最近30日間のアクセス数トップ3記事

2018年4月19日木曜日

heist

仮想通貨ビットコインについては、「採掘」と呼ばれる作業に膨大な計算処理能力が必要とされるらしく、故に多くのコンピューターが必要とされると聞きますが、北欧のアイスランドで600台あまりのコンピューターを盗むという史上まれにみる事件が発生したそうです。


STOCKHOLM -- A man suspected of masterminding the theft of about 600 computers used to mine bitcoins and other virtual currencies has likely fled to Sweden after breaking out of a prison in Iceland, officials said Wednesday. Swedish police spokesman Stefan Dangardt said no arrest had been made in Sweden but Icelandic police have briefed them on the situation and issued an international arrest warrant.

Police in Iceland said they believe Sindri Thor Stefansson fled a low-security prison through a window and boarded a flight to Sweden at Iceland's international airport in Keflavik.

(中略)

Stefansson was among 11 people arrested for allegedly stealing the powerful computers in a series of four burglaries in December and January in what is considered Iceland's biggest-ever heist.
("Bitcoin heist" suspect reportedly flees on flight with Icelandic leader. CBS News. April 18, 2018.)


容疑者はアイスランドを出国しスウェーデンに逃亡しているとされていますが、まだ捕まっていません。

さて、"heist"という単語についてですが、強盗、窃盗を意味する俗語です。語源欄を見てみると、持ち上げるという意味の"hoist"から来ているそうです。

"hoist"という単語自体にも、盗む、また強盗のために家屋に押し入る、という意味があるようです。

Online Etymology Dictionaryのサイトによると、"hoist"の持ち上げるという意味合いは、"shoplift"という表現にも関連しており、またイギリスの俗語表現では押し込み強盗は二人一組で肩にもう一人を持ち上げて建物に押し入ることを"hoist"と表現したことに因むという説明があります。


2018年4月18日水曜日

doppelganger

アメリカ・ミネソタ州で奇怪な連続殺人事件が発生しているようです。


Investigators are on the hunt for a 56-year-old Minnesota woman wanted for allegedly shooting her husband to death, then targeting and killing a Florida woman who looked like her.

She has crossed several states in the alleged killing spree that has spanned 1,500 miles and she hasn't been caught yet. She is expected to continue targeting other women who look like her to steal their identities, authorities said.
(Emily Shapiro. Woman on the run after allegedly killing husband, doppelganger in multi-state crime spree. ABC News. April 17, 2018.)


自分の夫を殺害して逃亡中の女が、今度は自分とそっくりの別の女性を殺害し、州を股にかけて逃亡しているというのです。

自分とそっくりの女性を殺害するに及んだのは、その女性のIDを盗み、逃亡の身である自分自身を隠匿することが目的だったとされています。

さて、記事のタイトルに、


doppelganger


という単語が使われていますが、これはドイツ語です。

英和辞書にもちゃんと載っているドイツ語ですが、自分自身とそっくりの「生き写し」、「分身」、「生き霊」という意味です。

ドイツ語を学んだことのある方はご存じと思いますが、"doppel"は英語で"double"の意、"ganger"は"goer"の意です。


2018年4月17日火曜日

next to nothing

週末、シリアに対するミサイル攻撃が、米、英、仏、三ヵ国により実行に移されました。化学兵器使用に対する懲罰的な意味合いであるとされています。

引用する記事は実際のミサイル攻撃が開始される前のものですが、お読みください。


Donald Trump’s strike on Syria will achieve next to nothing

Soon, perhaps by the time you read these words, President Trump will launch a missile strike against Syria.

It may be small; it may be large. It may include French and British aircraft as well as U.S. missiles. Either way, it will enable Trump to declare victory and applaud his own resolve, probably on Twitter. (That’s where he issued his missile warning on Wednesday: “Get ready Russia, because they will be coming, nice and new and ’smart!’”)

But the attack won’t have much effect, because it isn’t connected to a clear, coherent strategy.
(Doyle McManus. Donald Trump’s strike on Syria will achieve next to nothing. Newsday. April 13, 2018.)


ミサイル攻撃については専門家の間で様々な見方があるようですが、化学兵器使用による呼吸困難に苦しむ無辜の一般市民や子供の報道に接すると一理あるように思いましたが、記事のタイトルは


Donald Trump’s strike on Syria will achieve next to nothing


であり、ミサイル攻撃は何も生み出さない、という批判的な見方もあります。

"next to nothing"という表現を取り上げようと思います。

これは慣用句の類になると思いますが、"next to"は否定を表す語の前に用いられて、「ほとんど」(almost)というような意味になります。

つまり、"next to nothing"はほとんど何もない、ほとんどゼロ、無に等しい、という意味になります。


To stay fed and housed, urban refugees need jobs, and Jordan already has 30 percent unemployment. Without work permits, refugees are vulnerable to exploitation, and many end up working for next to nothing.
(Christian Science Monitor, 2012)


お金が絡むコンテクストで使われると、タダ同然で、あるいは「二束三文で」といった意味に近くなります。

"next-to-nothing"というように、ハイフンで接続されて一語の修飾語として用いられるケースもあります。


Activists throughout the world typically offer a picture of impoverished boys and girls working under hazardous conditions for next-to-nothing wages.
(Journal of International Affairs, 2001)


2018年4月16日月曜日

slimeball

トランプ米大統領と、元FBI長官のComey氏との間でツイッターを舞台にした非難合戦が続いているそうです。


Former FBI Director James B. Comey and the president who fired him lobbed rhetorical bombs at each other Sunday, with Comey calling President Trump "morally unfit" and Trump suggesting the former FBI director should be imprisoned.

Asked in an interview broadcast Sunday on ABC whether he thought Russia "has something" on Trump, Comey said he believed that was "possible."

(中略)

Hours earlier, Trump blasted Comey with a vicious series of tweets attacking the former FBI chief as a "slimeball" and "slippery" and claiming that he "hardly knew this guy."

"Slippery James Comey, a man who always ends up badly and out of whack (he is not smart!), will go down as the WORST FBI Director in history, by far!" the president tweeted.
(Joseph Tanfani. 'Slimeball' versus 'mob boss': War of words escalates between president and former FBI director. Los Angeles Times. April 15, 2018.)


Comey元長官はチームトランプの一員だったはずですが、大統領選にロシアが干渉したのではないかとされる、いわゆるロシア疑惑の捜査に関して大統領に対して批判的な態度がトランプ氏の怒りを買い、解任されてしまいました。

Comey氏がトランプ氏を大統領職にふさわしくないなどと批判すると、返す刀で大統領はComey氏を、


slimeball


とののしった、ということなのですが、この"slimeball"なる表現を初めて見ました。

辞書で検索しますと、


A despicable or disgusting person
(American Heritage Dictionary)


という定義となっていました。見下げた奴、といった日本語が近いでしょうか。

"slime"自体にも同様の意味(下司、軽蔑すべき人間)があるようですが、"slimeball"の"ball"は、"oddball"(風変わりな人)、さらにその"oddball"は、"screwball"(奇人、変人)から来ているようです。(American Heritage Dictionaryによる。)

"screwball"とは野球で回転しながら落ちる球のことを指しているそうなので、そこから常軌を逸した、また奇人、という意味に発展したのかもしれません。

ところで、Merriam-Webster Dictionaryでも検索をしてみたのですが、"slimeball"を検索してみると、"Trending!"と表示され、この単語が同サイトで多くの人に検索されているという統計があるようです。

日本における英語教育で、「大統領の英語」などとよくもてはやされます。オバマ氏を含め歴史上の大統領が人々を鼓舞するスピーチの中で用いた英語表現などが学習材料として取り上げられてきたものですが、トランプ氏は全く逆の意味で色々な表現や単語を教えてくれます。(例えば、この単語。)半分皮肉ですが。

2018年4月13日金曜日

損得勘定 ー bottom-line

お昼前、美味しそうなステーキ肉の写真につられて、ついアクセスしてしまいました。そう言えば、しばらく肉らしい肉を食べていません。


My friend Barbara Wagner gulped when the rib-eye cut she and her husband recently ordered medium-rare at Wolfgang’s on East 54th Street came to the table.

“We gasped. The outside was seared — it looked like a normal steak — but when we cut into it, it was practically raw,” says Wagner, a real estate publicist. “So we sent it back.” It was refired to perfection and she said she’ll go back to Wolfgang’s.

But chew on this, steak lovers: Your medium-rare cut is getting rarer, in both senses of the word.

(中略)

Both incidents reflected the new, medium-rare confusion. While getting an underdone steak has been a possibility for decades, what’s really given the phenomenon traction is that chefs are under bottom-line pressure to reduce throwaways that occur when customers say a steak is too well-done. An under-cooked steak, on the other hand, can always be salvaged with a touch more fire as my friend’s was.
(Steve Cuozzo. Restaurants are cooking your steak wrong on purpose. New York Post. April 10, 2018.)


ステーキを注文する時に高級店(!?)だと焼き方を指定しますよね。

昔(20年以上前!?)は、レア、ミディアム、ウェルダン、の3つだったかと思うのですが、最近は「ミディアムレア」なる焼き方を指定する人が増えたのでしょうか、この「ミディアムレア」が問題になっています。

引用した記事のストーリーでは、ミディアムレアで注文したステーキは、いざ供されてみるとほとんどレアだった、ということなのですが、


Your medium-rare cut is getting rarer, in both senses of the word.


とは、しゃれがきいています。(焼き方の「レア」(rare)と、まれを意味する(rare)をかけているんですね。)

さて、どうしてそんなことになるのか?

記事によれば、


chefs are under bottom-line pressure to reduce throwaways that occur when customers say a steak is too well-done


ということなんですが、ここで使われている"bottom-line"を取り上げたいと思います。

会社で仕事をしていると、この「ボトムライン」(bottom-line)という言葉を聞くことがよくあります。そこでのコンテクストは、要点、概要、核心、といった意味合いであり、詳細やディテールと対比する形で使われます。例えば、


The bottom-line is that...


のような形で、要するに・・・ということ、と言う時の決まり文句みたいなものです。

この"bottome-line"については、ご存知の方はよくご存じだと思いますが、決算書などにおいて、利益やら損失やら全てひっくるめて差し引きした最終結果が最下行、すなわち"bottom-line"に記載されることから来ています。("foot the bill"もご覧下さい。)

ところで、上記での"bottom-line pressure"という部分を同じように解釈しようとしたところ、どうもしっくりきませんね。

そう思って改めて辞書を引いてみると、"bottom-line"には、


concerned only with cost or profits


という意味があるんですね。

つまり、ミディアムレアを巡る問題というのは、客がミディアムレアを注文したのに(思っていたような)ミディアムレアじゃない、とクレームをつけてきた際、レアならばもう少し火を通すことでやり直しがきくものの、逆に焼き過ぎだった場合、やり直しがきかず、肉を捨てなければならなくなり店の損失になってしまう、という極めて実利的な問題なのです。

ぶっちゃけて言えば、損得勘定ということになるでしょうか。

このような"bottom-line"の使い方に、"bottome-line mentality"という表現があります。


Moody said Hickenlooper should apply his 'business, bottom-line mentality' to cutting spending such as travel and outside consulting contracts, not city jobs or pay.
(Denver Post, 2003)


普段から聞いていてよく知っているつもりの表現でしたが、知らなかった側面を見た思いです。