最近30日間のアクセス数トップ3記事

2009年6月30日火曜日

flight away

今日のGoogle Newsを携帯で読んでいたら、見出しからして見慣れない表現です。


Only a flight away? Swine flu followed route map

WASHINGTON (Reuters) - Health experts are fond of saying any new disease is just a flight away from anywhere, and a report published on Monday shows the new strain of H1N1 flu followed the airline route map as it spread around the globe.

The swine flu virus spread first and quickest in March and April in the United States and Canada -- where 80 percent of airline passengers traveled in March and April of 2008, researchers at St. Michael's Hospital in Toronto found.


"flight"は何か特別な意味があるのかと帰宅してから辞書などを調べてみましたが、結局、いわゆる”飛行機のフライト”のことだと結論しました。このような用法ですが、結局のところ、

He lives in three miles away from the train station.

とか

The museum is ten minutes away by bus.

といった例文に見られる、"three miles"や"ten minutes"のように、"a flight"は漠然と距離感を示す単位的な意味で用いられていると考えられます。

飛行機での移動が日常茶飯事になった今日では、"flight"も単位的な意味で用いられるようになったと言えるということでしょうか?

問題はこの箇所を日本語にどう訳すかですが、なかなか難しいですね。

みなさんは"flight away"をどう訳しますか?

2009年6月29日月曜日

"i before e except after c”

最近、同僚との話でスペルがややこしい単語の話になり、このルールのことが話題になりました。

この有名な(?)ルールは、cの後に続く場合を除き、iはeの前に来る、というものです。例えば、知覚するという意味の単語、"perceive"、はこのルールに当てはめると、cの後なので、e-i-、と続くわけです。

このルールについて、私も聞いたことはあったような気もしたのですが、天邪鬼なもので、電子辞書全盛の今日、例外を探すのはあまり困難ではありませんでした。

being
foreign
homogeneity

など、cに続くものでなくとも、e-i-となるパターンは多くあり、ルールに当てはまらないと思われます。

と、そのようなことがあった後、6月のTimes誌で、このルールに関する議論が取り上げられていました。


Generations of children have learnt how to spell by chanting “i before e except after c”, but new guidance from the Government says that schools should stop teaching the rule because it is irrelevant and confusing.
(Schools told not to teach ‘i before e except after c’ spelling rule. The Times. June 20, 2009.)


Full articleはこちらを。

cause célèbre

表字から分かるように、フランス語ですが、英語の表現として定着しているようです。世間の耳目を良くも悪くも集めた裁判、また”裁判沙汰”(事件や出来事)を指します。


During a 1982 murder trial in Philadelphia, a city that's more than one-third black, the court settled on a jury of 10 whites and two blacks only after prosecutors eliminated 10 qualified black candidates from the jury pool. It took that jury just four hours to hand down a first-degree murder conviction to a young black man accused of killing a white police officer. Little did anyone know that by sentencing radical black journalist Mumia Abu-Jamal to death they were sparking a movement against the death penalty that would eventually make Abu-Jamal an international cause celebre. He has written two books and countless articles for newspapers and journals, starred in an HBO special, produced his own compact disc and CD-ROM, and is the focus of a march scheduled for April 24 through downtown Philadelphia called " Millions for Mumia. "
(Innocence by Association. Mother Jones. 1999.)

2009年6月26日金曜日

rake up

rakeとは日本語でも、レーキという表字で使われますが、熊手のような、地面を掘り起こしたり、ならしたするために使う金物のことを指します。

熊手といえば、潮干狩りでも活躍するアイテムです。ハマグリを探すため、砂浜をほじくり返すのが目的です。

日本語でも、”(過去を)ほじくり返す”といいますが、あまり良い意味で用いられません。

一旦は収まっているものを、わざわざほじくり返す、ということで、"up"という副詞もその意味を引き立てているようです。


" I'd still like to know why she told you about the letters. " Julian said, because he was curious to see how Craddock would react, " I think she wanted to stop me asking questions about what happened between you and her twenty years ago. " " You poke your nose into everything, don't you? What happened between me and Lady Tarleton is none of your business! " " I agree there's no reason to rake up that matter again, " said Sir Robert. " It was thoroughly enquired into at the time? " Craddock laughed shortly. " I gave you a fair hearing, " Sir Robert insisted, and you had nothing to say in your own defence. "
(Cut to the Quick. Kate Ross. 1993.)

2009年6月25日木曜日

beef

牛肉ではありません。(笑)

強化する、という意味の動詞です。辞書では俗語に分類され、beef upという形で出てくることが多いとされています。

今日読んだGoogle Newsから。


Al Qaida is intent on using the internet to launch a cyber-warfare campaign against the UK, ministers have revealed. Terrorist groups, which already use the internet for recruitment, propaganda and communication purposes, want to turn it into a dangerous weapon.
Security Minister Lord West issued the warning as he published the Government's new Cyber Security Strategy aimed at heading off online threats. As well as potential cyber-attacks from terrorists, the UK faces a real and growing threat from foreign governments such as China and Russia, and from organised criminal gangs, he said. Targets include key businesses, the national power grid, financial markets and Whitehall departments. As part of attempts to beef up defences, a new Office for Cyber Security will be set up to co-ordinate Government policy.

2009年6月24日水曜日

fiasco

失敗、それも大失敗、大失態を指すのですが、語源がイタリア語というのが興味深いものがあります。

字面からしてイタリア・ラテン系に見えますが、フラスコ(瓶)を意味するイタリア語と同根のようです。

大失態のような不名誉な言葉をなぜイタリア語源にとるのかはよく分かりませんが、オペラの舞台での失敗の連想から来た、という説が何となくしっくりくるとなると、やはり日本人はオペラ好きなのでしょうか??


If you are in financial difficulty, discuss your situation with your lender. As a result of the subprime mortgage fiasco, many banks are willing to work with you so that you can keep your house. Additionally, many local and state governments have assistance programs, and your lender should be able to identify these for you.
(Washington Post. 2008.)


ところで、"fiasco"と同語源となるフラスコからもお分かりのように、"fiasco"にはボトル瓶というのげ原義です。

一説によると、しくじった側が相手に酒を奢る、つまりワイン(ボトル)の勘定を払うことに由来する、とも言われています。


2009年6月23日火曜日

brainstorm

ほとんど日本語化してしまっているといってもいい単語ですが、もっぱら、”ブレーンストーミングする”、あるいはブレーンストーミングという行為そのもの、を指す意味で使われるのではないでしょうか?それもほとんどの場合は、ビジネスの会議の場などで、ブレーンストーミングの手法でアイデアを出し合う、といったコンテクストではないでしょうか?

名詞として、”妙案”や”ひらめき”、”インスピレーション”という意味で文中で使われることがあるというのは、ある意味新鮮でした。(私だけ・・・?)


When I entered the work world, I saw that the laxity of the East would not do at all in Chicago, and I cast about for a barber. I found a fellow who kept my hair thinned-out looking and acceptable, if somewhat nondescript. He cut my hair for several years, once every three weeks or so, and in the above-mentioned nonstyle. One day, he asked if he could " try something new. " He had just had a brainstorm, and would I experiment along with him? Well, I submitted and was treated to the surprise of a new appearance. The barber had cut my hair and then slicked it back, with a vast amount of some super-strength preparation. Slicked it back, so that it flowed from my hairline to the back of my neck in one ironed-looking progression.

2009年6月22日月曜日

the elements

elementという単語はまず、”要素”といった訳語が思い浮かびますが、複数形で"the elements"という現れ方をすると、(天候に現れる)自然力、大気の力といった意味、特に暴風雨といった意味で用いられます。自然の脅威、ということです。自然の脅威という意味では、暴風雨に限定されるものではなく、夏の強い直射日光や、真冬の凍てつく寒さなども含むものと思われます。


Our neighbor is an affluent inventor whose latest brainstorm, a feasible umbrella substitute, has been featured in many magazines. (中略)If a person is caught in a sudden rainstorm, he swings the plastic open in the shape of a cross. (中略)Now, equipped with a rigid head covering he can sally forth to face the elements.


If you want to save time, forget the river birch expedition and buy wreath bases made of either grapevine, straw or the standard evergreen. Decide whether your wreath is going to be an indoor decoration or if it needs to be able to withstand the elements, suggests garden writer and Denver Post columnist Rob Proctor.
(Denver Post. 1997.)

2009年6月19日金曜日

behind the wheel

wheelとは車のハンドル、つまりsteering wheelのことですが、behind the wheelで”ハンドルを握って”いる状態、”運転席にいる”状態を指します。

動詞のパターンとしては、


be behind the wheel
get behind the wheel
sit behind the wheel
climb behind the wheel


などです。


drunk behind the wheel

は、要は飲酒運転であり、あってはならない状況です。


The state Board of Pardons and Paroles rates the crime of driving while a habitual violator - which can involve a fourth DUI - in its lowest severity category, less serious than credit-card fraud. Clyde Harvey Pyles of Gordon County was sentenced to six years in prison for driving drunk in December 1990 - his 16th offense at the time - but the board paroled him in June after six months. He was caught drunk behind the wheel again in Gordon County in August.
(Atlanta Journal Constitution. 1991)

2009年6月18日木曜日

impunity

impunityは名詞として抽象的な意味で、"損害を受けない状態"を指しますが、前置詞withを伴って、"with impunity"という形で現れることが多いです。

"impunity"の前には、修飾語として、"virtual"や"relative"、"relative"、"complete"といった形容詞が付加され、"impunity"である状況を強調します。


To ranchers who live in the area and occasionally have witnessed them, such operations resemble military exercises. But these are not soldiers on maneuvers. They are gangs of Mexican drug traffickers who have become increasingly brazen as they push tons of marijuana, cocaine, heroin and amphetamines across the Rio Grande into the United States with virtual impunity. According to residents and law enforcement officials, southwestern Texas these days is a frontier under siege.
(Washington Post. 1996.)

2009年6月17日水曜日

remand

法律用語で、”再拘留する”、”下級審に差し戻す”という意味があります。名詞としても、”再拘留すること”、また”再拘留されている状態”を意味します。


LONDON (Reuters) - Too many children are being locked up on remand with three-quarters later acquitted or given a non-custodial sentence, a report on Wednesday said.

The Prison Reform Trust said under-18s should only rarely be imprisoned before their trial and called for a review of the system.
(Report says too many young people held on remand. Reuters UK. June 17, 2009.)

2009年6月16日火曜日

shank's mare

(車や電車でなく)”徒歩で”、ということを言う場合に少しおどけて表現する成句です。

中学時代から使っている小学館のプログレッシブ英和辞典(第2版)には興味深い訳語がついています。


shank's pony [mare]
n. (話) 自分の足(で歩くこと): go by ~ 「テクシー」で行く.


”テクシー”??

聞いたことのない表現ですが、どうやら大正時代の俗語表現らしいです。辞書の編者の方はお年寄りだったのでしょうか?おどけた英語表現を日本語に訳すのに苦し紛れに使ったのでしょうか?

2009年6月15日月曜日

crib sheet

crib sheetを辞書でひこうとすると、crib sheetでのエントリーは無いのですが、cribの名詞のエントリの何番目かの意味に"crib sheet"として、虎の巻、カンニングペーパーとあります。crib note、crib paperとも言うようです。(ちなみに、crib sheetは文字通り赤ちゃんの布団カバーを指すこともあるようです。)

ところで、日本語で虎の巻と言えば、秘伝書といった意味でも用いられ、あまり負のイメージは強くありません。カンニングペーパーはイコール不正であり、負のイメージが強いと思います。実際にはどちらの意味で用いられることが多いのでしょうか?

American Heritage Dictionary of English Languageを参照しますと、cribの項に、同義語として、ponyがあげられています。ponyを参照すると、さらに同義語として、trotがあげられています。

口語のようですが、crib、pony、trotの3つでは恐らくcribが最もポピュラーなのではないかと思われます。ネイティヴに聞いてみたいのですが、pony、trotでも通じるのでしょうか?

Oxform Advanced Learner's Dictionary(第4版)を参照しますと、cribの名詞のエントリには、

"things used as an aid to understanding, eg an exact translation of a foreign text one is studying."

とあり、カンニングペーパーの類の意味は載っていません。ただし、動詞のエントリには、

In the exam, I cribbed (an answer) from the girl next to me.

という例文があり、これはまさしくカンニングの意味ですね。

動詞としてのcribは、カンニングをする、不正をする、という意味以外にも、剽窃する、盗用する、という意味でも用いられます。


Elders regard life choices with regret or satisfaction based largely on whether they were " true " to themselves. Questions of authenticity determine our regard for others, as well. They dominated the presidential primaries: Was Hillary authentic when she shed a tear in New Hampshire? Was Obama earnest when his speechwriters cribbed lines from a friend's oration? " Americans remain deeply invested in the notion of the authentic self, " says ethicist John Portmann of the University of Virginia. " It's part of the national consciousness. "
(Karen Wright. In Search of the Real You. Psychology Today. May/June 2008.)

2009年6月12日金曜日

name calling

"name calling"で”悪口”や”中傷”という意味になります。


Last week McCain and Bush got in a little spat, which ended up being about who had gone negative. Bush put out an ad saying McCain's proposal to cut certain corporate deductions --like for seats at sporting events -- would amount to a $40 billion tax increase. McCain denied it was an increase at all and accused Bush of breaking their long-standing pledge not to engage in negative campaigning. Then he launched an ad saying Bush had gone negative. Bush complained that McCain was engaging in "name calling." Are these guys running for social chair? What happened to that tough guy in the flight suit in all those McCain posters?
(Time. Don't Worry, Be Angry. 2000.)


ところで、動詞"call"にも、”(人のことを)非難する、咎める”という意味があります。少し大きな英和辞典で、7~8番目くらいに出てきます。この場合、call <人> on <物事>~という構成をとるようです。


When Susan Rapaport and her husband split up four years ago, her son, Joseph, who was 5 at the time, would get excessively upset whenever anyone reprimanded him. " So anytime I had to call him on something, I made sure to add, " I want you with me always, and I'm never going to leave you, "' says the Chevy Chase, Maryland, mother of three.
(Mary Garner Ganske. When parents divorce. Parenting. 2002)


さらに、名詞”name”にも”悪口、雑言”という意味があります。この場合、通常複数形(”names”)で現れるようです。


One night in our tiny Boston apartment after a friend had gone home after a lovely dinner, my husband opened another bottle of wine. He took a swig, threw me to the floor, began to kick and spit on me and call me names. I somehow got out of our apartment and began running through the streets of Beacon Hill, not knowing where I was going. It was 1975; he was running after me, yelling and screaming horrible names in the dark Saturday night in that sedate neighborhood.
(Denver Post. 2002)

2009年6月11日木曜日

rule the roost / roast?

rule the roost=”牛耳る、仕切る”という成句ですが、"roost"で研究社大英和辞典を検索すると、"rule the roost"はありましたが、"rule the roast"を参照せよ、となっていました。

"rule the roost"、"rule the roast"、意味は同じようですが、なぜ似たような単語で2つの表現があるのでしょうか?

"roost"が後に"roast"に訛った、という説もあるようですが、どうもよく分かりません。私がよく利用させてもらっている、Corpus of Contemporary American Englishでは、"rule the roost"では使用例がありますが、"rule the roast"の使用例はヒットしませんでした。

"roast"はつまり食材を焼く事で、その道具はロースター(焼くための道具)となるのですが、”ロースターを仕切る”なんて、日本人的には何だか、”鍋奉行”という言葉を想起させられます。りっぱな仕切り屋であることには違いありません。(笑)

2009年6月10日水曜日

kindly

単語の練習帳をたまたま見ていましたら、下のような例文があり、おや、と思いました。


The kindly foreman was too reticent to openly castigate the clumsy new worker.


ひっかかったのは、"kindly"という単語です。副詞として用いられるのには違和感ありませんが、構文的には上記の例は、形容詞的に用いられているとしか考えられません。

勉強不足を露呈するようですが、接尾辞の"-ly"には、副詞を形成するものと、形容詞を形成するものと2種類あることを、研究社の大英和辞典を確認して再確認しました。

ややこしいのは、"kind"という単語の場合だと思われます。たとえば、"manly"という語は、形容詞的に用いられることがほとんどで、副詞的に用いられるのは古語的であるようです。"kindly"は副詞としても、形容詞としてもほぼ同等に使われているようですが、個人的には、"kindly let me know sth..."や"You are kindly requested not to smoke."などのように副詞的に用いられる方に慣れていましたので、上記例文はある意味新鮮でした。

それで、形容詞"kind"と形容詞的に用いられる"kindly"に違いはあるのか、ということですが、Googleで検索すると色々出てきます。

形容詞としての"kindly"は名詞の前に置かれる限定用法(例: kindly smile)としてしか有効でなく、"kindly"を叙述的に用いる(例: looks kindly)のは間違いといった情報もありますが、コーパスで調べると、叙述的に用いられている"kindly"も少ないながら例が無いわけではないようですので、間違いとは言えないでしょう。

2009年6月9日火曜日

gulag

背筋が寒くなるようなニュースですが、アメリカ人女性ジャーナリストが今年3月に北朝鮮当局に拘束され、その後裁判で”労働教化刑”の判決を受けたというニュースが米紙のトップにあがっています。

”労働教化刑”は"sentences of reform through labor"が相当するようです。

North Korea's sentencing of two American TV journalists to 12 years of hard labor Monday could imperil the Obama administration's already difficult goal of curtailing the authoritarian nation's nuclear weapons ambitions.

If no deal is reached, the two women face a grim future in a brutal prison system notorious for its lack of adequate food and medical supplies and its high death rate.

Laura Ling and Euna Lee, reporters for San Francisco-based Current TV, were convicted by the nation's top Central Court of an unspecified "grave crime" against the hard-line regime after they were arrested in March along the Chinese-North Korean border while reporting a story on human trafficking.

In a terse statement Monday, the state-run Korean Central News Agency did not say where the women are to serve the time. North Koreans who receive similar sentences of "reform through labor" often face starvation and torture in a penal system many consider among the world's most repressive, said David Hawk, author of the 2004 study "The Hidden Gulag: Exposing North Korea's Prison Camps."
(Los Angels Times. June 9, 2009)


ところで上記例文で、"gulag"という見慣れない単語が出てくるのですが、これはロシア語源で、”強制収用所”を指します。

Wikipediaによりますと、gulagとは元々労働刑を司るお役所名を表すロシア語の頭文字をとったものだったようですが、次第に労働刑そのものや刑が執行される場所を指すようになったのだそうです。

2009年6月8日月曜日

bad hair day

本日は昼休みのオフィスから投稿します。

”何をやってもうまくいかない日”というのは考えたくもありませんが、やはりどんな人にもついてない日というのがあるものです。英単語の"day"には”よい時、盛り、全盛期”といった意味があり、主に所有代名詞(hisとかherとか)を伴って現れると、大体そのような意味になります。

Every dog has his day.

という諺は中学(高校?)の教科書にも出てくるくらい有名なものですね。

さて、冒頭の"bad hair day"ですが、私はこの表現を知りませんでしたが、何でも”朝起きてみたら寝癖がついていて、どうやっても取れない状態で仕方なくそのまま1日を過ごさざるを得なかった”みたいな状況からの連想であるようです。見栄えを気にする紳士淑女の方々には深刻な問題かも知れませんが、ちょっと大げさな感じがするのは私だけでしょうか?

Mother Jones: Credit crisis, credit crunch, depression, recession, slowdown, downturn—why do you think we have so many terms for our current financial situation?

Geoffrey Nunberg: To a large extent, the uncertainty about what to call it has a lot to do with the uncertainty about what it is—and how optimistic or pessimistic you are and what you have done with that 401(k). The word "recession" was originally introduced as a euphemism for "depression." And very quickly those words acquired the connotations they were designed to escape. I'm kind of nostalgic for the days when we just called them "hard times." The new language gives an aura of precision that really isn't justified. In fact, whatever economists tell you, words like "recession" and "depression" are really no more accurate and precise than "bad hair day."
(MoJo Interview: Geoffrey Nunberg. Monther Jones. June 5, 2009)

2009年6月5日金曜日

prudent

仕事帰り、電車の中でGoogle Newsの国際版でUSのトップニュースをチェックしていたら、エールフランス旅客機がブラジル沖で行方不明になった事故の続報が出ていました。

PARIS - The French government expressed deep disappointment Friday over the news that ocean debris recovered by the Brazilian military this week appeared to be the remains of a shipwreck and not from an Air France jet that crashed in the South Atlantic on Monday.

(中略)

In radio interviews, France's transportation minister, Dominique Bussereau, urged "extreme prudence" about judging the source of any debris that is recovered until it could be properly analyzed. (中略)

"French authorities have been saying for several days that we have to be extremely prudent. Our planes and naval ships have seen nothing." (Brazil Says Recovered Debris Not From Jet. New York Times.)

"prudence"、"prudent"という言葉が2度に渡って出てきますが、"prudent"を辞書で調べると、”慎重な”、"用心深い"、"用意周到な"といった訳語に加えて、"打算的な"という訳語がありました。

上記用例では間違いなく、"慎重に"という意味が当てはまると思いますが、"打算的な"という訳語には違和感を覚えます。

"慎重な"、"用意周到な"という訳語がポジティブに捉えられるのに対して、"打算的な"はかなりネガティブに響くからです。

"prudent"を"打算的"という意味で用いている実例を探しています。

2009年6月4日木曜日

buckwheat

数ヶ月前の話ですが、海外出張する同僚に託して、スイス在勤のドイツ人にお蕎麦を贈る機会がありました。出張する同僚に託そうと思ったところが、結局海外小包で送ることになったのですが、さて、送り状の書き方で勉強させてもらいました。

禁制品や関税の関係があり、送り状には内容物を正確に記入しなくてはならないのですが、私の送ろうとしたものは、

蕎麦の生麺、
付属のつゆ

でした。禁制品でないことを確認し、英語表現をチェックしたところ、"buckwheat vermicelli"とありましたのでそのまま記入しました。(蕎麦つゆについては敢えて記載しませんでした。)

ところで、"vermicelli"とはイタリア語で、パスタのうち最もその径が小さいもののこと(いわゆる細打ち麺)を指すようです。"buckwheat vermicelli"とは大層な表現に思われ、"soba noodle"では駄目なのかという気がしましたが、素直に従いました。でも、かなりフォーマルに表現しても、"buckwheat noodle"までだろうと思われます。コーパスにも、"buckwheat vermicelli"は出てきませんでしたので・・・。

The Cool Soba Noodles with Garlic Pork & Mushrooms is an easy dish that you can make in many different guises. Try using chicken instead of pork, or use no meat at all, just mushrooms, which work particularly well with the earthy flavor of buckwheat noodles. Soba noodles are easy to overcook, which is one of the reasons recipes often call for cooling them under running water after cooking. But I prefer not to totally douse them under the faucet or they end up too slippery.

2009年6月3日水曜日

skid row

ドヤ街、という日本語訳があります。失業者や肉体労働者が集まる場所のことを指しており、やや差別的な表現と言えるでしょう。

"skid"が並ぶ"row"(街並み)ということだと思いますが、"skid"とは、重い物の輸送に使うための枕木や滑材のことを指すようです。"skid"は肉体労働者や季節労働者の暗喩でしょうか。

ちなみにドヤ街の”ドヤ”とは、”ヤド”(宿)を逆さに読んだものらしく(出典: Wikipedia)、日雇い労働者などが生活する、およそ人の住む(宿泊する)ところではないと思われる環境を自嘲的に表現した言葉ということです。

Gerard Hernandez, 55, who has lived on Skid Row for seven years, said living at the 57-room Harold represents " the difference between night and day " from the older hotels he occupied before moving there two years ago. He said the walls at the Panama Hotel, which has since been purchased and renovated, were covered with graffiti, and human feces often smeared the bathroom floors. Hernandez, who pays his $ 170-a-month rent with income from veterans' and Social Security benefits, said he feels safe at the Harold. (Some Cities Reviving SRO Hotels in Effort Against Homelessness. Washington Post. 1990)

2009年6月2日火曜日

granularity

職場で、granularityという単語が話題になりました。とあるドキュメントの翻訳作業をしている同僚から、granularityをどう訳すか?という質問を受けました。

即座に、granularityはとりあえず”粒度”という訳語があたるのでは、と答えたのですが、どうもしっくりきませんのでディスカッションが始まりました。

辞書を見ると一般に、”粒度”といった訳語が載っているこの単語、なかなか手ごわいです。

恐らくは物理学や工学の分野で主に使われてきたと思われる用語ですが、近年では様々な分野に使われて、単に物事を捉える場合の大小や程度(レヴェル)を指すのに用いられていると思われるふしがあります。

プロセスエンジニアリングの世界では、対象となる個々のプロセスの”細かさのレヴェル”を”Granularity(粒度)”という言葉で表現しています。

下記出典は、コンピュータサービスのGranularityについて記述したものです。抽象概念について、そのレヴェル(程度)の大小を表すのにGranularityという単語が使われている例と思われます。

原文
The word granularity is used in a number of different ways in SOA discussions. In this discussion of service design we consider the granularity of the services themselves, that is, the number of operations a service should have.

There can be no simple heuristic for determining service granularity. Rather, we offer two examples of factors that you should consider when designing services:
Services will usually be the unit of testing and release. If granularity is too coarse, if we group together a large numbers of operations in a single service, then we will tend to increase the number of consumers for the service. Hence if we make amendments to some aspect of a service, perhaps for the benefit of only a subset of consumers, we must re-release the whole service and hence potentially impact all consumers.

One challenge for the service consumer is to find the correct operations. Typically the consumer needs to browse a list of services and, having identified a suitable service, the list of service operations. We suggest that extremes in service granularity -- either many services with few methods, or few services with many tens or hundreds of operations -- will tend to impede consumability.

This indicates that in selecting service granularities we are likely to be trading off factors such as maintainability, operability and consumability. Any given SOA should provide guidance to service designers as they consider such trade offs. (SOA realization: Service design principles. David J.N. Artus)


和訳
SOAに関する解説の中で、『粒度(granularity)』という言葉は、幾つか別々な意味で使われます。サービス設計に関するこの記事では、サービスの粒度そのもの、つまり、ある1つのサービスが行いうるオペレーションの数について解説します。

サービス粒度を決定するために使用できるような単純な経験的方法はありません。代わりにここでは、サービスを設計する際に考慮すべき要因として、下記の2つの例を挙げます。

サービスは通常、テストとリリースの単位です。粒度が粗すぎると、多数のサービスを1つのグループにした場合、そのサービスに対するコンシューマーが増加しがちです。そのため、サービスの一部のみに修正を加えたい場合(例えばコンシューマー全体のうちの、一部のサブセットのみを修正する、など)、サービス全体を再リリースしなければならず、その結果すべてのコンシューマーに影響を与えてしまう可能性があります。

サービス・コンシューマーが直面する困難の1つは、正しいオペレーションを見つけることです。通常、コンシューマーは、サービスのリストをブラウズする必要があります。そして適切なサービスが特定できたら、今度はサービス・オペレーションのリストをブラウズする必要があります。極端なサービス粒度、つまり数多くのサービスがわずかなメソッドしか持たないサービス粒度や、あるいは、わずかなサービスが何十、何百ものオペレーションを持つようなサービス粒度は、使いやすさを制限しがちなことを助言として挙げておきます。
これはつまり、サービス粒度の選択に際して、維持管理の容易性やオペレーションの容易性、利用の容易性などといった要因をトレードオフしなければならないことを示しています。どんなSOAであっても、サービス設計者がそうしたトレードオフを考慮できるよう、指針を提供する必要があります。

2009年6月1日月曜日

slaughter

ちょっと穏やかではありませんが、虐殺する、大量殺戮する、といった意味の動詞、そして勿論それらの名詞化した意味として、大量殺戮、大虐殺、(食肉用)解体、といった意味があります。

大分昔の話になりますが、関西に住んでいた頃、勤務先の外国人同僚に神戸三宮にある外国人向けの食料品店に連れていってもらったことがあるのですが、Thanksgiving、Christmasのシーズン用なのか、鶏肉の冷凍が、"Slaughtered under Islamic rite"というラベル付で売られていました。この場合は、食肉解体の意味になるでしょう。

しかしながら、少し比喩的に、(議論などで)叩きのめす、打ちのめす、といった意味があることは知りませんでした。完膚なきまで論破する、といった訳語も適当でしょうか。

このような意味での用例を探しているのですが、よく使っているコーパスではまだ見つかっていません。