最近30日間のアクセス数トップ3記事

2018年2月16日金曜日

対北朝鮮に"bloody nose"攻撃はあるか?― bloody nose

北朝鮮の金労働党委員長が韓国の文在寅大統領の訪朝を要求し、大統領も訪朝の方向性で調整中と先日報道されました。

その一方で、日米は北朝鮮が核兵器開発を放棄するまで圧力をかけ続けるべきと主張し、韓国に対しては北朝鮮に取り込まれる危険性を警告しています。

平昌オリンピックが開催中ですが、オリンピック終了後の南北朝鮮関係はどう展開するのでしょうか?


WASHINGTON (Reuters) - The senior U.S. diplomat for Asia, Susan Thornton, said on Thursday she understood the Trump administration had no strategy for a so-called bloody nose strike on North Korea, but Pyongyang would be forced to give up its nuclear weapons “one way or another.”

President Donald Trump’s administration says it prefers a diplomatic solution to the crisis over North Korea’s development of nuclear missiles capable of hitting the United States.

But U.S. officials have told Reuters and other media that Trump and his advisers have discussed the possibility of a limited strike on North Korea that would neither knock out its program nor overthrow leader Kim Jong Un’s government.
(David Brunnstrom. No 'bloody nose' plan for North Korea: U.S. official, senators. Reuters. February 16, 2018.)


引用した記事はロイター通信からのものですが、トランプ政権の北朝鮮に対する今後の対応に関する内容です。その中で、


a so-called bloody nose strike


と出てくるのですが、この"bloody nose (strike)"という表現を解釈してみたいと思います。

"bloody nose"は鼻血で血まみれになった鼻のことですから、鼻血を出させるような攻撃、ということになります。具体的には何を言わんとしているのでしょうか?

記事は下記のように続きます。


Such talk of a “bloody nose” strike has alarmed Korean experts who said that this could trigger catastrophic retaliation, but it has died down since North and South Korea resumed talks last month and North Korea joined the Winter Olympics in South Korea.
(ibid.)


記事のタイトルと引用の最初の段落からお分かりのように、トランプ政権は"bloody nose strike"は選択肢には無い、としているのですが、上記引用にあるように、このような"bloody nose strike"により、(北朝鮮による)破滅的な報復攻撃を招く恐れがある(could trigger catastrophic retaliation)ということが背景にあるように読めます。

そうしますと、最初に引用した第2段落目の内容と一致してくるのですが、"bloody nose strike"とは、


a limited strike on North Korea that would neither knock out its program nor overthrow leader Kim Jong Un’s government


である、と解釈できるでしょう。

つまり、相手を壊滅させるような総攻撃ではなく、限定的な先制攻撃のことであると言えます。

Merriam-Webster Dictionaryには、"bloody nose"という表現のエントリがあり、


a usually minor wound, injury, or defeat


と説明されていました。

つまり、鼻血というのは「軽傷」であり、決定打ではないのです。

"bloody nose strike"とは、相手を怯ませる程度の効果はあるかもしれませんが、その一撃で壊滅させるようなものではないということになります。


2018年2月15日木曜日

foot the bill

平昌オリンピックが開催中です。先日も触れましたが、北朝鮮に都合良く利用されている実態がまた一つ明らかになりました。


PYEONGCHANG, South Korea — South Korea is footing the bill for hundreds of members of North Korea’s delegation to the Winter Olympics.

The South and North Exchange Cooperation Promotion Council agreed on Wednesday to use $2.64 million in South Korean government funds to pay for the North’s expenses while in Pyeongchang.
(Aamer Medhani. South Korea agrees to pay North's Olympic expenses. USA Today. February 14, 2018.)


北朝鮮から参加している22名の選手に加え、開会式に参加した楽団や金総書記の妹の金与正氏らの滞在費など、全て韓国持ちなんだそうです。

ところで、費用などを負担することを表現するのに、


foot the bill


という表現があります。

何故、”foot the bill”がそのような意味になるのか気になったので調べてみました。

動詞である”foot”の意味には、加算する(to add up)という意味があるんですねぇ。もう少し分かりやすい定義を引用すると、


To add up (a column of numbers) and write the sum at the bottom
(American Heritage Dictionary)


ということであり、つまりは勘定書の各費目を縦に並べて、最後に合計した金額が一番下に書かれている、ということなんですね。


2018年2月14日水曜日

退職勧奨 ー manage out

アマゾンが大規模なリストラを計画しているとのニュースです。


Amazon is laying off employees in the "low hundreds" an in effort to shift head count allocation to businesses that are growing, CNBC has learned.

The Seattle Times first reported that Amazon was laying off "hundreds" of employees and "managing out" others as the company consolidates its retail operations.
(Amazon is cutting hundreds of employees to shift resources to fast-growing businesses. CNBC. February 13, 2018)


その具体的な内容として、数100人規模の解雇(laying off)と、


managing out


とあるのですが、この”managing out”という表現を初めてみました。

辞書には載っていませんので、ネットを検索するとどうやらこれは退職勧奨といった意味に近いようです。

Financial Timesから引用します。


Mr Evans was likely to have been “managed out”, a process that companies sometimes turn to as an alternative to redundancy programmes and as a way of selecting those employees they would like to lose. In the UK and the US, where the process is sometimes known as “counselling out”, it involves persuading an employee that it would be in their interests to leave, often with a reasonable financial settlement thrown in.
(How employers ‘manage out’ unwanted staff. Financial Times. March 16, 2017.)


冒頭、リストラと書きましたが、組織の再構築を意味するこの単語も今では解雇とほぼ同義であることは周知の通りです。

"managing out"についても同じようなことが言えるでしょう。


2018年2月13日火曜日

puff

韓国平昌で冬季オリンピックが開幕しました。

北朝鮮は金総書記の妹である金予正氏を送り込み、国際社会による経済制裁に穴を開けようとの目論見が見え見えです。

多くの報道機関が、このようなオリンピックの政治利用に対して批判的な記事を展開していますが、CNNはちょっと違うようです。


CNN is getting dragged online for writing a glowing puff piece about North Korean leader Kim Jong Un’s sister appearing at the Olympics in Pyeongchang, South Korea — with a headline claiming she was “stealing the show.”

The article, published Saturday afternoon, began with these cooing words about the woman who gave South Korean President Moon Jae-in an invite to visit North Korea:
“If ‘diplomatic dance’ were an event at the Winter Olympics, Kim Jong Un’s younger sister would be favored to win gold. With a smile, a handshake and a warm message in South Korea’s presidential guest book, Kim Yo Jong has struck a chord with the public just one day into the PyeongChang Games.”
(Frank Miles. CNN slammed for glowing puff piece about Kim Jong Un's sister at Olympics. Fox News. February 13, 2018.)


記事中、


a glowing puff piece


という表現が出てきます。

この”puff”という単語の意味を知らなかったのですが、American Heritage Dictionaryによると、


An approving or flattering recommendation.

と定義されていました。

つまり、CNNだけは北朝鮮に対して好意的な記事を出しているということのようです。

この"puff"という単語にはもうひとつ、

A piece of writing, as on the jacket of a book, containing often exaggerated praise, used for promotional purposes.

という意味もあるそうで、これは新刊書などについている帯のことですね。


2018年2月12日月曜日

緊急着水 ー ditching

随分久しぶりに国内線の飛行機を利用しました。エコノミークラスの座席に着席すると、前のシートにポケットがあるのは昔から変わらずです。

そして、非常の際の手順を説明した「安全の手引き」(Safety Instructions)なるリーフレットがあるのもお馴染みで、頻繁に飛行機を利用する方はもはやそんなものには目もくれないのだと思いますが、久しぶりなので(というよりも他にすることもないので)、「安全のしおり」を手に取ってみました。

その中に「緊急着水時」という項があり、その対訳が、


ditching


となっています。

改めて、"ditch"の意味をチェックした次第です。

一般的に知られている"ditch"の意味は、捨てる、という意味なので、緊急着水という日本語にはそぐわないように思われるかもしれないのですが、この"ditch"には航空専門用語として、


bring (an aircraft) down on water in emergency


という意味があります。

「安全のしおり」のイラストには、飛行機か水面に浮かび、乗客は機体に横付けされたボートに避難している様子が描かれています。

イラストは続いて、機体から離れていくボートを描いています。それは乗員、乗客が今しがたまで搭乗していた飛行機を見捨てて(ditch)いるようにも見えます。