 ― roo

新聞記事の見出しというものは、限られたスペースで伝えたい内容を的確に表現しなければならないという制約下にあるからだと思いますが、単語は短いものが好まれる傾向にあるようです。

例えば、"information"は"info"と略されたり、"chimpanzees"は"chimps"と表現されたりします。

読者の目を引く意味でも、スペルの長い単語よりは短い単語の方が、ぱっと見たときの理解がコンマ何秒~数秒速いのではないでしょうか。本文中では同じ意味でもスペルが長い方の単語が使われていたりします。

今週は記事の見出しで使われる”短い単語”を見ていきたいと思います。それらは単純に短縮形であったり、1つの単語であったりしますが、スペースの経済性とでも言うべき知恵が言語に影響を及ぼした結果と言えるかもしれません。


Plan to lift roo exports prompts legal threat
Malcolm Brown
August 8, 2011

MOVES to vastly increase the export of kangaroo meat to China and Russia have provoked strong opposition from conservationists and sections of the indigenous community.

A new indigenous animal liberation organisation is threatening to take the government to the Federal Court to stop the proposed new exports, expected to greatly expand the $200 million industry.

The federal government had been working for some time to resume the export of kangaroo meat to Russia, a spokesperson for the Minister for Trade, Craig Emerson, said.
(The Sydney Morning Herald. August 8, 2011.)


読んだらお分かりいただけるように、"roo"は、"kangaroo"の短縮形です。ランダムハウス英和辞書では、”豪話”とあり、カンガルーということからもオーストラリア英語のようですが、オーストラリアに限らず英語として定着した表現のようです。

本文中では、当然ながら"kangroo"です。

2011年8月19日金曜日

mind-boggling

"boggle"という動詞は、びっくり仰天させるとか、たじろがせる、という意味ですが、これは"bogle"という”お化け、幽霊”を意味する名詞から派生したものだということです。

名詞の"bogle"は、"bug"という名詞の異形とされており、この"bug"はウェールズ語でお化けを意味する"bwg"が、中期英語"bugge"に発展し、"bug"となったということです。

ちなみにここでの"bug"は虫という意味での"bug"とは別の単語で、かつては幽霊という意味で用いられていたようですが今は使われていない廃語ということになっています。

お化けに遭った時のびっくり仰天、たじたじ、からは随分発展していると思いますが、"mind-boggling"は、度肝を抜くような、という意味に加えて、信じられないような、という意味、さらには非常に難解な、という意味でも用いられます。

まず下記の引用ですが、これは前者の意味に近いと思われます。


An historical first was recently completed, a GAO (Government Accountability Office) audit of the Federal Reserve after nearly 100 years in operation, and the results weren’t pretty.

The audit uncovered a mindboggling $16,000,000,000,000.00 that’s been secretly given to US banks and corporations and foreign banks around the world. Beginning in December 2007 through June 2010, the Federal Reserve gave secret bailouts to numerous world banks, corporations, and foreign governments. Of course, in today’s politically correct terminology the Federal Reserve doesn’t refer to them as bailouts; they’re labeled under the guise of an all-inclusive loan program.
(James Sandefer. Where do I get in line? Tucson Citizen. August 4, 2011.)


2番目の意味で用いられている例としては下記のようなものがありました。これはつまりびっくり仰天が発展して、信じられないような出来事を形容する意味で用いられているものです。


A little boy has made a mind-boggling recovery after being sucked into the frigid Pacific Ocean – and enduring more than 15 minutes underwater.

After spending the weekend in the ICU of OHSU Doernbecher Children's Hospital in Portalnd, Ore., Charles "Dale" Ostrander's parents were thrilled to see their little angel's miraculous recovery.
(Joyce Chen. Miracle on the Pacific Coast: Boy revives after nearly drowning, being underwater 15 minutes. New York Daily News. August 20, 2011.)


3番目の意味、”非常に複雑な、難解な”という意味での用法は、ランダムハウス英和辞書では、例として、


mind-boggling puzzle(非常に難解なパズル)


というものが挙げられていました。この意味にぴったりの具体例として、以下のようなものがありました。


The official Windows Phone blog has announced the availability of two popular official Xbox Live games in the U.S. Marketplace for the Windows Phone. The two classic puzzle games are Minesweeper and the mind-boggling Sudoku.

These games will give fans of the Xbox a reason to cheer as they are the official versions and come with unique powerups and achievements.
(Two official Xbox Live games arrive on Windows Phone. Mobiletor.com. August 13, 2011.)


お化けから発展した"mind-boggling"は、色んな意味に発展しています。


2011年8月18日木曜日

hate crimeとは?

何気なく記事のヘッドラインを眺めていたのですが、今日はやたらと"hate crime"という表現が目につきました。

"hate"も"crime"も基本的な単語なので、そのまま頭で和訳すると、”憎しみ”による”犯罪”、と解釈できるのですが、いまいちしっくりときません。

試みに1つの記事にアクセスして読んでみたのですがちょっと混乱してしまいました。


Parents Gunned Down Walking With Child
Wife killed, husband shot while walking with son.
By Brian Thompson and Shiba Russell

Authorities say a young Pakistani woman was killed and her husband was wounded when they were gunned down as they walked along a quiet neighborhood street with their 3-year-old son in northern New Jersey.

The Morris County prosecutor's office has said a preliminary investigation suggests the shooting was not random. A law enforcement source tells NBC New York that it is not being considered a hate crime.

"From what we have already determined ... it should be noted that this shooting clearly appears to be target specific and that there is not a continuing danger to the general public at large," said Morris County Prosecutor Robert Bianchi.
(NBC New York. August 17, 2011.)


アメリカでパキスタン人が銃で撃たれたという事件についてなのですが、警察当局の調べでは事件は"hate crime"ではなく、"target specific"だということなのですが、ここで混乱したのです。

つまり、憎しみによる犯行ではなくて、ターゲット(被害者)を狙ったものだ、ということですが、日本で殺人事件などがあると怨恨の線があるとかないとか言われますが、怨恨があるということが被害者と結び付ける訳で、記事の説明が矛盾しているように思えたからです。

つまり日本での報道ならば、怨恨(ターゲットが特定されている)か無差別(ターゲットは特定されていない)か、のどちらかという先入観があったため、この記事の内容に混乱したわけです。

しかしながら、いくつか他の記事も拾い読みをしていて、"hate crime"に特別な意味があることが何となくわかってきました。例えば以下の記事です。


Report: California hate crime rate remains steady
The Associated Press
Posted: 08/12/2011 10:20:01 AM PDT
Updated: 08/12/2011 03:04:09 PM PDT

SAN FRANCISCO—The overall number of hate crimes in California remained steady last year, but the number targeting Hispanics jumped significantly.

A state Department of Justice report released Thursday said there were 1,107 reported crimes motivated by race, religion, sexual orientation and other forms of bias in 2010. That's just seven more cases than in 2009.

While hate crimes against Jews, blacks and the LGBT community decreased, the state said hate crimes against Hispanics increased by 47 percent. Officials recorded 119 anti-Hispanic crimes in 2010, compared with 81 in the previous year.
(Mercury News. August 12, 2011.)


上記を読んでいただければもうお分かりいただけると思いますが、"hate crime"とは人種や宗教などの違いからくる憎しみから行われる犯罪行為のことを指しているのです。

従って、憎しみ=怨恨、ではありますが、それはアメリカ社会という多人種、多宗教の国における特別な憎しみであって、日本人には直感的に理解しにくいものかも知れません。(国際感覚豊かな方はすぐにお分かりいただけると思いますが・・・。)

日本と言うのは平和な国だなあと改めて思わずにいられません。








閑話休題 ― 大統領の夏休み日数、歴代1位は?

久々の閑話休題です。

昨年のちょうどこの時期くらいに、著名人の夏休み、というテーマでいくつかの単語をお送りしましたが、やはりこの時期は米国メディアは大統領の夏休みを報じています。

国債の問題などもあり、大変な日々が続いていたオバマ大統領も8月17日から10日間の夏休みを家族と過ごすようです。

避暑先は昨年と同じく、マサチューセッツ州のMartha's Vineyardというところだそうです。小生は行ったことはありませんが・・・。

さて、この時期の夏休み取得にはいろいろ批判もあるようです。小生も来週をお休みにするのでsが、なんのかんのと、そこは大統領と一緒では全くありませんが、ややこしいことがあるものです。今日は静かに、真面目に働いて来ました。

ところで10日間というのはアメリカ人にしてみれば短い方なのではないでしょうか?

実は歴代大統領はもっとたくさん休みを取っているという統計があるそうです。

さて1位は誰でしょう?

答えはこの記事にあります。


2011年8月17日水曜日

同じ土俵 ― ballpark

"ballpark"という単語は、主としてアメリカ英語ですが、野球場を意味する名詞です。さらに、口語表現ですが、概算や大体の範囲のことを指すのに、"ballpark"が形容詞として用いられることもあります。

例えば、

ballpark estimate

で概算見積もり、といった概念を意味するのに用いられます。

Give me a ballpark figure of next year's sales.

と言えば、来年の売り上げの概算を教えてくれ、ということになります。

"ballpark"という単語についてこの程度の知識はあったのですが、下記の記事での用法を見たときに、おや?と思いました。


Watching too much television could shorten your life, a study suggests. Research carried out in Australia, and published in the British Journal of Sports Medicine, showed that every hour of TV watched after the age of 25 may shorten lifespan by 22 minutes.

According to one of the report's authors, Dr Lennert Veerman, from the School of Population Health at the University of Queensland, it puts long hours spent in front of the box "in the same ballpark as smoking and obesity". "While smoking rates are declining, watching TV is not, which has implications at a population level," he said.
(Alison Rourke. Too much television may shorten your life. The Guardian. August 16, 2011.)


テレビの見過ぎで早死にする、という刺激的な見出しなのですが、後段によると、テレビの見過ぎがもはや喫煙や肥満と同じ"ballpark"に置かれることになった、とあります。

ここで上述の、”野球場”の意味が当てはまらないことは明らかですが、”概算の”といった形容詞的な意味もしっくりきません。

辞書を見てみますと名詞としての意味に、


大体の範囲、概算、見当
活動の場


といった意味もあることが分かりました。"in the right ballpark"というエントリもありこれは、(予想や概算が)大体あたっている、いい線いっている、というような意味だということも分かりました。

しかしながら、引用記事の該当部分を適当な日本語にするのに少し頭を使う必要がありそうです。

記事のコンテクストから明らかですが、テレビの見過ぎが人間の寿命に影響を与えるという点で、喫煙や肥満と同じレベルの話になった、ということだと解釈できます。これは、日本語で言うところの、”同じ土俵に乗っかった”、というのがぴったり来ます。

勿論、手元の英和辞書には、”土俵”などという訳語は見当たりませんでしたので勝手な解釈になるかもしれません。ここで、このようなコンテクストでの"ballpark"の用法が標準的なのか、という疑問がわいてきます。

例えば、下記のような用例がありました。


Some scientists note that a change of only a few degrees -- 6 or 8 degrees Fahrenheit -- in average global temperature can swing a moderate climate into an ice age, or warm it up considerably. Such swings have, in fact, been occurring throughout the planet's history, with accompanying changes in sea level of as much as 400 feet. The new IPCC report projects a total global sea-level rise of from six inches to three feet over the next century. " I think we're in the same ballpark using different methodologies, " said a co-author of the EPA report, Vijay K. Narayanan of Technical Resources International.
(The Washington Post. 1995.)


ここでも、"in the same ballpark"となっています。この引用例のコンテクストでは、地球温暖化に関して、計測や予測の方法論は異なるものの、大体において同じ土俵にある、というような解釈ができるでしょう。

と、ここまで書いていて、ふとコリンズ・コウビルドのイディオムの辞書があったことを思い出したので引いてみると、ありました!


in the same ballpark
If you say that one person or thing is in the same ballpark as another, you mean that the first person or thing is comparable to the second, or is as good or important as the second. This expression is used in American English.


この説明はしっくりきます。英和辞書の説明にも同じようなエントリが欲しいところです。

2011年8月16日火曜日

詩と多芸多才 ― well-versed

"verse"という単語はキホン500単語とか1,000単語の1つでしょうか、中学か高校で暗記したような記憶があります。意味は、”詩、韻文”です。"verse"イコール”詩、韻文”・・・というように呪文のように唱えたりノートに書きつけて暗記するのですが、元々詩とか韻文などに親しみもなく、また日常生活で実際使うこともないのでそれきりです。それでも今現在、"verse"というスペルを見て、”詩、韻文”という訳を思い起こすことができるのは、一所懸命の暗記の努力のお陰なのでしょうか?

さて、今日取り上げる単語は、"well-versed"なのですが、"-versed"の部分を見て”詩、韻文”を思い出してしまうのは、上記の暗記的学習法の弊害かも知れません。

"well-versed"は詩とも韻文とも全く関係はなく、”熟知した、熟達した”といった意味で用いられる表現だからです。


SINGAPORE: The number of cases of the public making tough demands on frontline staff in government departments has been on the rise in the past few months.

Prime Minister Lee Hsien Loong spoke of this trend in his National Day Rally on Sunday.

Channel NewsAsia finds out how North West Community Council deals with such problems.

"The new generation is very well-versed with all the media and everything, so they know all the assistance that's available. They want immediate assistance, like on the same day," said Jeyanthi Jayabala, senior manager of North West CDC.

To protect officers from abusive members of the public, cameras have been installed in meetings rooms. A "panic button" can also activate security officers when there's violence.
(Wayne Chan. Govt frontline staff face more demanding customers. Channel New Asia. August 16, 2011.)


”熟達している、熟知している”という意味だと書きましたが、続く前置詞はコーパス(Corpus of Contemporary American English)で調べてみますと、


well-versed in
well-versed on
well-versed with


の順に多い事が分かりました。中でも"well-versed in"が217件とずば抜けて多く、"...on"や"...with"はそれぞれ15件、2件と少なくなっています。

上記の記事引用例では"well-versed with"ですので少ない方の用例ということになりますが、最近のニュース記事などで見ると"...with"がもっぱらのように思われます。

"...in"の場合は、


be well-versed in American history


のように、専門分野などについて言う場合に使われることが多く、"...on"の場合は、


be well-versed on the technical issue


のように、特定のテーマや主題について言う場合があてはまるようです。これは一般的な前置詞の用法と同じかと思われます。

では、"...with"の場合はどうなのかということですが、こちらは"with computer"や"with weapons"など、道具や技術に関するものが多く、内容的にも専門分野などというよりは、よりくだけた話が多いように思われます。その意味では、”よく通じている”というような訳語の方が、”熟知している”とか”精通している”というような表現よりも漠然としていてよいのかもしれません。

ところで冒頭で、"well-versed"は詩や韻文とは何の関係もないと書きましたが、語源的には、"verse"(詩、韻文)と同じです。

"verse"、"well-versed"共に、ラテン語のvertere(to turn)から派生したものです。多芸多才を意味する、"versatile"という単語も同様です。

古来、詩や韻文を作るのは言葉の技術に秀でた人に許された技術で、教養があることの象徴でもあったかと思います。現代では多くの専門分野や専門技術、領域が発達を遂げましたが、言葉に見る多芸多才はやはり詩と韻文に通じるようです。










2011年8月15日月曜日

動詞"lend"について考える

今日は"lend"という動詞について考えてみたいと思います。

お金や道具、本や自転車など、”貸す”という意味では、基本中のキホン単語でしょう。

日本語で、”手を貸す”、”耳を貸す”はそれぞれ、”助ける”こと、”相手の話を聞く”ことの比喩的な表現ですが、英語でも、


Can you lend me a hand with this package?
lend an ear to the teachings of one's parents


などのように表現されます。

さて、今日"lend"という動詞を取り上げようと思ったのは、下記のような表現に出くわしたのがきっかけです。


“This is the device educators have been eagerly awaiting for generations. This is the stuff of ‘Star Trek’ made real, and not just in terms of cosmetics, but in terms of functionality,” said Thomas White, the school’s iPad integration coordinator. “Tablets are the future of mobile computing, especially in an educational environment. The iPad is the right amount of machine for the pre-college classroom. The laptop is too much machine and does not lend itself to the mobile environment of a high school or a middle school. The smart phone, though powerful, is not enough. The tablet is just right.”
(Julia Clerk. Next Generation Learning. Los Angels Times. August 12, 2011.)


動詞"lend"に再帰代名詞(oneselfやitselfなど)が一緒に用いられる特殊な表現です。上記の引用記事でも使われていますが、"lend itself to"というパターンが多いようです。

この表現の解釈は、”貸す”という日本語を少し忘れる必要があります。多くの辞書では、主語に来る対象(記事で言うとラップトップコンピューター)が、前置詞"to"以下の状況(ここではモバイル環境)に、


役に立つ
向いている


という意味で用いられる、とあります。記事では否定形になっていますので、(iPadに比べて)ラップトップPCはモバイル環境向きではない、という解釈になります。

再帰代名詞として、"myself"や"himself"などと用いられる場合は、


身を入れる
力を貸す


という意味で用いられることもあります。


Basically, I had to put my children away for two years. "I had to put my wife away. I had to put my God away," Howard says of that time. "I had to lend myself to a movie for two years."
(Chicago Sun Times. 2005.)


ですが、コーパスで調べてみると、この種の表現は、再帰代名詞にitself(またはその複数形であるthemselves)を取る前者のタイプが圧倒的に多く、人が主語となって再帰代名詞にmyselfなどを取る後者のタイプは比較的少ないようです。



2011年8月12日金曜日

英語の中の猫(5) ― catcall

英語の中の猫というテーマでお送りしておりますが、今週最終日である金曜の今日は、"catcall"です。

"catcall"という名前の楽器があることをご存知ですか?日本語では猫笛という名前だそうです。私は知りませんでしたが、猫の鳴き声に似た音を出す楽器です。こちらに動画があります。

さて、この猫の鳴き声(または猫笛の音)をどう解釈するかですが、心地の良いものだとは言えないようで、野次るときの声になぞらえられたもののようです。

従って、"catcall"という場合、それはヤジや批難、不満の声について言うことがほとんどであり、称賛や歓迎の場合では決してありません。


A chorus of boos rained down each time they announced his name, and with every catcall, every insult, he kept his head up and bit his tongue.
(Bob Macmanaman. Diamondbacks’ Justin Upton on a path to stardom? Tucson Citizen. July 21, 2011.)


もう1つ引用します。


Inside, student union leaders accused the Sarkozy government of trying to "privatize" universities and exploit worries over final exams to split the protest movement. Boos and catcalls greeted the speakers who wanted to end the strike as well as those who wanted to continue.
(Christian Science Monitor. 2009.)


"boos and catcalls"とありますが、"boo"も"catcall"も批難や不満の声であり、いわゆる冗語の表現として定着しているように思われます。似た表現に、


whistles and catcalls
shouts and catcalls
hoots and catcalls


などがあります。



2011年8月11日木曜日

英語の中の猫(4) ― cat's-paw

英語の中の猫、というテーマでお送りしている今週ですが、4日目の今日は、"cat's-paw"という表現を取り上げます。

"paw"とは、四足動物の脚のことです。"cat's paw"(ハイフンをつけない場合もあるようです)は、猫の脚、あるいは猫の手、といってもよいでしょう。

実はこの表現、イソップ童話に由来するものです。

仲良しのサルとネコが昔いました。サルは火中の栗を取るのに、ネコをおだてて、自分では手を動かすことなくネコに取らせて、ちゃっかりと栗だけはいただきます。ネコは火傷したということです。

このことから、他人に思うように操られる人のことを、"cat's-paw"と表現するようになりました。


When Lobsang Sangay is sworn in as Tibet’s first elected prime minister he will face one of the most daunting challenges in international politics – to replace the Dalai Lama as the face of the Tibetan movement, confront China over its abuses in Tibet, while reassuring the restless younger generation of exiles that he can make progress towards an accommodation with Beijing.

(中略)

“He has big shoes to fill and his challenge is to lead without the Dalai Lama. He must prevent the Tibetan movement sliding, establish good connections with the Indian government, which will be looking at him with suspicion that he will follow an American agenda,” said Mohan Guruswamy, director of India’s Centre for Policy Alternatives and a leading commentator on China.

He said he will have to inspire his own people at a time of transition and that he will have to be more ‘pro-active’ than the Dalai Lama has been to achieve this. “He will have to actively drum up support all over the world at a time when the Tibetan movement is becoming not militant, but more pro-active and he will have to establish his credibility. But the more he does that the more he will face charges that he is an American cat’s paw,” he added.
(Tibet's first prime minister: the challenges ahead. The Telegraph. August 10, 2011.)


ちょっと引用が長くなりましたが、チベットの新首相に選ばれたロブサン・センゲ氏に関する記事なのですが、国際政治の舞台でのこれからのチャレンジについて書かれているものです。難しい舵取りを求められる中、アメリカの”手先”とも取られかねないリスクもあるということのようです。

もう1つ>引用します。裁判の話題ですが、この表現の成り立ちについて触れている個所があります。


An old fable, sometimes inaccurately attributed to Aesop, is so rich in parallels to human behavior that it has provided us with a legal theory and some lessons in business management.

The fable tells this story: A cat and a monkey are always hungry and always getting into mischief around the house. In the kitchen, some chestnuts have been roasting and are now ready to eat but are still in the hot embers of the fire. Using flattery — “I could do it, but you are SO much better at it” — the monkey talks the cat into retrieving the chestnuts, saying that they would share them. The cat pulls them out of the embers, burning her paw in the process, but the monkey runs off with them all.

The fable gave rise to the expression “cat’s paw,” to describe someone who is unwittingly manipulated into doing something. It’s a polite way of referring to a dupe or a stooge.
(James McCusker. ‘Cat’s paw’ fable offers employment law lesson. Snohomish County Business Journal. July 28, 2011.)


法解釈の細かい話はよく分かりませんが、この語の成り立ちがよく分かります。




2011年8月10日水曜日

英語の中の猫(3) ― fat cat

今週のテーマ”英語の中の猫”、3日目の今日は、"fat cat"という表現を取り上げます。

直訳すれば、”太ったネコ”ということになりますが、意味は様々あるようで、ランダムハウス英和辞書では、


金持ち
著名人
お偉方
多額の政治献金をする支持者
高給取り


などの意味が列挙されています。いずれも多少の蔑みがある、といってもよいと思いますが、金持ちとデブ(fat)はイメージが重なるのでしょうか?


Fat-cat public officials are to be hit with higher pension contributions than previously thought, ministers announced yesterday.

They will have to pay an extra 6 per cent of their salaries towards their gold-plated pensions, on top of what they already contribute.

It had been expected that top civil servants and other senior figures such as chief constables, judges and hospital consultants would face a 5 per cent increase.

The move, which will also affect the highly-paid heads of large schools and the chief executives and department heads of local councils, will cost senior staff hundreds of pounds a year.
(Daniel Martin. Fat cats to pay 6% more for gold-plated pensions costing civil servants hundreds per year. The Daily Mail. July 19, 2011.)


"fat cat"が形容に用いられるのは、上記の引用例でもそうですが、役人とか政治家、会社のお偉いさん、とか、やはり一般庶民から見ればいけ好かない階層の人たちのことについて言う時が多いようです。





2011年8月8日月曜日

英語の中の猫(2): 臆病者 ― scaredy cat

今週は”英語の中の猫”というテーマでお送りしています。

2日目の今日の単語は、"scaredy cat"という表現です。"scaredy-cat"というようにハイフンで接続されていることもあります。意味は、”臆病者”です。


OUR animal welfare friends are this week hoping one of our readers can provide a loving home for a clever lad called Cody.

The four-year-old Labrador cross is a very a sweet, affectionate and playful dog with a cheeky character and a fun spirit.

(中略)

“Cody is house-trained and travels well in the car. He is a bit of a scaredy cat and suffers from anxiety. He is afraid of loud noises and being on his own. He would love for an area of his own to go and hide in to chill out when feeling scared.
(Graham Miller. Cody looking for a new home. Wishaw Press. August 8, 2011.)


犬についての記述なのに、"scaredy cat"とは面白いですね。






英語の中の猫(1): 模倣犯 ― copycat

週末にショッピングセンターに行きました。変わった雑貨屋があったのですが、いわゆるアメリカ風のレトロな雰囲気を醸し出しているようなお店で、ちょっと古いコカ・コーラの看板とか、バドワイザーのロゴの入ったミラーだとか、そんなものを所狭しと並べているようなお店です。ほいほいと目がつられた先に、何年ぶりに見ただろうかと懐かしくなったものがありました。Felix the Cat (雄猫フェリックス)のポスターです。読者の皆さんはご存知でしょうか?年齢がばれるかも知れませんが、私の子供のときはガムの包装紙にこの黒猫のキャラクターが描かれていました。元々はアメリカの漫画家Otto Messmer氏による1900年代初めの頃の漫画だということですからその歴史は古いのですが、日本で流行りやりはじめたのが1960年代ということですから、懐かしい方も多いでしょう。

ということで、今週は猫(”cat”)をテーマにお送りしたいと思います。

どんな言語でもそうだと思いますが、動物の名前はメタファーや特定のイメージを表現するために用いられることが多く、”cat”という単語も例外ではありません。


London riots: Looting and violence continues

Police have condemned a wave of "copycat criminal activity" across London in a second night of looting and disorder following riots in Tottenham.

Officers had been attacked and a number of police vehicles had been damaged, the Metropolitan Police said.

A Footlocker shop in Brixton, south London, was set on fire while other nearby stores were looted.
(BBC News. August 8, 2011.)


“copycat”は、”模倣する、まねする”という動詞、”模倣者、模索者”という名詞の意味があります。また、形容詞としても用いられますが、いずれにおいても、軽蔑的な響きを持つ表現です。

日本語でも、”猿真似”と言いますが、”copy”(模倣する)という単語にわざわざ、”cat”を付けているのは模倣という行為に対する話者の蔑みが表れていると言えるでしょう。

引用記事ですが、ロンドン市中で暴動が起きており、店舗に対する略奪行為などの模倣犯罪が増えているそうです。

“copycat”という単語が形容詞として用いられるケースですが、犯罪などについてこの形容詞が用いられることが多いようです。


copycat killing
copycat murder
copycat crime

といったものです。

尤も、犯罪に限らず、いわゆる模造品のようなものについても用いられます。


When Prozac and copycat drugs were up for approval from 1986 through the early 1990s, the drug companies appeared aware of the need to keep the suicide issue from mushrooming.
(Denver Post. 2004.)

2011年8月5日金曜日

キリンの”アイスプラスビール”、受けは? ― suds

キリンがアイスプラスビールなるものを発売したらしいことは確か新聞で読んだような気はするのですが、ほとんど気に留めていませんでした。何でも、氷を入れたグラスに注いで飲むビールだということで、常識を覆すような発想だとは思いましたが、果たして消費者受けするのかどうかが疑問でした。

CNNの記事では、どちらかというと否定的な見方のようです。ガイジンのビール好きには氷を入れて飲むなんてご法度なんでしょうか。


Beer popsicle alert as ice beer hits Japan
Real ale buffs likely up in arms at Kirin's crazy Ice Plus Beer

We have some good news and some weird news for beer purists.

The good news is, Kirin has announced a new addition to its suds lineup, and for once it’s actual beer, not that “happoshu” blend of liquor and goodness-knows-what that Japanese breweries cook up to benefit from tax breaks.

The weird news is, Kirin’s Ice Plus Beer is designed to be consumed on ice. Yes -- in a glass, over a stack of fresh cubes of frozen water.
(Matt Alt. Beer popsicle alert as ice beer hits Japan. CNN. August 3, 2011.)


さて、今日取り上げたい単語ですが、”suds”という見慣れない単語です。

Kirin has announced a new addition to its suds lineup...


とありますが、”suds”とは、ビールを意味する俗語(米、カナダ)だそうです。”suds lineup”とはつまり、キリンのビール飲料のラインナップ(製品群)ということです。

“suds”のもうひとつの意味に、”石鹸の泡”というものがありますが、なるほど、ビールの泡と石鹸の泡と同一に見ているのでしょうか。

”氷を入れるとコクが引き立つ”のだそうですが、ちょっと飲んでみたい気もします。

2011年8月4日木曜日

チャウチャウ犬? ― chow

債務上限引き上げ問題で混乱しているアメリカですが、何とか債務不履行(デフォルト)になる危機だけは回避できたというニュースが最近の経済ニュース、海外ニュースのホットトピックです。

これで一安心と胸をなでおろしたのかどうかは分かりませんが、オバマ大統領は債務上限引き上げ合意に尽力したスタッフを食事に招待したということです。

大統領に招かれた席で振る舞われたのは?

答えはハンバーガー。

ちょっと意外な気もしますが、連邦議会議事堂のあるCapitol Hillの近くでのランチだったということで、アメリカならではでしょうか。


With the debt-limit bill finally signed into law, President Obama on Wednesday rewarded his staff with some burgers at Good Stuff Eatery.

The burger joint, created by “Top Chef” alum Spike Mendelsohn, is popular among the Capitol Hill lunch crowd.

Good Stuff’s menu even includes odes to the commander in chief and first lady — it features a “Prez Obama Burger” (which includes bacon, onion marmalade, Roquefort cheese and horseradish mayo) and a “Michelle Melt Free Range Turkey Burger” (topped with caramelized onions, Swiss cheese, tomato, lettuce and herb garden mayo).

Obama chowed down with staffers who were involved with the debt-ceiling discussions, including Jack Lew, Rob Nabors, Nancy Ann DeParle, Bruce Reed and Gene Sperling.
(Judy Kurtz. Obama rewards staff with burgers. The Hill. August 3, 2011.)


さて、今日の単語は、”chow”です。見慣れない単語ではないでしょうか?

辞書を引くと、”食事、めし”という名詞の意味と、”食べる、食う”という動詞の意味とがあります。動詞の場合、”chow down”の形で用いられることが多いようです。

この単語は口語として用いられるようですが、”めし”、”食う”という言い方からなどからすると、高尚なレストランでの食事というよりも、ざっくばらんとした食事、また、どちらかと言えば、下品とまでは言わないまでも、がつがつと食べるようなイメージがあります。

なぜそう思うのか?語源を辿ってみると、”chow”は、”chow-chow”の短縮形だということです。

では“chow-chow”とは?

関西に10年ほど住んだ経験のある小生はまっさきに”チャウチャウ犬”が頭に浮かんだのですが、そのチャウチャウ犬は別の単語です。米語で"chow-chow"は、からしソース漬けピクルスのことを言うそうです。ピクルスを刻んで供される、ハンバーガーでもおなじみの付け合わせです。

また、形容詞として、ごた混ぜの、種々様々の、という意味もあるということです。

このようなイメージから、やはりナイフとフォークでいただくフランス料理というようなイメージというよりも、仲間が1つのテーブルを囲んでワイワイとピクルスをつまんだり、ハンバーガーを頬張っているほううがイメージがあうと思うのです。

2011年8月3日水曜日

slake

昨日の投稿で、世界のデータセンターによる電力消費量が2005年当初に予想されたほどの増加に至っていない、というニュースからの記事を引用しました。今日は同じ内容ですが、別メディアからの記事を引用します。


SAN FRANCISCO — Data centers’ unquenchable thirst for electricity has been slaked by the global recession and by a combination of new power-saving technologies, according to an independent report on data center power use from 2005 to 2010.

The report, by Jonathan G. Koomey, a consulting professor in the civil and environmental engineering department at Stanford University, found that the actual number of computer servers declined significantly compared to 2010 forecasts because of this lowered demand for computing and because of the financial crisis of 2008 and the emergence of technologies like more efficient computer chips and computer server virtualization, which allows fewer servers to run more programs.

The slowing of growth in consumption contradicts a 2007 forecast by the Environmental Protection Agency that the explosive expansion of the Internet and the computerization of society would lead to a doubling of power consumed by data centers from 2005 to 2010.
(John Markoff. Data Centers’ Power Use Less Than Was Expected. The New York Times. July 31, 2011.)


冒頭の部分、データセンターにとって電力消費が避けられない性質のものであることを、”unquenchable thirst for electricity”と、人間の喉の渇きに喩えているあたり、ニューヨーク・タイムズ紙ならではかもしれません。

さらに、思ったよりも電力消費量が増えていないことについて、


thirst... has been slaked by the global recession and...


と続けています。”slake”という単語は聞きなれませんが、”和らげる”、とか”満たす、いやす”、そして”(飲み物などで)潤す、冷やす”という意味で用いられます。

語源に目を向けると、形容詞”slack”と同語源とあり、さらに”slack”の語源は、”lax”に遡るとあります。”slack”も”lax”も、”たるんでいる、緩い”という意味で用いられる形容詞であり、イメージが重なります。

2011年8月2日火曜日

a whole lot

今日取り上げる表現は少し学校文法じみたものになります。

“a whole lot”という強調表現をご存知でしょうか?英和辞書では口語表現とされています。例えば以下のコンテクストでの使用例をご覧ください。


It turns out that the electricity used by data centers around the world increased a whole lot less from 2005 to 2010 than was originally predicted, according to new research by Stanford's Jonathan Koomey.

A big reason the power sucked up by the world's data centers only increased by about 56 percent over that five-year period rather than doubling as it did from 2000 to 2005? The global economic slowdown following the 2008 financial crisis resulted in a significant drop-off in new server installations, according to the Stanford professor.
(Damon Poeter. Study: Data Centers Sucking Up Less Power Than Predicted. PC Magazine. August 1, 2011.)


日本は節電の夏ですが、コンピューターのデンターセンターはさぞかし電力消費が多いだろうとか、停電対策や節電はどうなっているのか、などとかく槍玉に上がりそうですが、実は電力消費量は2005年比で見ると、予想されたよりも増えていないんだとか。最近の経済の低迷によるところも大きいようです。また、いわゆるヴァーチャル化の技術によって、昔ほどサーバーを新規に設置することもなくなってきたということもあるようです。これはグローバルレベルでの話で、日本だけで見た場合ではどうかはわかりませんが・・・。

さて、英語表現に戻りますが、


the electricity used by data centers... increased a whole lot less...


とありますが、”increase”、”whole”、”lot”、”less”と単語が連続しており、果たして増えたのか、減ったのか、ちょっと混乱してしまいそうです。

単語の意味からすれば、”increase”、”whole”、”lot”の3つは多い(増加)というイメージがあり、”less”はより少ない(減少)というイメージで、3対1で増加の方に分があるような風にも思えてくるのですが、正しい解釈は、


the electricity used by data centers... increased less...


であり、”増加はより少なかった”(つまり、あまり増えなかった)、ということになります。

そこで、”a whole lot”の解釈ですが、ここでは強調のための副詞句として用いられているもので、”ずっと”、”非常に”といった意味で用いられます。強調するという意味では、単に”a lot”と表現するのと大きく変わらないようにも思われます。”a whole lot”の方が単語1つ分多いだけ、より強調しているということになるのかもしれません。

もう1つ引用しましょう。


Off-road racing is a whole lot different from more traditional racing. The course is rough. The drivers have to navigate hills and quick turns. And the spectators aren't behind massive steel fences. Our Josh Levs giving us a look here at the track as well as the rules.
(CNN. 2010.)


“a whole lot”についてもう迷いませんね。

2011年8月1日月曜日

アル・パチーノさんの娘を逮捕 ― DWI

実は小生、アル・パチーノは結構好きな俳優の一人なもので、ヘッドラインがすぐに目に付いてしまいました。


Al Pacino's daughter arrested on DWI charge

Al Pacino’s 21-year-old daughter was busted in lower Manhattan this morning for DWI after admitting she threw back a few beers and smoke pot, police sources told The Post.

Julie Marie Pacino, an aspiring film director, was nailed around 1:30 a.m. at a West Houston Street checkpoint near Washington Street, the sources said.

She had a male passenger in the car, a 2009 Mercedes with California plates that had an expired registration.
(New York Post. July 30, 2011.)


アル・パチーノに娘がいたんだ・・・という程度ですが、有名人の家族というのは大変だなあ、というようにも思います。勿論飲酒運転は許されるべきではありません。

さて、今日の単語ですが、"DWI"は、

driving while intoxicated

の頭文字を取ったものです。つまり飲酒運転のことです。

ヘッドラインを見たとき、DWI、イコール飲酒運転とは分からなかったのですが、英和辞書にはDWIのエントリがありました。

記事中には、DWIを説明していませんので、English speakerには自明の単語なのでしょうか。

余談ですが、New York Postはアメリカのいわゆるタブロイド紙のようですが、New York TimesやWashington Postのような上品な(!?)新聞と違って、俗語表現満載といった感じがします。

上記の引用でも、普段はあまりお目にかからない(学習英語ではまず習うこともない)表現が多数見られます。


Al Pacino’s 21-year-old daughter was busted in lower Manhattan...
("bust"は、逮捕する、パクる、の意の動詞)

...after admitting she threw back a few beers and smoke pot
("throw back"は、食べる、飲む、の意)

Julie Marie Pacino, an aspiring film director, was nailed around 1:30 a.m.
("nail"は、逮捕する、検挙する、の意)

Daddy’s little girl was hauled into the 7th Precinct...
("haul"は、逮捕する、の意)


”逮捕する”というだけでこんなにいろんな表現があったんですね・・・。